テザリング できない iphone。 テザリングできないのはなぜ?テザリングに失敗する主な原因

突然テザリングができなくなった!iPhone/Androidの対処方法

テザリング できない iphone

おすすめのポケットWi-Fiは 月額2480円~ からの容量無制限Wi-Fiです。 使用場所を選ばず、PCテザリングもスマホ動画もサクサク動きます。 テザリングとは テザリングとは、英語で「繋げる」という意味があります。 具体的には、パソコン(Mac)はタブレット等の端末をインターネットに繋げるため、iPhoneに無線LAN(Wi-Fi)ルーターやフリーWi-Fiスポットの役割をさせることです。 iPhoneを使ったテザリングには、Wi-Fi だけでなく、Bluetooth通信、USBケーブルの直結という3つの方法を利用することができます。 iPhone契約内容は確認されましたか? いままで、テザリングを使っていたのにテザリングができなくなってしまった方は、ここは読み飛ばして次の節へ進んでください。 三大キャリアで契約しているiPhoneでテザリングを利用するための条件 iPhoneでテザリング機能を利用するためには、オプションサービスに加入している必要があります。 オプションは各社で異なった契約形態になっていますので契約内容を確認して見てください。 docomoの場合 spモード契約が必要となりますが、iPhoneを利用している場合は、既に契約済みのはずです。 auの場合 テザリングオプションに加入する必要があります。 まだの場合は、 ウェブサイトの「auお客様サポート」から簡単に申し込みすることができます。 ソフトバンクの場合 「スマ放題データ定額パック」でご利用の場合は、あらためての申し込みは不要です。 その他のプランの場合、テザリングオプションに加入する必要があります。 各社におけるオプションの月額費用については、最初の2年間は無料などの軽減措置が取られています。 今後、プラン・オプションの構成、月額費用が変わってくることが予想されますので、常々チェックしておくことが重要です。 格安SIMのMVNOを利用する場合 Apple Storeで購入したSIMフリーのiPhoneであれば、問題なくテザリングを使うことができます。 テザリングの設定の前に、必要なアプリのインストール等、データ通信の初期設定をMVNO各社の説明書の記載に従い実施してください。 テザリングの問題ではないのですが、格安SIMを中古のiPhoneを利用するときは注意が必要です。 docomoで購入されたiPhoneをdocomo系MVNOの格安SIMで利用するのであればほぼ問題はないですが、その他のケースの場合、SIMロック解除は購入者本人である必要があったり、期限が限られている場合があります。 いずれも中古の販売店に利用の可否と保証の有無を確認するようにしてください。 iPhoneでテザリングができない場合の設定内容の確認手順 iPhone側の設定の確認事項 〔設定〕アプリの「インターネット共有」が「オフ」になっていないでしょうか。 「オン」になっている場合は、一度「オフ」にしてから改めて「オン」にしてみてください。 SSID名のリストにiPhoneが表示されない場合は、iPhone側のテザリング設定に問題があります。 iPhone側の設定を確認してみてください。 SSID名リストに親機のiPhoneのSSID名が表示されていて、接続されていない(チェックマークが入っていない)場合は、そのSSID名を選びパスワードを再入力してみてください。 iPhone側のWi-Fiテザリングの設定で、SSID名やパスワードを変更した場合等は、再度接続を選択する必要があります。 (Bluetoothtテザリングの場合) あらかじめ、iPhoneとパソコン(Mac)でペアリングしておく必要があります。 ペアリングが切れている場合は改めてペアリング操作を行ってみてください。 (USBテザリングの場合) パソコン(Mac)には、最新のiTunesがインストールされている必要があります。 iTunesのアップデートの有無を確認するようにしてください。 Androidでインターネットを... 404,729件のビュー• Android端末を利用している... 377,885件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,739件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,588件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,765件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,383件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,983件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,645件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,631件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,543件のビュー.

次の

iPhoneでテザリング接続できない!7つの原因と対処法!

