ルシファー hl 土 マグナ。 [グラブル]初めてのルシファーhard土マグナ[キャリーしてもらいました]

ルシファーHLに参戦するためのHP底上げ講座 土マグナ編

ルシファー hl 土 マグナ

天司HLは紛うことなきクソマルチですが、ワッカ必要数取ったらしばらく洋ナシになるので汁飲みながら青箱取ってます。 さて皆さんはルシファーHLやってますか? 古戦場前は風終末武器のスキル上げだけで手一杯で、土の終末武器だの5凸ユグ弓だののスキル餌が足りなかったので、そもそもスタートラインにすら立ててなかったんですが、箱掘りでそのへんどうにかなったのでそろそろやってこうかなと。 とりあえず土古戦場までに土パでクリアして土終末武器5凸するのが目標なんですが、検索するとまず最低HPとして6万だの5万だの出てきて、同じ装備なのに全然こんないかねーんだけど?とお悩みの方の為に、今日はHPのお話です。 っぽくてよいですね。 ・LB まずはLBからいきましょう。 ルシファーHに臨むような方であれば味方全体HPUPのLBが重要、というか当たり前の話なんですが、ここで言うのはそちらではなく、各キャラのLBのほうですね。 現状ルシファーH用の土マグナ編成がこんなカンジなんですが(斧はもう1本刀か弓と交換しますが今手元にないので)、この装備ですと、HPはこう。 さすがにグラのHPは5万超えてるんですが、 味方キャラが軒並み足りてません。 これだと開幕3万くらって9千しか残らないんで、HPを戻す手段がオルポしかないサラーサ入りパの場合、常にファラあることを前提にしてもさすがに厳しいでしょう。 最大の理由はランク199なんで210で取れる3つ目の味方全体HPUPがないからなんですが、さすがにここから210にあげるころには次の古戦場どころか2020年になってそうなんで別の方法でカバーしなけりゃならず、その方法というのがキャラ個別のLBですね。 HPは段階ごとに上がり方一定(250ずつ)なんで、1振りずつでも集中して3振りでもいいんですが、まァまずは1個振りましょう。 要は 基礎HPが多ければ多いほど守護の効果も高まるわけですね。 当然ながらLBのHPUPはこの基礎HPの部分にかかってます。 試しにこのままゴブロのHPUPを、210で取れる味方以下略に相当する1000まであげてみます。 こうなりました。 当然210のが取れてればここからさらに基礎HPに1000上乗せなんで、これだけでもう5万いきそうですからね。 まあゴブロに関してはHPUPのLBが3つもありやがるんで、ここからさらに伸ばすことも可能ですし、逆にいえば1つしかないオクトーとサラーサは3振りしても750UPなのでここまでは伸びません。 ちなみに十天の中だとニオはHPUPのLBが1個もなかったりします。 それどころか最終してLV100にしても基礎HPがかなり低く、一 部の非最終SRキャラにすら負けたりしてます。 まあこれはペンギーとガラドアがなんかオカシイだけかもですが。 ルリアは指輪でHP増えてるし。 ちなみに攻撃力順ですと… 指輪やLBの関係で素ステからは多少乖離がありますが、サラーサやオクトーと大差ない数値だったりします。 ゴリラですね。 ・召喚石 基礎HPが重要なのはお分かり頂けたかと思いますが、基礎HPにかかる値はLBのほかにもあります。 それが召喚石のパラメータです。 試しに実用度外視で、手持ちの石からHPが高い順で埋めてみます。 1590上昇。 さてこれでHPがどーなってるかっつーと。 だいぶマシになりました。 ブロにいたってはほぼボーダー到達です。 