キッチン カー。 キッチンカー(移動販売)開業で使える補助金とは?初期費用も解説

キッチンカー

キッチン カー

Contents• 新車の種類は全部で3種類 新車と言っても車両本体と制作部分(改造部分)を分けて考えます。 その組み合わせが3通りに分けられますのでそれぞれの特徴をまとめました。 1新車をフルオーダー 2新車を買って中身は自分で造る 3すでに制作済みの新車を買う 1. 新車をフルオーダー 自分の好みにキッチンカーを制作してもらいます。 提供メニューに合わせた仕様やイメージに合わせた外装デザインなどこだわりはひとそれぞれ。 もちろん費用もひとそれぞれです。 オシャレなキッチンカーはやはりフルオーダーが多いみたいです。 制作の打ち合わせから初めて納車まででおおよそ半年は見ておいた方が いいでしょう。 新車を買って中身を自作 キッチンカーの土台である車両を仕入れ中身を自作します。 中身を制作するにあたっての注意点は営業許可に関係してくる部分です。 給排水の容量とシンクの大きさ、換気設備の有無などです。 もちろん保健所の許認可に適合するように制作することが必要です。 また費用が抑えられるのはこれが一番です。 すでに制作済みの新車を買う インターネット上にある販売業者さんなど車両がほとんどです。 ただしこの場合の多くは車体本体が中古車であることが多く、新車はまれです。 また営業区域の許認可に適合しているかどうかなど不確定要素が高くあまりおすすめしません。 費用を安く抑えたい、中古車でいいという方はこちらを参考にしてください。 内部リンク オススメの車両はこれ ズバリ軽自動車の新車が一番のおすすめです。 またバンなどではなく天井が高い方がよりいいです。 主な理由としては営業場所の問題です。 イベントやランチなどの出店場所などでどうしても車のサイズNGなことがあります。 軽自動車であれば全く問題なくパスできます。 また天井が高いことにより車内空間が広く保てますし、立っての作業ができます。 座りでの仕事ですと腰に負担がかかったりするのでやはり立ちでの仕事ができるのがおすすめです。 費用の面でも普通車や1. 5tトラックより軽自動車の方が安く済みます。 自分好みの車をフルオーダーして見てはいかがですか? 車のサイズはこう選べばok 主には小型か中型の2種類の選択になると思います。 大型トラックやトレーラーなどの大型もありますがそれらは企業プロモーションなどに利用され、価格も一千万円を超えてくるのでここでは割愛します。 小型(軽自動車) 中型(普通車) 小型(軽自動車) ランチ出店や中規模までのイベント出店まで幅広く使えますので スタートアップで始めたい方におすすめです。 提供商品は限られてきますが、自慢の一品で勝負するのもいいかもしれません。 都内での現場は狭いところが多くありますのでサイズが入らないということで出店できない、、、なんてことはまずありません。 初めはどんな現場でも仕事をとりたいものですよね。 また都内で見かけるほとんどがこの小型車両と言えるでしょう。 また軽自動車であれば車検や自動車税、重量税などの維持費も安く済みます。 中型(普通車) 主にイベント出店を中心に仕事をされたい方にいいでしょう。 車内の広さが十分にあるので、2つのメリットがあります。 1つめは営業許可の取得が用意なことです。 給排水タンクの容量やシンクの大きさなどが関わってきますが、スペースに余裕があることで内装の自由さが生まれます。 したがってほぼ全ての都道府県で営業許可が取得できます。 2つめは車内に2人以上入って営業できる点です。 オペレーションを組むことにより商品提供時間を短くすることが可能です。 複数の商品を扱いやすくなりますのでメニューに幅が広がるのがポイントです。 よく見かけるのはケバブサンド、ケバブライスプレート、トルコアイス。 などのイベントで大人気のパターンですね。 オシャレなラッピングしてイベント出店になんて最高に楽しいですね。 費用はこのくらい? 実際にどのくらいの費用がかかるのかは気になるところ。 フルオーダーで制作するとなると一体いくらかかるの? などなどの実態に迫ります! フルオーダーと中古の比較 フルオーダーと中古の違いから考えましょう。 インターネットで検索してみると新車の軽自動車のキッチンカー取得相場はだいたい203万円から225万円くらいです。 あくまでこれは量産型ベースグレードです。 そこから自分のやる商材用にカスタマイズしたり、ペイントしたりする必要がありますがベースグレードでも営業は可能です。 では中古車はどうでしょうか? 中古車情報サイトの相場は乗り出し価格で150万円から200万円です。 手直しが必要な場合がほとんどですのでやはりやはり180万円〜200万円弱はかかってしまいます。 またベースが中古車(特に商業用)ですと結構荒い使い方をされているものも数多く存在し、ハズレを引いてしまうと修理などで大変です。 いい車両はすぐに売れてしまうので掘り出し物を探すには毎日ネット情報をチェックしましょう。 以上のことから新車フルオーダーと中古の価格差が分かりました。 あくまで相場ですのでご自身の予算とタイミングで判断してくださいね。 キッチンカー. トウキョウでは新車キッチンカーを228万円から制作が可能です。 キッチンカー. トウキョウのキッチンカー制作はコチラ 納期は余裕をもって キッチンカーを制作するにはやはり時間は必要です。 打ち合わせの時間を含めて納車までは4ヶ月から6ヶ月は見ておいた方がいいでしょう キッチンカー制作(購入)なら やはり制作するなら安心して任せられるとこにお願いしたい。 また何社か話を聞いてみて考えてから決めたい。 ここではいくつかのサイトをご紹介します。 K-BOX 埼玉県にある制作会社さん 制作事例も多く、ベースグレード価格が安い。 そこからペイント、オプションなど自分仕様にできる.

