なべ おさみ と 池江 璃 花子。 池江璃花子になべおさみが気功?がん治療や過去の逸話|銀座を歩く姿も話題[画像]

「池江璃花子」から離れない「なべおさみ」 豪邸拡張を計画中(デイリー新潮)

なべ おさみ と 池江 璃 花子

タレントのなべおさみ(80)を評するのにこれ以上相応しい言葉はない。 政界から裏社会まで、幅広い人脈を有するのみならず、名だたる著名人にオカルト治療を施してきた。 目下の心配は、そんな彼が競泳の池江璃花子選手(19)に取り憑いて離れないことで……。 *** 万感胸に迫るものがあったのだろう。 優勝インタビューの様子を見つめる彼女の目は、涙を湛(たた)えていた。 水泳の聖地、「東京辰巳国際水泳場」で行われた日本学生選手権。 池江選手は9月6日から8日まで3日連続で、自らが所属する日大の応援に訪れた。 メガホン片手に声援を送る彼女の元気そうな様子をニュースの映像で見て、安堵した方も多かっただろう。 そんな中、7日にその感動的なシーンは目撃された。 日大の同期、男子100メートルバタフライの石川慎之助選手が優勝インタビューで、 「璃花子の帰りを待ちながらやってきた。 いいタイムを出せて良かった」 と語ると、応援席の池江選手は涙を見せたのだ。 「報道で見る限り、彼女の治療は順調に進んでいると思います」 そう話すのは、血液・腫瘍内科を専門とする医師で医療ガバナンス研究所理事長の上(かみ)昌広氏である。 「彼女は現在、いわゆる地固め療法の段階だと推測出来ます。 白血病の治療では、最初、4、5種類の抗がん剤をミックスして点滴などによって投与する寛解導入療法による治療が行われる。 それが終わると、体内に残っている白血病細胞による再発を防ぐために地固め療法を行う。 その次は入院治療を解除して抗がん剤を飲む治療か、または骨髄移植か、どちらかの治療に進みます」 復帰に向け、着々と歩む競泳女子のエース。 だが、彼女の現状に懸念材料が全くないわけではない。 本誌(「」)は「『池江璃花子』と『なべおさみ』奇怪なる巡り合い」(9月5日号)で、なべが都内の自宅に彼女を招じ入れる様子や、2人が肩を並べて銀座の街を歩く場面を写真と共にお伝えした。 タレントとして一時代を築いたなべと、闘病中の池江選手。 2人の「巡り合い」が、なぜ懸念材料になるのかといえば、彼がこれまで、オカルトと表現する他ない言説を振りまいてきた事実があるからだ。 例えば、なべは自著『スター万華鏡』で次のように書いている。 〈病巣に存在している悪きものの本質を、一度私の体に移動させて、それを私は滅してしまう〉 「施術」「気を送る」などと称するそうした行為を、目下、なべは池江選手に施しているとみられる。 本誌記事はそれを伝えるとともに、これまでなべが「施術」をしてきた著名人の実例にも触れた。 例えば、「世界の王」こと王貞治氏の場合、なべは、自分が手を握り続けたことによって病が治癒したと豪語する。 また、2年前に乳がんで亡くなった小林麻央さんの闘病中には、周囲に「麻央ちゃんに気を送ってあげている」と話していたという。 本誌記事が世に出ると、読者からは池江選手を心配する声が多数寄せられた。 「そんなオカルト治療に頼って大丈夫か」といったものだが、当のなべはどこ吹く風だという。 ただし、周囲の目があるので、なべさんの娘が病院にいる池江選手を訪ね、なべさんの言葉を伝えています。 あわせて読みたい関連本•