このへんの差が、巷で 石のステ差はバカにできない、 バハルシは召喚効果抜きに(今はもう効果もトップですけど)ステだけでも入れる価値があるだのいわれる由縁。 実際自分もバハルシが1凸ずつで丁度手持ちの金剛も4つなんで、両方ともぶっこんで一気に5凸にまでしたほうがルシHいくぶんにはいいんでしょう。 武器の予測ダメージ欄のサポ石シミュレータから各石のステ見れますけど こうですからね、5凸のバハルシ。 バケモン。 特に自分は実際にルシHに行く際に1凸のアテナとあたりはどの道組み込まなきゃならんので、この2種の低ステをカバーするためにも最低でもバハかルシどっちかは必須。 回復でHP維持楽になるルシか、1000万が楽になるバハか。 土限定且つ召喚効果だけならバハはでも代用可能なんですが、無凸なんでやはり低ステが…。 ・武器 お次は武器。 武器のHPも基礎ステにかかってきます。 高HPの代表武器といえば…そう、 オッケですね。 LV100の剣とは思えないクソみたいな攻撃力とバカ高いHP。 この664がどんだけかというと ダントツ。 その下にあるリミ武器のパラゾと比較しても2倍以上の差があります。 攻撃も2倍差ですが。 火マグナでシヴァ剣(シミター)2本積んだだけなのに、妙に他属性に比べてもHPが多いのは、このオッケやコロ杖のHPが下地にあるからです。 ルシファーHに風マグナでいった人が2種ある守護武器のうち槍のほうをチョイスしてたのも、 斧より槍のほうがHPが高いから。 ただこれは選択の余地がある場合で、土マグナでいく場合は同一路線での選択の余地がせいぜい4凸クリンゲと5凸ユグ杖。 そう、HP。 1本で127差ということは 仮にこの編成の刀を全部杖に入れ替えれば、味方全体HPUP508も同然。 ただ1本くらいは刀の代わりに入れていいんじゃないかって気はしますね。 ・プラス ではこれ以上HPを伸ばせないのかというとそんなことはなく、最大のドーピングであるプラスを振る方法が残ってます。 効果のほどは…っていうかいい加減武器ソートに プラスが多い順とか加えてくんないっすかね?ちゃんよぉ。 古戦場用の武器から外すの面倒なんすわ。 inじゃねーの?スパルタとブロはこれでクリア。 サラーサとオクトーはまだHPのLB振ってないので、振ればサラーサも5万超えるでしょう。 問題はオクトーで、なんでオクトーのHPだけちょい低めなのかというと、一人だけオメ剣の適用外だからですね。 しかしまあこちらも心配ご無用といいますか、プラスはキャラにも振れるんですね。 1000ほどあがりました。 これならここからHPLBで750あげれば5万超えは確実でしょう。 僕はふんふとシスとカトルがまだなんでないですが。 さらに突き詰めるなら推しキャスのHP100UPを利用してもいいです。 ・指輪 最後に指輪。 これがある意味一番効果大きいんで真っ先にやるべきなんですが、攻撃HPがそこそこでも残り2つがいいの付いちゃったりしてると完全に満足いく更新が難しく、現状でそこそこの数値引けてる人は無理しないでいいと思います。 自分のオクトーなんかはこれですが、オクトーに一番欲しい奥義上限が10ついてるんでまァいいかなァ…みたいな…。 サラーサに関しても奥義上限が欲しかったんですが、攻撃とHPMAX引いてるんでこんでええわと長年更新せずにいたのがここにきてむしろプラスに転じてますね。 ルシファーHLにはとりあえずまだホルン(ブロ斧)もってくつもりはないんで、相対的にLBのクリティカルが有難いというか。 以上、ルシファーHLに参戦を目指すためのHP底上げ講座でした。 HP足りないよーとお嘆きの人も、ランク210なんて遠すぎるという方も、やりくりすればなんとかなるというのがご理解頂けたら幸いです。

