法務 転職。 法務・コンプライアンスの転職・求人情報|エン ミドルの転職

法務・コンプライアンスの転職・求人情報|エン ミドルの転職

法務 転職

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の

法務・知財におすすめ転職エージェント・転職サイト28社比較ランキング

法務 転職

kataxからの回答 ご質問の1に対する回答は「実務経験がある人より難易度は格段に高いが全く無理ではない」で、2に対する回答は「経理で言うところの簿記2級みたいな感じ」です。 ただ、当然のことながら、新卒ガチャで法務に配属された方以外は、どこかのタイミングで必ず実務経験なしから法務に転職しているので、 未経験だから無理、ということでは全くありません。 先日、2020年1月にtwitterでとったアンケートでも、実に半数以上の方が法務未経験の状態で法務職についているという結果が出ました。 では、未経験・資格なしの状態から法務職に就くために具体的にどうすればよいのかですが、まず最初にやるべきなのは、「未経験・資格なし」というマイナスをひっくり返せる要素(武器)として、何をもっているのか、またはマイナスを強化する要素(弱点)として何を抱えているのかを把握することです。 これにより、ご自身の人材としての魅力を見える化し、客観的に測定することが可能になります。 記載いただいた要素を私基準の一般論で評価すると、 こんな感じです。 現職総務:総務の業務内容による。 株式実務などやっているならプラス。 そういう要素がなければプラマイなし• 29歳:マイナス 未経験からのチャレンジをするには29歳は遅め• 法学部卒業:微プラス なお、ご質問に書かれていない要素で、例えば「出身大学がいわゆる難関大学」とかだと、特にポテンシャルが重視される若いうちは有利な要素になってくれることがあります。 また、上記で総務の職歴について、「株式実務などやっているならプラス。 そういう要素がなければプラマイなし」と書きましたが、これはあくまで一般論です。 例えば、「総務がほしいんだけど、その人についでに法務的な動きもしてほしい」みたいなニーズの求人は存在します(経理+法務のほうがずっと多いけど)し、そういう会社では、総務の経験は非常に強い武器になります。 武器を考える上で大切なのは、一般論ではありません。 戦場ごとに役に立つ武器は変わります。 質問者さんが最も戦闘力を発揮できる(ように採用企業から見える)戦場で、雇用主を探せば道は開けるのではないかと思います。 伝聞なので想像でしか無いのですが、エージェントさんの「ビジネス法務実務検定を取ってアピールするしか無い」というフィードバックは、実のところ「法務としての武器が今のところ見当たらない」または「私の見積もりでは成約させるのが難しそうなので、お引取りください」みたいなのが本心であって、ビジ法を取ったからといって案件をどんどん紹介してくれるようになるわけではないんじゃないかな、と感じました。 チャネルの選択 ご自身の人材としての魅力を把握できたあとにやるべきことは、チャネルの選択です。 質問者さんはエージェントの門を叩いた結果つれない対応をされてしまったそうですが、じつは、これは人材エージェントの構造を踏まえるとさほど不思議なことではありません。 エージェントは、武器を持たない人材にとってはあまり効果的なチャネルとは言えないのです。 まずエージェント側の立場からすると、上記のように未経験・無資格という明確なマイナスを抱えながら、それをひっくり返す武器を持たない以上、(残酷な言い方になってしまいますが)質問者さんは紹介しづらい人材です。 エージェントは良い人材を紹介することで紹介先企業から信頼を獲得し、逆に採用意欲がわかない人材を紹介すると信頼を損ないます。 エージェントにとって紹介先企業からの信頼はビジネスの命綱なので、それを傷つけるわけには行きません。 もっとも、転職市場全般について情報をもらったり、職務経歴書に対するアドバイスを受けたり、非公開求人にアクセスしたりする必要はあるので、実際に採用につながらない可能性が高いとしても、エージェントへの登録は必ずすべきです。 これといった武器を持たない場合には、質問者さんのようにエージェントから「紹介できない」と言われてしまう可能性も低くないですが、もしそういうエージェントにあたってしまっても気にせず他のエージェントをあたりましょう。 エージェントは、人によってやる気(がでる対象)や得意な領域がかなり異なるため、自分を魅力のある人材と捉えてくれないエージェントと付き合い続けるのは得策ではないのです。 なお、傾向としては、明確な武器を持たない段階では、たくさんの紹介案件を持っている大手のエージェント(リクルートエージェントなど)に登録するのがおすすめです。 このように質問者さんの現状はあまりエージェント向きではないとして、では向いたチャネルは何かというと、これはシンプルに採用時に成功報酬が発生しないリクナビネクストなどの転職サイトやコーポレートサイトの採用ページです。 なお、コーポレートサイトの採用ページについては、のように情報を収集してくれるサービスがあるのでどんどん活用しましょう。 エージェントのように推薦を伴わないので、エージェント経由のエントリーよりも書類選考の通過率は落ちてしまいますが、気にせず少しでも興味のある会社にはどんどんエントリーしてください。 まずは、法務の職歴を獲得することを最優先にしましょう。 ビジネス法務実務検定2級はどのくらい評価されるか ビジネス実務法務検定は、問題の質も範囲もちょうどよい検定試験であり、幅広い知識を効率的に習得するためには非常に良いツールです。 しかし、残念ながら、一般的にはそれを持っていることで一定の実務能力を有しているとみなされることはあまりないというのが実感です。 「実務の前提になる基礎知識は持っているよね」という感じに近いでしょうか。 その意味で、経理にとっての簿記2級に近いと思います。 未経験からの転職において、それだけで採否が左右される要素ではありませんが、書面通過率の向上には間違いなく寄与すると思います。 (前述の難関大学卒業、みたいな効果を得られることが期待できます) なお、一般民事前提の法務の採否にダイレクトに影響する資格は、弁護士くらい(知財だともちろん弁理士も)だと思います。 若手であれば、法科大学院卒業、予備試験合格なども2020年時点ではポジティブに評価する会社が多いと思います。 最後になりましたが、転職活動がんばってください! 質問受け付けています 法務の転職についてお悩みの方へ。 マシュマロから匿名でご質問頂けますので、お気軽にご利用ください。