テザリング できない iphone

スポンサードリンク 1.テザリングができない原因・キャリアによってできないとかある? テザリングという機能を知っていても、いざ使う時にインターネットに接続出来ないことがあります。 テザリング出来ないのには、しっかりとした原因があります。 ここでは、テザリング出来ない原因を4つ紹介していきます。 原因1 キャリアでの契約がされていない テザリング自体は、iPhone5以降だと使用可能ですが、そもそもテザリングサービスを使うためには、 キャリア(au・docomo・Softbank)で別途契約が必要になります。 docomoの場合のみiPhone契約時に 「SPモード」というインターネットを使うプランに加入していれば、使用可能です。 契約時に殆どの方がSPモードに加入しているはずですので、確認して下さい。 原因2 iPhone本体の設定をしていない キャリアでの契約の他に、iPhone本体の設定が必要になります。 テザリング機能は、通常の機能では付いていないので、iPhoneをWi-Fi端末として機能させていないと使用できません。 原因3 テザリングを使用するパソコンなどの設定をしていない パソコンやタブレット端末の接続先をiPhoneに設定していないと、インターネットを使うことが出来ません。 原因4 ネットワークの問題 Wi-Fi端末として使用するiPhone側のネットワーク状態が悪い場合は、パソコンやタブレット端末でインターネットが使用出来ない場合があります。 2.テザリングできない時の対処法 上記でテザリング出来ない原因について紹介しました。 ここでは、それぞれの対処法を紹介していきます。 対処法1 キャリアの契約を確認する((au・Softbankの場合) まず、キャリアの契約内容でテザリングを使用できる状態か確認して下さい。 テザリングを使用する契約をしていない場合は、契約が必要になります。 キャリアによって契約の内容が違いますので、確認して下さい。 参考までに、キャリア別の契約方法を下記に紹介します。 auの場合 ショップに行ってテザリングサービスを契約するか 、「auサポート」で契約する方法があります。 加入していない場合は、データ定額サービスへの加入が必要になりますので、確認して下さい。 データ定額サービスへ加入後テザリングオプションに加入してテザリング機能を使うことが出来ます。 対処法2 iPhone本体をWi-Fi端末として設定する 通常の状態では、iPhoneはWi-Fi端末として使用することが出来ませんので、Wi-Fi端末として設定しなければいけません。 iPhoneをWi-Fi端末として使用する時に必要になります。 対処法3 パソコンやタブレット端末の接続を確認する 自宅でパソコンやタブレット端末を使用している方はわかると思いますが、コードレスでインターネットに接続するには、電波を受信する端末を選ぶ必要があります。 テザリング機能を使用する場合も同様の操作が必要になりますので、注意して下さい。 パソコンの場合• その場合は、iPhone本体の通信を一度遮断すると回復する場合があります。 通信の遮断方法を変えることによって通信状態が回復する場合があります。 ポケットWi-Fiとは、持ち運び出来る小型のWi-Fi端末ですが、iPhoneのテザリング機能と何が違うのか気になりますよね。 ここでは、iPhoneのテザリングとポケットWi-Fiを比較して、どちらがお得なのか考えていきます。 iPhoneのテザリング機能メリット・デメリット メリット• 費用が安い iPhone自体を端末として使用するため、端末費用と通信費用が抑えられます。 また、テザリング機能はあくまでオプションなので、価格としては、月の通信料金に少し上乗せされる程度です(auの場合は、掛かっても500円です)。 荷物にならない iPhoneを持っている方は、出かける時に必ずiPhoneを持って出かけますよね。 端末として、別に持っていく必要がありません。 デメリット• バッテリーの消費が早くなる Wi-Fi端末としても使用するので、バッテリーの消耗が激しくなります。 速度制限がかかる iPhoneのテザリング機能で一番のデメリットです。 キャリア契約のiPhoneでは必ず通信量に制限があります。 この制限を超えると通信速度が極端に遅くなってしまいます(auの場合は、月7GBまたは、3日間で1GBを超えた場合)。 iPhoneのテザリング機能でパソコンなどを使って動画を見た場合は、すぐに超えてしまいます。 ポケットWi-Fiのメリット・デメリット メリット• 速度制限が殆んど無い キャリアや契約内容にもよりますが、iPhoneのテザリング機能の場合と比べると無いに等しいです。 デメリット• 費用が高い iPhoneの他にWi-Fi端末として新たに契約するので、その分の通信費用が掛かってしまいます。 キャリアや契約内容によりますが、月額で平均2000円~4000円くらいは見ておくと良いでしょう。 荷物になる 出かける場合は、端末として別に持っていく必要があるので、若干荷物になります。 テザリングとポケットWi-Fiどちらが安いか? どちらが安いのかを考えると、用途によって変わってきます。 出張や旅行先でインターネットを頻繁に使うのなら、費用が高くても、快適に使えるポケットWi-Fiを選択するべきでしょう。 また、そんなにインターネットを使用しないという方は、費用自体を抑えられるので、テザリングを選択するべきです。 どちらが安いかと断言は出来ませんが、 目的に沿ったモノを選ぶのが一番ではないでしょうか。 まとめ テザリングの手続きをしておかないとテザリングは使えないんですね。 ノートパソコンやタブレットで少し作業したいとか、メールの確認したいという程度であれば便利ですが、がっつり動画を見たりネットサーフィンをしてしまうと、無駄に通信量が増えるので、あっという間に通信制限になってしまう… がっつりテザリングを使いたいのであれば、やっぱりポケットWi-Fiは必須ですね。

次の

iPhoneでテザリングが出来ない理由はこれだ!

