み こすり 半 劇場 wiki。 シムズ4情報wiki

みこすり半劇場

み こすり 半 劇場 wiki

概要 [ ] を舞台に、3回生の男子学生が、1回生時に選んだサークルによって自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を描く。 独立した4話から構成される。 『』によるデビュー後、太田出版の編集者(北尾修一 )から「ウチで『太陽の塔』みたいなくされ大学生が出てくる作品を書いてほしい」と持ちかけられたのが執筆のきっかけだといい 、舞台設定などは『太陽の塔』と似通っている。 『太陽の塔』との大きな違いは、の要素が取り入れられている点である。 各話で「私」は異なるサークル・組織に所属するが、結末や登場人物が共通・関係しあっており、第4話で「私」は並行世界を横断することになる。 物語の最後に並行世界であることが明かされる展開ではなく、各話の書き出しが統一されているなど、各話が全て並行世界であることを前提に描かれる。 並行世界のアイデアには『』の影響もある。 第1話:四畳半恋ノ邪魔者 - 映画サークル「みそぎ」に入った場合の物語。 第2話:四畳半自虐的代理代理戦争 - 樋口に弟子入りした場合の物語。 第3話:四畳半の甘い生活 - ソフトボールサークル「ほんわか」に入った場合の物語。 第4話:八十日間四畳半一周 - 秘密組織「福猫飯店」に入った場合の物語。 テレビアニメは11話構成であるため、アニメ化に際しては、全体の印象や設定を損なわないよう配慮しつつ、小説版の各話のエピソードやパーツを組み替えて、10パターンの並行世界にまとめ直された。 2008年8月に版『 다다미 넉장반 세계일주 』が図書出版ビチェから、2009年12月に版『 四疊半宿舍, 青春迷走 』が時報文化から、2010年8月に中国語版『 四畳半神話大系 』が上海人民出版社から刊行されている。 私 声 - 主人公であり、物語の。 に所属する大学3回生で、元浪人生。 は180㎝ほど。 下鴨幽水荘(しもがもゆうすいそう)に住む。 プライドと理想は高いが、非活動的で社交性の低い地味な青年。 大学入学を機にサークル活動を通じて「薔薇色のキャンパスライフ」を目論むも、小津とともに不毛で無意義な大学生活を送る破目になる。 1回生の夏に女性関係で痛い目に遭い、サークル内の交友関係が上手くいかず孤立し、また小津に感化されたこともあって、性格が一層捻くれてしまう。 理想の女性像は「ふはふはして、微妙で夢のような、美しいものだけで頭がいっぱいな黒髪の乙女 」。 ジョニー 声 - もう一人の「」。 アニメでは比喩表現としてデフォルメされたカウボーイ姿で描かれ、馬に跨っている。 小津 声 - 「私」の宿敵であり盟友。 工学部電気電子工学科に所属しているにもかかわらず電気も電子も工学も嫌いで、1回生終了の時点では取得単位数も成績もひどい低空飛行だった。 「私」とは同学年。 偏食家であるため顔色が悪く、妖怪に例えられるほど不気味な風貌。 3度の飯より悪行が好きなで、他人の不幸をおかずに飯が3杯食える。 しかし立ち回りが巧く、多くのサークルや組織に所属して京都中に広い人脈と情報網を築き、「私」とは対照的に無意義な学生生活を存分に楽しんでいる。 樋口を熱心に師事し、何事においても樋口の弟子であることを優先する。 意外にも恋愛に関しては一途で、実は小日向さんと付き合っている。 親からはたくさんの仕送りを送ってもらっているうえに、浄土寺の菓子みたいなに住んでおり、主人公を家にはあげたことはない。 ただし、明石さん、羽貫さんはいったことがあるように描写されている。 多くのサークルに所属することから、「私」はどのサークルを選んでも小津と巡り合い、悪友となる。 