次の

キッチンカー(移動販売)に必要な準備って?覚えておきたい法律やルールとは

キッチン カー

資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。 税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。 平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。 融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。 フェスやイベントなどでフード販売している車のことを「キッチンカー」と言います。 店舗のように扉がないため、ユーザーは気軽に購入できる、近くまで来てくれるというメリットがあります。 一方、販売する側としても、キッチンカーでの販売は「店舗を出すよりも不動産取得料(家賃など)がかからない」という大きな利点があります。 キッチンカーで移動販売をするのは、飲食店の店を開くより初期費用が安く済みます。 とは言っても、数十万円でスタートできるわけはないので、ある程度の資金が必要です。 今回の記事では、キッチンカー(移動販売車)を購入するための資金調達を融資でする方法について、できるだけ具体的にわかりやすくご説明したいと思います。 キッチンカーで融資を受けるとは、具体的にどういうこと? 融資とは、金融機関に対して「ビジネスをするから、足りない分を貸して」と申し込む一連の事柄を指します。 キッチンカーで融資を受ける方法をご説明する前に、キッチンカーで融資を受けることがどんなことなのか、簡単にご説明いたします。 キッチンカーで起業するには、どのメニューを売るのかを最初に決めるとスムーズです。 お店の利益の核となる重要な戦略なので、メニュー選択には時間をかけてもいいでしょう。 そうなんです。 キッチンカーと一言で言っても、さまざまな種類があります。 安くて、そのままではすぐに使えない状態の軽トラックでも、50万円はします。 また、 キッチンカーで販売するメニューを決めるということは、融資の用語で言い換えると、「事業内容を決定する」という大切な部分になります。 キッチンカーの種類とだいたいの予算を、以下の表にまとめてみました。 8万円~352万円 良いところに気が付きましたね。 キッチンカーの価格を決めることは、融資を受ける時の「設備資金」を決めることになります。 後ほどご説明しますが、融資を受ける際には「運転資金」と「設備資金」という2種類のお金の計算を書き表した、「創業計画書」という計画書を提出しなければいけません。 運転資金とは、キッチンカーで販売を続けるために必要な電気代や食材の仕入れ代などのコストを言います。 設備資金とは、ビジネスをする上で必要なお店(例、不動産)や機械(例、プレス機)などのことを言います。 キッチンカーで融資を受ける場合は、車両購入価格とそれに関わる費用(改装費)が設備資金となります。 具体的には、中古車販売店などに問合せをして、見積を取りまくるという作業が必要になります。 但し、キッチンカーでの起業はキッチンカーだけを手に入れればそれで終わりではありません。 クレープやたこ焼きを作る材料(食材)を仕入れる費用もかかりますし、ガソリン代、光熱費代など諸々の費用がかかります。 ざっくり言えば、150万円ほどが目安になります。 その内訳は、以下の通りです。 保健所等の許可取得費用 (食品衛生管理者資格も必要) 5万円 仕込み・駐車場利用料 (仕込み場所の届出要) 50万円 料理機器購入・販売促進費 50万円 開業後の運転資金 50万円 上記の資金を用意せずにいきなりキッチンカー・ビジネスをスタートすると、すぐに資金切れで息切れしてしまう可能性もあります。 