日本 と 韓国 は てき かみ か たか。 在日外国人(ざいにちがいこくじん)集(あつ)まれ! 高槻市在日外国人市民ネットワーク設立大会(たかつきしざいにちがいこくじんしみんねっとわーくせつりつたいかい)を行(おこな)います

在日外国人(ざいにちがいこくじん)集(あつ)まれ! 高槻市在日外国人市民ネットワーク設立大会(たかつきしざいにちがいこくじんしみんねっとわーくせつりつたいかい)を行(おこな)います

日本 と 韓国 は てき かみ か たか

たかやさ• (たかやさだよし)【】• 【木】• (たがやし)【武家】• (たかやしきあやの)【モデル】• (たかやしきいなりじんじゃ)【】• (たかやしきひでお)【】• (たかやしげお)【政治家】• (たがやしげつね)【】• (たがや-らぶ)【】• (たかやジャンクション)【広島県】• (たかやじょう)【】• (たかやじょう-たたか-)【安土桃山時代】• (たかやしろやま)【長野県】• (たかやしろやまこふん)【陵】• (たかやじんじゃ)【曖昧】• (たがやしんねん)【】 たかやし• (たかやしょうてつ)【日本画家】• (たかやしろ)【名古屋市】• (たかやじんじゃ)【鹿児島県】 たかやす• (たかやす)【曖昧】• (たかやすあきら)【力士】• (たかやすえき)【】• (たかやすかつひさ)【師】• (たかやすくによ)【】• (たかやすけんしゅう-)【】• (たかやすけんしゃく)【近畿日本鉄道】• (たかやすけんすけ)【政治学者】• (たかやすこふんぐん)【】• (たかやすし)【】• (たかやすじょう)【】• (たかやすちょうきた)【大阪府】• (たかやすちょうみなみ)【大阪府】• (たかやすのき)【河内国】• (たかやすのびじゅん)【沖縄県】• (たかやすひでき)【】• (たかやすみきと)【医学者】• (たかやすやま)【】• (たかやすりゅう)【能】• (たかやすりょう)【競泳選手】• (たかやすりょうすけ)【】• (-せんぶがくえんげきとうでん)【】• (たかやそん)【曖昧】 たかやな• 【小売業】• (たかやなぎ)【曖昧さ回避】• (たかやなぎ)• (たかやなぎあかね)【アイドル】• (たかやなぎあらた)【】• (たかやなぎいずみ)【】• (たかやなぎいっせい)【サッカー選手】• (たかやなぎえき)【】• (たかやなぎぎはち)【】• (たかやなぎきょうこ)【】• (たかやなぎけんいち)【アナ】• (たかやなぎけんじろう)【】• (たかやなぎけんぞう)【】• (たかやなぎさきお)【】• (たかやなぎじゅうしん)【】• (たかやなぎじゅりあ)【】• (たかやなぎしゅんいち)【神学者・英文学者】• (たかやなぎじゅんのすけ)【・政治家】• (たかやなぎしょうがっこう)【曖昧】• (たかやなぎしんいち)【法学者】• (たかやなぎしんぞう)【法制史学者】• (たかやなぎしんや)【鍼灸師】• (たかやなぎただお)【軍人】• (たかやなぎちょう)• 【新潟県】• (たかやなぎてつし)【】• (たかやなぎとしお)【棋士】• (たかやなぎながただ)【地理学者】• (たかやなぎひでき)【野球選手】• (たかやなぎひろし)【】• (たかやなぎひろぞう)【政治家】• (たかやなぎまこと)【】• (たかやなぎまさゆき)【奏者】• (たかやなぎまたしろう)【剣客】• (たかやなぎまち)【】• (たかやなぎみつとし)【】• (たかやなぎむら)【曖昧】• (たかやなぎようこ)【女優】• (たかやなぎよしお)【】• (たかやなぎりょういち)【】• (たかやなぎれん)【作詞家】• (たかやなつき)【】• (たかやのやまのえのみささぎ)【】• (たかやのりこ)【アニメーター】 たかやま• 【曖昧】• (たかやま)【曖昧】• たかやまあ• (たかやまあき)【選手】• (たかやまいくお)【野球選手】• (たかやま-)【曖昧】• (たかやまうこん)【】• (たかやまうんゆく)【JR東海】• (たかやまうんゆそうこ)【企業】• (たかやまえいか)【都市計画家】• (たかやまえき)【高山本線】• (たかやま-)【企業】• (たかやまおんせん)【群馬県】• 【公衆浴場】 たかやまか• (たかやまがいこくじんひしょち)【宮城県】• (たかやまかおり)【】• (たかやまかおり)【アナ】• (たかやまかずお)• (たかやまかつなり)【ボクサー】• (たかやま-)【脚本家】• (たかやまかつよし)【ボクサー】• (たかやま-)【女優・声優】• (たかやまかなこ)【者】• (たかやまかんいさいばんしょ)• (たかやまきさい)【】• (たかやまきさい)【】• (たかやまきみみち)【軍人】• (たかやまきゅうさん)【歌手】• (たかやまきよし)【】• (たかやまきよみどうろ)【】• (たかやまきろく)【武術家】• (たかやまくけんさつちょう)• (たかやまぐみ)【】• (たかやまけいこ)【アナ】• (たかやまけいさつしょ)【】• (たかやまげろれんらくどうろ)【】• (たかやまげん)【歌手】• (たかやまけんいち)【野球選手】• (たかやまけんじ)【俳優】• (たかやまこうせいびょういん)【】• (たかやまこうとうがっこう)【曖昧】• (たかやまこくふ-)【国道41号】• (たかやまこふん)【曖昧さ回避】• たかやまさ• 