植物性 プロテイン。 プロテインの女性への効果や飲み方は?植物性がオススメって本当?

動物性と植物性プロテインの違い!ダイエット効果が期待できるのは?

植物性 プロテイン

タンパク質の効果については下記の記事に詳しくまとめています。 理由2:現代人は動物性タンパク質を摂りすぎているから 2つ目の理由は、 現代人が動物性タンパク質を摂りすぎているからです。 タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類がありますが、どちらが大事ということはなく両方ともに人間の体には必要不可欠なもの。 2種類ともバランスよく摂ることが大切です。 しかし、外食や内食の多い現代人は、どうしても 動物性タンパク質だけに偏ってしまいます。 牛丼やファミレスのハンバーグ、ラーメンの上の焼豚やハンバーガー、フライドチキン…これらには植物性タンパク質はほぼ含まれません。 また、これらの食べ物にはやなどの 健康を害する脂を多く含んでいます。 動物性タンパク質を減らし、その上で植物性タンパク質を摂るのが効果的です。 理由3:植物性タンパク質の優れた効果 植物性タンパク質の 優れた効果も見逃せません。 植物性タンパク質は インナーマッスルを増やし、代謝をアップさせることで体を引き締めてくれるため ダイエット効果が抜群。 また、植物のみが持つ栄養素 『ファイトケミカル』を豊富に含むため、 美肌効果や体質改善、抵抗力アップなど優れた効果が満載です。 さらに 赤ちゃんの発育にも大きく関係していて、植物性タンパク質を摂ることで 胎児の内臓が健康に発育することもわかっています。 ファイトケミカルについて詳しくは下記の記事をご覧ください。 理由4:手っ取り早く摂れる 4つ目の理由は、 手軽さです。 植物性タンパク質を含む食品といえば大豆ですが、毎日大豆ばかりを大量に食べることはできません。 特に忙しい現代人の場合は、自宅で調理をする余裕もないのでなおさらです。 そのため、飲むだけで手軽に、かつ効率的に植物性タンパク質を補給できる プロテインがおすすめです。 ただ飲むだけでなく、料理にも応用できるます。 小麦粉の代わりに使うことができるので、料理をよくする方にもおすすめできます。 オーガニックの植物性プロテインまとめ それでは、ここからは高い吸収率のオーガニック植物性プロテインを順にご紹介します。 1:ガーデンオブライフ 【ロー・オーガニックプロテイン】 アメリカ・ガーデンオブライフ社製のオーガニックプロテインです。 ガーデンオブライフ社は、 他に類を見ないほどの様々な認定を受けたオーガニックフード企業。 USDAオーガニック認証、非GMO(遺伝子組換え)プロジェクト認証、NSFグルテンフリー認証、ビーガン認証など、およそオーガニックフード企業を証明する認証を揃えた、世界で最も信頼のおけるオーガニックフード企業です。 恐らくこれが、 日本で買える植物性のプロテインのうち最も信頼のおける品質のプロテインです。 迷ったらこれから始めてみましょう。 ヘンプシードとは耳慣れない響きの食品ですが、実は タンパク質の含有量と吸収率は大豆以上とも言われています。 必須アミノ酸は全て含有し脂肪酸のバランスも最適。 豊富なミネラル分も含み、さらにアレルギー成分もないというという万能ぶり。 このように数多くの栄養成分を豊富に含むことから、ヘンプシードも スーパーフードの一種と言われています。 アメリカ、オーストラリア、日本の3カ国で有機栽培認定を受けたヘンプシードのみを使用しているので安心です。

次の

女性向けプロテインが太る理由と3種類の植物性プロテインの役割|ダイエットや美肌にはどれがいい?

植物性 プロテイン

・アミノ酸の含有量が豊富である。 【植物性(大豆プロテイン)】 ・消化吸収がゆっくりである。 ・アミノ酸の含有量が動物性と比べると少ない。 この違いだけをみると動物性のプロテインを取った方が良い気がしますよね。 確かに筋肉をどんどん成長させていきたい方には動物性の方が良いと思います。 すぐに筋肉に栄養が行き届くのでトレーニング後の30~60分の間のゴールデンタイムと言われている時間に体にたんぱく質を吸収させることができます。 ただし、植物性のプロテインでも含有量が極端に少ないわけではないのです。 さらに、脂質量が少ないのと、代謝をアップさせるナトリウムやカリウムも豊富です。 もう一つ言うと、抗酸化作用を促進させ、ホルモンバランスを保ってくれるサポニンやイソフラボンといった成分も含まれています。 以上のことから大豆プロテインは代謝アップさせて免疫アップ、便秘改善して美肌を保ち、腹持ちの良さを生かしたダイエット効果などが期待できます。 プロテインを摂る目的は何も筋肉を大きくする事だけではないと思います。 たんぱく質は体の機能を高めてくれる大事な栄養素です。 しっかりとご自身の目的に合わせてプロテインを摂るようにしてみてくださいね!•

次の

植物性プロテインの主役!ソイプロテインの効果と特徴

植物性 プロテイン

・アミノ酸の含有量が豊富である。 【植物性(大豆プロテイン)】 ・消化吸収がゆっくりである。 ・アミノ酸の含有量が動物性と比べると少ない。 この違いだけをみると動物性のプロテインを取った方が良い気がしますよね。 確かに筋肉をどんどん成長させていきたい方には動物性の方が良いと思います。 すぐに筋肉に栄養が行き届くのでトレーニング後の30~60分の間のゴールデンタイムと言われている時間に体にたんぱく質を吸収させることができます。 ただし、植物性のプロテインでも含有量が極端に少ないわけではないのです。 さらに、脂質量が少ないのと、代謝をアップさせるナトリウムやカリウムも豊富です。 もう一つ言うと、抗酸化作用を促進させ、ホルモンバランスを保ってくれるサポニンやイソフラボンといった成分も含まれています。 以上のことから大豆プロテインは代謝アップさせて免疫アップ、便秘改善して美肌を保ち、腹持ちの良さを生かしたダイエット効果などが期待できます。 プロテインを摂る目的は何も筋肉を大きくする事だけではないと思います。 たんぱく質は体の機能を高めてくれる大事な栄養素です。 しっかりとご自身の目的に合わせてプロテインを摂るようにしてみてくださいね!•

次の