ご尽力 使い方。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

【注力】と【尽力】の意味の違いと使い方の例文

ご尽力 使い方

「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ただ、ニュアンスが異なるため、まずはそれぞれの正しい意味をご紹介します。 力を貸すこと。 援助」という意味の言葉です。 「お力添え」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、力を貸してくれるようお願いする言葉です。 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 「お力添え」……軽め。 手を貸してもらう・助言してもらうという程度 「ご尽力」……重め。 助けてもらう・実現のために走り回ってもらうという程度 相手からの手助けに対してどちらを使うかは、助けてもらった人の主観で判断します。 客観的に、このくらい手伝ったから「お力添え」を使う、などという基準があるわけではありません。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「お力添え」が適切な場合 ・プロジェクトメンバーではないが、軽く仕事のアドバイスをもらった ・商品宣伝のために、自主的にSNSで発信してくれた ・イベント主催者ではないが、参加して集客に貢献してくれた 成功のために手は貸してくれたが、外部からの軽い協力程度であれば、気にせず「お力添え」を使いましょう。 ここで「ご尽力」を使うと「もっと手伝ってくれればよかったのに」という嫌味と受け取られるリスクがあります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 一生懸命協力してくれた相手に「お力添え」を使うと、相手は軽視されたように感じて不快になってしまうかもしれません。 意味は同じでも、失礼な印象を持たれる危険があると意識するだけで、正しい選択ができる言葉です。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 ・今後とも、より一層のお力添えをいただけますと幸いに存じます。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 ・ 平素よりご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 本当にありがとうございます。 ・プロジェクト完遂に向けて、尽力して参ります。 ・精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 自分に対して使う「尽力」は、 「力を尽くします」「がんばります」というニュアンスをスマートに伝える言い回しとして、とても便利な言葉です。