【イラストレーター】• (たかやまさかえ)【声優・俳優】• (たかやまさき)【タレント】• (たかやまさちよ)【アナ】• (たかやまさとし)【政治家】• (たがやまさひろ)【戦国武将】• (たかやまし)【氏族】• (たかやまし)【岐阜県】• (たかやましえいゆうせんほうそうしせつ)• (たかやましきょうどかん)【岐阜県】• (たかやましけいさつ)【自治体警察】• (たかやまししょうぼうほんぶ)• (たかやましせいきねんかん)【岐阜県】• (たかやまじどうしゃたんきだいがく)【】• (たかやましとしょかん)【岐阜県】• (たかやましなかやまこうえんやきゅうじょう)【岐阜県】• (たかやま-)【漫画家】• (たかやましのぶ)【軍人・自衛官】• (たかやましみんじほう)【】• (たかやましみんぶんかかいかん)【ホール】• (たかやましゃ)【史跡・世界遺産構成資産】• (たかやまじゅり)【選手】• (たかやましゅんきち)【】• (たかやまじゅんぺい)【選手】• (たかやまじょう)【曖昧】• (たかやましょうがっこう)【曖昧さ回避】• (たかやましょうぞう)【俳優】• (たかやましりつあさひちゅうがっこう)• (たかやましりつきよみしょうがっこう)• (たかやましりつこくふしょうがっこう)• (たかやましりつさんのうしょうがっこう)【岐阜県】• (たかやましりつしょうかわしょうがっこう)• (たかやましりつたかねしょうがっこう)• (たかやまりつりつたかねちゅうがっこう)• (たかやましりつにゅうかわしょうがっこう)• (たかやましりつはなさとしょうがっこう)【岐阜県】• (たかやましりつみやしょうがっこう)• (たかやまじんじゃ)【曖昧】• (たかやまじんや)【】• (たかやましんようきんこ)• (たかやますずえ)【選手】• (たかやませいき)【歌手】• (たかやませきじゅうじびょういん)• (たかやませきゆ)【企業】• (たかやまぜんし)【実業家】• (たかやまそんりつたかやましょうがっこう)• (たかやまそんりつたかやまちゅうがっこう) たかやまた• (たかやまたけひさ)【俳優】• (たかやまただお)【サッカー選手】• (たかやまただかつ)【野球選手】• (たかやまただとし)【医学者】• (たかやまただひろ)【ゴルフ選手】• (たかやまたつお)【】• (たかやま-)【】• (たかやまたろう)【騎手】• (たかやまちくりんえん)【奈良県】• (たかやまちゅうぞう)【軍人】• (たかやまちょう)• (たかやまちょぎゅう)【】• (たかやまつとむ)【曖昧さ回避】• (たかやまてつや)【アナ】• たかやまてるよし 【軍人】• (たかやまとくたろう)【ヤクザ】• (たかやまとしけん)【岐阜県】• (たかやまともてる)【戦国武将】• (たかやま-)【】• (たかやまともゆき)【野球選手】• (たかやま-)【】 たかやまな• (たかやまなおや)【脚本家】• (たかやまながゆき)【実業家・政治家】• (たかやまながよし)【実業家・政治家】• (たかやまなりたか)【歌手】• (たかやまなんぶのうめんのうどう)【岐阜県】• (たかやま-)【楽曲】• (たかやまにし-)【】• (たかやまにしこうとうがっこう)【私学】• (たかやまのうひ-)【岐阜県】• (たかやまのぼる)【】• (たかやまのりゆき)【経済学者】 たかやまは• (たかやまはし)【】• (たかやまはちまんぐう)【奈良県】• (たかやまはるお)【俳優】• (たかやまひこくろう)【勤皇家】• (たかやまひさし)【野球選手】• (たかやまひでき)【アナ】• (たかやまひろし)【英文学者】• (たかやまひろし)【歴史学者】• (たかやまひろよし)【サッカー審判員】• (たかやまふどう)【】• (たかやまふみひこ)【曖昧】• (たかやまほんせん)【JR東海】• (たかやまぼんち)【岐阜県】 たかやまま• (たかやままさたか)【写真家】• (たかやままさたか)【ボクサー】• (たかやままさゆき)【ジャーナリスト】• (たかやままさゆき)【奏者】• (たかやままつり)• (たかやままみ)【女優】• (たかやままもる)【哲学者】• (たかやまみずほ)【漫画家】• (たかやま-)【声優】• (たかやまみねさぶろう)【剣道家】• (たかやまみやこ)【モデル】• (たかやまみる)【歌手】• (たかやまむつみ)【フィギュアスケート選手】• (たかやまむら)【曖昧】• たかやまや• (たかやまやすお)【野球選手】• (たかやま-)【声優】• (たかやまゆうこ)【タレント】• (たかやまゆうびんきょく)【曖昧さ回避】• (たかやまゆうや)【俳優】• (たかやまゆきこ)【脚本家・映画監督】• (たかやまゆり)【女優・タレント】• (たかやまようへい)【サッカー選手】• (たかやまよしぞう)【政治家】• (たかやま-)【漫画家】• (たかやまよしひろ)【レスラー】 たかやまら• (たかやま-)【】• (たかやまろらん)【医師・】• (たかやまりか)【アナ】• (たかやまりさ)【スピードスケート選手】• (たかやまりな)【女優】• (たかやまりょう)【子役】• (たかやまりょうさく)【画家】 たかやみ• (たかやみおう)【イラストレーター・漫画家】• (たがやみつつね)【戦国武将】• (たかやみつのぶ)【指揮者】• (たかやむら)【曖昧】• (たがやむら)【埼玉県】.