小津いわく「運命の黒い糸」で結ばれた運命共同体。 勝手にサークル内での立場を悪くしていく「私」を、時には煽り立て、時には天才的な立ち回りで助ける。 アニメ版では「私」を踏み台にして組織でのし上がっていく側面が強調されている。 原作では「私」と酒を飲む場面が出てくるが、アニメ版では酒が飲めないらしい。 明石さん 声 - 「私」と小津の、1年下の後輩。 建築科に所属。 理知的でクールな黒髪の乙女であり、歯に衣着せぬ物言いで周囲を寄せ付けない。 だけが唯一の弱点で、蛾を前にすると「ぎょええええ」とのような悲鳴を上げて取り乱す。 「もちぐま」が好き。 彼女が1回生の夏にの古本市で2回生の「私」と出会っている。 アニメ版ではワンピースに十分丈のレギンスという格好。 名前の由来は本人の友人である「法学部の明石」から採用されている。 小説版では映画サークル「みそぎ」に入り、小津の下で働いていた縁で、1回生の秋に樋口に弟子入りする(「みそぎ」は途中で退部)。 その後「私」と「成就した恋愛」関係となることが各話で示唆される。 アニメ版では話によって所属するサークルが違う。 「バードマンサークル」の場合と「樋口の弟子」の場合がある。 「バードマン」の場合、1回生の時に自転車サークルソレイユに所属し、その年、蹴上で行われたで男女総合優勝を果たし、すぐにソレイユを辞めバードマンに入る。 ロードレースの賞金を全てつぎこんで飛行機作りをはじめる。 彼女が2回生の夏に映画サークル「みそぎ」に3DCGとビジュアルエフェクトの助っ人として参加し、その時、相島に好意を寄せられるようになる。 なお「私」と「成就した恋愛」関係となるのは最終話のみ。 樋口 清太郎 声 - 小津が「師匠」と呼び慕う自由人。 大学8回生。 常に悠然と構えていて、神秘的な気配と高貴さと暢気な笑顔を湛える。 雰囲気は「良くて、悪くて」というのが「私」の評。 「弟子」を取り、ほぼ彼らからの貢ぎ物だけによって生活している。 常に紺色(アニメでは緑)の浴衣を着て、を履いている。 のようなシャクレ顔で、髪は台風通過後のようにくしゃくしゃ。 「私」と同じ下鴨幽水荘に住んでいるが、彼の部屋(210号室)はかなり散らかっている上に汚れており、特殊なを使わねばならないほど。 交友は小津とは師弟関係(話によっては明石さんも)のほか、羽貫と仲がよく、城ヶ崎とは因縁の仲。 縁結びの神「かもたけつぬみのかみ」を自称したことがある 小説版では、明石さんに告白させるための小津の仕組んだ芝居であることが示唆されるが、アニメ版では明らかではない。 小説版第2話では蛾の大群と共に空に消えるという不思議な退場をしたようであるが、目撃したのは小津だけであったため「私」はまるで信じていない。 羽貫 涼子 声 - そばの窪塚歯科医院に勤める士。 覇気が漲りが似合いそうな凛々しい美女である。 好物はと酒。 酒癖が悪く、うっかり酒に付き合った者は地獄のエンドレスナイトを味わう。 ひどく酔うと人の顔を舐める癖がある。 樋口や城ヶ崎と親しい仲で、特に樋口とは世話女房のような関係。 歯科医の窪塚に言い寄られたり、セクハラされたりと迷惑している。 アニメ版では樋口との仲がより深く描かれており、樋口が世界一周の旅に出ると知った時は、英会話サークルで落ち込んだ様子を見せたり、欄干から叫んだりしていた。 最終話では、「私」の発言を受けた樋口に誘われ、2人で世界一周の旅に出た。 小津とも親しく、「私」が関知しない小津の一面を知っている。 城ヶ崎 マサキ 声 - 樋口の親友かつライバルで、樋口と自虐的代理代理戦争を5年近く続けている。 小説版では博士課程の院生、アニメ版では大学8回生。 