ま ど マギ 2 リセット 天井。 まどマギ2 【天井期待値・セリフ・中押し・朝一リセット・やめどき】まとめ!

魔法少女まどかマギカ2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

ま ど マギ 2 リセット 天井

目次(クリックでジャンプ)• 5枚(ボナ込2. 8(設定1~3)~1. 1(設定1~3)~10. 1(設定1~3)~10. 6%、G数上乗せ+ワルプルギスの夜が0. 0%継続 74. 1%継続 18. 2%継続 6. 試打動画.

次の

まどかマギカ2の天井期待値と狙い目とやめどきは?リセット恩恵は?

ま ど マギ 2 リセット 天井

簡単な朝一リセット判別法 設定変更後は特殊RT状態に移行するので この為、ベルこぼしするまでの間に リプレイを引くと据え置きが確定してしまうというものです。 手順は簡単です。 右から紫7を上段か枠上に押すだけです。 上段にリプレイが止まってリプレイが揃うと据え置きが確定します この時ナナメ揃いでも上段揃いでも同じです。 右リール上段にリプレイが止まった時点でリプレイが揃うようなので 要は右リール上段リプレイ停止の時点で据え置き一確目となるようです。 注意点としてはリセットは確定できないという点です。 あくまでベルこぼしを引く前に 右リールから押して上段にリプレイ停止で、 リプレイ揃いすると据え置きが確定するということなので、 完全に見抜くのは無理ですね。 なので 他の要素と合わせてリセット判別をするのがベストになります。 完全に設定変更の有無が分かる場合 完全に設定変更の有無が分かる場合があります。 それは 朝イチ600G以上ハマっている場合です。 これは分かりやすく確定的な要素となりますので、 設定狙いなどの際は要チェックです。 クリックしてもらえると励みになります! 宜しくお願いします。

次の

まどマギ2 解析まとめ|天井 ゾーン 狙い目 設定差 設定判別 設定示唆 朝一リセット恩恵

ま ど マギ 2 リセット 天井

目次(タップで該当箇所に飛びます)• まどかマギカ2 スペック詳細 基本情報 機種情報 ホール導入日 2016年9月20日 導入台数 30,000台 仕様 ボーナス+ART ART純増 1. 43 ART直撃出現率 実戦値 攻略誌の実戦値によると、ART直撃出現率に設定差があります。 ART突入の主なルートは自力CZ「魔女の結界」で、魔女の結界突入のカギを握るのは通常時の滞在ステージ。 通常ステージの詳細は以下の通り。 内部状態はレア小役成立時の魔女の結界当選率に関わり、ボーナス当選率は変化しません。 エピソード別の恩恵 エピソードボーナスは全6種類存在し、キャラの種類によって恩恵が異なります。 裏ボーナスの詳細 突入条件 裏マギカクエスト中ボーナス 獲得枚数 約150枚 ゲーム数 30G まどかマギカ2 ART解析 マギカラッシュ マギカラッシュ消化中はレア役で上乗せや特化ゾーン抽選あり。 当該ゲームでベル・レア小役成立でアイコンをゲット! アイコン獲得時の恩恵は以下の通り。 アイコン 恩恵 使い魔 終了のピンチベル・レア役で回避 プレゼントボックス 5G以上の上乗せ色違いでチャンス ソウルジェム 5G以上の上乗せ登場キャラで期待度が変化 キュウべえ 上乗せ確定 ?ボックス 宝箱以上のアイコンに変化 VSバトル 32G毎に出現勝利できればアイコンをグリーフシードに変換 さやか 攻撃を1回耐える マミ 使い魔アイコンを変換 杏子 次回上乗せ2倍+上乗せするまど無敵状態 ほむら 復活確定+復活後は上乗せするまで無敵 まどか 100G以上の上乗せ グリーフシード 獲得で裏マギカクエスト突入 裏マギカクエスト マギカクエスト中のグリーフシード獲得から移行。 移行すれば上乗せ性能がアップし、さらに滞在中にボーナスを引けば裏ボーナスとなります。 ワルプルギスの夜 上乗せ特化ゾーン「ワルプルギスの夜」は前作よりもさらにパワーアップ! 4セットの継続保証があり、4の倍数セットでは上乗せゲーム数が優遇されます。 滞在中のビッグ当選は、ほむらエピソードビッグに。 そして、スペシャルエピソードが流れれば、継続確定+50G以上の上乗せとなります。 まどかマギカ2 管理人の評価・感想 設置から約3年が経過した現在でもホールでは主役級の活躍を見せるまどマギの続編がいよいよ登場します。 気になる点は、高設定域の出玉率がかなりダウンしている点です。 初代パチスロまどかマギカは、高設定域の出玉率の高さもユーザー人気の一端を担っていたと感じるだけに、ARTの純増ダウンによる出玉増加のスピード感の減少や大幅なスペックダウンはかなり残念です。 前作の実績やコンテンツの強さから言って、大ヒットはまず間違いないでしょう。 -----スポンサードリンク-----.

次の