ギルガルド 弱点。 ギルガルド

【単体考察】弱点保険呑気ギルガルド

ギルガルド 弱点

ギルガルド 傾向 全体感 使用率はダントツのトップ。 ギルガルドの強みはなんといっても、バトルスイッチによる種族値の変化です。 シールドフォルム・ブレードフォルムを巧く使えば、実質合計種族値720の化物です。 その上、鋼・ゴーストという優れたタイプを持っているため非常に使いやすいです。 どうしてこんなにも採用されるかというと 弱点保険発動でダメージの期待値が2倍になり、ほとんどの敵(耐久型以外)の敵にタイマンで勝てます。 シールドフォルム状態のギルガルドは、強化アイテム持ち以外の一致弱点なら余裕で耐えるため弱点保険を発動させやすいです。 ガブリアス ファイアロー メガボーマンダ などの攻撃を耐え、シャドーボール+かげうちで落とすことが出来ます。 残り1枠で個性を出すのがポイントです。 物理型なら積み技が欲しいところ。 育成も簡単ですので、非常に人気のあるポケモンです。 具体的には、ポリゴン2メガゲンガー構築やギルガルドミラーなどの流行ポケモンに強いです。 一方で、攻撃範囲が狭くなるため処理できないポケモンも増えます。 第4位:ふうせん ギルガルドの弱点である、地面を無効にできるアイテムです。 ガブリアス・メガボーマンダのじしんを無効にできる風船を持たせ、後出し性能を高めることを意識したギルガルドです。 数値が高ければ高いほど、採用価値の高い技の目安になります。 第1位:シャドーボール 55. 8ポイント ダントツで数値が高いのがシャドーボールです。 第2位:かげうち 40ポイント シャドーボールと並んで非常に数値が高いです。 第3位:アイアンヘッド 32. 9ポイント タイプ一致で、命中も安定するギルガルドのメインウェポン 第4位:ラスターカノン 24. 5ポイント 第5位:せいなるつるぎ 23. 5ポイント 特殊型ギルガルドにせいなるつるぎを採用する価値は低くなりました。 第6位:めざめるパワー 20ポイント 弱点保険シャドーボール+かげうちの方が強いと噂。 風船+めざ氷で後出しで、ガブリアス・メガボーマンダを狩れる.

次の

ギルガルド育成論 : 【汎用型】弱点保険ギルガルド|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ギルガルド 弱点

ギルガルド おうけんポケモン ガラルNo. 332 ぜんこくNo. 681 高さ 1. 7m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Aegislash タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 35で『ヒトツキ』から進化• また、直接攻撃をしてきた相手の『こうげき』ランクを1段階下げる 第7世代までは2段階。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 『ランク』は変化しない。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 また、直接攻撃をしてきた相手の『こうげき』ランクを1段階下げる 第7世代までは2段階。 連続で使うと失敗しやすくなる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 ダブルバトル用。

次の

ギルガルド (シールドフォルム)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ギルガルド 弱点

ギルガルド おうけんポケモン ガラルNo. 332 ぜんこくNo. 681 高さ 1. 7m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Aegislash タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 35で『ヒトツキ』から進化• また、直接攻撃をしてきた相手の『こうげき』ランクを1段階下げる 第7世代までは2段階。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 『ランク』は変化しない。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 また、直接攻撃をしてきた相手の『こうげき』ランクを1段階下げる 第7世代までは2段階。 連続で使うと失敗しやすくなる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 ダブルバトル用。

次の