映画サークル「みそぎ」のカリスマ部長であり、水も滴る良い男でである。 しかし、私生活では「香織」と名付けたの愛好家という一面を持つ。 また乳好きで、アニメ版ではその特性が強化されている。 小説版では「香織さん」のほかにも女性経験が豊かで、「みそぎ」でも相島から恋人を奪っており、そのことで相島から恨みを買い、部長の座を失脚させられることとなる(奪った恋人とは「私」が3回生になる春に別れている)。 アニメ版では極度のから生身の女性に触れられず、「香織さん」のみを愛するようになったと設定されている。 ただ、羽貫さんだけはそれなりに気があるらしい。 第3話では「私」の特訓を指導する人のよさも見せた。 人形とは思えない美しさと気品があり、城ヶ崎の寵愛を受けている。 小説版では相島が図書館警察を使って誘拐した際、保管担当者が禁断の愛に落ち、愛の逃避行に走ってしまう。 その後、自虐的代理代理戦争で樋口の命令を受けた小津にも誘拐される。 アニメ版では明石さんの気を引こうとする相島によって誘拐されそうになる。 話によっては「私」の四畳半に「来る」。 相島 声 - 陰気で慇懃無礼な雰囲気の学生。 普段は映画サークル「みそぎ」の副会長であり、城ヶ崎のであるが、裏の顔は地下組織「福猫飯店」に所属している。 「私」が相島と同じサークルになった場合「私」を陰湿にいじめる。 小津に唆されて「みそぎ」でクーデターを起こすも、のちに「福猫飯店」で小津にクーデターを起こされる。 裏の顔の時は警官のような出で立ちで、を所持する。 小説では「私」が3回生の時に図書館警察の長官に就任している。 城ヶ崎に恋人を奪われ、その恨みで「みそぎ」でクーデターを起こす。 アニメ版では、「私」が1回生の時から「福猫飯店」店長であり、図書館警察長官であった。 「みそぎ」の助っ人に来ていた明石さんに片想いをし、明石さんに良い処をみせつけるためにクーデターを起こす。 老婆 声 - にいる占い師の老婆。 妖気を垂れ流し、言葉巧みに自尊心をくすぐるため、「私」はあっさりと信用してしまう。 どの話でも「」という意味深な助言を「私」に授ける。 アニメ版では「コロッセオ」の言葉は無く、「好機は何時でもあなたの目の前にぶらさがってございます」と示唆し、占い後に料金を取る(初めは千円で、話数ごとに千円ずつ値上がりする)。 小日向さん 小説では会話の中に出てくるだけで本人が登場することはない。 「私」が1回生の時に映画サークル「みそぎ」に所属していたが、半年ほどでサークルを辞めている。 「私」が女性関係で痛い目にあったというのは、彼女に振られたことを指しているらしいという示唆がある。 実は小津と付き合っているが、小津は断固として隠し通そうとする。 アニメ版では「私」の理想の女性像と一致する黒髪の乙女(演出で顔は見えない)。 怪しげな宗教団体「ほんわか」の教祖の娘で広告塔であるが、「ほんわか」の下部組織であるソフトボールサークルにはほとんど顔を出さない。 テニスサークルにも所属しており、「私」が1回生の時に出会い、告白するも轟沈する。 小説同様、実は小津の恋人。 用語など [ ] 賀茂大橋から望む鴨川デルタ。 下鴨幽水荘(しもがもゆうすいそう) 泉川町(アニメ版では裏)にある廃墟同然の古びた下宿。 幕末に焼失して再建して以後そのままであると言ううわさがある。 110号室に「私」の四畳半部屋があり、真上の210号室には樋口が住む。 別の作品でも出てくるが泉町にあると描写されている。 アニメ版では玄関、一部外装は銀月アパートメントがモデルに、その他は京都大学吉田寮がモデルとなっている。 また、実写取り込みの際は実際に吉田寮に住んでいる学生の部屋をつかった。 大学の時計台 時計台の前で「私」がサークルの勧誘ビラを貰うところから物語が始まる。 