煽り運転 ナンバーデータ。 あおり運転・悪質ナンバー投稿 Number Data (迷惑車共有HP) 利用の注意!

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

煽り運転 ナンバーデータ

~あおり運転をされたエビデンスが今後は必要となり、投稿のハードルも一気に高くなる~ ナンバーデータを運営する管理者側も、今回のような悪質な投稿と過度なアクセスによるサーバーダウンというのは想定外の出来事だったようで、今回の問題を踏まえ、9月1日からの投稿は「動画を含む投稿のみ」が可能となります。 つまり、あおり運転の根拠を示した動画から、悪質と判断される車両がインターネットを通じて掲載されることになるので、今後身近に発生するあおり運転が、翌日には全国的に拡散されていく恐れがあるので、改めて運転マナーの向上を図る必要があるかと思います。 なお、9月2日の時点で既に40件を超える投稿が見受けられ、上の画像にもある通り、悪質ともいえるあおり運転やマナーの悪い運転を行っている動画が多数掲載されています。 こうしてみると、「自分は絶対にこのサイトに載りたくない」という想いが出てくると思うので、絶対にあおり運転はやめましょう ある意味、社会的制裁も含まれているので冗談抜きで掲載されたくない。 ちなみに「ナンバーデータ」では、以下の通り運営方針・投稿条件の変更が施されたことで、あおり運転に該当しないものに関しては、「違反報告・削除依頼」も設けられているとのことなので、少しでも投稿する側の質も向上することを祈るばかりです。 運営方針・投稿条件の変更について(2019年8月26日) 運営方針・投稿条件の変更についてお知らせいたします。 悪質行為の投稿について「動画を含む投稿のみ可能」と投稿条件を変更いたしました。 文章のみ、画像のみの投稿では「虚偽の情報」「誇張された(大げさな)表現の投稿」「特定の相手に対する嫌がらせ」などに対応できないと判断いたしました。 文章のみ、画像のみの投稿に対して「身の覚えが無い内容が投稿されている」「内容が大げさに書かれている」「以前からトラブル関係にある相手から何度も投稿されている」といったご報告をいただくことも少なくありませんでした。 不確かな情報によってご迷惑をお掛けした方々にはお詫び申し上げます。 本当に申し訳ありませんでした。 動画を含む投稿であっても「前後関係を見ないと状況がわからないケース」「動画内で悪質行為が確認しづらいケース」などもありますが、運営側で確認し「動画内にて悪質行為が明らかな投稿」に限り掲載する方針です。 また、ご投稿いただいた動画は警察・各メディアなどからの要請があればに積極的に提供し情報を広めることに協力する考えです。 テレビ・週刊誌・大手インターネットサイトなどで当サイトが取り上げられたことをきっかけに投稿数・閲覧数が急激に増加いたしました。 あらゆる面での対策・対応が追いつかない状況になってしまい大変ご迷惑をお掛けいたしました。 変更・改善が求められる点も多くありますが、悪質運転の動画投稿を通して「健全な社会の役に立てるサイト」を目指していくことに変わりはありません。 これからもナンバーデータをよろしくお願いいたします。

次の

NumberData(ナンバーデータ)が見れない!あおり運転対策サイトは閉鎖?|ZAKKING!

