無限 の 住人 しら。 【漫画】「無限の住人」の原作が面白すぎたので大人買いして一気読みしちゃった(ちょっとネタバレあり)

無限の住人

無限 の 住人 しら

こんにちは!女忍者()です 先週末に久しぶりに映画を見てきました。 同行者が選んだのは、木村拓哉さん主演の「 無限の住人」です。 私はラブストーリーが好きなので、普段こういうジャンルは見ません。 前情報も何もなしに見たんのですが、思ったよりも面白かったので感想を書いていこうと思います。 この映画を見た後に、Twitterでなんとなしにつぶやいてみたんです。 大コケとか言われているキムタク主演の映画『無限の住人』見てきた!好きなジャンルじゃないはずなのに、普通に面白かったし退屈する暇がないほど圧倒された。 サムライ、ハラキリ、忍者、と海外の人が好む要素満載で、今度日本のオススメ映画を聞かれたらこの映画を勧めようと思った。 少しだけの登場ですが、金子賢さんも出演していました。 マッチョでムキムキの悪役で存在感がすごかったです。 無限の住人のあらすじ なぞの老人によって、望んでもいないのに不死身の体となった万次(木村拓也)は、100人斬りの異名を持つ剣使。 ある日、少女・凛(杉咲花)と出会い、彼女の復讐のために用心棒として協力することになります。 凛の復習の相手は、剣客集団の天津影久(福士蒼汰)です。 たくさんの相手と激闘を繰り広げる万次のアクションに、目が離せません。 カンヌ映画祭に選出 映画「無限の住人」は、世界3大映画祭の1つである第70回カンヌ国際映画祭「アウト オブ コンペティション部門」選出されることが決まりました。 カンヌ映画祭の部門や賞構成は、色々とわかれていますが「アウト オブ コンペティション部門」とは、その名の通りコンペティション外の部門で、賞とは無関係の部門です。 過去に「アウト オブ コンペティション」に選出された映画は「マッドマックス」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」など。 エンターテーメント性が高い作品が選ばれる傾向があるようです。 (特別招待作で)5千何百本の中から3~4本のうちの1本に入れたことは、うれしい。 この映画が海外でどう評価されのかが楽しみですね。 映画「無限の住人」はひどい?実際に見た感想 さて、そんな「無限の住人」ですが、Twitterの140文字に収まらなかった感想をネタバレしない程度に書いていきます。 圧倒される殺陣 冒頭から、いきなり迫力のある殺陣シーンが繰り広げられてスクリーンから目が離せませんでした。 この映画全シーンスタントなしでやっているんだそう。 木村拓哉さんや福士蒼汰さんはもちろん凄いのですが、私が特に心奪われたのが、現代版くの一の戸田恵梨香さん!超かっこいいです。 100人斬り、300人斬りなど、殺陣シーンは頻繁にあるので少しグロイです。 血がたくさん飛び散っていました。 ドキドキ・ハラハラするシーンが多くて、退屈することなく映画を見終えることができました。 ちなみに、帰るときはそのシーンを少し思い出して、ビクビクしながら帰りました。 誰かが剣を持って襲い掛かってきたらどうしよう。 映画の世界と現実世界の境目がなくなるぐらい、映画の世界にのめり込んでしまってました。 笑 死ねないことの辛さ 万次は予期せずに不死身の体になったのですが、死ねない辛さがこの作品を通して描かれています。 死にたくなるぐらい痛烈な痛みを感じるのだけど、万次は死ぬことはできません。 いくら斬られても、手が取れても、自分で死のうと思っても死ねないのです。 友達や愛する人はみんな死に、自分だけが生き残る。 もし、私がそんな体になったら何を楽しみに生きていったらいいのだろう。 そんなことをぼんやりと考えます。 死ぬことは、悪いこと。 悲しいこと。 負のイメージを持っていたけど、実際にずっと生き続けるとなるとそ、れはそれで考えものですね。 闘病中の奥様がいる市川海老蔵さんにあのセリフを言わせるのか・・ キムタクファンのすごさを実感 さて冒頭の私のツイート、なぜあんなにもリツイートされたのでしょう。 その理由を説明します。 前評判は最悪だけど・・ 「無限の住人は」4月28日から公開されましたが、公開前から各社マスコミによってネガティブな評論が続きました。 「キムタクの映画」「退屈」「大コケ」「大爆死」こんなワードが並びます。 こんな記事を見ていたら、「見に行きたい」と思う気持ちはなくなるでしょう。 