チャタテムシ 対策。 チャタテムシ

チャタテムシの駆除と対策の方法は?ダニの駆除と一緒に!

チャタテムシ 対策

監修 なかあき 薬剤師12年(管理薬剤師約5年)の現役薬剤師です。 現在は11店舗の薬局で薬局事業部長をしています。 岡山大学(国立)出身、日刊ゲンダイでの連載の他、著書は2冊。 専門知識を翻訳し、全力で健康を届けます。 チャタテムシは 畳や 障子、 古本などを這いまわる 1ミリ程度の虫で、特に人に直接危害を加えてくることはありませんが、大量繁殖してしまうとダニ刺されなどの二次被害のリスクがあります。 ただ、直接害がないといっても予想だにしないものに思わずドキッとさせられるのも嫌な気分ですよね。 ダニなんかな。。 紙ダニ「チャタテムシ」とは? 引用: チャタテムシは、「紙ダニ」「本シラミ」とも呼ばれ、 古本によく発生します。 茶色っぽい色をしており、体長は1~2㎜程度で肉眼で観測することができるため、ぱっと見たときに感覚的に「ダニ!?」と誤認してしまうようです。 チャタテムシは、カビ・ホコリを食べる雑食で、湿度が高く、薄暗い場所を好みます。 茶せんでお茶をたてるときのような音を出すことから チャタテムシ(茶立虫)と呼ばれるようになりました。 古い紙や糊もエサとするので、 古本や湿度が高い部屋の 壁紙の糊から 大量に発生することもあります。 初めてみるとダニって勘違いしちゃうけど、ダニとは違う虫なんダヨ! チャタテムシとダニの違い チャタテムシ チリダニ ツメダニ 大きさ 1㎜程度 0. 2~0. 4㎜と非常に小さい 0. 3~1㎜程度 発見される場所 古本、壁紙、穀類や乾麺、マカロニ、ダンボール、畳やござ、落ち葉 カーペット、絨毯、カーテン、ソファ、布団など家の中全部 カーペット、絨毯、カーテン、ソファ、布団などチリダニのいる場所 特徴 カビ・ホコリを餌とする(雑食) 薄暗く、温かく湿度の高い所を好む 人は刺さない 人のフケ、垢、髪の毛などを餌とする 温かく湿度の高い所を好む 人は刺さない チリダニ・チャタテムシ等を餌とする 稀に人を刺す チャタテムシは ダニに間違えられることが多いですが、家の中に繁殖する「ヤケヒョウヒダニ」「コナヒョウヒダニ」などのチリダニと呼ばれるダニであっても体長約0. 2~0. 4mm程度です。 また、これらのチリダニを餌とし、人を刺すツメダニも体長0. 3~1㎜のため、ほとんど肉眼では見えません。 一方、 チャタテムシはダニよりも大きく、成虫で体長1㎜程度となるため、比較的見つけやすいと言えます。 日本では「ヒラタチャタテ」「カツブシチャタテ」「ソウメンチャタテ」「ヒメチャタテ」などが良く見られます。 チャタテムシはカビやチリダニと同じ環境で増えるんダ!チャタテムシが増えると人を刺すツメダニも増えるから注意が必要ダネ! チャタテムシはダニと同じ、 蒸し暑く湿度の高い環境を好むため、 夏~初秋によく発生します。 特に雨の多い梅雨時期はチャタテムシの絶好の季節となるため、室内でも目にすることが多々あります。 室内では薄暗い環境を好み、湿度のとどまりやすい、 畳や 障子、 壁、 ふすま、 押し入れや 本棚に生息します。 また、冬は結露でカビの発生しやすい 窓ガラス付近などにも発生します。 チャタテムシは人を刺して痒くしたり、吸血して感染症をもたらすなどの、 直接的な被害はありません。 しかし、増殖すると人を刺して痒くする ツメダニの発生の原因となったり、チャタテムシの死骸がアレルゲンとなって、 アレルギーの原因となるなど、二次被害につながる可能性があります。 ツメダニは稀に誤って人を刺すと肌がかゆくなったり、皮膚炎を起こすダニ刺されの原因となるダニです。 ツメダニは「コナヒョウヒダニ」や「ヤケヒョウヒダニ」などのチリダニやチャタテムシを捕食するため、これらの虫が増えると、ツメダニが多くなり、ダニ刺され被害が増加してしまいます。 