サトシ 優勝。 『ポケモン』サトシ、22年越し悲願のリーグ初優勝 松本梨香「努力は報われる」

サトシの現在【ポケモン/画像】年齢,優勝手持ち,今いくつ

サトシ 優勝

人気アニメ『ポケットモンスター』シリーズの主人公・サトシが、15日に放送された『ポケットモンスター サン&ムーン』の第139話「誕生!アローラの覇者!!」(毎週日曜 後6:00)で決勝戦の相手・グラジオを倒し、アローラポケモンリーグ初代王者に輝いた。 サトシは、1997年に始まったアニメシリーズを通して、22年越しとなる悲願のポケモンリーグ初優勝を飾った。 アニメ『ポケットモンスター』が始まったのは1997年。 前作『XY&Z』では、サトシの心とシンクロすることにより圧倒的な力を得る「サトシゲッコウガ」が登場し、ファンの間では「ついに優勝か!?」と期待の声があがっていたが優勝できず、「サトシは優勝しない」「優勝しないから、優勝を目指すために旅を続けている」などと諦めの声も。 予選では151組のポケモンとトレーナーがサバイバルマッチを展開し、勝ち残った16組が決勝トーナメントへ進出して、サトシはライバルのハウ、グズマといった強敵たちと接戦を制して決勝へ駒を進めた。 決勝トーナメントは、これまで何度もバトルを挑むも勝利することができなかったライバル・グラジオ。 サトシはメルメタル、ピカチュウ、ルガルガン(たそがれの姿)、グラジオはシルヴァディ、ゾロアーク、ルガルガン(まよなかの姿)といった各3匹のポケモンを使い熱いバトルを繰り広げた。 ピカチュウは「ピカピカピカー!」と全力で立ち向かい、お互いのルガルガン対決では一歩も譲らない攻撃のラッシュで、決勝戦に相応しいバトルを展開した。 そして「死闘を制しアローラポケモンリーグ初代チャンピオンの座に輝いたのはサトシ選手だ〜!」という実況席の言葉で盛り上がる会場の中、サトシは「…俺、勝ったのか…?」と呆然としている様子で優勝を実感できずにいたが、グラジオから「おめでとう、チャンピオン」と祝福されてようやく理解し、そのあとに仲間のピカチュウ、ルガルガンたちと喜んだ。 その姿に仲間のリーリエやマオ、スイレン、マサラタウンから応援に駆け付けたオーキド博士、そして母であるハナコから「…おめでとう、サトシ」と祝福されていた。 サトシの初優勝にネット上では「サトシ 優勝キター!」「サトシ優勝か!アニポケの常識覆る」「サトシが優勝した…泣いちゃう…泣いちゃった…」「夢を叶えたんだね。 サトシ、本当におめでとう!かっこいいよ」などと祝福する声が多く上がり、ツイッターでトレンド入りしている。 また、今回の初優勝についてORICON NEWSの取材に応じたサトシ役のは「今回の初優勝はとても意味があることだと思います。 今まで仲間たちとともに努力していたのに優勝ができず、『努力しても報われない』といった部分もあったと思います。 20年以上優勝できずにいたこともあり、『今回も優勝しないよね〜』と勝手に最初から予想した方も居たはず。 その中で優勝したことは、努力は報われることが証明できたので良かった」と語った。