アニメ版では時計台の針が逆回転する場面で各話が終わる。 鴨川デルタ、賀茂大橋 と賀茂川が合流してとなる地点。 物語の重要な舞台の一つで、小説版の各話およびアニメ版最終回は、大量発生した蛾が賀茂大橋に飛来する。 これは、2本の川が1本にまとまることと、並行世界が一つにまとまる展開とを重ね合わせた設定である。 京都の盆地にある五つの山に「大」「妙法」「舟形」「大」「鳥居形」の送り火が点火される京都の夏の風物詩。 この日、小津と樋口が「私」と明石さんをデートさせようと、明石さんを鴨大橋に呼び出している。 また、この日、相島が小津に対して福猫飯店でクーデターを起こしている。 「私」が四畳半に迷いこんだものこの日であり、出てきたのもこの日である。 アニメ版ではこの日に、カルト宗教団体「ほんわか」が所有する飛行船「ノアの箱舟」が何者かに強奪されている。 最終話ではこの日に加茂大橋で大量の蛾が発生。 病院 小説版の各話およびアニメ版最終回は、病院の小津が入院している部屋で物語が終わる。 猫ラーメン 界隈に出没する屋台ラーメン。 猫でダシを取っているとの噂があるが、味は無類である。 無口な店主(声 - )は自虐的代理代理戦争の立会人であり、アニメ版では樋口・羽貫・城ヶ崎と同回生であったという設定。 『太陽の塔』から登場する食べ物。 もちぐま 明石さんが好きなクマのぬいぐるみ。 のように柔らかいところから彼女が名付け、5匹揃って「ふわふわ戦隊モチグマン」と呼ぶ。 小説版での材質はスポンジ。 アニメ版では手のひらサイズのぬいぐるみである。 小説版第4話にて明石さんが古本市で紛失した1匹を「私」が発見して以来、各話の世界を横断し、第1話にて明石さんの手元に戻ることになる。 アニメ版では固有のキャラクターとして設定され、明石さん個人の命名ではない。 色違いの5匹のもちぐまのうち、白のもちぐまを各話ごとに様々な場所で紛失するが、必ず紆余曲折を経て「私」の手に渡り、四畳半の蛍光灯の紐に吊るされ、私の目の前にいつもぶら下っている。 『』にて作者のクマのぬいぐるみから採用されていることが解る。 自虐的代理代理戦争 前より行われる不毛な悪戯合戦。 不毛な悪戯に徹するべしとの不文律がある。 今となっては何が原因での争いか不明 だが、とにかく事がうやむやになることを避けるため、後輩を代理に立てて争いを続けてきた。 樋口と城ヶ崎は29代目にあたる。 和解の会談は猫ラーメンの屋台で、次の代への引き継ぎは賀茂大橋で行う慣習がある。 『』 樋口が愛読している書物で、読むのに1年以上かかっている。 元は「私」が下鴨神社の古本市で購入した本(大学図書館から借りて延滞している場合もある)。 「地球儀」にマチ針を刺し、航路を辿っている。 アニメ版では、出版社との関係から角川文庫の翻訳版を読んでいる。 樋口景子 声 - 「私」の文通相手。 小津が「私」にくれた古本の末頁に名前と住所が書かれており、「私」がそこへ手紙を出したことがきっかけで文通が始まる。 文体は黒髪で知的な女性を思わせる。 文通相手に会うことを自制する「私」に対して会いたいと求め、「私」を煩悶させる。 正体は小津および明石さん。 カステラ 各話の終盤、樋口の弟子(多くの場合は小津)によって「私」の部屋に届けられる大きな。 何者かに喰い散らかされていることもある。 ちなみに羽貫さんの好物でもある。 小説では歯科医の窪塚が羽貫さんにあげた物で、それが羽貫さんや弟子から食い物を貰って生活している樋口の元にきて、弟子を通して「私」の元へとやってくる。 アニメ版では「五山」の前日か「五山」が終わった後届けられる事が多い。 ゴキブリキューブ アニメオリジナル。 大量のを固めた塊で、自虐的代理代理戦争で小津が城ヶ崎宅に放り込んだ生物兵器。 