なので、チャタテムシ、チリダニの発生を防ぐために日ごろからの 予防や環境づくりが大切になります。 本に棲みつくその他の虫「紙魚(シミ)」「死番虫(シバンムシ)」 死番虫(シバンムシ) 引用: 本にトンネルを掘ったような食い後があったら、シバンムシの仕業と考えられます。 人を刺したり、血を吸ったり直接的な害はありませんが、雑食で小麦粉などの食品や建材を餌に大量発生することで知られています。 書籍害虫としては、「フルホンシバンムシ」「ザウテルシバンムシ」種が本を食べ、ぼろぼろにしてしまいます。 糊の多い和紙で作られた古書が好物です。 温かく湿気のある場所を好みます。 本に虫が湧いてしまった時の駆除方法 1. 虫を発見したら潰して駆除する チャタテムシはガムテープやコロコロでくっつけて駆除すると確実に退治することができます。 掃除機で吸い込んで放置してしまうと、掃除機がチャタテムシの温床となってしまう可能性もあるので、捕ったらすぐにゴミ箱に捨てるようにします。 シミや シバンムシは見つけ次第、雑誌やティッシュなどで潰して駆除しましょう。 基本的に直接的な害のない シミやシバンムシですが、食品を食べてしまったり、畳やござを害したりと、間接的な被害をもたらします。 逃がした虫を元に、もしかしたら増殖してしまう可能性もあります。 被害が大きくならないうちに今のうちに手を打ちましょう。 2. 殺虫効果のある薬剤を使って駆除する 直接手を下すのが苦手な場合は、市販の殺虫スプレーや燻煙剤を使って駆除するのも一つの方法です。 ただし、 殺虫スプレーや燻煙剤は本の中の虫を直接退治することはできないため、見つけたら一度本以外の場所に虫を移動させる必要があります。 また、燻煙剤も本の中にいる虫にまでは効果が届きにくいので、燻煙剤がうまく回った場所にいる虫にのみ有効でしょう。 3.ビニールで覆い衣類用の防虫剤で密閉して駆除する 剥製などの古い装飾品や古本にチャタテムシなどの虫がついていた時は、丸ごとビニール袋で覆い、衣類用の防虫剤を入れ数カ月放置します。 ピレスロイド系の薬剤は、殺虫効果があるだけでなく、虫を寄せ付けない防虫効果もあります。 何度も同じ虫を見かけるときは? 何度も同じ虫を見かけるときは、 どこかの寝床を中心に大量発生している可能性があります。 発生源となりそうな以下の場所 リンク 2.段ボールや紙類、古本などを放置しない 放置した段ボールや紙類、古本は、湿気を含み温かくなるため、チャタテムシやシミにとって格好の住処になります。 また、ゴキブリやダニの温床にもなってしまうため、まとめた段ボールや紙類、古本はできるだけ置きっぱなしにせず、清掃業者に引き取ってもらうか、乾燥し、風通しの良い部屋に置くようにしましょう。 3.換気で除湿・カビ対策をする チャタテムシは湿度の高い場所を好み、カビを食べます。 換気をこまめに行い、カビの発生となる湿度を除去しましょう。 また、基本的に昆虫は温かく、湿度のある場所を好み、例えば、シミの幼虫に寄生するアリガタバチに刺されるなど3次被害にもつながることがあるので注意しましょう。 4.本を虫干しをする 虫干しとは、日本で古くからおこなわれていた行事で、 衣類や本を日光に当て、風を通すことで湿り気やカビを追い出し、ダニ・チャタテムシなどの虫の害を防ぎます。 湿度は55%以下、 午前10時~午後3時頃までに行うのがよいです。 直接日光に当てるのではなく、乾燥した風通しの良い場所で1ページずつめくって行います。 本によっては、棚から取り出し、バラバラと振るだけでも効果がありそうです。 5.薬剤を使用し、ガラスや戸の付いた棚に保管する ガラスや戸の付いた棚の中に保管するすることで、ホコリの侵入を防ぎ、チャタテムシの餌となるホコリの侵入を防ぐことができます。 