次の

池江璃花子選手が芸人なべおさみののトンデモ療法落ちか…みんなの反応は

なべ おさみ と 池江 璃 花子

Contents• 【画像】スピリチャルが噂されるなべおさみとは? 池江選手が密会していた相手とは、大物タレントの なべおさみさんでした。 さらに、交友関係がとても広く、 安倍首相や美空ひばりさん、高倉健さんなどとも交流があるそうです。 先日、吉本興業入りを発表したときにも話題になりましたね。 しかし、今年で80歳のなべさんと19歳の池江選手が密会とは?どんな接点があるのでしょうか? 【画像】池江璃花子となべおさみの密会がフライデーに? こちらが、池江璃花子さんとなべおさみさんの「密会」の様子です。 ピンクのTシャツがなべおさみさん、その後ろがなべやかんさん。 池江選手はすらりとしていてまるでモデルのようです。 密会といっても、ふたりきりではなく、 お互いの家族を連れてのことだったようです。 なべさんは 「手をかざすこと」で、人の病をいやすことができると豪語している。 自らの著書には、がんで胃を摘出した福岡ソフトバンクホークスの 大貞治さんの体調を、患部に手をあてることで回復させたと記す。 池江選手の入院中は、病室で「施術」していた。 退院後は、池江選手が週に数回なべさんの自宅を訪れ「施術」。 この日も自宅で「施術」をしたのか、池江選手がなべさんの自宅を出てきたのは1時間後。 その後は、みんなで銀座に繰り出し、イタリアンレストレランで食事をしたようです。 なべ一家と別れた後は 、池江選手は駅前の家電量販店で家族とショッピングを楽しんでいます。 この日のことについて、なべおさみさんに電話取材をしてみると、 自分は大阪にいたので人違いじゃないか?と否定。 写真を撮ったと伝えると、 怒気を含んだ調子で「お話することなど少しもありません」とのことだったそうです。 スポンサーリンク なべおさみが三木二郎コーチを退任させた? さらに2020年3月には、またなべおさみさんと池江璃花子さんとの関係が浮上します。 池江さんの指導を務めていた三木三木二郎コーチが、2018年から専属として所属していたルネサンスを、池江選手の白血病が判明した後の昨年5月末、退職。 現在は、日大水泳部の所属となっていたことが判明。 【池江選手のコーチが日大へ】 白血病で闘病している競泳女子の池江璃花子選手を指導していた三木二郎氏が、6日1日付で日大水泳部のコーチに就任することが明らかになりました。 池江選手は4月に日大に入学して水泳部に籍を置いています。 yahoo. 「池江さんが治療中なのに、専属でルネサンスにいても仕方ない。 だから辞めたんですよ。 日大水泳部には池江さんも籍は置いているものの、ほかの部員への指導にあたっていた。 yahoo. わざわざそこまで書いたことで、池江さんと三木さんとの間で何か話し合いがもたれたのでは、と話題に。 この発表について、なべさんは意味深な発言をしているといいます。 yahoo.

次の

池江璃花子がなべおさみの家に通う理由→なんか間違った方向に向いてない?

なべ おさみ と 池江 璃 花子

SNSで近況を報告している池江選手(共同通信社) 「高校時代から池江さんは、自分の力を信じて努力を続けてきた人です。 スピリチュアルなこととはまるで無縁で、ゲン担ぎをするタイプでもなかった。 だから、今回の一件には本当に驚きました」 そう言って首を傾げるのは、水泳の池江璃花子選手(19才)の友人だ。 彼が指摘するのは、『週刊新潮』(9月5日号)が報じた、《「池江璃花子」と「なべおさみ」奇怪なる巡り合い》という記事。 同誌には、池江選手がなべおさみ(80才)の東京・世田谷の豪邸を母親と訪れたり、銀座のイタリア料理店で食事を共にする姿が写真付きで掲載されていた。 「白血病で闘病中の池江さんが、なべさんの家を訪れたのは、彼の『手かざし療法』を受けるためでした。 新潮と同じ週に発売された『フライデー』(9月13日号)にも同じ内容の記事が掲載されていて、それによれば、なべさんは池江さんの入院する病室でも手かざし療法を行っていたそうです。 お盆に退院してからは、池江さんがなべさんのお宅を週に数回訪れて施術を受けていたとあり、関係者を驚かせました」(スポーツ紙記者) 来年の東京五輪で金メダルの最有力候補とされながら、今年2月に白血病を告白した池江選手。 以降は時折更新されるSNSが、唯一彼女の近況が知れるメディアだった。 コメディアンのなべは、ワイドショーの『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)の「女ののど自慢」の司会を担当するなど、一時はお茶の間の顔といわれる存在だった。 しかし、1991年、息子の大学入試で替え玉事件を起こし、芸能活動を自粛。 復帰後は、芸能界とは異なる分野の活動を活発化させていた。 2015年に出版された自著の『昭和の怪物 裏も表も芸能界』(講談社)には、2006年に胃がんのため胃の全摘手術を受けた王貞治さん(79才)に「手かざし療法」を施した様子をこう綴った。

次の