アニメ版10話では暴発し、「私」の部屋に大量のゴキブリが押し寄せる。 元は『』に登場するアイテム。 アニメオリジナル。 ほんわかの本部にある飛行船。 どう見ても数人しか乗れないが、世界崩壊の日に1組のカップルと沢山の動物のつがいを乗せるための船とほんわかの教祖は主張している。 9話及び11話では小日向さんと五山送り火を五ついっぺんに見ようと小津が強奪するが、福猫飯店の妨害を受けあえなく墜落する。 小説版のみ。 占い師の老婆が語る「あなたの好機の印」。 その言葉通り、各エピソードにそれぞれの形でコロッセオまたはそれを思わせるものが登場する。 サークル・組織 [ ] 恋ノ邪魔者 小津の情報網を使い、「私」と小津で恋のを切って気って切りまくる、限りなく敗北に近い勝利者。 黒いキューピット。 鴨川にいたカップルの集団にロケット花火による襲撃を行った。 テニスサークル「キューピット」 アニメオリジナル。 アニメ版では小日向さんが所属している。 映画サークル「みそぎ」 創設者・部長である城ヶ崎による独裁体制の元、和気藹々と映画をつくっているサークル。 城ヶ崎と相島が所属。 小説版では小日向さんが所属していた。 バードマンクラブ アニメオリジナル。 の優勝を目指し、有人飛行機を制作している。 明石さんがサイクリング同好会「ソレイユ」脱退後、所属。 また彼女は、しまなみ杯での優勝賞金を全額、飛行機の制作費に充てている。 サイクリング同好会「ソレイユ」 アニメオリジナル。 同好会とは名ばかりの、本格的な体育会系サークル。 明石さんが所属し、樋口とともに「杯」で総合優勝する。 英会話サークル「ジョイングリッシュ」 羽貫が所属。 小説版ではにある。 ヒーローショー同好会 アニメオリジナル。 「もちぐま」のヒーローショーを行う。 アニメ版では「私」がモチグマンショーで明石さんを助けたのが最初の出会いである場合がある。 読書サークル「SEA」 アニメオリジナル。 相島が所属。 「ほんわか」 宗教団体。 小説版では大学の裏勢力に食い込んでおり、福猫飯店にも強い影響力を持つ。 太った中年男が教祖。 アニメ版では詐欺に近い健康食品会社を装う。 サークル「ほんわか」 運動よりも社交を第一目的とし、部員は皆ほんわかしている。 しかし実態は「ほんわか」の学内下部組織であり、上部組織の信者を集めるためのダミー組織。 アニメ版では健康食品会社の販売促進活動も行い、販売で貢献した者を本部に呼び信者として抱き込む。 秘密機関「福猫飯店」 大学を裏で牛耳る非公認の秘密組織。 図書館警察・印刷所・自転車にこやか整理軍などの下部組織を従える。 相島が所属。 小説版での「福猫飯店」は図書館警察・印刷所・自転車にこやか整理軍の3組織をまとめて呼ぶための総称である。 この3組織はそれぞれ独立しているのだが、利害のぶつかり合いを避けるために、「福猫飯店」という上部組織を置いている。 「福猫飯店」は、それぞれ強大な権力をもつ代表達が利害をすりあわすための会議体なのだが、ただ、会議には、3組織の代表だけではなく、宗教団体「ほんわか」の教祖などの組織とは関係無いが影響力がある部外者も多数参加しており、人事にかなり口を出している。 3組織の代表の中では図書館警察長官が一番格が上と扱う慣習がある。 アニメ版での「福猫飯店」は大学の裏組織のほとんどを従え管理・統括する上部組織である。 同名の中華料理屋の地下に本部を構えており相島が店長をつとめている。 図書館警察 大学図書館の本を延滞者から力尽くで回収する組織。 回収のための個人情報収集が肥大化し、現在は政治に関与できるほどになっているらしい。 印刷所 優秀な学生を従え、非公式に単位修得用の偽造レポートを量産・販売する組織。 