「無限の住人」の第一週の興行成績は、観客動員数が約14万50000人、 興行収入は約1億8,900万円で初登場6位でした。 第二週は、ランクダウンの8位。 第三週は、10位でした。 「無限の住人」と同時期に公開された「名探偵コナン から紅の恋歌」の週末2日間の 動員数が19万人、興行収入は2億4,300万円、初登場1位。 確かに名探偵コナンには負けていますね。 後に「名探偵コナン から紅の恋歌」は2017年邦画興行収入ランキング1位に輝きました。 キムタクファンの戦い 「マスコミのネガティブな評論に騙されないで!自分の目で確かめて。 」 キムタクのファンがTwitterを見て、映画を見た人の感想をリツイートしまくっているのです。 大コケしてるらしいので、SMAPファン以外の方のTLをあえてたくさんリツイさせて頂こうと思っています。 私は原作は知らない。 でもすごくよかったよ? SMAPや木村くんファン以外の方達の感想が何よりの答えです。 そういうもんだよね — ゆずぽん 6262wanwan でも、実際に映画を見た人のTwitterでの感想は、概ね高評価! ジャニーズファン以外の感想を選んで、掲載させていただきます。 33本目 「無限の住人」 tohoシネマズ西新井 面白かったよ〜。 期待通りってとこかな。 戸田恵梨香かっこいい!最高です。 更に好きになりました。 キムタク、思ったより弱くて良かったです。 栗山千明あれだけ?2作目に続く? — 映画好きなオッサン 4i0EqJXITaqK5WM いろいろ前評判もあるだろうけど、なんだかんだ言われてもキムタクすげぇ。 思ったよりちゃんと万次。 強いけど無敵じゃなくて不死なのに泥臭い万次でした。 天津影久もちゃんと天津。 ただ、女性陣はちょっとコスプレ感・・・ — おおみやん ohmiyan2011 『無限の住人』は一切期待してなかったけど、思ったよりは良かった。 72点くらい。 万次だけで300人くらい殺してそうなのに、エンディングに「この映画の制作に際し、動物に危害を加えてきません。 」という文章が流れていて、爆笑してしまった。 人の命は動物より価値が低い。 — かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン wak 映画『無限の住人』。 面白かった。 どっしり重厚なタッチで描かれて、その殺陣も一太刀、一太刀が重く、痛みを感じさせる。 キムタクさんは思ったより、落ち着いた万次だったけど迫力十分。 今作で一番光っていたのは凜役の杉咲花さんの熱演。 — 沙藤昌 埴輪 haniwasato それなのにマスコミによって「大コケ」と称されてた「無限の住人」 マスコミによる情報操作って「無限の住人」に限らずに、ヒドイですよね・・ 「真の声を届けよう。 」と凜を助ける万次のごとく、キムタクファンもマスコミと戦っていることがわかりました。 そーいえば、前テレビでキムタクが言ってた。 この映画のスタッフ全員に、キムタクがオリジナルパーカーをプレゼントして、ボロボロになったパーカーを監督がまだ着てるのを見て嬉しかったって。 みんなで協力して作り上げた映画を大コケとか言ってネガキャンされるの何か悔しいなー。 でも、それが原因で見に行かないのはもったいない! 何事もそうですが周りの意見に左右されるのではなく、実際に目で見て・聞いて・確かめることが重要です。 映画を見てない誰かの評価でなく、自分でこの作品を見て評価してみてください。 カンヌを始め、海外でとても好評だった無限の住人 でも日本のマスコミは絶対にそれ伝えないからね で、無限の住人はあれだけ酷く叩きまくったくせに、無限の住人より興収が下だった映画には何も言わない日本のマスコミ おかしくない? — 麦茶🏄🌊俳優 木村拓哉ファン🌺 almond0409 2018年4月4日 日本のマスコミによる情報操作はひどいです。 でも悲しいのが、それを信じてしまう人がたくさんいるっていうこと。 いいですか?もう一度いいますよ? 周りの意見に左右されるのではなく、実際に目で見て・聞いて・確かめることが重要です。 先入観なく、無限の住人を観てくれる人が増えたらいいなぁー!と思って、今回この記事を書きました。 観るか迷われてる方は、ぜひ観てください。 そして、感想を教えてくれたら嬉しいです! それにしても、こんなにもファンに愛されている木村拓哉さんは、やっぱりすごい人だなぁ〜! おわり.