また、市販の防虫シートを敷き、その上に本を保管したり、棚の中に防虫剤を置くことで、薬剤が棚の中に充満し、大切な本を虫から守ることができます。 ただし、使用する薬剤によっては臭いのしみ込んでしまうタイプのものもあるので注意が必要です。 リンク 「かゆい!」を感じたときは。 アレルギーかも? 本に触れたあとに万が一「かゆい!」と感じたときはアレルギーかもしれません。 チャタテムシは普通に家屋に存在しており、中でもヒラタチャタテの割合は多く、チャタテムシの死骸が粉砕されると、それらはハウスダスト中のアレルゲンとなります。 アレルギー性気管支喘息の約20%はヒラタチャタテに対してアレルギー反応があることが分かっており、アレルギー反応として「かゆみ」がでる可能性も考えられます。 アレルギー性気管支喘息患者の約5人に1人は、この昆虫に対して得意的IgE抗体を有することが証明され、我々日本人にとって、ヒラタチャタテが最も重要な昆虫アレルゲンのうちの一つであることを明らかにしてきた。 引用:室内塵中に最も普遍的に存在する微小昆虫・ヒラタチャタテに対する吸入性アレルギー 症状や症状の出た状況をよくみて、場合によっては医療機関を受診・相談してみる必要があるかもしれません。 まとめ 実は本に棲みつくダニは、ダニではなくチャタテムシでした。 しかし、 カビやダニ、チャタテムシやシミ、シバンムシといった害虫は、似たような環境で発生・繁殖することが多いです。 カビやダニが発生してから対策をするのは、手間も時間もかかり、場合によってはお金が掛かることもあります。 余計な負担がかからないように、日ごろの「こまめな掃除」と「換気」でカビや害虫の棲みにくい環境を作り、快適で気持ちよい空間づくりが大切です。 次に読んでおくべき記事はこちら 関連記事•

次の

【必見】チャタテムシを気にしないで大丈夫?発生原因と対策法

チャタテムシ 対策

紙に付くダニ「チャタテムシ」とは? 「チャタテムシ」という名前を始めて聞いた方もいるかもしれません。 そもそもチャタテムシとはどんな虫で、ダニとはどう違うのでしょうか。 チャタテムシって何者? その正体とは チャタテムシはダニとは異なる系統の昆虫です。 大きさは1~2mm、大きな種類ですと7mmもあります。 「チャタテムシ」は「茶立虫」とも書き、チャタテムシが鳴らす音が「お茶を立てる」音に似ていることから、チャタテムシという名前がつきました。 雑食性で、紙以外にも皮製品や乾物、昆虫の卵や菌類などなんでも食べます。 紙だけを食べる虫ではないのですね。 ジメジメして蒸し暑い多湿なところを好み、乾燥と寒さが苦手です。 ダニ・シラミと間違えやすい! チャタテムシを簡単に見分ける方法 ちいさな虫がたくさん群がっていると、「もしかしてダニ……?」と思ってしまいがちです。 しかしダニとチャタテムシとでは、実際に受ける被害や対策方法が異なりますので、しっかり見分ける必要があります。 コナヒョウダニやツメダニといった、家庭内でよく見られる種類のダニは大きさが1mmにも満たないのです。 そのため、肉眼で確認しても細かなチリやホコリのように見え、一目でダニと認識することは非常に困難です。 それでもマダニやイエダニ、タカラダニといった、肉眼で確認できる種類のダニもいます。 見た目としては、クモのように脚が8本あり、身体が丸っこいのが特徴です。 一方、チャタテムシは足が6本で、ハエやシロアリのように体の節目がはっきりしています。 羽が生えている種類があるのもダニとは大きく異なる特徴です。 ちいさな種類でもダニより大きく、1匹でうろついていても肉眼で確認できます。 大量発生・アレルギー発症のおそれもあります チャタテムシは人間を刺したり、病気を媒介したりしないので、基本的には無害です。 