次の

旭日旗問題 「戦争できなかった韓国」という理由

日本 と 韓国 は てき かみ か たか

5です わざわざお礼を記入頂きありがとうございます。 お礼の中に 「地域性がなぜ発生したかが分かれば、もっと楽しいのでしょうが」 とありましたので、僭越ながら愚考を述べてみます。 ご参考になれば幸いです 下記のサイトに面白い説明があります 日本語では清音と濁音がなぜ同じ文字か? - 芸軌社公式ブログ www. geikisha. html 漢字を借用した万葉仮名では、清音と濁音は別な文字で書き分けていたのがひら仮名の発明以降濁音を文字としては表記しなくなった、とされています。 中国語から濁音が消えていった影響ではないかとされています。 確かに和歌や源氏物語などには濁音表記がありません。 但し、現在の入門書などの書籍では濁音を表記しています。 この考え方の延長線上から高田の田は、元々TAKADAとTAKATAという別な言葉だったのではないのでしょうか。 万葉仮名も、どの音にどの漢字をあてはめるのかということについては、明確な統一基準は存在していなかったのではないかと推定しています。 この推定の延長線として、東国ではTAKADAという地名の表記に高田を使い西国ではTAKATAという地名に高田を当てはめて使っていたのではないのでしょうか。 苗字というのは多くの場合居住地の地名を借用して使ったことが知られています。 この結果、東国出身のTAKADAさんと西国出身のTAKATAさんが同じ高田さんとして表記されるようになったのではないのでしょうか。 東国に濁音が多い現象は東北弁のズーズー弁でもよく知られています。 ではなぜこのような現象が起きたのかとなるとよく分かりません。 日本列島の地質学的な区分として糸魚川静岡構造線(フォッサマグマ)と呼ばれる地形があります。 この構造線の東西で植物の植生が違っていたり石器や縄文土器などの遺物の傾向が異なることから文化的に違いがあったとされています。 現在もお正月のお雑煮のお餅の形が関ヶ原を境として異なることが知られています。 縄文時代や石器時代の人々は東国と西国では言葉が違っていたのではないのでしょうか。 この名残りが静音と濁音の多寡の違いとして残ったのではないのでしょうか 参考 東日本 ヒガシニホン とは - コトバンク kotobank. 縄文時代,それはさらに鮮明になり,狩猟,漁労,採集の条件に恵まれた東日本には成熟した採集・漁労民の社会が形成されるが,西日本には朝鮮半島南東部ともかかわりをもつ漁労民の文化など,人口は東日本に及ばないながら独自な文化を保持したといわれる。 そして縄文晩期,西北九州に稲作の技術が伝播したのを契機に始まる弥生文化が西日本に急速に広がったのに対し,東日本がしばらく縄文文化にとどまったことは,この差異をさらに著しいものにした。 … 清音・濁音については下記のようなサイトもあります。 清音と濁音 - 日本語と日本文化 - 東京を描く japanese. hix05. seio 日本人は濁音が嫌い? - OCN www16. ocn. html 再度のご回答ありがとうございます。 説明して頂いたことは、示唆に富んでいますが、まだ完全には消化しきれてはいません。 、 <仮名の発明以降濁音を文字としては表記しなくなった、とされています。 > <中国語から濁音が消えていった影響> がある。 <元々TAKADAとTAKATAという別な言葉> が、漢字に表すと、「高田}になったのですね。 以下のことは、無学者は論に負けず、と言われていますが、私は、こう考えていました。 まず、スタートは、たかいところのたんぼ、と言われていました。 これが地名であり、苗字でありました。 それが長いので、「たかた」が略称・通称でした。 この「たかた」に知恵者が「高田」と漢字を当てはめました。 その後、この「高田」を読む際、(地域性によってか)知恵者が「たかた」と読んだり、「たかだ」と読んでいました。 お粗末さまでした。 