ポケモン 剣 盾 メタモン。 【ソードシールド】高個体値メタモンの入手・厳選方法|6Vを目指そう【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】5V(6V)メタモンの厳選方法まとめ【ポケモンソードシールド】|GAMY

ポケモン 剣 盾 メタモン

ポケモンソード・シールド(剣盾)で メタモン6V、5Vの出現確率と 5分で入手できる簡単な裏技、高個体値の捕まえ方、レイドの厳選方法を紹介します。 【ポケモン剣盾】メタモン厳選 6v5v 出現場所・レイド確率 捕獲パターンは 自力でマックスレイドバトルに出現させる方法とステッカーで 他人のレイドに参加する方法があります。 他の人が出現させたメタモンに 協力すると5分もかからずに4v・5v・6v( )のメタモンを入手することができます。 ) 出現場所:ハシノマ原っぱ(崖近く)紫の光の低確率で出現します。 ねがいのかたまりが大量に使用しないといけないので レイドでも出現させるのが難しいと思っている人は次のやり方を試してみてください。 5分もかからない簡単入手方法 高個体値のメタモンを出現させている人のマックスレイドに参加します。 (Y)ボタンでYYコミュニケーションを開き インターネットに接続します• (X)ボタンで 「ステッカーを受け取る」• ステッカー検索で「マックスレイドバトル」を すぐに押す すぐ押さないと募集が締め切ってしまい参加出来ないことがあります。 参加出来ない場合は、ステッカーを更新するため、 再度インターネット切断・接続を繰り返すとステッカーが更新されます。 他の人がステッカーでメタモンのマックスレイドバトルを募集していますので、 すぐ参加しましょう!(A)ボタン連打です! 後は倒して、捕まえるだけの簡単入手方法です。 他のプレイヤーに参加させてもらうということ(など強いポケモンで挑む・レアレイドが出たらできれば募集して助け合う)• 一度捕まえているなら 「リピートボール」で捕獲確率を上げて入手する() ハイパーボールで 何回も逃しているのでボールは重要です。 まとめ 高個体値メタモンを厳選するには通常出現するメタモンではなく、必ず マックスレイドバトルで入手しましょう。 メタモンとメタモンでは孵化して6vを作る厳選できません。 6vの確率が相当低いため入手できなければ5vでもいいでしょう。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】メタモンの厳選方法と出現場所【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 メタモン

