ダイハツ タフト コンセプト。 ダイハツの新型「タフト」オンライン説明会レポート。チーフエンジニア&デザイナーが解説

スズキ・ハスラーとダイハツTAFT(タフト)コンセプト「内外装とスペックを見比べてみた」ライバル比較:軽自動車クロスオーバーSUV|軽

ダイハツ タフト コンセプト

2020年1月20日に発売されるスズキ・ハスラー(左)と、2020年央の発売が予定されているダイハツTAFTコンセプト。 2019年12月24日(火)に発表され、いよいよ20年1月20日(月)に発売される二代目スズキ・ハスラー。 それに対抗するのが、2020年央に市販化されると見られているダイハツTAFTコンセプトだ。 打倒ハスラーの急先鋒であることは間違いないが、そのキャラクターはかなり異なっている。 ハスラーの発売を直前に控えた今、ひとまず見た目と、現段階でわかっているスペックを比較してみよう。 エクステリア タフト 両者とも「アウトドアテイストを強調したSUVデザイン」ながら、こうして見比べてみると個性の違いが際立つ。 ハスラーは先代よりもボディの絞り込みを抑えることで室内スペースを稼ぎ、ハイト系に肉薄するユーティリティを実現している。 それでいて先代ハスラーのアインデンティティをまったく失っていないのは見事だ。 一方のTAFTコンセプト(以下「タフト」)は、より一層、直線基調でまとめられている。 どことなく愛嬌を感じさせるハスラーに対し、こちらはタフなアウトドアのツールといった風情だ。 フェンダー回りの樹脂パーツも、タフトのほうが無骨なデザインだ。 そのほか、タフトはワイパーの根元まであえて剥き出しとしていたり、前後バンパーの下部の角を切り落とすなどしてタイヤのトレッド面の見える面積を増やすなど、オフローダーらしさを強調する演出がそこかしこに確認できる。 わかりやすく言えば、タフトはハスラーとジムニーの中間的なデザインテイストなのである。 タフト ボディサイズは軽自動車ゆえ、規格ギリギリ。 だから数字だけ並べてもあまり面白くないが……。 ひとまずコンセプトカーであるタフトはまだ一部のスペックしか公開されていないため、わかっている項目に絞ってハスラーのスペックも引っ張り出してみよう。 だが全高はタフトがハスラーよりも50mmも低い。 これは外から見ても明らかで、ウインドウの天地が浅いチョップドルーフのようなスタイルなのだ。 これによって、軽自動車に普遍的に漂いがちな可愛らしさが抑えられ、タフなオフローダーらしさが増している。 天地が抑えられ、直線基調のデザインであることも相まって、離れてみるとハスラーよりもややボディサイズが大きいような錯覚も受ける。 パワートレインに関しては、まだ比較するほどの情報はない。 タフトはターボとFWDであるとされているが、市販化される際には当然ながら自然吸気と4WDもラインナップされるのではないか。

次の

ライバルとは異なる「ダイハツらしさを」新型SUV「タフトコンセプト」デザイナーインタビュー

ダイハツ タフト コンセプト

待ってろよ、スズキ・ハスラー! ダイハツが軽クロスオーバーのプロトタイプモデル「タフト・コンセプト」を初披露 ダイハツは 1月 10日、東京オートサロン 2020おいて軽自動車規格の提案形モデル、「タフト( TAFT)コンセプト」を初公開した。 同車は、 2019年 10月開催の東京モーターショー 2019に出品されたコンセプトカーの「 WakuWaku(ワクワク)」の発展型で、 2020年半ばの発売に向けて開発を進めている、ダイハツ渾身の軽クロスオーバーモデルだ。 市販化は 2020年半ばを予定する 商品コンセプトは" Tough& Almighty Fun Tool"。 SUVのタフさとハイトワゴンのユーティリティを兼ね備え、日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽規格クロスオーバーというキャラクターを有している。 競合車はスズキのハスラーになるだろう。 ちなみに、タフトの車名は 1974年から 1984年にかけて、ダイハツのジープ・タイプの多目的 4WD車に使われていたネーミング。 ロッキーに続き、伝統の車名が復活したわけだ。 エクステリアについては、スクエア基調で骨太なクロスオーバー SUVスタイルにデザインしたことが特徴だ。 フロント部はタフな印象の 4本スリット入りメッキグリルにやや吊り目にアレンジした異形角型ヘッドランプ、厚みのあるバンパー、タフな印象を与えるアンダーガードなどでオリジナリティあふれるマスクを演出。 サイドビューは太めのピラーや大型の樹脂製フェンダー、グリップ式のドアハンドル、フラットで存在感のあるドアパネル、横長で斬新な造形のドアガアラスなどが印象的である。 そしてリアセクションは、ほぼ平面構成のゲートパネル面にクリアタイプのコンビネーションランプと鮮やかなガーニッシュ、フロントと同イメージで仕立てたアンダーガードなどを配して個性を強調した。 インパネはレゴブロックを積み立てたイメージでアレンジし、グレーをベースにオレンジのアクセントカラーを効果的に配色。 大型のガラスルーフ(サンシェード付き)によって、室内のパノラマ感にもあふれている。 大型のガラスルーフ(サンシェード付き)によってパノラマ感にもあふれている 一方、後席には分割可倒システムを組み込み、かつラゲッジからフラットなフロア面となる機構を採用。 しかも、表面は汚れたら水拭きができる樹脂のハードタイプで仕立てる。 ダイハツのスタッフは「専用デザインのルーフレールとともに、道具として後席とラゲッジを存分に活用してほしい」と解説していた。 表面は汚れたら水拭きができる樹脂のハードタイプで仕立てた 出品車のパワートレインは 660ccターボエンジンと CVTを組み合わせていたが、市販時にはおそらく自然吸気エンジンも用意されるだろう。 駆動機構には 2WD( FF)と 4WDが設定される見込みだ。 車両価格もハスラーの 136万 5100円~ 174万 6800円と競合させてくることが予想される。 もちろん、ダイハツが誇る先進・安全機能の新世代スマートアシストや快適なカーライフをサポートするダイハツコネクトなども組み込んでくることだろう。 果たして、タフトがどのような車種設定で、しかもどんな内外装のカラーラインアップを採用して登場するのか。 市販デビューが、今から待ち遠しい。 Related Article 新車情報もっと読みたい• What's News 最新情報•

次の

ダイハツの新型「タフト」オンライン説明会レポート。チーフエンジニア&デザイナーが解説

ダイハツ タフト コンセプト

TAFT コンセプト(フロント) TAFT コンセプト(ガラスルーフ) ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2020年1月10日(金)から1月12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2020」に、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」をはじめ、既存の軽自動車、小型乗用車をベースとした、個性あふれるカスタマイズカーを出展する。 また同年2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」にも、同様に出展を行う。 ブーステーマは、昨年に引き続き、「遊びゴコロをみんなのものに。 」とした。 軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展するほか、2019年に発売したコンパクトSUV「ロッキー」、軽オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカー等を出展。 さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。 中でも「TAFT コンセプト」は、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルである。 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。 さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じていただける仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFT コンセプト」を題材に、お客様と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。 また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。 ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に親しんでいただけるブースとする。 】 【タント CROSS FIELD Ver. 】 【ロッキー Sporty Style】 【コペン GR SPORT カスタマイズ Ver. 】 【ハイゼット トラック PEAKS Ver. 】 【ハイゼット トラック DJ Ver. 】 【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer. 】 【タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.

次の