次の

ルシH火マグナでクリアしてきました

ルシファー hl 土 マグナ

ルシファーの特殊技は主人公のかばうとアテナの1アビの属性変換で防げます。 シヴァ剣のおかげでHPも余裕があるので死なないだけならマグナでもそう難しくなかったです。 ただマグナでサポ石が無凸ミカエルのせいか火力がなかなか出せなくて、最後の10%のエッセル砲でも全然飛ばせなかったので火力面で足を引っ張る形に。 1000万試練だけはなんとかクリアしたものの、カトル落とすガバをやらかして足を引っ張りまくってしまいました。 羽が80%を切ってからは奥義を一切撃たずに特殊食らったらクリアオールお願いしますスタンプを飛ばす。 とにかく責任が重いので、土で初挑戦した時のプレッシャーは凄かったのを覚えてます。 1000万試練はギルガメ召喚とオクトーの2連奥義で余裕。 ギルガメと水鞄が回せるようになるとゼノウォフ剣の属性変換で一気に動きやすくなるので、火力もそれなりに出すことができました。 土はマグナでも割とルシファーHに挑戦し易い属性ではないかと個人的には思います(試練面での責任は重いが)。 土は試練面での責任が重いのに対して、風はデバフ面(ユリウス)での責任が重い属性。 ユリウスを落としてしまうと攻略難易度が一気に上がります。 単体攻撃のポースポロスはティアマグ召喚の幻影でも対処可能。 風マグナはHPに不安がありますけど、アンチラのおかげで結構硬いのでキャラは落とさずに済みました。 デバフ消去の度にユリウスデバフを入れ直して、10%(25%前で待機)からシエテ4アビで一気に吹き飛ばし。 クリアした時は周りが強くて10%から2%まで一気に削れたので、残り2%を満天で飛ばして完了。 ヴィーラとゾーイで羽削りとターン回しを頑張る編成。 黒麒麟はパラロス受けの為の保険(もう一枚はいざという時の為)。 コロゥ拳と天司武器を入れているのは安全性と羽削りを両立させるため。 スポンサーリンク ルシファーH光属性の動き方 光属性だけはそこそこ回数を重ねているので、動き方を簡単にまとめました。 あくまで私個人の見解ですが参考になれば幸いです。 マージが切れた後はゾーイの3アビを使って通常攻撃に対してはファラがかかってなくてもガンガン突っ込む。 光は回復力が高いので、羽特殊のマルスで禁断の果実がついた状態で奥義を打っても(HP1万減)大丈夫です。 試練前のフィークスは気にしなくてOK これは羽の2回目の特殊(フィークス)を受ける直前のSS。 まだ試練が始まっていないので、ここでフィークスを受けると本体に羽バフ(上限5万)がついて試練突破が遅れることになりますが光に関してはまったく気にする必要はないと思います。 むしろ試練突破が遅れるからと光が試練前に動きを止めるほうが周りに対して負担をかけることになります。 フィークスは気にせず50%の試練開始を目指してひたすら削るほうがいいでしょう。 ある程度全体の火力が高ければフィークスを受ける前に試練が開始されます。 フィークスを受けて試練が遅れるときはチャットでその旨を伝えておきます。 試練開始~羽撃破まで ナゾブルタイム。 土がフルチェを撃ってオバチェ試練を解除するまで待機。 このへんは土を初めいくつかの属性が1000万試練解除の為にフルチェを本体に打ち込むのでルシファーのHPがいきなりゴリっと削れてトリガーが飛んでくるので事故が起こりやすい区間。 光に限らず自分のフルチェで95%や85%まで飛びそうな時はチャットで95注意や85注意と一言打って一呼吸置いてから攻撃すると事故防止に役立つと思います。 特に85%と60%のアキシオンは一人死ぬと無属性3万追撃が飛んできて一気に崩壊するので85%・60%のトリガー処理は特に重要です。 パラロスは積極的に受けにいく 試練11はルシファーにパラダイス・ロストを発動させることで解除できます。 土や闇等他にもパラロスを受けられる属性はありますが、CT調整ミス等で受けられないこともあるので可能なら自分で処理するのがベスト。 誰かがやってくれると全員が思うと失敗するのがルシファーHというマルチ。 SSだと3万超えのダメージを受けてますがこれはデバフ無しでパラロスを受ける検証時のものなので、ちゃんとデバフが入って赫刃レベルを下げておけば2万台程度のダメージで済みます。 一応パラロスを受けるときは3万5000以上のHPをキープしてゾーイ3アビの効果中に受けると安全。 試練より羽討伐を優先するという手も ルシファーHは羽を倒すまでが勝負といっても過言ではないマルチ。 試練突入後羽が生きている間に使用してくる「アキシオン・アポカリプス」は発動の度に福音の赫刃レベルを2上昇させる等かなり厄介なので、全体の火力次第では光属性は試練より羽削りを優先して試練は羽討伐後にクリアするという手もアリだと思います。 羽撃破後~本体撃破まで 羽を倒してしまえばグッと楽になるので25%までひたすら削るのみ。 残りカウント次第では25%から待機 ルシファー25%の特殊行動「ゴフェルアーク」は後ろにいる同種族のメンバーを即死させるので、ヴィーラ・ゾーイ編成だと1落ちすることになります(星晶獣被り)。 カウント(終末のカウントダウン)に余裕があれば問題なく通れますが、カウントが残り1の場合は通るとカウントが0になって「ジ・エンド」が発動してしまうので25%前に待機。 カウントが2や3の時は状況に応じて臨機応変に判断することになるけどかなり難しいですね(特に野良だと)。 10%特殊行動「パラダイス・ロスト」 12の試練が全て解除されていればフュンフ4アビでガッツを付けて突撃すると奥義ゲージが全員100%まで貯まってフルチェを撃てる状態になります。 試練が1つでも残っているとガッツ効果でパラロスを耐えてもその後の無属性追撃でキャラが落ちてカウントが減ってしまうので一旦待機。 エッセル入りの火やシエテ入りの風がいればこの区間はあっという間に吹き飛んだりします。 討伐 野良でもスムーズに行けば15分以内で討伐できることもあります。 最近は成功する時は15~20分の間ぐらいが多い感じ。 10分以内はまだ一度も遭遇したことはありません(私が弱いせいかな?)。

