ホワイト 国 除外 の 理由。 韓国をホワイト国除外する理由はなぜ?日本と韓国への影響も解説!

ホワイト国とは何か簡単にわかりやすく解説!韓国除外の理由は?

ホワイト 国 除外 の 理由

2019年8月2日、韓国向け半導体材料の輸出規制の強化について政令改正が閣議決定されようとしています。 日本政府がこの方針を発表して以来、韓国は「貿易、世界に対しての挑戦だ」と反発していましたが、「輸出しない」すなわち「禁輸措置」と言っているわけではなく、「今までの優遇措置を改めますよ」と言っているにすぎません。 何故こういう事態になっているのかをメディアは伝えているようで伝えないので、私がはっきり言いましょう! 文在寅大統領になってからの韓国政府は、既に解決済みの慰安婦問題や徴用工問題を蒸し返しています。 これに対し、日本政府は「韓国政府がきっちりと国民に対して説明し、必要な措置を講ずるべきだ」と声明を発表し、さらには日韓請求権協定の中で決められている第三国を交えた仲裁委員会を設ける提案をし、韓国側の返答を待っていたにも関わらず返答のない失礼な状態が続いています。 このような事から日本政府は輸出規制を強化することによって、「韓国の皆さん。 今までの行いをよく考えてみなさい。 」というメッセージを送っているわけです。 日本政府は韓国のこれらの行いに対して対抗策ははっきりとは言っていません。 だから別の事で対応していますが、全く理不尽なことでは受け入れられない。 日本政府はかなり良く考えた措置だと思います。 というのも、輸出貿易管理上、これまでも相手国を考察して規制を行ってきました。 輸出相手国というのは「ホワイト国」「非ホワイト国」「懸念国」「武器輸出禁止国」の4種類に分けられます。 ホワイト国というのは、世界の平和を脅かすような武器への転用や開発の恐れがある物品の輸出について法律や物品管理を徹底した国に対して、規制対象品の輸出手続きを簡略化できる国々のことで、日本にとってのホワイト国は世界中でわずか27ヶ国しかありません。 アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドをはじめ、ヨーロッパの主要国そして南米では唯一、アルゼンチンなどがあります。 ヨーロッパ:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国 オセアニア:ニュージーランド、、オーストラリア、 北米:アメリカ合衆国、カナダ 南米:アルゼンチン アジア:大韓民国 アジアでは韓国が唯一のホワイト国でしたが、安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しで、韓国の輸出管理実態に疑問があるから、今回除外されることになります。 実際、シリアやイラン、北朝鮮などに化学兵器に転用していくことが可能な物品を輸出した複数の会社を韓国政府が行政処分しています。 韓国政府が行政処分を行っている実態を、日本政府は韓国政府が管理できていない国と判断したと言うことです。 でも韓国の皆さん安心してください。 ホワイト国より非ホワイト国の方が多いんです。 先述のように、今までアジアでは韓国だけがホワイト国でした。 台湾も中国もタイもインドもシンガポールもインドネシアもベトナムも非ホワイト国です。 今までは韓国向けの半導体材料も特別優遇国として審査なしでしたが、これからは他の国々と同様に審査が必要です そもそも信頼関係がなければ、特別優遇はありません。 なぜ、日韓に信頼関係がなくなったのでしょうか。 編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2019年8月2日の記事を転載させていただきました。 オリジナル原稿をお読みになりたい方はをご覧ください。

