内房線 遅延。 最も遅延率が高かった路線は?~首都圏11事業者遅延証明書の発行状況

JR内房線の混雑はどのくらい!? 満員になりやすい時とは?

内房線 遅延

出典:www. youtube. 立っている乗客のほとんどは吊り革または手すりにつかまれるくらいの余裕があるが、ドア付近だとそうはいかないかもしれない。 公式のデータがあるわけではないため、正確な数値はわからない。 とはいえ、感覚的には120%位の乗車率だと考えてよいだろう。 車内ではスマホの操作は可能になるだろう。 平常運転の時ならドア付近でも隣りの人と接するほどにはならない。 ただし、荷物が隣の人と接するほどの混雑にはなることがよくある。 午前8時頃の蘇我駅到着列車では、特に圧迫感をやや感じるほどのレベルには達する。 朝ラッシュのピークは7~8時半 7:00~8:30までの時間帯が朝ラッシュのピークである。 総武快速線または京葉線への直通列車では、8:00~8:30頃に東京駅に到着する電車が最も混雑する。 内房線内だと7時台前半の時間帯だ。 一方の千葉止まりの電車だと、もう少し遅い時間帯が最も混雑し、内房線内だと8時台前半の電車がこれに該当する。 乗客の数は、圧倒的に東京駅まで乗り入れる総武快速線または京葉線へ直通する電車が多い。 千葉駅までしか行かない電車だと、そこから先へ向かう場合には乗り換えの必要が出るため、どうしても直通列車が混雑する。 ただし、千葉駅止まりの電車でも6両編成以下の電車だと、車両数が少ないことで混雑が激しい。 輸送力が小さいため、相対的に乗車率が大きくなる。 基本的には外房線と同じ感じになる。 内房線・外房線ともに双方で大きな違いはない。 朝は上りは蘇我駅まではひたすら乗ってくる一方。 参照: 夕方の帰宅ラッシュでは? 一方の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュでは、朝ほど混雑は激しくない。 ピークは18~20時頃までであるが、それでも乗車率は最大でも100%くらいに留まる。 遅延などのダイヤの乱れさえなければ、ドア付近であってもつり革や手すりにつかまれるほどの余裕はある。 新聞が広げられないほどの満員とはならない。 夕方の場合、総武快速線・京葉線からの直通電車の方が空いている傾向にある。 千葉駅始発の場合、車両数が少ない。 4両・6両編成の電車も多いため、乗客の総数は少ないものの、混雑は激しい状態となりやすい。 東京方面からの電車は10~15両編成で運転されているため、輸送力が大きい。 そのため、郊外の区間である内房線の区間では空いている。

次の

最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

内房線 遅延

内野〜白山駅間の下り線で一部列車が運休となっています。 (【元の情報】羽越本線は、大雨の影響で、新発田〜新津駅間の上り線の一部列車に遅れがでています。 運転再開は15時00分頃を見込んでいます。 なお、8月8日に運転を再開する見込みです。 なお、7月23日に運転を再開する見込みです。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、工事期間は2021年2月28日までの予定です。 また、土休日は6番本町線の全列車が運休となります。 また、最終の時間が変更となっています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、バス代行輸送を行います。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、バス代行輸送を行います。

次の

最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

内房線 遅延

そこでJR東日本は電車の遅延をリアルタイムにパッと見て分かりやすいJR東日本列車運行情報アプリを作りました。 このアプリをお持ちのスマホにインストールしておけば現在の運行情報はもちろんのこと、普段利用している路線で遅延が発生した時にプッシュ通知で教えてくれますよ。 JR東日本列車運行情報アプリの画面 JR東日本の各路線の遅延や運行状況が一目で分かります。 JR東日本の公式アプリというところも信頼性があって良いですね。 エリアを絞ればより詳細な情報も どの区間で、どんな理由で遅延が発生しているのかが分かります。 天候不順なときなどは前もって確認しておきたいですね。 通知設定をしておけばより便利に 通知レベルを設定することで遅延が発生したときだけ通知をするか、運転再開や運休など状況が変わったら逐一通知するかを設定することができます。 土日で電車に乗らない日なんかは通知が来ないように設定しておくこともできます。 google. jreast. google. jreast. 「電車遅延なう」というサイトでTwitterのリアルタイム遅延情報を見ることができます。 各路線ごとに検索できるようになっています。 基本的には個人のつぶやきを集めたものになっているので、状況を知ると共に人それぞれの遅延に対する感情も垣間見れるところが公式運行情報とは違うところですね。

次の