次の

【グラブル】超越者称号取得!ルシファーH挑戦を振り返る

ルシファー hl 土 マグナ

そろそろ何を喋ってるのか知りたい 六龍HLの第四段である【ガレヲン】攻略記事です。 これで4属性は六龍が揃いました。 ルシファーHLへの敷居も少し下がってきましたかね? キャラ編成 においても最優の騎士「ユリウス」 フロントは全て恒常キャラですが、サブにリミテッドキャラと十賢者を入れた編成になっています。 始めはグリームニルがフロントだったのですが、討伐が安定しなかったのでバイヴカハにご登場頂きました。 フロントメンバー 主人公【ランバージャック】 特に言うことがない巷で大人気ジョブ【ランバージャック】。 高難易度でも大活躍のリミアビ2つに念のためのリヴァイヴ積んでます。 デバフはユリウスが居るので問題ないのですが、もっぱら回復と長期戦で便利なマウント付与が仕事です。 【ガレヲン】は特殊技にガード無効の攻撃 後述 があるので、HP維持に貢献しやすいランバーが本当に便利です。 また、リミアビ「落葉焚き」で自身に4000バリア付けられるので主人公を落としたくないという視点からも有用かと思います。 まぁ、こんな無駄に推さなくてもランバーの便利さが知れ渡っているので困ったらランバー使いましょう。 バイブカハ 家にいて欲しい…… 高級鞄でもお馴染みの星晶獣「バイヴカハ」。 2アビのブーア効果は上限UPまで込みしたキャラ単体超強化ですがデメリットとして防御が大幅に下がります。 しかし、【ガレヲン】は特殊技しか撃ってこず、又ランバーの落葉焚きの効果でバリアが付いているので噛み合いがヤバイです。 【ガレヲン】特攻的なところがあると思うのでお持ちの方はフロントに入れることを検討していただきたいです。 、 余談ですが、バイヴカハは杖得意なのでグリームニルと杖パが組めます。 また、ニオと一緒に虚空杖の範囲にも入る上に星晶獣なのでバハ武器の恩恵も受けやすいです。 いいキャラだと思うのですが中々騒がれないのが惜しいですね。 ティアマト 最終上限解放で島の守り神の名前に恥じない性能に めちゃくちゃ強くなったと言われている星晶獣「ティアマト」。 ユリウス同様でほぼ説明不要かと思われます。 最終上限解放でバフ、片面デバフ、マウント、挙げ句に回復と「え?本当に何?一体どうした!?」と言わんばかりのアビ構成になりました。 また、サポアビの効果で味方全体に与ダメージ上昇効果 天司武器と同枠。 共存不可 が付いたようなので天司武器枠を外した編成も一考できるともっぱら高評価になっています。 また刻印キャラでも有り2アビが刻印5の時に超強化されます。 CT上昇を防ぐ効果もあるので長期戦になりがちな高難易度ソロバトルに置いては有効です。 【ガレヲン】に有効な側面もありますが、高難易度でとりあえず入れておけ、的なキャラです。 ユリウス 研究の以下略 説明不要のキャラかと思います。 持ってない人は勇気を出してサプりましょう。 【ガレヲン】は頻繁にデバフリセットをかけてくるのでユリウス使えと言われているボスです。 こんだけユリウスユリウス! 言われてるのに未だにユリウスが有効なボスを出す辺り、多分運営に好かれているキャラなのでしょう。 もちろん私も大好きです。 サブメンバー グリームニル 風の強キャラで名高いグリームニル。 始めはフロントだったのですが、安定しなかったので外しました。 基本裏から出たことないのですが、火力役な上にマウントにディスペルガードと高性能ですので後ろにいてくれると安心ですね。 カッツェリーラ 十賢者のカッツェは逆位置効果が頼りになるの裏にいうと安心です。 出てきた時も出てきた時で3アビの全体かばう付与などで支援役として有効です。 