次の

ホワイト国とは? 韓国を除外。世耕弘成・経産相「対抗措置ではない」

ホワイト 国 除外 の 理由

「ホワイト国」27か国中21か国が欧州 日本の輸出規制には、大きく2段階ある。 韓国に対しては、2段階の両方で規制を強化する方針だ。 ひとつが、軍事転用が可能な品目をリスト化し、輸出する際に審査・許可する「リスト規制」。 これまでは韓国向けの「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」について、輸出企業に3年間有効な包括的許可を与えて個別の審査を省略していたが、7月4日からは輸出可否について個別の判断が必要になった。 もうひとつが、いわゆる「ホワイト国」指定除外の問題だ。 「リスト規制」の対象になっていない品目でも、民間で一般的に使われている電子部品がミサイル開発に使われる可能性もある。 このリスクをカバーするために導入されたのが「キャッチオール規制(補完的輸出規制)」で、食料品などを除く全品目のうち、経産省が指定する個別の輸出案件について審査を求める仕組みだ。 現時点で「キャッチオール規制」が適用されない27か国が「ホワイト国」と呼ばれている。 日本では02年に「キャッチオール規制」を導入し、韓国は04年「ホワイト国」入りした。 これを外そうという動きが起きている。 現時点で指定されているのは27か国。 そのうち大半が欧州で、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国の21か国だ。 北米が米国、カナダの2か国、オセアニアもオーストラリアとニュージーランドの2か国が指定されている。 南米とアジアは1か国ずつで、アルゼンチンと韓国だ。 4つの主要枠組みにすべて参加すれば、大部分が「ホワイト国」 経済産業省のウェブサイトでは、「ホワイト国」の定義を 「大量破壊兵器等に関する条約に加盟し、輸出管理レジームに全て参加し、キャッチオール制度を導入している国については、これらの国から大量破壊兵器の拡散が行われるおそれがないことが明白であり、俗称でホワイト国と呼んでいます」 と説明している。 国際的な安全保障に関連する輸出管理レジームとしては、大きく4つの枠組みが知られている。 原子力供給国グループ(NSG)、オーストラリア・グループ(AG)、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)、ワッセナー・アレンジメント(WA)だ。 この4つすべてに参加しているのは日本以外に29か国あり、そのうち27か国が日本から「ホワイト国」に指定されている。 残る2か国はウクライナとトルコだ。 その理由ははっきりしないが、日本政府としては、両国では大量破壊兵器拡散防止に向けた十分な取り組みが行われていないと評価しているとみられる。 なお、中国は4つの枠組みのうちNSGのみ、インドはNSG以外の3つに参加している。 インドネシア、マレーシア、シンガポールなどの東南アジア諸国は、いずれにも参加していない。 日本政府は韓国を「ホワイト国」から外すにあたって7月24日までパブリックコメント(意見公募)を受け付けており、8月には実際に外したい考えだ。 (J-CASTニュース編集部 工藤博司).

次の

輸出管理におけるホワイト国とは? 一覧とその意味を理解しましょう!