次の

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

ご尽力 使い方

尽力の読み方は?意味は? じんりょく 「尽力」の読みは「じんりょく」です。 辞書的な意味を調べてみると 「[名] スル ある目的の実現のために、力を尽くすこと。 」「町の復興に尽力する」 (デジタル大辞泉(小学館)より引用) とあります。 辞書の例文にもある通り、「じんりょく」という名詞のあとに「する」などの動詞をつけて、一語のようにして使うこともよく見られます。 力を尽くす 既に漢字に現れているように「力を尽くす」「全力で努力する」「精いっぱい対応する」といった姿勢を伝える表現です。 相手に対する尊敬や感謝の意も込めてよく用いられています。 尽力という単語そのものに「尽くす」という意味が既に含まれているため、「尽力を尽くします」などの二重表現にしないように気をつけましょう。 目上の人に感謝の気持ちを込めて使う 尽力は自分に対しても目上の人に対しても使うことができる言い回しです。 目上の人に対しては、たとえば自分の身内に対して何か努力をしてくれた、力になってくれた折などに尊敬と感謝の気持ちを込めて使いましょう。 目上の人に対するお礼を伝えたいときに便利なために、幅広く使われているようです。 自分に対しては全力で頑張る気持ち 自分に対して使う場合は「努力する」といった意味合いとなり、ビジネスシーンでは「尽力」を用いるほうが一般的とされます。 精いっぱい全力で頑張る気持ちや姿勢を伝えることができる表現です。 目上の人が力を貸してくれたことに対するお礼とセットで使われることも多く見られます。 先方に対して今後の決意表明をすることもできるでしょう。 尽力の使い方・例文 ここでは、尽力の使い方を例文も交えてみていきます。 ご尽力いただきありがとうございます 尽力の上に「ご」がつくと尊敬語となるため、自分に対して用いることはできません。 主にビジネスシーンで、目上の相手が自分を助けてくれた、協力・努力してくれたなどの折に幅広く活用されている例文となります。 相手に対して感謝とお礼を丁寧に伝えたいときに使いましょう。 相手が複数いるときには、「皆さまにご尽力いただき、心より感謝申し上げます。 」といった形で使うこともできます。 尽力させていただく所存です こちらは自分に関する言い回しで、今後も精いっぱい努力しようという意思を伝えたいときに適している例文です。 自分のことになるため、まずは「ご」を取り外しましょう。 その上で「させていただく」「所存」といった言葉を加え、自分がへりくだる謙譲表現として使います。 謙虚さと丁寧さも伝わりやすい表現といえるでしょう。 尽力を惜しまない 相手に対して、精いっぱいお力になりたいといった意思を伝えるときに使うことができます。 目上の人から協力を依頼されたときなどに活用するとよいでしょう。 さらに「微力ながら」などの枕詞を冒頭につけることも多く見られます。 あまり大きな力にはなれないが、ぜひ頑張らせて頂きたいという謙虚な姿勢も伝わりやすくなります。 尽力の類語・言い換え 尽力と似た形でよく使われるのが「努力」「お力添え」「ご協力」「ご支援」です。 ニュアンスの違いを知って正しく使い分けましょう。 努力 大半の「尽力」は「努力」という単語に置き換えることができます。 シチュエーションによってどちらを使うのか区別します。 ビジネスでは「尽力」がよく使用される傾向にあるようです。 「尽力」を「努力」に言い換えた文章で印象を比較すると、以下のようになります。 「本プロジェクトが成功するよう尽力して参ります。 」 「本プロジェクトが成功するよう努力して参ります。 」 前者の方がビジネスの場にふさわしい印象を受けるのではないでしょうか。 後者も意味としては同じですが、若干幼いイメージもついてまわります。 お力添え 尽力とよく似た形で使われるのが「お力添え」です。 目上の人に対する表現である点は共通しますが、「お力添え」の場合は努力を伴わない点が異なります。 目上の人に対してお礼を伝えたいときにはどちらでも問題ありませんが、自分に対しては「尽力」を使いましょう。 また、目上の人に対してお願いごとをしたいときには、努力を相手に要求するのは違和感があるため「お力添え」が一般的とされます。 少しでも協力をお願いしたい、といった切実さを伝えたいときに使いましょう。 使用例は下記の通りです。 「お忙しい中恐縮ではありますが、ぜひお力添え願います。 」 「この度はお力添えありがとうございました。 」 ご協力 尽力とご協力は、ほぼ同じような形で使うことができます。 尽力は目上の人に対する言い回しである一方で、協力は頭に「ご」をつけることによって丁寧さを増すことができるため、ビジネスでも広く使われています。 よく使われる一方、少し軽めな印象も与える可能性があります。 相手にあわせて「尽力」と使い分けるとよいでしょう。 具体的な使用例をもとに比較してみましょう。 「サービス向上にご尽力いただき誠にありがとうございました。 」 「サービス向上にご協力いただき誠にありがとうございました。 」 尽力の方が丁寧で特別な印象を受けるのではないでしょうか。 後者の場合、アンケートの回答など些細な協力に対しても使うため、軽めな印象になりがちです。 してもらった内容に合わせて、適切な方を選択しましょう。 ご支援 ご支援もご協力と同様、シーンを問わずに使える表現となります。 ビジネスで使いたいときには頭に「ご」をつけて、「ご支援をお願いできないでしょうか?」などといった形で活用しましょう。 わかりやすく使いやすいからこそ、少しカジュアルな表現ともいえます。 取引先や明らかな目上の人に対しては「尽力」が無難とされます。 まとめ 尽力とは目上の人に対して使い勝手が良い用語の1つです。 相手に尊敬と感謝の意をこめてお礼を伝えながら、こちらの今後の真摯な姿勢も併せて伝えられる便利な言い回しでもあります。 類語と使い分けながら、ビジネスに上手く役立ててください。

次の

「尽力を尽くす」の意味や使い方!敬語の間違いや例文を正しく解説!