しかしチャタテムシは繁殖力が強いので、油断しているとどんどん繁殖して増えてしまいます。 また、チャタテムシそのものは無害でも、場合によってはアレルギーを発症することがあるかもしれません。 放っておくと大量発生します!チャタテムシが繁殖しやすい環境 湿気の多い場所は、チャタテムシにとってはとっても快適な環境といえます。 特に梅雨のようなジメジメして蒸し暑い時期は、チャタテムシにとってはパラダイスです。 さらにチャタテムシはオスメスの区別がなく、1匹だけでも卵を産むことができるものもいるため、どんどん数を殖やすことができてしまいます。 チャタテムシの餌がある場所にも注意しなければなりません。 特に古新聞や段ボールといった古紙を置きっぱなしにしていると、そこに生えるカビや紙そのものがチャタテムシの餌になってしまいます。 また、ダンボールや古新聞の中は温度や湿度が一定に保たれているので、チャタテムシが快適に暮らすことができてしまいます。 紙以外にも乾物やお米、植物やほこりまで食べるので、チャタテムシのエサを取り除くことはほぼ不可能といってよいでしょう。 中でも小麦粉のような粉ものは要注意です。 いくら密封しようとしても、チャタテムシが入り込めるような隙間があっては意味がありません。 1匹でも入り込めば、そこから大発生してしまいます。 寒い時期でも注意が必要です。 チャタテムシは湿度が低いと成長することができず、気温が低いと死んでしまいます。 しかし、冬場は人が住みやすいよう、暖房器具で温度が一定に保たれていることがほとんどでしょう。 そこにチャタテムシが好んで食べるものが置きっぱなしにしてあれば、チャタテムシが生活できる環境は整ってしまいます。 また、窓に結露ができれば湿気が確保され、チャタテムシの餌となるカビが発生します。 このため、四季に関係なくチャタテムシが暮らせる環境は整っているといえます。 チャタテムシだけじゃない!?ダニが繁殖してしまう原因にも 「ツメダニ」というダニをご存知でしょうか? 「チャタテムシの話をしているにどうしてダニ?」と思うかもしれません。 実はこのツメダニ、チャタテムシのような小さい虫をエサとしているのです。 ツメダニはエサとなる虫に口を突き刺して体液を吸います。 これだけでは人間には無害に思えるかもしれません。 しかし、ツメダニは間違って人間を刺してしまうこともあります。 刺されてしまうと激しいかゆみや炎症が起きてしまうほか、ツメダニの糞や死骸が原因でアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあるのです。 また、チャタテムシが好む環境はダニが好む環境でもあります。 ツメダニだけではなく、人間を直接刺す種類のダニの温床にもなってしまうのです。 アレルギーを発症してしまうことも! チャタテムシそのものは人間の血を吸ったり、感染症の病原菌を媒介したりしない、無害な昆虫です。 それにもかかわらずアレルギーを発症してしまうとは、いったいどういうことでしょうか。 実は、雑食性のチャタテムシはエサとしてカビを食べることがよくあります。 チャタテムシが食べるカビの中には、呼吸疾患を引き起こすアレルギー物質が含まれているものもあるのです。 これにより、チャタテムシがくっついた食べ物をうっかり食べてしまったり、空気中に舞い上がったチャタテムシの死骸や糞を吸い込んでしまうと、アレルギー反応によりぜんそくを引き起こすおそれがあります。 チャタテムシの予防・駆除決定版! チャタテムシが住みついてしまうと、私たちの生活にさまざまな影響を及ぼします。 しかも、一度にたくさん繁殖してしまうため、1匹ずつ退治してもキリがないでしょう。 よく注意して目を凝らさないと見つけられない大きさであるため、「気がついたら大量発生していた」なんてことにもなりかねません。 