武器編成 ドラポン5凸in 【メイン】新風武器 春ノ柔風 ヴィントホーゼ ティア銃5凸2セット グリム琴4凸3セット 天司武器4凸 風ドラゴニックウェポン5凸 バハ銃 テンプレ風マグナハイブリット編成です。 メイン武器の新降臨武器奥義時に連撃アップを付与します。 連撃が課題のマグナにとっては貴重な武器です。 しかもランバージャックで持てる楽器武器。 ドラポン無しでもいけそうな気がするのでトレジャー集め終わったら無し動画も撮ってみます。 召喚石編成 は5凸しています 【メイン】ティアマト・マグナ4凸 5凸 バイブカハ無凸 黒 土3凸 防御寄りの編成になっています。 個人的に鞄系は2枚は無いときつそうな印象です。 黒は使わないことも多いのですが、やはりいざという時にあると便利です。 注力するポイント 【ガレヲン】は攻撃行動が特殊技のみで通常攻撃を行わないという今までにない部類のシングルボスです。 通常攻撃に意識を割かれなくて済む反面、特殊技のダメージがものごっつ高い仕様になっています。 無茶をせずに特殊技の対処は基本ガードでいきましょう。 仕様の性格上、かみ合わせが悪いと連続で特殊技を連発で喰らう事もありますがランバーを使っている場合は「落葉焚き」によって防御バフもかかりますのでガードで対処すれば1500~2000ぐらいで済むこともザラです。 ここに鞄系などのカット手段も入れればもっとダメージを減らせます。 ガードを連発するのでだるさがでるでしょうが、特殊技は半端に受けられないので慌てずじっくり確実に攻略していくのをお勧めします。 特殊技の対処 5T毎に撃たれる特殊技、そしてCTMAX特殊技、更にHPトリガー特殊技。 流れ次第では3回連続特殊技なんてことも有りえます。 攻撃特殊技は基本的にガード必須です。 特殊技の「クラスト・」はデバフリセットなのでこれを撃たれる時は攻撃しましょう。 次ターンで即デバフ入れ直しです。 40%以降が肝 六龍さん恒例の40%デバフリセットがかかります。 ODタイムは通常攻撃はないので若干気楽な感じがしますが、CTのかみ合わせが悪いと特殊技と重なるため、 可能なら40%に合わせてダメージカット手段を入れましょう。 また、規則的に撃たれる40%以降は特殊技が変化します。 大ダメージである「島投擲」は変わらずガードで対処しますが、変化後の特殊技「降砂石」が非常に厄介です。 デバフリセット効果は変わらずあり、更に【ガレヲン】に付与されるバフの効果で毎ターン無属性ダメージを喰らいます。 無属性ダメージが6回と多いのでできるだけ早めに解除したいです。 ただし、「降砂石」をディスペルで解除後にターンを回す、もしくは召喚を行うと ディスペル誘発トリガーとして「大激震」が飛んできます。 「大激震」はガード無効の土属性15000ダメージになります。 これが非常に痛いので対処は必須です。 幸いどっかの火竜と違って土属性ダメージですので等のカットが有効です。 また、全体技なのでバイヴカハ等の反射でもダメージを抑えることができます。 カット手段がなかったとしても15000以上のHPがあれば耐えられますので、40%以降はできるだけ15000以上のHPがあると精神的に楽になるかと思います。 特殊技でしか攻撃してこない仕様と風マグナの強さも相まってガレヲンは比較的対策は模索しやすい部類になると思います たぶん……。 反面、十天衆 シエテ、ニオ との噛み合いがよくない感じがするので、特攻キャラを持っていないと厳しい戦いを強いられるイメージです。 折角苦労して取得して最終十天衆がいないのは寂しいので。 そのうち十天衆を入れた編成も考案してみたいと思います。 asumadenaguru.

次の