テザリング できない iphone

スポンサードリンク 1.テザリングができない原因・キャリアによってできないとかある? テザリングという機能を知っていても、いざ使う時にインターネットに接続出来ないことがあります。 テザリング出来ないのには、しっかりとした原因があります。 ここでは、テザリング出来ない原因を4つ紹介していきます。 原因1 キャリアでの契約がされていない テザリング自体は、iPhone5以降だと使用可能ですが、そもそもテザリングサービスを使うためには、 キャリア(au・docomo・Softbank)で別途契約が必要になります。 docomoの場合のみiPhone契約時に 「SPモード」というインターネットを使うプランに加入していれば、使用可能です。 契約時に殆どの方がSPモードに加入しているはずですので、確認して下さい。 原因2 iPhone本体の設定をしていない キャリアでの契約の他に、iPhone本体の設定が必要になります。 テザリング機能は、通常の機能では付いていないので、iPhoneをWi-Fi端末として機能させていないと使用できません。 原因3 テザリングを使用するパソコンなどの設定をしていない パソコンやタブレット端末の接続先をiPhoneに設定していないと、インターネットを使うことが出来ません。 原因4 ネットワークの問題 Wi-Fi端末として使用するiPhone側のネットワーク状態が悪い場合は、パソコンやタブレット端末でインターネットが使用出来ない場合があります。 2.テザリングできない時の対処法 上記でテザリング出来ない原因について紹介しました。 ここでは、それぞれの対処法を紹介していきます。 対処法1 キャリアの契約を確認する((au・Softbankの場合) まず、キャリアの契約内容でテザリングを使用できる状態か確認して下さい。 テザリングを使用する契約をしていない場合は、契約が必要になります。 キャリアによって契約の内容が違いますので、確認して下さい。 参考までに、キャリア別の契約方法を下記に紹介します。 auの場合 ショップに行ってテザリングサービスを契約するか 、「auサポート」で契約する方法があります。 加入していない場合は、データ定額サービスへの加入が必要になりますので、確認して下さい。 データ定額サービスへ加入後テザリングオプションに加入してテザリング機能を使うことが出来ます。 対処法2 iPhone本体をWi-Fi端末として設定する 通常の状態では、iPhoneはWi-Fi端末として使用することが出来ませんので、Wi-Fi端末として設定しなければいけません。 iPhoneをWi-Fi端末として使用する時に必要になります。 対処法3 パソコンやタブレット端末の接続を確認する 自宅でパソコンやタブレット端末を使用している方はわかると思いますが、コードレスでインターネットに接続するには、電波を受信する端末を選ぶ必要があります。 テザリング機能を使用する場合も同様の操作が必要になりますので、注意して下さい。 パソコンの場合• その場合は、iPhone本体の通信を一度遮断すると回復する場合があります。 通信の遮断方法を変えることによって通信状態が回復する場合があります。 ポケットWi-Fiとは、持ち運び出来る小型のWi-Fi端末ですが、iPhoneのテザリング機能と何が違うのか気になりますよね。 ここでは、iPhoneのテザリングとポケットWi-Fiを比較して、どちらがお得なのか考えていきます。 iPhoneのテザリング機能メリット・デメリット メリット• 費用が安い iPhone自体を端末として使用するため、端末費用と通信費用が抑えられます。 また、テザリング機能はあくまでオプションなので、価格としては、月の通信料金に少し上乗せされる程度です(auの場合は、掛かっても500円です)。 荷物にならない iPhoneを持っている方は、出かける時に必ずiPhoneを持って出かけますよね。 端末として、別に持っていく必要がありません。 デメリット• バッテリーの消費が早くなる Wi-Fi端末としても使用するので、バッテリーの消耗が激しくなります。 速度制限がかかる iPhoneのテザリング機能で一番のデメリットです。 キャリア契約のiPhoneでは必ず通信量に制限があります。 この制限を超えると通信速度が極端に遅くなってしまいます(auの場合は、月7GBまたは、3日間で1GBを超えた場合)。 iPhoneのテザリング機能でパソコンなどを使って動画を見た場合は、すぐに超えてしまいます。 ポケットWi-Fiのメリット・デメリット メリット• 速度制限が殆んど無い キャリアや契約内容にもよりますが、iPhoneのテザリング機能の場合と比べると無いに等しいです。 デメリット• 費用が高い iPhoneの他にWi-Fi端末として新たに契約するので、その分の通信費用が掛かってしまいます。 キャリアや契約内容によりますが、月額で平均2000円~4000円くらいは見ておくと良いでしょう。 荷物になる 出かける場合は、端末として別に持っていく必要があるので、若干荷物になります。 テザリングとポケットWi-Fiどちらが安いか? どちらが安いのかを考えると、用途によって変わってきます。 出張や旅行先でインターネットを頻繁に使うのなら、費用が高くても、快適に使えるポケットWi-Fiを選択するべきでしょう。 また、そんなにインターネットを使用しないという方は、費用自体を抑えられるので、テザリングを選択するべきです。 どちらが安いかと断言は出来ませんが、 目的に沿ったモノを選ぶのが一番ではないでしょうか。 まとめ テザリングの手続きをしておかないとテザリングは使えないんですね。 ノートパソコンやタブレットで少し作業したいとか、メールの確認したいという程度であれば便利ですが、がっつり動画を見たりネットサーフィンをしてしまうと、無駄に通信量が増えるので、あっという間に通信制限になってしまう… がっつりテザリングを使いたいのであれば、やっぱりポケットWi-Fiは必須ですね。

次の