煽り運転 ナンバーデータ

2017年6月に東名高速道路で発生したあおり運転による死亡事故をきっかけに、これまで踏切停止違反や携帯電話使用などと同等だった刑罰を厳罰化する動きが強まりました。 2018年1月、警察庁は全国の警察にあおり運転などの悪質・危険な運転に対して、危険運転致死傷罪・暴行罪などを適用し、厳正に捜査するように求めました。 それにより、事故に至っていない場合でも、あおり運転による暴行や脅迫などの事実が認められると、免許停止などの処分を行えることになりました。 実際に、2018年2月、高速道路の追い越し車線で急ブレーキを繰り返し、後続の自動車5台が絡む事故を起こした19歳の大学生に対し、愛知県警は暴行容疑を適用しました。 この「あおり運転に対する厳正な対処」の認知について聞いたところ、実際に知っているドライバーの割合は51. 2%にとどまり、周知が進んでいない現状がうかがえます。 ドライバーの70. 4%が 「あおり運転」された経験あり! 「車体を接近させて、もっと速く 走るよう挑発された」が上位 それでは実際に、あおり運転に巻き込まれたことのある車にはどのような特徴があるのでしょうか。 今回の調査では、あおり運転された時に運転していた車は、「軽自動車」(28. 8%)、「コンパクトカー/ハッチバック」(22. 8%)が上位を占め、サイズの小さい車があおり運転を受けやすい傾向にありました。 車体の色は、「ホワイト」(26. 3%)、「シルバー」(25. 8%)といった白系の車が半数以上を占めました。 一方で、あおった側の車は、「セダン」(33. 5%)、「バン/トラック」(18. 3%)などの大きめの車で、色は「ブラック」(27. 8%)が最も多い結果となりました。 普段から安全運転を 心がけている人でも、 あおられる可能性は大 あおり運転をされた経験のあるドライバーに、普段の運転について聞くと、「十分な車間距離を保つ」、「ウィンカーは早めに出す」はともに92. また、あおり運転に巻き込まれたドライバーの約7割が運転に自信が「ある」(17. 0%)、「どちらかといえばある」(53. 8%)と回答していることから、運転に不慣れな初心者だけでなく、普段から安全運転を心がけていて運転に自信のあるドライバーでも、あおり運転の被害に遭う可能性があるということを意識しておく必要があります。 あおられた原因ってもしかして…… 思い当たるきっかけTOP5 九州大学 志堂寺教授の見解 今回の調査で、あおられた経験がある人が7割を占めていることからもわかるように、運転時には感情的になってしまうドライバーもいるため、誰しもあおり運転の被害者になってしまう可能性があります。 また、あおられやすい車の多くは、軽自動車やコンパクトカーなどの小さな車です。 それらの車には、大人しい人が乗っていて、あおり運転をしても反撃しないだろうという、弱い者いじめをする時と同じような読みがあるのだと思います。 特にあおり運転の標的になりやすい車に乗っている人は、車線変更や追い越し車線を走る時には十分な注意が必要です。 「あおり運転」に巻き込まれてしまったら…… 実際にはどう対処するのが正解? 九州大学 志堂寺教授の見解 あおり運転によるトラブルに巻き込まれそうになったら、挑発にのらず、 交通法規を遵守して冷静に対処することが重要です。 同乗者がいる場合は、 110番通報、ナンバーなどの記録、動画撮影をしてもらうといいでしょう。 いち早くその状況から抜け出すためにも、後続車があおってきたら すぐに道を譲りましょう。 また、追い抜かれたら、 あおってきた車と車間距離を十分にとって急停止などの危険行為に備えることが大切です。 車を停車させる際は、コンビニやサービスエリアなど、なるべく人目のある安全な場所を選びましょう。 停車したら、窓を閉めドアをロックして警察に通報を。 警察の指示に従って行動しましょう。 「あおり運転」された経験から、 74. 7%が「あおり運転」をされない工夫をしている• 割り込みされたり、不要なブレーキを前の車にされるとイライラする (女性/37歳)• 法定速度以下の走行、横道から確認なしの飛び出し、ハイビームの対向車など自分本位で周囲への迷惑を考えない運転者に対して怒りを感じる (男性/50歳)• 夕方の帰省ラッシュ中に、隣車線から割り込み運転をしてきた車がウィンカーも出さず、挨拶もせず、とても危険な行為をされたので、思わずものすごいクラクションを鳴らしてしまった (男性/34歳)• 特に時間に余裕がない時の運転は攻撃的で危険だと言われた (男性/38歳)• 負けず嫌いなところがあるので、幅寄せやせっつく車があるとむきになり、軽自動車であることをわすれて対抗心を燃やすことがある (男性/67歳) 【チューリッヒの自動車保険のご案内】• 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。 DM180712-1.

次の

悪質ナンバー共有情報サイト「ナンバーデータ」が非公開に!個人情報晒しにデマ投稿の可能性は?ネットで賛否両論!