次の

海外の反応 サトシがポケモンリーグで優勝 「22年間も夢を追うことができるか?」

サトシ 優勝

の放送開始以来、実に20年以上の長きにわたりを務める。 においては、の、のを繋ぎ合わせたが有名である。 また、氏がと呼ばれるように、を務める氏が登場すると、サトシというが溢れることがある。 もともと(6kg)を然と肩に置く、高所から落下した(kg)を受け止めるなど10歳とは思えない体の持ちであったが、最近では10万やーを受けても割と気でいるといったように人ぶりに拍がかかっている。 版のでは「 K」(ケチュム)という。 名は「(Ji-Woo)」。 で「ピカピ」。 主な戦績• 大会16• (名誉)• ガネ大会8• うずまき (2回戦進出)• 大会8• 制覇 (補)• 大会4(実質準)• ヒ大会8• レ大会準• よく「何年間もやっててなれない男の人って・・・」と言われがち。 確かにの教訓を忘れているような描写が時々見られるものの、その戦績は実はかなりのものであり、 ではとなりの内定をしている。 での最高成績はの。 に渡った際には「実者」として迎えられ、でもときたま「有」として話しかけられるがあった。 また、「」という言葉自体が「どのような事を意味するのか」がであった。 しかしの『』で「サトシの考えるとは何か?」はられている。 カロスリーグ決勝進出 時は流れ、「」のにおいて、遂に決勝に進出し、今までの記録を塗り替える。 論のは高く、急成長を遂げ一度はサトシを打ち破ったという確かな実者を破っての決勝進出、そして決勝の相手は「」のであり幾度となくその強さを見せつけてきた。 ここでを決めれば文句なしの状況であり、サトシ自体も柔軟で的確な戦術が高評価を受けているが・・・ 結果はとの接戦の末惜敗。 準となった。 アローラリーグ優勝 前代未聞の「サトシはをせずに通う」になった。 更に正式にに入れる形で準のべをするなどこれまでになく級の一時所有と離脱が立つ。 そんな矢先、突如の加入という事態が発生。 遂にがサトシの手持ちに正式加入した。 は準決勝後ににする。 決勝戦では初手を選抜。 対するは作中敗のを選抜。 ははしたもののアーで深刻なをに与えた。 二番手のがを撃破。 から受けたは甚大であったようでこれまで敗のを打ち破った。 その後もはの応酬で相討ちの形でも撃破。 最後は対決となった。 両者一歩も引かない攻防の中、接近戦でサトシのがのにを直撃させられる。 「またしてもサトシはは出来ないのか?」と思われた矢先に「を!」 のを打ち破り遂にとなった。 が始まって年の出来事であった。 放送直後からサトシのはのトドを飾り、となった。 今回は決勝戦がに加え、ではサトシが特殊なを初めて発見した重個体の(たそがれのすがた)に加え、のまで選抜。 まさにこれまでにいでのとなった。 その後、表式にしたとの戦いの最中にべがにして手持ちに復帰。 これにより遂にでの6匹がい、こと、との66のエキシビションに挑むことへなった。 関連動画 関連項目•