濁音 鼻濁音 清音は地域性が認められてます。 TAKADAは東日本に多くTAKATAは西日本に多い傾向があります。 山崎も同じような傾向です 東日本ではYAMAZAKIが多く西日本ではYAMASAKIが多い傾向があります。 千葉県発祥の山崎製パン株式会社は英文表記は (YAMAZAKI BAKING CO. ,LTD. )としています。 下記のサイトに若干傾向が書かれています 日本語の方言の概観 - Wikipedia ja. wikipedia. 秋葉原:鉄道の駅名はAKIHABARAですが、元々は秋葉神社があった原っぱですので地元では AKIBAHARAでした。 (AKIBAPPARAに近い発音をします) 秋葉が原が短縮された呼称でした。 面倒ですのでアキバで済ませるケースが多々あります。 おそらく明治時代に九州出身の役人が九州では原をBARUと読む傾向があったのに対して、方言はいかん原はBARAだとやってしまったのでしょう。 現在茨城県がIBARAGIではなくIBARAKIだと盛んにアピールしています。 IMEパッドの変換では、GIでもKIでも茨城として出てきます。 ただこれだと大阪郊外の茨木と同じ音になってしまいますので、定着しますかね~ IMEでIBARAKIとすると茨木も茨城も両方変換候補で出てきます。 茨城県のお役人も頑張っているようです。 (おそらくmicrosoftにクレームをつけたのでしょう) 「高田」という苗字はあって「たかた」とか「たかだ」と読むのではなく、「高田(たかだ)」と「高田(たかた)」という別の苗字があるのです。 字が同じだからと言ってどちらで読んでも正しいということにはなりません。 一般に戸籍や住民票には振り仮名がありませんが、本人が「ぼくの名はタカタだよ」と言うなら、その人はタカダさんではありません。 釣りバカ日誌で主人公が「ヤマザキじゃなくてヤマサキ!」と強調するのは正しい態度です。 東海林さんにもショウジさんとトウカイリンさんが居ますが、どちらでもいいではなく、どちらが正しいでもありません。 それぞれの家庭が固有の読み方を持っています。 おまけですが、富田さんと冨田さんも別人です。 ヨシダさんには吉の字ではなく土に田の人が居て、戸籍にはちゃんと土に田と書いてあります。 どっちが俗字だという問題ではなく戸籍が正なのですから、現在よしださんの字を正しく表示できないのは単にマイクロソフトがこの文字を採用していないだけの問題です。 実際、ある企業内の訃報では正しく土に田のヨシダと印刷されていました。 当て字などは実は失礼なのですからわざわざ外字で作ったのでしょう。 閑話休題。 地名の読み方は自治体が決定し、それ以外の読み方は誤りです。 千葉市中央区の長洲は千葉市のサイトにナガズと書いてあるので、ナガスと読むのは誤りです。 郵便局でもナガズと書いており、本千葉駅前にもローマ字で「NAGAZU」と看板があります。 また脱線ですが、長洲二丁目交差点には「NAGASU」と書いてあるのは住所としては間違いですが、住所ではない、警察が交差点に名付けた固有名詞だ、と言うなら正しいとも言えます。 大阪の大坂城、姉崎の姉ヶ崎駅など住所に似ているが違うと言う施設は不合理とは言えません。 我々の祖国はニホンと呼んでもニッポンと呼んでも誤りではありませんが、大阪の日本橋はニッポンバシ、東京の日本橋はニホンバシとそれぞれ読み方は自治体が決定しています。 鹿児島市に樋之口という町名がありますがトイノクチと読むのは誤りで鹿児島風になまってテノクチが正しい。 市役所のサイトのふり仮名はすべて正しく統一されています。 つまり全体的に、読み方は漢字のオマケではなく、それぞれの名称に文字と読み方が決まっているということです。 むかし高梨という武士は息子の一人に小鳥遊と書いてタカナシと読む苗字を与えました。 しゃれてますよね。 Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 漢字表記は同じでも読み方が異なる日本人の苗字にはどのようなものがあるでしょうか。 