事業融資をしてくれる金融機関としては、都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合などがあります。 また、最近ではクラウドファンディングで資金調達する方も少なくありません。 しかし、キッチンカーでビジネスをするのがまったく初めての方であれば、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」が最もオススメです。 なぜなら、基本的にビジネスがはじめての方でも、無担保・無保証人で2%台という低金利で融資を受けられるからです。 日本政策金融公庫は日本政府が100%出資している金融機関で、もともとは「国民生活金融公庫」という名前で運営されていました。 上記のグラフは、日本政策金融公庫の公式ページで公表されているグラフです。 日本政策金融公庫の指名は、創業時や創業後の(個人)事業主へ融資をすることで、日本全体の雇用を増やすことなのです。 公的ではない一般の銀行が相手にするのは、利益を得られるビジネスパートナーのみ。 そのため、基本的に大手都市銀行から融資を受けようとするなら、「信用保証付け」といって、第三者の審査を通過しないと、申込みする以前に門前払いをくってしまいます。 【事業融資を受けられる金融機関の種類】 金融機関の種類 融資を受けて通過する可能性のある人(例) 都市銀行(みずほ、三菱UFJ,三井住友など)• 売上10億円以上• 業歴5年以上• 定期預金や外貨など多数の取引がある 地方銀行• 売上3億円以上• 業歴5年以上• 該当地域で事業をしている人 信用金庫・信用組合• 売上1億円以上• 業歴3年以上• 該当地域で事業をしている人、関わりがある人 クラウドファンディング• ネットが得意な人• 必要な資金があまり高額ではない(~数十万円でもOK)な人• プレゼンが得意な人• クラウドファンディングサイトへの手数料(平均15~20%)を高いと思わない人 日本政策金融公庫• 低金利(2%台)でお金を借りたい人• 創業計画書(または事業計画書)などの書類を用意できる人• 自己資金がある人• 事業経験がある人• 信用情報がブラックではない人 上記は、これから事業融資を受けたい方への資金調達先の候補です。 他にも助成金・補助金という選択肢もありますが、助成金・補助金は事業をはじめたあとにアルバイトを正社員化した場合などにもらえるお金なので、今回はカットします。 融資がはじめての人が融資を難しく感じるのは、無理もありません。 特殊な学校でなければ、学校の普通科で融資について教えてもらうこともまずないでしょう。 しかし、融資に通るコツは「金融機関に返済できる人間だと思ってもらう」という非常にシンプルなものです。 日本政策金融機関のような金融機関から300~500万円以上の融資を受ける場合、まずは申込書類を準備する必要があります。 最も大切かつ作成が簡単ではない書類は「創業計画書」です。 (ひとつの事業で2度目の融資の場合や創業後2期を過ぎた場合は事業計画書となります)その他の具体的な書類については、当サイトの以下の記事で詳しくご説明しています。 また、他の金融機関でもそうですが、日本政策金融公庫で融資に受かるためのひとつの基準として「自己資金」があります。 自己資金とは、事業をする方が事業のためにコツコツと貯めてきた預貯金を言います。 ひとつの目安として、融資を受けたい希望額(融資希望額)の10%をお持ちであれば、第一関門としてはクリアでしょう。 (500万円借りたい場合は50万円)ただし、事業の経験がない、または浅い場合には、もっと多くの自己資金が必要です。 なぜなら、日本政策金融公庫の融資のスタンスは「事業者が経営に必要な資金の不足分を貸してあげる」というものであり、「事業者が公庫に丸投げ(全額借りる)できるもの」ではないからです。 事業資金相談ダイヤル:0120-154-505 (平日:9時~17時) 電話をかけたら、「キッチンカーで販売する事業を始めたくて、融資を受けたいです」というような内容を担当者に伝えます。 