次の

法務への転職は難しくない!転職事情や求められるスキル、転職方法を紹介

法務 転職

ページコンテンツ• 法務の仕事内容・年収・将来性は? 企業活動を法的にサポート 法務は 企業の活動全般に関する法的な処理をおこなう部署です。 トラブルを未然に防ぎ、起こってしまった問題の解決を目指して業務をすすめます。 法務の仕事は 企業が扱っている商品やサービスによって仕事内容が大きく変わるという特徴があります。 ・ 取引契約締結・契約書管理・・・新規の取引を結ぶ際に契約書を作成し管理する ・ コンプライアンス業務・・・コンプライアンスに関する規則を作り社内教育をする ・ 紛争対応・・・弁護士を雇用し連携して紛争の解決を目指す ・ 株主総会対応・・・(株式会社のみ)株主総会の運営を行う 管理部門の中では高収入 企業内での法務職についている人の 平均年収は約500万円~600万円です。 弁護士や司法書士、行政書士といった国家資格を持っている人はさらに年収があがります。 法務は 管理部門の中で比較的高収入を得られる仕事です。 デスクワーク中心で土日休み 法務の働き方はどの企業でも日勤の時間帯で働くのが一般的です。 社内でのデスクワークが中心となり、身体的負担が大きい仕事ではありません。 比較的 定時で帰りやすい仕事ですが、新規の取引先と契約を結ぶときや、紛争が持ち上がってしまった場合は残業が続くこともあります。 法務の人材の需要は拡大中 法務部を新設する企業が増えている コンプライアンス意識の高まりや企業の海外進出の増加の影響で、 企業の法務部の人材を強化する流れが続いています。 いままで法務部を置いていなかった中小企業やベンチャー企業でも法務専門部署を立ち上げる会社が増加中です。 今後は総務部や人事部のようにどの企業にも不可欠な存在となり、 一定の求人が見込める職種として定着しそうな職種です。 中途採用の求人も増える見込み 今のところ 法務の求人を出しているのは大手企業が中心で、福利厚生が整い高い水準の収入が確保されている傾向がみられます。 今後は中小企業やベンチャー企業でも法務の経験者の中途採用をおこなう企業が増える見込みです。 ステップアップが見えやすい法務のキャリアパス 法務スタッフからスタート 法務の仕事に未経験で働き始めると、まず 法務スタッフとして 簡単な契約書の作成をおこないます。 テンプレートに基づいて契約書作成や締結の補助を担当します。 スタッフとして一定の経験を積むと、今度は事業部門と一緒に取引先に同行し、 契約交渉をおこないます。 紛争や訴訟が発生すると企業弁護士とともに 問題処理を担当することもあります。 法務部長や役員職に昇進 順調にキャリアを積んで 法務部長に昇進すると、企業の代表として 紛争処理にあたり、重要課題について経営者や役員にアドバイスを行います。 法務の管理職が経営役員に着任するケースもあります。 転職市場は実務重視 得意分野を磨きキャリアアップ 法務は専門的な知識とスキルが要求される仕事です。 一度法務の仕事に就くと、転職の際に経験者とみなされ即戦力として採用されやすくなります。 法務の仕事は多岐に渡りますのでM&A業務や株主総会のとりまとめなど実績を積んでおき、 得意分野を持つことで自分の市場価値をあげることができます。 ミドル層でも転職しやすい 経験が重視されるため、他の仕事では転職が厳しくなる ミドル層以降でも転職がしやすいのが特徴です。 未経験者は法務アシスタントから 転職市場では 圧倒的に経験者が優遇されることが多いので、法務の仕事が未経験の場合、まず 法務スタッフやアシスタントのポストの求人を見つけて応募するのがおすすめです。 経験を積みできるだけ早いタイミングで自分の目的とする企業に転職することでキャリアアップがのぞめます。 未経験から法務に転職するのに求められるものは? コミュニケーション能力 法務の仕事は 社内の他部署と連携して進めていくことがほとんどです。 社外の弁護士とのやり取りの窓口となり、紛争の相手に連絡を取ることもあります。 仕事をスムーズに運び、問題を早期解決に導くために法務では高い コミュニケーションスキルが要求されます。 語学力 企業によっては、 英語や中国語などの語学力を法務社員に求めるところもあります。 その場合は法的なやりとりが可能な ビジネスレベル以上の高いスキルが必要なことがほとんどです。 グローバル化やM&A対応のため語学力が求められる法務職はますます増える見込みです。 