日本人の苗字は、一説では100万種、一般的な説でも10万種以上と言われているそうですが これらのうちには漢字表記が同じであるにもかかわらず読み方が異なるものが幾つか見受けられます。 氏名の読み間違いは失礼ともなりますし、混乱も招きますから、 読み方が複数ある苗字に出会ったとき読み間違いを起こさないように配慮するのは大切なことです。 少なくとも私はそのように認識しています。 今回は、同じ漢字を使っているのに、読みが複数パターン存在する苗字の例を知りたく質問しました。 以下に私の知っている例を挙げます。 これらは実際に私が会ったり見たりした人たちや、著名人の苗字の例です。 ほかにどのようなものがあるでしょうか。 濁点のあるなし、「上」を「かみ」と読むか「うえ」と読むか、などの小さな違いも大切ですが、 音読みと訓読みの違いがあるとか、「東海林」さんのように全く違う読みになってしまう例を できれば多く挙げていただきたいと思います。 漢字表記は同じでも読み方が異なる日本人の苗字にはどのようなものがあるでしょうか。 日本人の苗字は、一説では100万種、一般的な説でも10万種以上と言われているそうですが これらのうちには漢字表記が同じであるにもかかわらず読み方が異なるものが幾つか見受けられます。 氏名の読み間違いは失礼ともなりますし、混乱も招きますから、 読み方が複数ある苗字に出会ったとき読み間違いを起こさないように配慮するのは大切なことです。 少なくとも私はそのように認識しています。 今回は、同じ漢字を使っているの... A ベストアンサー こんにちは こういうサイトが役立ちますよ。 nifty. biglobe. html 今まであった中では… 香島で、「コウジマ」さんと「カシマ」さん。 狩野で、「カノウ」さんと「カノ」さん。 土師で、「ハジ」さんと「ハセ」さん、「ハゼ」さん。 沢山で、「サワヤマ」さんと「タクヤマ」さん。 生野で、「イクノ」さんと「ショウノ」さん。 古館で、「コダテ」さんと「フルタチ」(古館伊知郎)さん。 あと… 表札がローマ字で「マイタ」と書いてあったのですが、「米田」さんだったとか。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... Q 銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか? 先日 脱毛サロンで契約をしお金を振り込んだのですが お店に「領収書を頂けますか?」と電話をすると 「領収書の発行はお金を直接お持ち頂いた場合のみになります。 」と言われたので 「ちゃんとお金をお支払いしたという証明は残りますか?」と聞くと 「金額の記載された契約書が領収書代わりになりますし、振込みされた時に銀行の「ご利用明細」が出てきたと思いますので それが証明になります。 」と言われました。 本当にこれで支払った証明になるのでしょうか? 振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか? 無知で申し訳ありません。 ご回答宜しくお願い致します。 この質問に補足する A ベストアンサー そもそも「おおざと」と「こざと」では、それぞれの文字の起源が違い、まず「おおざと」があって、これに対して「こざと」という言い方になったようです。 中にふさぎこめるの意を含む。 のち阝(おおざと)の形となり、町や村、または地名に関する漢字の部首となった。 「こざと(阜)」は、 もと、ずんぐりとした形に土を積み重ねたさまを描いた象形文字。 従って、ずんぐりとした形にふくれたおかのこと。 現在は、双方とも似た文字(阝)になっていますが 「おおざと(邑)」の名称は、大きな村里の意を文字通りに示すのに対して、 「こざと(阜)」の名称は、「おおざと(邑)」に対して付けられました。 阝の部首(旁ツクリ・扁ヘン)の位置関係ではないのです。

