新型 コロナ 茨城。 新型コロナウイルス感染症関連情報(教育関係)

【茨城新聞】《新型コロナ》茨城、3例目は阿見の50代男性で重症 タイから帰国、高熱 2例目男性はつくばの学生

新型 コロナ 茨城

3月17日の初確認以降、感染者は一気に増え、15日現在、計119人に上る。 うち5人が死亡した。 当初は病院や福祉施設でのクラスター 感染者の集団 が中心だったが、4月以降、首都圏からの帰省者や都内在勤者などを発端とする感染が徐々に広がり、感染が確認された県内自治体は千葉県計上分も含め半数の22市町に及ぶ。 大井川和彦知事は全県に不要不急の外出自粛などを要請するが、感染経路不明の事案もあり、当面、感染抑止は見通せない状況だ。 県が既にクラスターが解消したとみている筑波記念病院 同 の関連を合わせると、感染者数は県内全体の約半数を占める。 同センターでは、入院患者2人の感染確認を受けて3月28日に「院内感染の可能性が高い」と発表して以降、医療従事者や入院患者、濃厚接触者に感染が広がった。 半数以上が入院患者で全員が3階西病棟に入院。 PCR検査で一度は陰性だったが後に陽性結果が出た事例もある。 千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で発生した集団感染で陽性となった人が通所していたハミングハウスでは利用者や施設職員、家族らの間で感染が広がり、アレーテル・つくばでも入所者と施設職員の感染が相次いだ。 3施設では今なお濃厚接触者などの調査、PCR検査は続いており、県疾病対策課は「先の見通しはつかない」と説明。 新たなクラスターとなる可能性のある事例も次々と出ている。 家族や同僚への二次感染もじわじわと広がりつつある。 感染経路とともに不安視されているのが、感染者が確認された地域の広がりだ。 県がこれまで「感染拡大要注意市町村」としていた県南西地域など10市町に加え、4月以降、水戸市や筑西市、日立市、鹿嶋市などでも感染が確認された。 このため大井川知事は13日、県内全域の外出自粛要請や県立学校の一斉休校のほか、帰省による感染持ち込みを防ぐため、都内などに住む家族への帰省の呼び掛け自粛などを要請した。 発令後、対象の東京都や千葉、埼玉、神奈川各県から本県を訪れる人が増えたとみられ、県内の商業施設や遊興施設、観光地などに他都県ナンバーの車両が目立つようになった。 元から県境を挟んで隣接自治体と生活圏を同じくする地域が多い上に、常磐線やつくばエクスプレス TX 、常磐自動車道、圏央道など交通インフラが整っているのも、県外からの流入を加速しているとみられる。 県は、今のところ「市中感染があるとは認識していない」との見方だが、海外渡航者や陽性患者の濃厚接触者以外の、感染経路不明の事案も出始めている。 大井川知事は「緊急事態宣言により、対象地域から外 の地域 に出る新しい人の流れが生まれている。 現在の足元の感染状況はコントロールできているが、今後の2週間がどうなるか」と警戒を強めている。 三次豪.

次の

新型コロナウイルス対策 共産党茨城県委員会と党議員団が県に第4次要請

新型 コロナ 茨城

県内で感染者の死者は5人目。 また県と水戸市によると、同日、感染が新たに確認されたのは12人で、県内の感染確認は計103人となった。 12人のうち5人は、クラスター 感染者の集団 が発生したJAとりで総合医療センター 取手市 と障害福祉サービス事業所「ハミングハウス」 神栖市 の関連。 3月17日に県内1人目の感染者が確認されてから1カ月を待たずに、感染者数が100人の大台を超えた。 県内で30代の感染者が亡くなるのは初めて。 80代女性を含め、県は遺族の意向により既往症の有無、病状の詳細などを明らかにしていない。 これまでの死者は、70代の男女2人と90代男性1人の計3人だった。 11日の会見で、県保健福祉部の吉添裕明次長は「若い人は 症状が 軽いと言われているが、このようなケースもある。 われわれも慎重に対処していく必要がある」と述べた。 同センター関連の新たな感染は入院患者の無職男性2人で、取手市の80代と龍ケ崎市の90代。 これで計19人となった。 半数以上が入院患者で、全員3階西病棟に入院していた。 ハミングハウス関連の感染は新たに3人判明した。 うち2人は神栖市の20代と50代の会社員女性で、既に感染が確認されている利用者のきょうだいと母親。 同施設職員で千葉県の30代男性も陽性で、関連の感染者は計17人となった。 境町所在の会社では、勤務する30代男性2人と20代女性1人の計3人の感染が判明した。 いずれも同町居住で、10日に感染が確認された栃木県内から通勤する20代女性の同僚。 このほか、つくばみらい市の40代会社員男性と、龍ケ崎市の50代会社員女性が感染。 男性は都内で、女性は千葉県内で陽性判明者との接触があった。 水戸市は11日、10日に感染が判明した市消防本部の消防士の20代の妻と、未就学女児の娘がPCR検査の結果、陽性だったと発表した。 ほかの家族1人と、同僚の市消防職員15人は陰性だった。 11日に感染が判明した計12人は全員軽症。 同日、JAとりで総合医療センターの感染した入院患者の娘で、つくばみらい市の40代無職女性が退院した。 県内の感染確認103人のうち最初の感染確認は3月17日で、以降、同センターと同事業所、介護老人保健施設「アレーテル・つくば」 つくば市 でのクラスター発生が、感染者数を短期間に押し上げている。 PCR検査の結果、一度は陰性だったが後に陽性結果が出た事例もある。 都内からの帰省者やその家族、都内などを行き来した人の感染確認も多くを占めている。 吉添次長は「本日も10人 水戸市を除く 確認され、増加傾向にあると認識しているが、濃厚接触者以外の方も別のところで陽性の方と接触しており、感染経路が分かっている。 市中感染はまだないと認識している」と話した。

次の

【茨城新聞】茨城県内企業 売り上げ減67.8% 4月前年比 新型コロナ影響7割

新型 コロナ 茨城

認定のための様式や詳細については各市町村にお問い合わせください。 3% 3年超5年以内:年1. 4% 5年超7年以内:年1. 5% 7年超10年以内:年1. 6% 3年以内:年1. 3% 3年超5年以内:年1. 4% 5年超7年以内:年1. 5% 7年超10年以内:年1. 85% 0. 70%又は0. 2%上乗せすることにより経営者保証を免除することができます。 認定のための様式や詳細については各市町村にお問い合わせください。

次の