では、どうすればチャタテムシの発生を防ぐことができるのでしょうか?以下にチャタテムシの住みつきを防ぐ方法と駆除方法をまとめました。 よろしければぜひ参考にしてみてくださいね。 チャタテムシをはびこらせない! 増殖を防ぐ方法3つ 1 温度、湿度の管理 チャタテムシは高温多湿の環境を好みます。 それを利用して、お部屋をチャタテムシが住みづらい環境にしましょう。 季節によっては、温度と湿度の両方をコントロールすることは難しいという場合もあるでしょう。 そのような場合は湿度だけでも低くなるようにコントロールしてみましょう。 しかし、注意しなければならない点もあります。 温度をコントロールしているお部屋と外の温度に差がありすぎると、結露が発生するのです。 結露が発生すると、湿度が上がってしまうだけでなく、チャタテムシのエサとなるカビが発生します。 そのため、チャタテムシの苦手な温度と湿度をそのまま設定すればよいというだけでなく、お部屋の環境季節に合わせてうまくコントロールしなければなりません。 具体的には、以下のような方法が挙げられます。 ・冷房、暖房の温度設定を適切な温度にする• ・暖房器具を使いすぎない• ・冬場はこまめな換気をおこない、湿度を調整する チャタテムシの対策をする際は温度、湿度の設定は常に気を配っておきましょう。 2 すみかやエサになるものを適切に管理する ・古紙 本だけではなく、古新聞や段ボールを置きっぱなしにしてはいませんか? これらの古紙がゴミ置き場や押し入れといった湿気がこもりやすい場所に長期間置かれているとチャタテムシの住みかになってしまう恐れがあります。 一番シンプルな予防方法は、定期的に処分することです。 しかし、古紙を工作や日曜大工といったことに利用するため、あえて保管しているという方もいるかもしれません。 そういった場合は、温度管理がされている部屋で保管したり、清潔な状態を保っておくなど、チャタテムシが増えにくいように保管しておきましょう。 ・食品 チャタテムシは雑食であるため、小麦粉やかつおぶし、パスタや乾麺などなんでも食べます。 常温で保存している食品は、チャタテムシが好む温度や湿度の状態で保存されていることが多いため、特に注意しなければなりません。 しっかり密閉できる容器に保存するのも良い方法ですが、チャタテムシが住むことのできない冷蔵庫に思い切って保管してしまうのもひとつの手です。 特に小麦粉や砂糖といった粉末の食品は、チャック付きの袋で販売されているものが多いため、一見すると密閉できているように見えます。 しかし、何度も使っているうちに中身がチャックの溝にこびりついてしまい、そこからチャタテムシが発生してしまいます。 ですので、このような粉末状の食品も蓋の溝に粉がつきにくい密閉容器保存するか、冷蔵で保管しておくとよいでしょう。 3 清潔にしてチャタテムシのエサとなるものを取り除く こまめに掃除することで、チャタテムシのエサとなるものをぐっと減らすことができます。 ・カビ チャタテムシはカビそのものをエサとするため、こまめに取り除きましょう。 特にお風呂場周りやトイレ、キッチン周りはチャタテムシが好む湿気がこもりやすいので注意が必要です。 ・チリ、ホコリ チリやホコリにはチャタテムシが食べるカビや虫の残骸、人間のフケや抜け毛がまざっています。 普段掃除する場所だけではなく、部屋の隅や家具の裏側、押し入れなども手が行き届きにくい場所にもホコリがたまってないか定期的にチェックしましょう。 チャタテムシが発生したらどうする? 効果的な駆除方法3つ すでにチャタテムシが住みついていたら、被害をできるだけ抑えるために駆除しなければなりません。 1 殺虫剤、防虫剤を使う 最も効率のよい方法といえます。 お部屋全体から押し入れやタンスといった目の届きにくい場所には、殺虫成分を含んだ煙をお部屋に充満させるタイプのものを使うとよいでしょう。 