次の

サトシの現在【ポケモン/画像】年齢,優勝手持ち,今いくつ

サトシ 優勝

概要 名前の由来はポケモンの生みの親から。 この名前自体は、赤における主人公、及び緑におけるライバルの名前候補の一つとして、最初期からゲームに登場している。 英語圏などでの名前は Ashだが、これはローマ字表記の S ato shiからつくられた名前である。 XY編の回想シーンに登場した幼少期のサトシの声は松本梨香が担当していたが、新無印編では武田華が担当。 人物 ポケモンマスターを目指して、ら仲間と共に色んな地方を冒険している。 正義感が強く熱い心の持ち主だが、やや調子に乗りやすい性格。 気合を入れるときは、帽子を後ろ向きにする。 超人のような運動神経と怪力を持つ。 そのためネット上ではと並んで「スーパーマサラ人」というスラングがある。 テレ東系列放送「おはスタ」2016年2月4日放送分でも、アニポケ20周年特集の一環としてサトシの超人ぶりがピックアップされた。 ただし、踊りに関しては苦手な模様。 SM編以降は、これまでのシリーズよりも身体能力を発揮するシーンが減り、たまにあってもこれまでのシリーズ程ではないような描写が多いが、あくまでもこれまでのシリーズよりは控えめに描かれてるだけで、今も運動神経は悪いということではない模様。 無印初期の頃はなどの目上の人物に対してタメ口で話したり挑発をするなど失礼な言動をとっていたが、オレンジ諸島編でに負け、トレーナーとして大切な事を教わってからは敬語を使い、厳しい指摘も素直に受け入れるなど礼儀を心得るようになる。 上記の性格なのでよく異性 ポケモンも含む に好意を抱かれる。 例を挙げると・・・・・など。 だが、大概の場合は何も気付かずに終わる。 この傾向は各シリーズのヒロインに対しても同様で、たまに喧嘩こそあれど、恋愛感情は持たない仲の良い友人的なポジションに落ち着くケースが多い ただしヒロイン達も、恋愛的な目でサトシを見ていないケースが殆どではある。 唯一の例外はで、明確にサトシを意識しており、サトシ側も最終話でその気持ちを知った。 初期の頃はシリーズ途中に見られたような完全な無知ではなく、多少は理解していると見られるシーンも存在し、BW編の終盤頃からは色恋沙汰で本来の実力を失っているの状況を理解した上での行動を取りもするため、概念に対する理解度は、シリーズによってまちまちと思われる。 SM編ではそのような絡みが全くなかったため、どの位理解しているのかは不明。 このような事から、一時期以外は他人事であれば多少は理解があると言えるが、自身のそれには例外なく疎く、XY編におけるセレナとのやりとりの中には、鈍感さでセレナを知らずのうちに振り回すことも多かった。 とはいえ、他のヒロインと比較すると、気を使って接しているシーンもそれなりに多く、無意識のうちに喜ばせていた場面もある。 」と言う。 と何かと縁があり、何度も遭遇している。 それ以外でも、各地で何かと伝説のポケモンと出くわす機会は多い。 また、何故かがと同じで、ほんの僅かながら波導を操る才能があった。 を旅立ち、その後、、、、、 カントー地方 、、、、白の遺跡、、の順に旅をして、のに通った後、現在はサクラギ研究所のリサーチフェローをしている。 一人称は「オレ」。 という母親がいる。 また、小説やのハナコの台詞によると父親と祖父もいるらしいが詳細は不明。 XY編ではのに対し、「 科学の力ってすげー! 」と感心することも。 これはゲームの主人公の出発地のNPCでもお馴染みの台詞である。 物語開始当初は、同時期に旅に出た4人の中で最劣等生的な扱いであり、作中のモブキャラが、先に会ったマサラタウン出身の3人 同時期に旅に出た面々 はもっと強かった旨を述べていたり、カスミからは、バッジをお情けで貰ったと揶揄されるなど、そもそもトレーナーとして弱小の部類にいるような描写だった。 しかし旅を通し、相手の戦略次第で戦況が大きく振り回されたりする描写が減り、人の使っていた戦術を取り入れて戦略の幅を広げる等成長している。 AG編以降は第三者からの評価も高く、時には四天王やチャンピオン等からも優秀なトレーナーとして認められるケースが増えた。 そればかりか、SM編ではリーグ優勝を果たすなど、物語開始当初と比較して、相当の成長をしていることが伺える。 ただしXY編のポケモンリーグでは準優勝しており、周囲からの評価もそれに恥じぬものではあったが、手持ちポケモンのタイプは、過去最も偏ってバランスが悪い ドラゴンとひこうに集中気味だった など、完璧なわけではない。 バトルスタイル 基本的に勢いで攻めるタイプ。 全編通して相手のポケモンの特徴や技、フィールドを最大限に利用して戦う。 また、誰も思い付かないようなことを瞬時に考え実行する柔軟な戦法を使う事も多い。 だが、タイプ相性を考えずにポケモンを出したり くさタイプのにみずタイプのを出すなど 、何度も痛い目にあっている技や特性を忘れたり やなど ポケモンの知識はあまり安定してない。 また、相手がやなどの防御系の技を使うポケモンとの対戦では相性が悪い(近年、そういった傾向は薄れつつある)。 自身が扱う場合は、スピードのあるポケモンの扱いを得意とする反面、遅いパワータイプのポケモンの扱いが苦手なのか、そのようなポケモンでの戦績があまり良くない傾向がある ただし例外もある。 DP編でのバトルを観戦してからは、ポケモンを頻繁に交代するなど、相手のバトルスタイルを吸収し自分の戦略の幅を広げており、XY編においてもが使ったリズム戦法を取り入れようと努力するなどの一面が見られる。 ただしリズム戦法は、先述の通り踊りが苦手な為、教わった通りに体得することは出来なかった。 ユニフォーム サトシが着ているユニフォームは、シリーズが変わるごとによって変更されている。 ポケモン サトシはをポケモンに任せており、無理にさせようとはせず、たびたびライバルからもそのことを指摘される。 各シリーズで必ず、の各タイプのポケモンをゲットしている。 はBW編まではその地方のくさタイプの御三家をゲットしていた。 のように初期に言うことを聞かなかったものもいるが、どのポケモンも基本的にサトシによく懐いており、愛情表現で彼に攻撃することもよくある。 ゲットされたほのおタイプのポケモンの内リザードンとゴウカザルとチャオブーは、全て他のトレーナーに弱いからと見捨てられたポケモンであるという共通点がある。 