次の

漫画 無限の住人 第01

無限 の 住人 しら

そんな私が今回記事にするのはやっぱり!? 血どころか 五臓六腑の舞い散る作品、 「無限の住人」です。 2017年に 木村拓哉氏の主演により実写映画化されたことで「無限の住人」を知った方も多いかと思います。 映画化で初めて「無限の住人」という作品の名前を知った方には、• 映画を観て原作に興味を持ったので、原作の内容か知りたい!• 興味はあるけれど観るまでには至らず、まずは原作が面白いかどうか知りたい!• ただ斬り合いするだけなの? 他にどういう魅力があるのかを知りたい! という方も多いのではないかと思います。 また、映画化で興味を持った方だけでなく、 存在は知っていて興味はあったけれど読んだことはなかったという方もいるかと思いますので、そんな方たちのために「無限の住人」の、• 基本情報• あらすじ• おさえておくべき3つのポイント• 4人の主要登場人物• 「無限の住人」を読む上で注目すべき4つの魅力 を、大紹介します! なお、斬り合いが主の漫画ですので作中では 結構エグイ描写もありますので手に取る際は少々ご注意ください(記事内の画像は、これでも控えめにしています(汗)) とはいえ、 その手の描写も魅力の一つであり、オススメ作品であることに変わりはありません! 著者 沙村広明 出版社 講談社 掲載雑誌 月刊アフタヌーン 掲載期間 1993年 — 2013年 単行本巻数 全30巻 ジャンル ネオ時代劇 「無限の住人」は 沙村広明氏により月刊アフタヌーンに20年近くに渡って連載されていた 「ネオ時代劇」です。 なぜ「時代劇」ではなく「ネオ時代劇」と評されているかというと、• 主人公は不老不死• 金髪ミニスカ、グラサン、ハリネズミヘアーなどなどパンクな外見のやつらばかり• 剣士なのに普通の剣で戦うやつが殆どいないほど、多種多様な武器での戦闘 と、登場人物設定、戦い方、描写などが 既存の時代劇から明らかに一線を画していたからです。 そんな「無限の住人」は、• 1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞• 2008年にテレビアニメ化 「無限の住人」 3巻 沙村広明/講談社より 引用 3-3 『無骸流(むがいりゅう)』:反幕府組織である『逸刀流』を撲滅するために作られた暗殺戦闘集団 『逸刀流』を抹殺するために作られた組織です。 その実態は、幕府の新番頭である 吐鉤群(はばき かぎむら)が死罪人達を集めたゴロツキ集団です。 多くの流派を傘下におさめて増大する『逸刀流』の行為を幕府に逆らうものと考え、作り出しました。 『逸刀流』の剣士一人を殺すと一両二分で、 五十両を上納することで無罪放免される代わりに逸刀流狩りをやらされています。 『無骸流』の逸刀流狩り、および幕府の策略により『逸刀流』は窮地に陥ることになります。 バックに幕府がついている『無骸流』 「無限の住人」 6巻 沙村広明/講談社より 引用 「無限の住人」という作品を彩っているのは以下の2点です。 物語 戦闘において、主人公である万次と凛は 「不老不死」であることを最大限に活かして戦闘相手と渡り合います。 また物語は、途中から 『逸刀流』を中心とした物語に変化します。 復讐のため『逸刀流』を追いかける万次と凛、幕府の命で『逸刀流』を追う『無骸流』。 『逸刀流』が何を目指したのか、なぜ『逸刀流』を追い、そして『逸刀流』は追われるのか。 それこそが 物語全体の「肝」なのです。 