何度も殺虫剤を使うことがないように、タンスのすき間や高い場所といった手の届かないところには防虫剤を使って、チャタテムシの侵入を防ぎましょう。 2 アルコールを使う 「薬剤を使うのは自分や家族の身体に害がないか不安……」という方は、人体にほとんど害のない消毒用アルコールスプレーを使うのもよいでしょう。 チャタテムシはゴキブリのような強い虫ではないため、消毒用アルコールスプレーを吹きかけると効果があります。 また、チャタテムシだけでなくチャタテムシが好むカビも一緒に除去できるのもポイントです。 消毒用アルコールスプレーはドラッグストアだけでなく、スーパーや100円ショップなどで比較的気軽に入手できます。 手軽に実践できるのも大きなメリットといえますね。 徹底的に駆除するために大切なポイントを紹介! 油断するとどんどん現れるチャタテムシ。 確実に駆除するためには、チャタテムシが現れる場所に応じて徹底的に対策していく必要があるのです。 そこで、ここでは「薄暗い場所」「湿気が多い場所」といったチャタテムシが発生しやすい場所に応じた駆除方法を紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。 また、チャタテムシの駆除に成功してもそれで終わりではありません。 温度や湿度のコントロール、チャタテムシのエサとなるものの除去など、チャタテムシが発生しない環境を作り、維持していくことが大切です。 チャタテムシ対策の際はお部屋の環境を見直すことを強くおすすめします。 薄暗く湿気がこもりやすいタンスや押し入れ 押し入れやタンスは日光が当たらず湿気もこもりやすいため、チャタテムシにとって快適な環境が整いやすいということをご存知でしょうか?「知らない間にチャタテムシがたくさんいた……」という経験をした方もいるかもしれません。 タンスや押し入れはこまめに掃除することが難しいため、燻煙殺虫剤を使うのが効果的です。 もちろん、タンスや押し入れピンポイントで使うと煙の量が多すぎるのでお部屋全体に煙を充満させておいてかまいません。 殺虫剤の散布が終わったら、目の届かない間にチャタテムシが入り込まないよう、防虫剤を使って侵入を阻止しましょう。 布団や衣服についてしまったチャタテムシの駆除方法 衣服や布団にもチャタテムシがついていると、その場で振り払ってしまいたくなるかもしれません。 しかし、部屋中にチャタテムシまき散らしてしまうことになるため、むやみに振り払ってはいけません。 衣服や布団は、振り払わずに熱を使って死滅させます。 薬剤を使わないので安全に死滅させることができます。 衣服は洗濯乾燥機を使います。 布団や枕は布団乾燥機を使って除去しましょう。 乾燥機を使う際は60度で10分、50度なら30分以上熱を当てる必要があります。 一番高い温度に設定して熱を当てましょう。 暑い夏の日であれば、日光にさらしておくのもよいかもしれません。 洗濯乾燥機や布団乾燥機がない場合、ドライヤーやアイロンで代用することもできます。 暑い夏の日であれば、衣服は黒いビニール袋に入れて日光にさらしておくのもよいかもしれません。 また、持ち運ぶときにチャタテムシをまき散らさないよう袋や網目のないカゴを使って運ぶことをおすすめします。 湿気がこもる水回り!結露がたまる窓際にも注意! トイレやお風呂場といった水回りは、お部屋と一緒に燻煙殺虫剤を使って死滅させることもできます。 しかし、煙が行き届かなかったり、家族がいて燻煙殺虫剤を使うタイミングがないかもしれません。 そのような場合は、エタノールを使って除去しましょう。 お風呂やトイレ用の洗剤を使ってもかまいませんが、カビを根こそぎ除去するような塩素系の洗剤を使うことをおすすめします。 