かわりものメタモンについて 対戦で使われるメタモンは、夢特性『かわりもの』のメタモンです。 非常に特殊な能力ですので、まずはこの『かわりもの』についての仕様を見ていきましょう。 場に出たら変身、交換すると元に戻る 通常のメタモンであれば『へんしん』という技を使って相手に変身しますが、かわりものメタモンは 場に出た時点で対面している相手に変身します。 つまり、 変身にターンを消費しません。 通常メタモンと比べると非常に強力ですね。 また、変身中のメタモンを 交代させると元の姿に戻ります。 さらにその後、別のポケモンに対して繰り出せば新しい姿に変身します。 HP以外のステータス・技・特性をコピー メタモンが変身した際にコピーするものは以下の通りです。 HP以外の5ステータス• 技(PPは5になる)• 特性 攻撃、防御、特攻、特防、素早さは相手ポケモンと同じ値になりますが、 HPはメタモンのままです。 技は相手ポケモンのものをコピーしますが、 PPは一律で5になります。 対象 コピー有無 HP コピーしない こうげき コピーする ぼうぎょ コピーする とくこう コピーする とくぼう コピーする すばやさ コピーする 持ち物 コピーしない 特性 コピーする 技 コピーする PPは5 能力変化 コピーする 状態変化 コピーしない 状態異常 コピーしない ダイマックス状態 コピーしない メタモンの使い方 ここからはポケモン対戦でのメタモンの使い方を紹介します。 ただし、癖のあるポケモンなのであまり 初心者向きではありません。 対戦に慣れてきた頃に使ってみると良いと思います。 努力値はH振りで確定 メタモンの 努力値はHP振りで確定です。 その他のステータスは相手ポケモンの値になってしまいますので、上げても意味がありません。 ただし、 素早さについては気を付ける必要があります。 『いかく』などの場に出たタイミングで発動する特性は、 素早さの早い方から先に発動します。 たとえば先発でメタモンと威嚇持ちポケモンが対面した場合、 メタモンの方が素早いと変身後にいかくを受けるので攻撃が1ランク下がります。 メタモンの方が遅ければ、いかくを受けた後に変身するのでメタモンの攻撃ランクは下がらず、その後 メタモン側のいかくで相手の攻撃ランクが下がります。 相手の技構成を見て戦闘を有利に進めよう 相手の弱点保険発動後に繰り出す ソードシールドで最も有効かつ利用頻度の高い使い方でしょう。 相手の弱点保険発動を見てからメタモンを繰り出すことで、 体力全快かつ能力2段階アップして降臨できます。 その他にも『はらだいこ』、『つるぎのまい』などの積み技に対して強気に出たり、 『いばる』で相手の攻撃を上昇させた後にメタモンを繰り出して上昇分を横取りするという作戦もあります。 メタモンの対策 対メタモンにはこれと言って 確実な対策というものが存在しません。 対策というよりも心構えレベルでしかないのですが、紹介しておきます。 みがわり相手には変身できない かわりものメタモンには、 みがわりを貼っている相手には変身できないという弱点があります。 まあ先発で出されたら結局変身されてしまうのですが、1ターンでも素の姿を晒してしまうと大きな隙ができます。 相手の選出にメタモンがいたら、警戒してみがわりを貼ってみると良いかもしれません。 積み技を安易に使わない 大体のメタモンの狙いは弱点保険などの積み行為です。 後続にメタモンがいることがわかっている、またはメタモンがいる予感がした場合は慎重に積み技を選択しましょう。 『死に出しでスカーフメタモンが出てきても問題ないか』は警戒しておいたほうが安全です。 ダイマックス前提ポケモンを選出する メタモンはダイマックス状態のポケモンと対面しても、元の姿に変身します。 それを利用して、ダイマックス前提ポケモンに変身させるとメタモンは動きづらくなります。 さいごに 対戦で使われるかわりものメタモンの使い方や対策について紹介しました。 かわりものメタモンは使い方の幅が非常に広いポケモンで、相手にすると厄介ですが味方にすれば頼もしい存在です。 興味があればぜひ使ってみてはいかがでしょうか。 ではでは。

次の

【ポケモン剣盾】メタモン厳選のやり方を紹介!6Vを捕まえるには?【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 メタモン