ご尽力 使い方

注力と尽力の違い 注力と尽力の違いを分かりやすく言うと、 注力はある物事に対して力を入れること、力を入れて集中することを意味していて、尽力は、ある物事に対して持っている力の全てを尽くして取り組むことを意味しているという違いです。 注力というのは、物事に対して力を注ぐことを意味しています。 この言葉は、もともとは現代で作られた造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 何かの物事を集中して行う際などに使用される表現です。 しかし、この注力という言葉を使った場合には、どの程度の力を注いでいるのかというのは、人によって異なるものです。 注力という言葉には、力をかける具合の程度を示す意味は含まれていません。 そのため、注力という言葉を使う際には、程度を示す言葉と共に使われることもあります。 例えば「精一杯に注力して」などのように使用されることもある言葉です。 ただし「注力を注ぐ」という表現はしません。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方の尽力というのは、物事に対して持っている力の全てを注ぎ切るという意味を持つ言葉です。 尽力の「尽」という字は、尽くすという意味を持つので、尽力という言葉だけで、全部の力を尽くすという意味になります。 尽力という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です、「御社のご尽力に感謝いたします」などのように使われ、相手側が全力をかけてくれたことに感謝をするような場面で使われる表現です。 他にも「ご尽力を賜り」「ご尽力をいただき」などのように使用されます。 「尽力を尽くす」という表現はしないので注意が必要です。 これは「注力を注ぐ」と同じように重複の表現になります。 注力の意味 注力とは、 有る事に力を入れること、力を入れて集中することを意味しています。 注力という言葉は、物事に「力」を「注ぐ」ことを意味している言葉です。 注力の「注」というのが「注意」や「注目」の「注」であると考えると分かりやすいでしょう。 注力という言葉は、何かに力を注ぐこと、力を入れて集中して行うことを意味している言葉です。 例えば「問題の解決に注力する」や「わかりやすい表現になるように注力する」などのように使用されるものです。 この注力という言葉は、現代語として登場した表現であり、辞書によっては載っていない場合もあります。 注意して力を入れることを示して「注力」と使用されたのがはじまりであり、本来は造語でした。 注力というのは、それだけで「力を注ぐ」という意味を持つ言葉なので、「注力を注ぐ」という表現をすると意味が重複してしまうので注意が必要です。 物事を集中して行う時や、力を入れて行う際に「注力する」という表現で使用するようにします。 注力というのは、物事に力を集中させる意味を持ちますが、全力を注ぐという意味は持ちません。 力の入れ加減は人によって異なるものです。 注力というのは、なるべく集中して行うという意味を持つものであると覚えておくようにしましょう。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 つまり、注力とは、力を一点にむける、集める、流し込むなどの意味を持つ言葉であるとわかります。 注力の「注」という字を使った別の単語としては、注意深くじっと見ることを意味する「注視」、注意して見つめることや関心をもって見守ることを意味する「注目」、本文に注を加えて意味を説明することを意味する「注解」などがあります。 尽力の意味 尽力とは、 目的の実現のために力を尽くす事や、力を注ぎ切ることを意味しています。 尽力という言葉は、「力」を「尽くす」ことを意味している言葉です。 尽力の「尽」という漢字が、全てを出し切るという意味を持つと考えると分かりやすいでしょう。 尽力というのは何かの目的を実現させるために、持っている力を全て尽くすことを意味している言葉です。 例えば「地元の活性化に尽力する」などのように使用されるものです。 この尽力という言葉は、社会や人のために役に立つことを意味する「寄与」(読み方:きよ)や、わが身を犠牲にして尽くすことを意味する「献身」(読み方:けんしん)などと類語であるとされています。 このように、自分の身を犠牲にしても力を尽くしきることを意味するのが「尽力」という言葉です。 覚悟を持って、物事に全身全霊で向かっていくような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 尽力の「尽」という字は、つくす、出し切る、ことごとく、すっかりなどの意味を持つ漢字です。 つまり、尽力とは、力を出し切る、力をことごとくつくす、などの意味を持つ言葉であるとわかります。 尽力の「尽」という字を使った別の単語としては、忠義を尽くすことや、国家や君主に対して真心を尽くして仕えることを意味する「尽忠」、月または年の末日や終日を意味する「尽日」などがあります。 注力の例文 10.その小学校では予防歯科に注力しており、生徒の虫歯発生率の低さは全国ランキング1位である。 この言葉がよく使われる場面としては、ある物事に力を入れることや、集中して力を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。 注力という言葉は、現代で使われるようになった造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 注力というのは、物事に力を注ぐことを意味している言葉ですが、どの程度の力を注ぐのかということについては、その人それぞれに個人差があります。 また対している物事の重大さによっても力をかける程度は変わってくるものです。 注力という言葉を使った場合には、力を注ぐことしかわからず、その程度については言葉だけの意味ではわからないものであると覚えておくようにしましょう。 尽力の例文 10.山田氏は長年に渡ってこの地域の発展にご尽力いただきました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 この言葉がよく使われる場面としては、ある目的を達成するため、力を尽くして実現させることを表現したい時などが挙げられます。 尽力というのは、持てる力を全て注いで目標達成に向かっていくことを意味しています。 尽力という表現は、例文にあるようにビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です。 目上の人や立場が上の人に力を貸して貰った場合などに「ご尽力を賜り感謝いたします」などのように使用します。 これは最大限の力を尽くしてもらって、ありがとうございます、という意味を示すものであり、感謝の言葉などと共に使われるものであると覚えておくようにしましょう。

次の