そして物語の最後は、 万次が「不老不死」だからこその結びを迎えます。 「無限の住人」を読む際は、 ぜひ、説明した3つのポイントを頭に入れてお読みください! 4、正義や悪ではない。 復讐、理想、思いのため、不器用でも自らの手を汚して生を駆け抜ける、四人の主要登場人物を紹介 「無限の住人」には非常に沢山の人物が登場しますが、ここでは 物語の中心にいる四人を紹介します。 4-1 凛の用心棒、不老不死の体を持つ「百人斬り」・万次(まんじ) 本作の主人公です。 凛に用心棒として雇われた 隻眼の剣士です。 元は旗本の腰物同心でしたがお尋ね者となり、追手を百人斬ったことから 「百人斬り」の異名をとるようになります。 宿主が傷を負った際に現れて即座に患部の再生を行う 「血仙蟲」を身体に移植され、 不老不死の肉体を持つようになりました。 額を撃ち抜かれても大丈夫! 「無限の住人」 29巻 沙村広明/講談社より 引用 5、『無限の住人』のココが見どころ!4つの魅力を全力で紹介! それでは無限の住人の魅力を4点、力いっぱい紹介していきます。 5-1 漫画の魅力は絵の魅力!表現、流れ、女性、美しい絵に吸い寄せられる! 無限の住人の一番の魅力は、作者・沙村広明氏により描かれる 「絵」そのものであり、画力の高さです。 単に絵が上手い、画力が高いというだけではありません。 魅せる絵、読む人を惹きつけずにはいられない、 「高い画力」と「センス」 の組み合わさった絵です。 現代漫画家においては唯一にして随一の絵を描く力を持っていると思います。 特筆すべきは、しばしば用いられる 鉛筆画による表現の深さです。 とにかく見ていただきたい 「無限の住人」 14巻 沙村広明/講談社より 引用 「無限の住人」は剣士達の戦いが主です。 命を賭けた迫力のある戦いが繰り広げられ、しかも高い画力で描かれるのですから目を離せません。 そんな剣士達はどいつもこいつも、 見た目も性格もクセが強いやつばかりです。 そして見た目が個性的なら 武器も個性的です。 異形な剣士が、普通の日本刀ではない異様な武器を手に持ち、殺し合います。 どれだけ異形で異質かは、見てもらえば分かります。 女性賛美が行き過ぎ、 自分の妻と凛の母親の生首の剥製を両肩にセッティングしてしまいました! 変態ハゲ入道・黒井鯖人(くろい さばと) 「無限の住人」 26巻 沙村広明/講談社より 引用 こんな、 ファンキーでパンクな剣士達が次々と出てきては、単純な 剣vs剣では到底見ることの出来ない戦いを繰り広げてくれます。 様々な戦いは 異種格闘技戦を想像させ、 どのような戦術を立てるのか、どんな力を見せてくれるのかが楽しみで仕方なくなります! まさに、「ネオ時代劇」と言うにふさわしいのです。 5-3 ドS、スプラッタ、エロティック!特異な描写に目が離せない! 作品の中、 各所で目をひかれるのが、 サディスティック・スプラッタ・エロティックというような 特異な描写です。 光るというか、むしろ滲み出ています。 女性キャラは決して多くはありませんが、女性キャラが時に見せる肌にドキリとさせられます。 特に、 背中側からわき腹とか見える角度が良いと思います。 百琳が見せてくれる横乳とか、 槇絵の見せる太ももとか、 凛や瞳阿が見せてくれる未成熟ながら大人になりかけている柔肌とか、残酷な戦いの中で光ります。 なんというか、 カラダのラインがたまらんです。

次の

映画『無限の住人』の原作やあらすじ、結末のネタバレやキャストは?