ホワイト 国 除外 の 理由

政府は28日、安全保障上の輸出管理で優遇措置の対象としている「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外した。 7月の半導体材料など3品目に続く韓国向け輸出規制強化の第2弾。 韓国は強く反発しており、日韓関係の更なる悪化は避けられない。 日本政府は2日に韓国の優遇対象国からの除外を閣議決定しており、28日午前0時に政令が施行された。 食品や木材などを除くほぼすべての品目が対象となり、軍事転用の可能性があるとされた物品については、原則として輸出契約ごとに経済産業省の許可が必要になり、手続きが煩雑になる。 ただ、多くの企業は個別申請を必要としない特別な許可を持っており、経産省は「企業活動にほとんど影響はない」としている。 引用元:産経新聞 とどまることのない日本と韓国の対立。 この先には一体何が待っているのでしょうか・・・。 韓国政府高官が感情で動いているのではと思うことがあります。 ホワイト国とは? ホワイト国とは簡単に言うと「 易の輸出管理体制が厳格に行われていると日本政府が認めている国」のことを指します。 具体的には「大量破壊兵器や通常兵器の製造に使われる物品、技術や部品が内蔵されている製品が軍事転用される恐れの少ない国」という基準も存在しています。 パソコンやスマートフォンにもたくさんの部品が使われておりますが、場合によっては兵器に転用される恐れがあります。 そういった見地から日本政府が「この国は我が国にとって絶対に安全だ」と判断した国家が「ホワイト国(グループA)」と認定されてきました。 その国に対する信頼関係の表明と言ってもいいでしょう。 ホワイト国除外の影響は?どんなデメリットがある? それでは韓国がホワイト国から除外されたことで日本にどのようなデメリットが発生するのでしょうか? 単純に言えば、 ホワイト国から除外されたことで日本に発生するデメリットは直接にはありません。 ホワイト国だったことで韓国側でいままで省略されていた手続きが煩雑化することになりますが、日本側から見ればせいぜい担当者の手間が増えるだけといったところでしょうか?もちろん、当の担当者は仕事が増えて大変でしょうけど・・・。 しかし、直接的には影響はなくても間接的には影響は出そうです。 すでにホワイト国除外を決定したことで韓国政府の反発は激化しており、市民レベルにもその余波が来ています。 韓国からの訪日客数は18年で約750万人と国・地域別で中国に次ぐ2位。 7月は前年同月比7. 6%減の56万1700人に落ち込んだ。 JTB広報担当の鈴木晶子氏は、韓国語の予約サイトを通じた旅行などの申し込みが、8月分で前年同期比約7割減、9月分は約8割減少したと明かし、「昨今の日韓情勢も一因ではないか」と話した。 大韓航空は9月16日から釜山-関西、11月以降に済州-成田、済州-関西の各便を運航休止にするなど日本便の大幅な縮小を決めた。 引用元:日経新聞 韓国からの訪日客が2位だとは知りませんでした! 18年もそれなりに対日感情が存在していたような気がしましたが、それでもかなりの韓国人が日本を訪れてくれていたようです。 しかし、記事にある通り、今年は激減。 2020年、訪日外国人旅行者を4000万人を目標としている安倍総理大臣ですが、目標の達成は厳しくなりそうです! 今までの韓国の行動を考えれば嫌韓の人が増えるのも仕方ない。 ホワイト国除外に対する韓国の反応は? 今回のホワイト国除外で韓国経済に影響が出るのはほぼ間違いないと見られています。 特に韓国経済の根幹を成している半導体市場が打撃を受けるのは必死。 ホワイト国除外により半導体に関係ある物資(フッ化ポリイミド、レジスト 感光材 、エッチングガス フッ化水素 )が規制対象となるためです。 日本のフッ化水素の純度の高さは世界的にも有名で、韓国だけでなく世界中に輸出されています。 フッ化水素 今まで審査無しで韓国に輸出されていたこれらの物資でしたが、 今後は審査に90日を要することとなりました。 この事態に対し韓国は「フッ化水素」の国産化の推進を宣言。 韓国企業はすでに検討を始めています。 SKグループ系列会社であるSKマテリアルズ関係者は25日、「高純度フッ化水素の量産のための投資に出ることにした」とし「今年末までにサンプルを生産する計画」と明らかにした。 この関係者は「まだ具体的な投資規模などは確定していない」とし「慶尚北道栄州(キョンサンブクド・ヨンジュ)や蔚山(ウルサン)、清州(チョンジュ)工場のうち1カ所に設備投資をする方向で検討中」と伝えた。 SKマテリアルズは半導体ディスプレーパネルの製造に使われる特殊ガスを生産する会社だ。 SK(株)が株式の49%を所有している。 昨年の売り上げは6873億ウォン(約631億円)だ。 SKマテリアルズが開発に入ったフッ化水素は高純度製品だという。 フッ化水素は半導体製造時、シリコンウェハーの異質物を除去する工程に使われる核心材料だ。 韓国のフッ化水素輸入量の41.9%が日本産だ。 99.999%以上の高純度フッ化水素は90%以上を日本からの輸入に頼っている。 業界では日本政府のフッ化水素輸出規制が長期化する可能性に備えてSKハイニックスを系列会社に置くSKグループが独自に開発に乗り出したという見方が出ている。 SKマテリアルズの関係者は「これまで原料となるフッ素を扱ってきて、精密ガス技術力とノウハウを通じて高純度フッ化水素を製造できる基盤を備えた」と話した。 引用元:ライブドアニュース 輸入先の規制により、国産化推進の流れは過去の歴史でもありました。 今回輸出管理を決定した日本もまた中国からのレアアースの輸出規制を受けた際、国を挙げてレアアースの代替技術を完成。 レアアースの価格は下落し、中国は自らの首を絞める結果となりました。 ただ、レアアースのケースは高い技術力を持つ日本だからこそ早急に対応できた部分もあり、韓国が同じように代替技術を完成できるかどうかは疑問視されています。 すでに中国から低品質のフッ化水素を購入しているとの噂もあり、韓国の半導体産業はしばらく苦難の日々が続きそうです。 さらには日本から手に入れたフッ化水素を「かの国」に横流ししていたなんて噂も・・・。 埼玉県生まれ。 東京都八王子のとある大学卒のトークが苦手な社会人。 大学卒業後、東京のIT関連会社に就職しましたが、デスマーチの連続による残業過多と関連資格の休日勉強要請で精神的に限界を感じ転職。 以後、10年以上現在の会社で電話対応やデータ入力、時に配達等の仕事を継続しています。 このサイトを始めた理由は自分が興味を持っている日々の事柄についてまとめると共に他の方々の目にも留まっていただければ、と思ったからです。 またこのサイトを通じて世界で起こっているたくさんのことをアウトプットすることで自身の成長に繋げていきたいと思っています。 目標は「とてもたくさんの人に感謝して、とてもたくさんの人に感謝される」。 声を大にして言いたいことは「死ぬくらいなら辞めましょう」 趣味は温泉。 会社近くのスーパー銭湯で岩盤浴と炭酸浴を楽しむのが密かな癒しです。 今一番好きな漫画はキン肉マン。 好きな小説は「銀河英雄伝説」「燃えよ剣」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 サッカーJリーグの浦和レッズのサポーターです。 毎回魂こめて応援しています!.

次の