福猫飯店の資金源の一部となっている。 小説版では「私」が深く依存することになる。 自転車にこやか整理軍 キャンパス内の自転車を整理するボランティア組織。 近年は駐輪スペースを僅かに外れた自転車までも強制撤去していく。 アニメ版では学外の路上駐輪自転車すら回収し、その転売が「福猫飯店」の主だった収入源となっている。 メンバーは皆ゴリラのような姿をしている。 またバードマンサークルの製作した飛行機を強奪し、「北の国」に売り飛ばそうとした。 書誌情報 [ ]• 単行本 - 太田出版、2004年12月10日、• 文庫 - 角川書店、2008年3月25日、• 四畳半神話大系公式読本 - 森見登美彦と四畳半神話研究会著、太田出版、2010年6月24日、• 四畳半神話大系オフィシャルガイド - 角川書店、2010年9月22日、 テレビアニメ [ ] 2010年4月から7月にかけて、『』枠にて放送された。 全11話。 湯浅政明にとって小説作品のアニメ化は本作が初めてであり、森見登美彦にとっても本作が初の映像化作品である。 また上田誠や中村佑介がアニメ制作に携わるのは本作が初めてである。 舞台となる京都市内の描写に関しては、や界隈、京都大学などで1か月弱にわたって徹底的にロケハンが行われた。 またや、地元企業なども「協力」として参加している。 小説の言葉遣いを活かした作品であるため、通常のアニメよりも文字数が多く、上田誠は「脚本家と声優泣かせ(笑)」と語っている。 また第10話は「私」以外の人物が登場しない話で、「私」役の浅沼晋太郎が1人で単一の役を丸々1話こなすという、従来のテレビアニメでは異例の回であった。 2010年12月8日、2010年度で大賞を受賞した。 テレビアニメ作品での大賞受賞は創設以来初めてであり 、湯浅政明の受賞は『』以来の2度目である。 また2011年3月1日には、2011・第10回でもテレビ部門優秀作品賞を受賞している。 2017年1月8日よりアニメ映画『』の公開関連企画として、・にて、主題歌を本放送時のものと差し変え、特別放送が実施された。 スタッフ [ ]• 原作 - (太田出版 角川文庫刊)• 製作 - 、冨川八峰、、高田佳夫、新坂純一、宍戸健司• 監督 -• シリーズ構成 -• 脚本 - 上田誠、湯浅政明• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• 美術コンセプトデザイン -• 美術監督 -• 色彩設計 -• 撮影監督 - 石塚恵子• 編集 - 木村佳史子• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー -• チーフプロデューサー -• プロデューサー - 竹内文恵、尾崎紀子• アニメーションプロデューサー - 藤尾勉• アニメーション制作 -• 各話約6分40秒。 登場人物(映像特典) [ ]• 李白 -• 閏房調査団(けいぼうちょうさだん) - 、 各話リスト(映像特典) [ ] 巻数 サブタイトル 絵コンテ・演出・作画 第1巻 「地面潜航艇、南極へ」 第3巻 「地面潜航挺、女湯へ」〜閨房調査団桃色探索〜 第4巻 「恋と釣りの地面潜航艇」 宮沢康紀 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『四畳半神話大系公式読本』86頁。 、2010年10月21日閲覧。 、2010年10月21日閲覧。 、2010年10月21日閲覧。 文庫版54頁。 - はてなブックマークニュース、2010年4月27日。 『四畳半神話大系公式読本』123-124頁。 マイナビニュース マイナビ. 2010年6月24日. 