煽り運転 ナンバーデータ

2010年代後半から煽り運転が社会問題化したこともあり、警察庁から全国の警察に指示があったことで定期的に煽り運転の摘発を強化する運動が行われるようになりました。 煽り運転としてよく行われており実際に摘発されるものとしては、車間距離を異常に詰める場合が多く、道路交通法26条の車間距離不保持が適用されています。 第二十六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。 (罰則 第百十九条第一項第一号の四、第百二十条第一項第二号) 引用: 車間距離不保持の場合は以下のような刑事・行政処分を受けます。 一般道の場合 高速道路などの場合 1点 2点 反則金6,000円 反則金9,000円 5万円以下の罰金 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 2018年度の煽り運転が車間距離不保持で摘発されたケースは 2017年の約1. 9倍の1万3,025件にのぼりました。 あくまで現行法が適用できるものについてのみなので、実際には更に多くの煽り運転が横行していると考えられます。 煽り運転の通報は意味ない?:事情聴取アリ 煽り運転は通報しても意味ないのではないか? どうせ通報しても相手にされないし、煽っても放っておけば捕まることもないと思っている方もいるでしょう。 かつては煽り運転は問題視されてきませんでしたが、 昨今は法整備が行われるほど大きな社会問題となっています。 警察庁も全国の警察に摘発強化を促しており、でも次のように通報を求めています。 危険な運転者に追われるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難して、ためらうことなく警察に110番通報をしてください。 引用: また、ツイッター上には煽り運転として通報されたという報告をしている人たちも大勢います。 しかし、時代の流れとして煽り運転が大きな社会問題となっていることもあり、ナンバープレートなどの必要な情報さえ伝えて通報すれば、 煽り運転をした人に少なくとも事情を聞くところまではやってくれるようです。 たかが煽り運転と思っていてはいけない時代になっています。 むしろ「煽られた」と相手が思えば、煽り運転で通報されてしまうことも起こり得ます。 煽り運転で通報されたらどうなる・逮捕やその後は? 煽り運転で通報されたらどうなるのでしょうか? 逮捕やその後について見ていきましょう。 煽り運転で通報されたらどうなる?:警察の事情聴取 煽り運転を実際にしていたかどうかに関わらず、警察に通報された場合には大きく2つの流れが想定されます。 相手があなたを特定する情報を持っていない場合• 相手があなたを特定する情報を持っている場合 相手があなたを特定する情報を持っていない場合は、たとえ被害届を出していたとしてもあなたのところに辿り着く可能性は低くなります。 相手があなたを特定できるナンバープレートなどの情報を警察に伝えていたとします。 その場合には、 あなた個人を特定して電話であったり、 直接自宅に事情聴取に警察官が現れることになります。 あなたが実際に煽り運転をしていた場合には、甘んじて罰を受けるべきです。 しかし、煽り運転をしていないにも関わらず通報されてしまった場合には、濡れ衣を晴らすことは簡単ではありません。 煽り運転はかなりの頻度で起きていると警察も想定しています。 警察も煽り運転が社会問題となっていることもあり、事情聴取などを行わない訳にはいきません。 その際に、警察官側には あなたが容疑者であるというバイアスがかかっています。 冤罪事件がなくならない原因と言われているように「白くするための捜査」は基本的に行われないため、あなたが煽り運転をしているという前提で事情聴取が行われます。 言葉でどれだけ無実を主張したとしても証拠にはなりません。 もちろん、警察も証拠がなければあなたを罰することはできませんが、決していい気持ちで終わることはできないでしょう。 次のような事例もあります。 会社の人間が煽り運転会社にナンバー車種通報された逆恨みで 「この人も煽り運転してる!」 みたいな感じで僕に災いが振り返ってドライブレコーダーのデータ提供した。 煽り運転普段からしてないことが証明出来たのは良かった。 面倒な時代ですが、できる限りの自衛をしておくに越したことはないでしょう。 煽り運転で通報されたら逮捕・その後は?:法律や社会情勢次第 2020年の通常国会で煽り運転そのものを対象とした道路交通法での 罰則規定を設ける法律案が提出される予定です。 早ければ2020年の春にも施行される可能性があります。 また、罰則強化も行われる予定で行政処分も飲酒運転や過労運転と同じく免許取り消しになる方向で検討されています。 煽り運転で通報された時に、実際に煽り運転をしていた場合には罰則を受けることになります。 基本的には逮捕されることはなく、減点と反則金を納めることになる場合がほとんどでしょう。 スピード違反の例から考えると、 煽り運転で逮捕されてしまうケースは次のような場合です。 他の交通違反も起こしている• 警察の停止命令を聞かず逃走した• 人身事故を起こしている 他の交通違反も起こしている 煽り運転だけでなく暴行をしていたり、複数件の余罪があったり、飲酒運転などがセットになることで逮捕される可能性が高くなると考えられます。 警察の停止命令を聞かず逃走した スピード違反などでも、警察が発見すると停止命令を出します。 停止命令を無視して逃走することで逮捕される可能性が高くなるでしょう。 人身事故を起こしている 人身事故の場合は煽り運転の罪よりも「過失運転致死傷」や「危険運転致死」といった道路交通法ではなく、刑法上の罪に問われることが考えられます。 もちろん直接相手に暴行を加えれば、明らかな傷害罪です。 とはいえ、いずれの場合に関しても社会全体の流れが罰則にも大きく影響を与えていることは否めないため、今後の社会がどのような方向に進んでいくかによってさらに厳罰化が進む可能性もあります。 まとめ ・煽り運転とは?:法律上の定義はない 一般的に煽り運転とは• 車間距離を詰めて異常接近・幅寄せ• 追いかけ回す• 理由のないパッシング・クラクション・ハイビーム• 急停止• 罵声 など が当てはまると考えられています。 ・煽り運転の通報に警察対応強化 2010年代後半から煽り運転が社会問題化したこともあり、警察庁から全国の警察に指示があったことで定期的に煽り運転の摘発を強化する運動が行われるようになりました。 ・煽り運転の通報は意味ない? かつては煽り運転は問題視されてきませんでしたが、昨今は法整備が行われるほど大きな社会問題となっています。 ・煽り運転で通報されたらどうなる?:警察の事情聴取 相手があなたを特定する情報を持っていない場合は、たとえ被害届を出していたとしてもあなたのところに辿り着く可能性は低くなります。 相手があなたを特定できるナンバープレートなどの情報を警察に伝えていた場合には、あなた個人を特定して電話であったり、直接自宅に事情聴取に警察官が現れることになります。 ・煽り運転で通報されたら逮捕・その後は? 罰則強化も行われる予定で行政処分も飲酒運転や過労運転と同じく免許取り消しになる方向で検討されています。 基本的には逮捕されることはなく、減点と反則金を納めることになる場合がほとんどでしょう。 カテゴリー•

次の