のポケモンとは対照的に、オスの割合が圧倒的にが多く、メスは少ない(ただし性別はゲットしてから分かることがほとんどで、サトシ自身が性別を考えてゲットすることはほぼ皆無である)。 無印では出会ったポケモンを見つけるとすぐにゲットしようとする描写も見られた。 シリーズが新しくなるごとに、ピカチュウ以外の全ての手持ちポケモンをオーキド研究所 SM編では に預けて旅立っている。 アドバンスジェネレーション時代は、初心に帰りカメックス(最初のパートナー)1匹で新たにやり直すに影響されての事ではあるが、それ以降のシリーズにおけるこの理由は明らかにされていない。 BW編では7匹以上ゲットしているが、カントー編とは異なり捕まえてすぐにオーキド研究所へ送られる形ではなくモンスターボールが反応しなくなる(ボタンが赤く点灯する)形になっている。 そのため7匹目以上はに預けており、話によって手持ちと交代している。 サトシがカントーに戻るに当たってアララギ研究所にいるポケモンは全てオーキド研究所へ送られ、そこからまた手持ちの交換をしていた。 バリヤードは『ポケモンだいすきクラブ』の「サトシのポケモン チェックだぜ!! 」では、サトシのポケモンとして扱われており、実際に新無印編ではバトルで使用している。 新無印編でゴーストタイプのゲンガーをゲットしたことにより全18タイプのゲットを完了した。 手持ちポケモン 時点。 ()-• オーキド研究所のポケモン カントー・オレンジ・ジョウト編• - -• - AG編• - -• - DP編• - -• - -• - -• BW編• - -• - -• ()- - XY編• - -• - ククイ博士宅にいるポケモン• - (たそがれのすがた)• - -• - サクラギ研究所のポケモン• 離脱したポケモン• - -• () -• - -• - - 交換した、一時的に預かっていた等• - ポケモン検定試験• ポケモンサマースクール• のポケモン 手持ち: - - - オーキド研究所: - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ククイ博士宅: - - - サクラギ研究所: 離脱: - - - - - 一時的: - - - - - - - 戦績• :ベスト16(に敗れる)• :名誉トレーナー認定• :ベスト8(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :完全制覇(フロンティアブレーン候補)• :ベスト4(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :準優勝(に敗れる)• :優勝 そのほかの経歴• の「波導の勇者」に選ばれる• ポケランティス王にとりつかれる。 ・トネリコ大会:優勝 と同時優勝• ・コトブキ大会:二次審査初戦敗退 に敗れる• ヨスガシティ・ポケモンタッグバトル大会:優勝• ミクリカップ(ポケモンコンテスト):ベスト8 に敗れる• :準優勝 に敗れる• :準決勝敗退 に敗れる• :準優勝 に敗れる• ・ビードロカップ:優勝• で行われた、「夏のフェスタ」において水上レースに参加、コース脱落により失格。 カップリング 全て非公式のものである点に注意。 ポケモンカードにおけるサトシ• 「サトシの~」については、参照。 の「名前の登録」で「おまかせ」を選ぶと、「サトシ」となることがある。 小説版のではいじめられっ子であり、ポケモントレーナーになる少し前までは1人でポケモンと遊んでいたとなっている。 ただしではは幼少期にサトシに会っている為、アニメでも同じかは不明。 とはいえセレナは、サマーキャンプのために一時的にカントーに居たに過ぎず、サトシの帰還を出迎えてくれるのも母親とオーキド博士程度で、他の誰からも迎え入れられている描写はないので、同様の設定である可能性は有り得る。 ではシゲルに対抗意識を燃やしていたことはアニメと変わらないが、家でいたずらをしていたピカチュウを捕まえて旅を始めている。 また、シゲルの姉に憧れており、タケシ程ではないが綺麗なお姉さんが好きである。 アニメとは異なりオレンジ諸島では1人で旅をしており、途中からカスミと行動を共にする。 ではおたすけ消しゴムとして登場。 このときはゲームの男主人公に彼の名前が付けられていた。 映03, ミュウツー! 我ハココニ在リ フィリピン語 Klariz Magboo フィンランド語 Sari Moilanen 無印001-無印142, 映01-映04, 短編01-短編07, ミュウツー! - XY編以外の各シリーズで1回ずつ女装させられており、それぞれの概要をまとめてある。 - 無印編で魔法によりピカチュウになってしまった姿。 - AG編でポケランティス王に乗っ取られたときの姿。 - XY編に登場。 本物のサトシに反して気が弱い。 の登場人物 【レギュラー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【レギュラーポケモン】 - - - - - - - - - - - - - - - - 【ライバル】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【博士】 - - - - - - - - - - - 【ロケット団】 - - - - - - - - - - - 【その他秘密結社】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【主要人物】 - - - - - - - - - - - 【ゲスト】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ゲストポケモン】 - - - - - - - - 【家族】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ジムリーダー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【しまキング・しまクイーン】 - - - 【四天王・チャンピオン】 - - - - - - - - - - - - - - - - - 【フロンティアブレーン】 - - - - - - -.

次の