文書作成能力 法務は契約書や社内文書・法務文書をはじめ、 ビジネス文書を作成する機会が多い仕事です。 難しい 法律用語を正しく理解し使う能力、 論理的で分かりやすい文章を作成する能力が求められます。 役に立つのはビジネス法務関連の資格 法務に転職するために 絶対に必要な資格は特にありません。 ですが未経験から法務に転職する場合は、持っておくと有利になる資格があります。 ・ビジネス実務法務検定試験・・・ビジネスで必要な法律の知識を学ぶ ・法学検定試験・・・法学に関する学力を客観的に評価する試験 ・ビジネスコンプライアンス検定・・・ビジネスで必要なコンプライアンス知識を学ぶ 実務経験がない場合は法的素養をアピール 法務の仕事では 法律の理解が不可欠になります。 転職市場では 実務経験が最重要視されますが、未経験者の場合は全く法律に触れたことのない人より、 大学の法学部卒や法科大学院修了生の方がやや有利になります。 未経験から法務に転職、失敗しない転職先の選び方 選んではいけない求人の見分け方 紛争が絶えないブラック企業 日常的に従業員を長時間働かせている企業は、 紛争や訴訟が多く問題も長期化しています。 必然的に 法務社員の業務量とストレスが多くなりますので、いわゆるブラック企業は避けましょう。 引継ぎなしのワンオペ法務 また法務の社員の数は社内で限られており、好待遇に魅かれて転職すると、社内に仕事を教えてもらう人がおらず後から大変な苦労を負うことになります。 法務部の人員層の厚さや引継ぎの有無を応募前に確認することが必要です。 おすすめの法務求人とは 法務の人材を育てる企業 法務の求人の多くが経験者を歓迎するものですが、 第二新卒など若い転職者を法務専門の社員をして育てる大企業の求人もあります。 法務の仕事は法律だけでなく 扱う商品の知識も問われるので、今いる業界の大手企業の法務部の募集がないかチェックしてみましょう。 未経験OKかつ条件の良い法務の求人を見つける方法 未経験から自力で求人を見つけるのは難しい 法務をはじめとする 管理部門の仕事はもともと求人数自体が少ないため、ハローワークや転職サイトから未経験から条件のいい求人を見つけられる可能性は低めです。 転職エージェントの非公開求人が狙い目 転職エージェントに登録すると、非公開求人の中から応募可能な法務の求人を紹介してもらうことができます。 キャリアコンサルタントに求人を探してもらうことで、職探しにかかる時間を短縮でき、未経験からの転職も効率良く進めていくことができます。 転職エージェントを利用するとコンサルタントから職場の雰囲気など気になる転職先の内部情報を聞くことができるので、転職後のミスマッチがおこりにくくなります。 リクルートエージェント リクルートエージェントは非公開求人を約20万件以上抱える、国内最大の総合型転職エージェントです。 法務やコンプライアンスの転職実績も豊富で、非公開求人の中には条件の良い大手企業や優良企業が多数含まれています。 専任のキャリアアドバイザーが求人紹介から面接日時設定、条件交渉などを転職者に代わって行ってくれるので、はじめての転職でもスムーズに進めることができます。 応募先に沿った応募書類の添削や面接サポートなど充実したフォローが充実しているので、未経験を含む幅広いキャリアの転職者から支持されています。 拠点も 全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。 法務・知財の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト28社を比較してランキング形式で紹介しています。 法務として年収アップ転職したい人、法務から異業種転職したい人、未経験で法務に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ 法務の仕事は専門性が高く高収入が見込める職種で、法務職の求人も増えています。 転職市場では経験者が優遇されますが、未経験から法務職を目指す場合は、 ・ コミュニケーション能力 ・ 語学力 ・ 文章作成能力 をアピール ・ ビジネス実務法務検定試験 ・ 法学検定試験 ・ ビジネスコンプライアンス検定 の取得 ・法学部卒など法律に関する基本的な理解のアピール が有効です。 未経験から法務を目指す場合、 おすすめの求人は 法務人材を若手から育てる企業です。 非公開求人に法務の求人が多い転職エージェントを活用し、未経験から法務職の転職を成功させましょう。

次の