塩素系の洗剤を使用することで、チャタテムシのエサとなるカビも除去できます。 窓際も同じように、カビを除去し消毒用アルコールをスプレーしておきましょう。 結露は事前にしっかり拭き取っておきます。 手入れが面倒……畳や障子についたチャタテムシの駆除方法は? 障子の紙は湿気を吸うため、チャタテムシが集まりやすい場所です。 しっかり掃除したいところですが、デリケーな障子の紙にアルコールや洗剤をかけたりすることはできません。 そこで、燻煙殺虫剤を使いお部屋と一緒に殺虫します。 煙なので障子の紙や枠全体に薬剤が行き渡ります。 タタミについたチャタテムシは、消毒用アルコールや殺虫剤で比較的簡単に駆除できますが、畳の裏側にも住みついていることがあるので注意が必要です。 畳を裏返すための器具「畳敷き込みかぎ」を縁の布の部分に引っ掛けて裏返してみましょう。 かぎがなければマイナスドライバーでも代用できます。 チリ、ホコリがたまっていればきれいに掃除してください。 その後、消毒アルコールや殺虫剤を散布して駆除をおこないます。 チャタテムシとは姿が違う……。 そんな場合は「シミ」「シバンムシ」かも ダニやチャタテムシ以外にも紙を食べる虫がいます。 ここでは、チャタテムシ以外で紙を食べることで知られる、「シミ」「シバンムシ」の特徴と駆除方法を簡単に解説します! シミ(紙魚)の特徴と駆除方法 シミは銀色で、ダンゴムシが平らに細長くなったような見た目をしています。 全身が鱗粉でおおわれているため、指でつまむと滑り落ちてしまい、うまくつまむことができません。 うまくつまめたとしても身体が非常に柔らかいので触角や尾が切り落ちてしまうのです。 チャタテムシ同様雑食で、紙以外にも人間のフケや乾燥食品をエサとしています。 シミは人間を刺したりしませんし、アレルギーや病原菌を媒介したりもしないので、駆除する必要はありません。 ですが、その異様な見た目から、「シミが家にいることが耐えられないから駆除したい」という方もいるでしょう。 シミはチャタテムシ同様、殺虫剤を使ったり お部屋の湿度を下げたりするのも効果的ですが、最も効果的なのは、シミが好物のでんぷんを含むジャガイモを使ったホウ酸団子を使うことです。 ジャガイモ1~2個ふかして潰し、そこにホウ酸を小さじを1杯混ぜて団子にします。 紙皿などに盛り付け、シミがよく出る場所に2日以上置いておきましょう。 すると、シミが団子の下に潜り込んでいるので団子ごとそのまま捨ててしまいます。 ただし、ホウ酸は毒物ですので、ペットやちいさなお子さんがいるご家庭での使用は控えましょう。 シバンムシ(死番虫)の特徴と駆除方法 シバンムシはカナブンのような見た目で、大きさはおよそ1~2mmほどです。 チャタテムシよりも強い雑食性で、ハーブやトウガラシ、メンソール系のお菓子まで食べます。 チャタテムシやシミとは異なり、幼虫は芋虫なので見た目による精神的ダメージも大きいです。 駆除の際には殺虫剤を使います。 シバンムシは一部の薬剤に耐性があるため、ゴキブリやハエの用の殺虫剤では死滅しません。 「不快害虫用」の殺虫剤を使用しましょう。 チャタテムシやシミ同様、燻煙殺虫剤がおすすめですが引き戸や家具のすき間に入り込んだシバンムシの駆除はスプレータイプの殺虫剤を使ってみましょう。 まとめ 紙に住みつき、ダニのように小さいチャタテムシ。 基本的に無害ですが、大発生したりエサとしているカビが原因でアレルギーを発症したりしてしまうことがあります。 そんなチャタテムシの数を減らすには、何よりもチャタテムシが増えない環境作りを徹底することが大切です。 より確実に駆除したい場合は専門の業者に依頼するのもひとつの選択肢です。 もしチャタテムシに悩まされていたら、相談してみてはいかがでしょうか。

次の

チャタテムシの駆除~再繁殖を防ぐ対策!本にいる虫はダニじゃない!