電話では、以下の点を聞かれる可能性が高いので、あらかじめ心の準備をしておきましょう。 これまでのキッチンカーでの事業経験また飲食業での経験• 自己資金(自分名義の預貯金)はどれぐらいあるのか• いつ頃事業をスタートしたいのか• 日本政策金融公庫の融資の仲介を「認定支援機関」に依頼することもできる はじめての融資の場合、「創業計画書をつくったことがない」「経理やったことないから、損益計算書を作れない」といったお悩み事が出てくるかもしれません。 しかし、書類作成を安易に行うと、多くの場合は融資の審査で落とされてしまいます。 そこで、「認定支援機関」という経済産業省に認められた機関を利用して融資にトライされる方もいらっしゃいます。 認定支援機関とは、ひとことで言えば「専門家」です。 具体的には、税理士・会計士・弁護士などの肩書と一定の実務経験や研修を受けることで、認められることが可能です。 たた、認定支援機関をして認められながらも、実際に融資の仲介の仕事をあまり経験せずに「相続の相談」が得意分野だという認定支援機関もいたりします。 そのため、融資のサポーターとして認定支援機関を選ぶ際は、融資が得意な認定支援機関を選ぶことが融資の成功率を上げるカギと言えるでしょう。 まとめ キッチンカーで移動販売をするには、キッチンカーを購入するお金とそれに付随するお金(保健所の許認可取得、仕入れ代金)が150万円ぐらい必要です。 全額を自分のお金で払っていくのは簡単なことではありませんが、日本政策金融公庫の融資を受けるとキッチンカー・ビジネスをスタートするための資金を貸してくれます。 但し、融資では「創業計画書」の提出や自己資金の用意など、満たすべき条件があります。 はじめての融資で不安なのであれば、当サイト(株式会社SoLabo)を始めとする、認定支援機関にご相談ください。 SoLaboの場合では、月間80件ほどの融資サポート経験から、あなたが融資を受けられるか判断し、適切にサポートいたします。 中小企業庁が認める 認定支援機関 「SoLabo(ソラボ)」が 融資の専門家として あなたをサポートします! 新型コロナウィルス感染症特別貸付のご支援をさせていただき、実行いただいたお客様が300名を超えました。 既存事業者の経営を支援することが、経済のためになると考え、当社の出来ることを引き続き対応させていただきます。 既存事業者の経営継続支援が今の経済において最優先事項と考え、 新規創業・開業のご相談はお時間をいただく場合もございます。 予めご了承ください。 -SoLaboのできること-• 融資相談無料• 既存事業者の融資支援• 創業予定・創業したばかりの初めて融資支援 提出書類作成支援/面談対策/融資依頼先の最適化/スケジュール作成 まずは、無料相談ダイヤルへ SoLaboは、着手金ゼロ完全成功報酬(最低12万円)!提出書類作成や公庫面談をサポートします。 お気軽にお電話ください。

次の

軽バン・軽トラックなど移動販売車、キッチンカーの制作例です!

キッチン カー

都道府県 :• 全国のキッチンカー• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 高知 0• 佐賀 0• 長崎 0• 宮崎 0• 11 カテゴリ :• 全ての中古車• レクサス 0• BMW 0• アウディ(audi) 0• フォルクスワーゲン 0• ミニ 0• ボルボ(Volvo) 0• プジョー 0• アルファロメオ 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のキッチンカー• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 高知 0• 佐賀 0• 長崎 0• 宮崎 0•

次の