次の

【有本香の以読制毒】「韓国は敵なのか」と叫ぶ“知識人”の皆さんへ もはや朝日が笛吹けど国民踊らず、政権への影響はゼロ (1/2ページ)

日本 と 韓国 は てき かみ か たか

韓国が慌てふためいている。 政治家たちは無策なまま、口では依然強気なことを言っているが、韓国国民は、例によって日章旗を破ったり、日本の放送局を襲撃したりと大暴れ。 「日本製品不買」では足らず、ついに「NO安倍」のろうそくデモまで始めた。 大暴れのワケは、日本政府が、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定が目前に迫ったことにある(2日の予定)。 一方の日本側は、政府も国民も冷静そのものだ。 国民の9割が、今般の政府の「韓国除外」の方針を支持しているが、韓国の大騒ぎを見ても、韓国の旗を焼く者は出ない。 7月31日午後の時点で、世耕弘成経産相は記者の質問に対し、「引き続き粛々と手続きを進めていく」と述べ、除外の方針に変わりがない旨を強調している。 ここへ来て、マイク・ポンペオ米国務長官が「仲介案」を日韓外相に提示する意向と報じられたが、それとて、米国の「本気」の引き留めだとの見方は永田町にない。 仮に、「ホワイト国」除外の閣議決定を少し遅らせたところで、7月から実施している3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の対韓輸出審査の厳正化はそのままである。 改めて復習すると、日本が、安全保障上の友好国で、かつ物資の厳正管理が可能な国と認め、「ホワイト国」としているのはわずか27カ国。 同盟国の米国のほかに、カナダ、EU諸国、豪州、ニュージーランドといった先進国が並ぶなか、アジアで唯一、「ホワイト国」としてきたのが韓国だ。 米軍基地があり、国民所得も教育水準もアジアで1、2を争うシンガポールでさえ、この優遇措置の対象国でない。 このこと1つをとっても、日本が、韓国をいかに特別な存在として大事にしてきたかが分かる。 しかし、その依怙贔屓(えこひいき)も、もはやこれまでだ。

次の