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2010年12月8日. の2010年12月11日時点におけるアーカイブ。 - 四畳半神話大系公式ブログ、2010年12月8日配信。 音楽ナタリー 2016年12月15日. 2016年12月16日閲覧。 番組情報. BSフジ. 2017年3月11日閲覧。 関連項目 [ ]• ・ - アニメ版において下鴨幽水荘のモデルとされ、エンディングのスタッフロールにも「取材協力」としてクレジットされている。 このほか、主人公の部屋の設定を練るため、東京都内のとある四畳半部屋をアニメスタッフが実際に借りたこともある(『四畳半神話大系公式読本』108頁)。 - カステイラで有名な京都市中京区の菓子店。 アニメ版においてカステラのモデルとされ、エンディングのスタッフロールにも「協力」としてクレジットされている。 『』 - 2006年に出版された森見の小説作品。 樋口・羽貫・相島が登場するほか(相島は名前のみ)、アニメ版8話では「私」が文通をするきっかけとなる古本として登場。 また『四畳半神話大系』アニメ版パッケージの映像特典では、『夜は短し~』の登場人物である李白、閏房調査団、さらに「古本市の神様」がモデルと思われる少年も登場する。 2017年にはアニメ版と同様の制作陣によりアニメ映画化された。 『』 - 2009年に「」枠で放送されたアニメ作品。 随所に本作品へのオマージュが見られる。 『』 - アニメ版監督の湯浅政明がこのシリーズの次に手がけているアニメシリーズだが、主人公の仲間役に吉野裕行と藤原啓治、敵役の女首領に甲斐田裕子と、『四畳半神話大系』キャストの多くが参加している。 - 韓国語版の翻訳家。 - 中国語版の翻訳家。 外部リンク [ ]• - webKADOKAWA• - (2010年8月5日アーカイブ分) - アニメイトTV ・ 第1部 前番組 番組名 次番組.

次の

GNドライヴ

み こすり 半 劇場 wiki

解説 ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーらアジア映画界の名匠たちの映画音楽を手がけてきた日本人音楽家・半野喜弘が監督を務め、「るろうに剣心」シリーズの青木崇高主演で描いたサスペンスドラマ。 かつてある過ちを犯した則夫は、現在は飯田健次という別人に成り済まし、勤務先の工場と自宅を往復するだけの孤独な日々を送っていた。 そんなある日、同僚の男が健次の自宅に女を連れて現れ、彼女を一晩だけ預かって欲しいと頼み込む。 これまで他人との関わりを避けてきた健次は断るが、同僚のあまりのしつこさに渋々彼女を預かることに。 女も健次と同じく秘密を抱え、自分のことを語ろうとはしない。 ふたりはそれぞれの本当の姿を明かさないまま、次第にひかれあっていく。 主人公の人生を狂わせていくヒロイン役に「天の茶助」の大野いと。 2016年製作/83分/G/日本 配給:ビターズ・エンド スタッフ・キャスト 「愛と誠」は、全体にコミカルな演出が目立つミュージカル仕立ての娯楽作だったが、裏番長役の大野いとが放つネガティブなオーラは異彩を放っていた。 暗い影をまとった昭和の薄幸な女、とでもいうべき希少種のようなキャラクターがよく似合う。 そんな彼女が本作でも、秘めた過去を背負う理美の暗い情念を見事に体現している。 初主演の青木崇高は、杉野希妃監督の最新作「雪女」では実直なきこりを演じるなど、幅広い役柄をこなす俳優に成長した。 今後も重要な役での起用が増えるのではないか。 これが長編映画監督デビュー作で、脚本も兼ねた音楽家の半野喜弘は、ロジックよりも感覚を優先してストーリーを描くタイプのように感じた。 