無限 の 住人 しら

無限の住人、終わりましたね。 尸良がすごい死に方をしたと知り、漫画読みたくなりましたが、友達に聞いたらグロいからあなたは無理!と言われました。 確かに、人体実験からもう私には無理でした が。 友達いわく、最後、急に良い人になって、逆に万次や凶が悪人のようだったと聞きました。 練造に優しい言葉かけていたと。 (さんざん、虐待してたくせに) それは、本当ですか?なぜそうなったのかいきさつが知りたいです。 そして、私は最後まで尸良には外道でいて欲しかったです。 優しさを見せる尸良なんて見たくない! ボッコボッコにやられて、因果応報だよバーカって、清々したかったのに。 最期、良い人になったら複雑じゃないですか~(泣き) あの正義感と情の深い凛ちゃんと、関わっても、ダメだったんだから、悪を貫けよと思ってしまいました。 補足うわ~、完全にモンスターですね。 確かに良い人ではないですね、でもきっと練造以外の人ならそんなにいろいろ言わなそう。 もしかしたら、練造の事をかわいそうに思ったのかしら。 もしくは今まで世話してくれた礼のつもり?練造は尸良に対して父親みたいな気持ち少し持ってそうだなあ。 尸良と新夜って外道っぷりが似てるし。 何にしても、さんざん女性を陵辱しておいて偉そうな事言うな!と思ったのは私だけでないはず。 万次の不死力を受け継ぎ、全身の痛覚をも失った尸良は、作品中最強レベルの化け物になってしまいました。 頭を割られても死なない、痛みを感じないから斬り合いで万次よりもはるかに優位・・・・奴を倒す為に万次は凶戴斗と目黒の力を借りざるを得ませんでした。 まあ大勢でなぶり殺しには変わりありませんから、万次らが悪人に見えるのも無理は無い。 尸良は最後、不死力と四肢を失って動けなくなり、生きたまま狼の群れに喰われて、無限の住人史上最悪の死に様を晒しました。 喰われる尸良を呆然と見守る練造に対し、放たれた最後の言葉・・・・ 「おめえにあだ討ちは向いてねえよ、おまえじゃあの旦那は殺せねえわ 身内が斬られたってだけで自分が被害者と信じて疑わねえ そのくせ 一番汚ねえ仕事は自分じゃできねえ・・・ そんな性質の悪い人間にはなるなよ!! 知らずに毒に染まる位なら毒をひっかぶって生きろ!! それが出来なきゃ腑抜けとして生きろ!! ああ・・・それと、俺のような人間の言う事は信用するな,・・・・」 練造の自由意志も考えずに凛が彼にかけた優しさも、万次が己の都合を「凛の為」と称し戦う姿も、父の正体を薄々知りながら万次への憎悪に突っ走った練造も・・・ 己に正直な尸良の目からは、欺瞞だらけのお笑い様にしか見えませんでした。 そして、それらを嘲り笑う意図が、最後の台詞には含まれていました。 私にはどう見ても・・・急に良い人になったようには見えません。 最後の最後まで尸良は尸良のままで変わりませんでした。 【補足へ】 練造が尸良に親近感を覚えるなんて有り得ませんね。 尸良が凛に重傷を負わせた時、彼女を助ける為に身の危険を顧みず離反したし。 しかし・・・外道に変わりない万次と尸良が、片方は孤独に死んで片方は仲間に恵まれたのを見て、「そんなの、不公平だろ」と切ない表情をしたのは印象的でした。 尸良に関して言えば・・・最後を看取りに来た唯一の人間である練造にある種の感謝を覚えたのかもしれませんが。 自分が外道である事に誇りを持ち、一切の後悔を抱かなかった分、いさぎよい死に様だったとは思いますよ。 ・・・・ここまで読んでくれたなら、いっその事原作読みませんか?(24巻25巻がそうです。

次の