育成環境作りもいよいよ大詰め。 今回は最大の鬼門である、メタモン厳選を行います。 今回はシリーズ第四弾となりますが、ここまで全て追ってくださった方は、レイドバトルというレベル上げの環境、キョダイマックスニャースの金策という努力値振りの環境、その二つが揃っていると思います。 今回行うメタモン厳選は、孵化厳選の環境を作ることを目的としています。 今まで長らく作ってきた育成環境が、今回の記事でついに完成します! 次回の記事で育成に必要なアイテムを揃えますが、アイテム回収は凄く簡単です。 ですので、実質今回が最後のタスクと言っていいかもしれません。 メタモン厳選は、今までの作業よりも遥かに時間が掛かります。 気合を入れて頑張りましょう。 分かりづらいかもですが、こちらの動画の場所がメタモンの巣穴です。 メタモンの出し方 巣穴についたら、まず設定を弄ります。 設定を変更したら、レポート。 その後、巣穴に願いの塊を投げ込むのですが、ここでテクニックが必要です。 光は見えているけど、この時点ではレポートされていません。 この光を見て、紫じゃなかったらホームに戻り、ゲームを終了します。 それによって、先ほどレポートを書いたところ、 ねがいのかたまりを使用する前に戻れます。 実際は、はいを選択したら、光を確認する前にホームボタンを押すので良いと思います。 ホームボタンを押すと、ホームに戻る前に一瞬固まるので、そこで光を見分ける。 紫ならそのままゲームに戻り、違ったらゲームを終了というのがやり易いかと。 紫の光を求める理由としては、紫はメタモン確定だからです。 ですので、 紫が出たらいったんレポート。 次のメタモン厳選へ移ります。 メタモン厳選 レイドバトルの光は、日付が変わると消えます。 しかし、みんなで挑戦の募集時間に日付が変わった場合、光は消えずに個体が変わります。 これを利用して、メタモン厳選を行います。 冒頭にも書きましたが、メタモン厳選は非常に時間が掛かります。 やっていること自体は単純で難しいことは何もありませんが、6Vなどを狙うとかなり大変です。 ここで紹介している方法は、他の人の6Vレイドに潜り込んだり、6Vを貰ったりなどという方法を除けば、一番簡単で効率が良いとは思います。 しかし、それでもかなりの時間が掛かりますので、6Vまでは必要ないという方は妥協点を探すことも大切です。 前節までで紫の光は出ていると思うので、レポートをしていない方はレポートを。 満足いかなかったら、 レポートを書かずにゲームを終了します。 そして、この募集画面のままホームボタンを押します。 そして、 Switch本体の時間を弄ります。 まず、インターネットで時間を合わせるをオフにします。 現在の日付と時刻を選択し、 日付を一日進めてください。 ポケモン剣盾に戻り、募集を終了します。 すると、巣穴の下の部分が光る筈です。 このようにWが貰えたら成功! 確認すると個体が変わっています。 それでも失敗ではないので大丈夫です。 セーブしたところまで戻ってしまうので、個体も巻き戻されてしまいます。 出ないときは本当に中々でないので、粘り強く。 レポートを書いたら、ひとりで挑戦を選択。 普通にレイドバトルをプレイして、メタモンを捕獲します。 ちなみに、ムゲンダイナはフェアリータイプに変身された時に面倒なのでおすすめしません。 こだわり眼鏡を持たせていないなら大丈夫ですが、それでもダイマックス砲は打てないので、ザシアンorザマゼンタをおすすめします。 捕獲後は、レポートを書かずに個体を確認。 私の場合は4Vだったので、あまりいい個体ではありませんでした。 満足いく個体じゃなかったら、 レポートを書かないまま、ゲームを終了します。 その後は先ほどまでと同じ、日付変更をして個体を変えます。 ゲームを終了しただけでは個体は変わりません。 以上が、メタモン厳選と流れです。 これを6Vなり、理想個体が来るまで永遠とやり続けます。 やってることは簡単ですが、時間が掛かりすぎるので、精神的にきついです。 私の場合、昼から深夜までやって(休憩はしています)、6Vは出ませんでした。 おそらく6Vは相当確率が低くなっているのでしょう。 5Vくらいなら結構出るので、抜けの違う5Vが二体出たらそれで一旦終了にするのが良いと思います。 正直、抜けの違う5Vが二匹いれば孵化厳選は相当楽です。 無理して6Vを狙うよりも、手ごろな5Vで終えて、早めにレートに潜った方が良いと思います。 あとがき 急ぎ足でしたが、これにてメタモン厳選のやり方の解説は終了です。 次回のアイテム回収を最後として、この育成環境の作り方シリーズは終了となります。 メタモン厳選に関してですが、あまり根を詰めずにやるのが良いと思います。 6Vは確かにすごいですが、それでポケモンが嫌いになったら意味がありません。 5Vでも孵化厳選は本当に楽なので、無理せず厳選をするようにしてください。 また、ここまで書いておいてあれですが、6Vのメタモンが欲しいなら、もっと楽な方法があります。 それは、他の人の6Vメタモンのレイドに潜ること。 YouTubeなどで、6Vメタモンのレイドを配布している人は一杯います。 その方達のレイドに潜るのが一番楽かと思います。 今回の記事で紹介した方法は、あくまでも自力でメタモン厳選をする時の一番良い方法ということで。 抵抗が無ければネットを通じて色々動いた方が確実に楽です。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の