チャタテムシ 対策

最近では、クリーンルームの様な清浄度の高い施設内でも 「虫」が見られるようになりました。 代表的な虫がチャタテムシ類で、主にカビなどの菌類と、穀粉(動物飼料など)やフケ・紙類に使用された糊類・剥落した皮膚などの有機物も食べます。 またその消化管内には多くのカビの胞子を有していることが確認されています。 チャタテムシ類は元来弱い虫ですが、温湿度が一定に管理されたクリーンルームなどの施設では、餌さえとれれば絶好の繁殖場所となります。 建物への侵入は、多くの場合「持ち込み」によるものです。 資材などに付着しているチャタテムシ類が、荷物とともに持ち込まれ、内部で定着し、他の場所へと拡散していく事例が多々見受けられます。 特に段ボールにはよく見られ、段ボールをクリーンルームに持ち込むことにより、チャタテムシ類も運び込まれてしまいます。 チャタテムシ類は段ボールの波板内や、折り重ね部分に潜んでいるため、表面を拭いたり、エアーで噴いたりしても、中々侵入数を減らすことはできません。 そして、一度侵入を許してしまうと、部屋内の微小な隙間(壁立ち上がり部のはばき、扉の隙間、壁材接合部の隙間など)を巣や潜み場所として内部繁殖を行い、各所へ拡散していきます。 繁殖条件が整うと、爆発的に繁殖し問題となる事例が増えています。 (湿度60%以上の施設は要注意です) 対策方法 対策の大前提として、生息場所の把握が最も重要であり、それを把握するためにもモニタリングが必須となります。 特にチャタテムシ類は、局所的な発生(狭い範囲での発生)が多いため、トラップも細かく配置する必要があります。 クリーンルーム内で増えて拡散してしまったチャタテムシ類を絶滅させることは、殺虫剤も使用できないこともあり非常に困難です。 防除の対策としては、以下があげられます。 【4】 除去する(こまめな清掃) 穀粉(動物飼料)やフケ・剥落した皮膚などの有機物を除去する。 「どのような虫がどのタイミングで侵入しているか」や、「内部繁殖の兆候」をいち早くつかむことが、最も重要となります。 虫の侵入は毎日行われていますので、どの時点で異常に気付くかということはとても重要なことです。 この例として、モニタリングの頻度(実施回数)が少なかったため、クリーンルーム内でのチャタテムシ類の大量発生に気づくのが遅くなり、終息させるまでに約6カ月、対策費用も数百万円を超える出費となってしまった事例があります。 このような大きな問題に発展させないためにも、 毎月のモニタリング実施をお勧めいたします。 丸三製薬バイオテックでは、生息調査を十分に行い、その原因を究明し、最も効果が期待できる対策をご提案いたします。 0~1. 5mm 対策方法 1. 除虫の徹底 搬入時のエアガン処理 パレット中心に360度ブロー 1分間 4. 駆除作業の反復 【殺虫剤による反復処理】 ・チャタテムシ類は微小な隙間を好み生息しています。 ・1回の殺虫処理では全滅が困難ですので、断続的な反復処理(毎日~毎週 が効果的です。 IRC全自動散布装置 炭酸ガス製剤 【徐放性 防虫ネットの活用】 ・隙間にひそんだ虫には、薬剤が届きにくい! ・クリーンルームや動物施設など薬剤を散布できない場所がある。 この様な場所へは、徐放性防虫ネットを活用し、徘徊する虫を駆除しましょう! クリーンルーム床への設置 窓枠サッシへの設置 機械モーター周囲への設置 5. ひそみ場所の除去(駆除処理後) 【コーキング剤による隙間充填処理】 ・チャタテムシ・他食菌性昆虫類は、微小な隙間を好んで生息しています。 ・コーキング剤(防かび剤入り)を用いて、微小な隙間を埋めます。 フリーダイヤルよりお気軽にお電話ください。 本社 高岡支店 金沢支店 福井支店 長野支店 新潟支店 富山県富山市南央町3-37 TEL : 076-429-0303 富山県高岡市内免2-1-43高岡ガス㈱本社内 TEL : 0766-28-3303 石川県金沢市千木1丁目84 TEL : 076-252-0503 福井県福井市開発3丁目111 TEL : 0776-54-0332 長野県長野市小島田町1814-1 TEL : 026-285-7603 新潟県新潟市中央区新和1丁目1番16号 TEL : 025-282-5803 藤沢バイオラボ 東京ラボ 札幌営業所 仙台営業所 上越営業所 福岡営業所 神奈川県藤沢市宮原3585 TEL : 0466-49-6161 東京都中央区八重洲1-4-20東京八重洲ビル4F TEL : 03-5542-1603 北海道札幌市東区北22条東13丁目1-33 1-B TEL : 011-790-6403 宮城県仙台市青葉区芋沢字大竹新田8-1 TEL : 022-394-5903 新潟県上越市佐内町10-1 TEL : 025-546-6703 福岡県福岡市南区玉川町15-4 B-1 TEL : 092-511-0703.

次の