映像と音楽を高度に融合させた表現を、ぜひ極めていってほしい。 音楽畑出身の半野監督初作品。 まずは開始早々から初監督とは思えない映像センスの良さには驚きを感じました。 音楽は案の定言う事無しです。 自分の身の上をあまり語りがらない主人公役に青木崇高。 主人公の仕事仲間に無理矢理押し付けられた女役に大野いと。 探られたくない男と探りたい女。 自分のスタンスに入り込まれ、そんなに女に居心地が良くなっていったのか、心情的に変わっていく主人公。 話の展開がスピーディ過ぎる所もある為、2人の距離の縮まり方等に少し余裕を持たせて頂きたかった所もある。 (時間が時間だけにしょうがないか?) また、秘密も何分の一の確率だよと言いたい所もある。 昼のメロドラマ風だ。 (逆に女が男を事前に分かってて近づいた設定なら良かったかも) 人物相関図が良かっただけに脚本が良ければなぁと思う作品。 良い脚本に出会えればこの監督の才能が開花されるかも?と期待出来る作品です。 監督、次回作期待してます。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

元祖バァックマン

み こすり 半 劇場 wiki

略歴 出身。 小学校から高校までは野球少年であった。 18歳で予備校に通いながらパチプロになるが、大学受験は失敗。 映画監督を志し、映画専門学校に入学するも中退。 その後、劇団「プリティー・ママ」を旗揚げし 、脚本家、俳優として活動を始める。 「プリティー・ママ」解散後、残った役者1名、スタッフ3名と劇団「SOULコンビニ」を結成。 活動を続けながら俳優養成所の講師となるが、その養成所がすぐに経営破綻。 行き場をなくした生徒らと劇団「チームKGB」を結成する。 演劇活動のかたわら、知人とバーを共同経営。 家賃が安かったからという理由で選んだ場所であったが、開店後、周りがだらけだと知る。 閉店までの約5年間、酒浸りの日々を送る。 7月、『』で作家デビュー。 大阪の占い師に「アナタ、売れるわよ。 来年2月に東京に行きなさい」と言われたのを信じ、2月に上京。 するとその言葉通り、本当に売れ始める。 代表作でもある「悪夢シリーズ」は売上75万部を突破している。 作品リスト 小説 悪夢シリーズ• 悪夢の観覧車(2008年5月 幻冬舎文庫)• 奈落のエレベーター(2009年8月 幻冬舎文庫) - 「悪夢のエレベーター」続編• 悪夢のギャンブルマンション(2009年10月 幻冬舎文庫)• 悪夢の商店街(2010年10月 幻冬舎文庫)• 悪夢のクローゼット(2011年10月 幻冬舎文庫)• 悪夢の身代金(2012年10月 幻冬舎文庫)• 悪夢の六号室(2013年10月 幻冬舎文庫)• 悪夢の水族館(2016年10月 幻冬舎文庫) 吸血鬼シリーズ• 東京バッティングセンター(2009年5月 幻冬舎)• 【改題】美女と魔物のバッティングセンター(2012年4月 幻冬舎文庫)• 六本木ヒルズの天使(2011年3月 幻冬舎)• 【改題】天使と魔物のラストディナー(2013年4月 幻冬舎文庫) オーシティシリーズ• オーシティ(2011年2月 )• 【改題】オーシティ 絵本探偵 羽田誠の事件簿(2013年6月 )• ジュリオ(2013年12月 新潮文庫) 赤羽健吾シリーズ• 人形家族 熱血刑事赤羽健吾の危機一髪(2016年4月 幻冬舎文庫) ブンノシリーズ• ナナブンノイチ(2014年2月 角川文庫)• サンブンノニ(2016年2月 角川文庫) 女王シリーズ• 女王ゲーム(2013年12月 )• 女王パズル(2015年1月 文春文庫) GPSシリーズ 詳細は「」を参照• 極限トランク(2016年7月 PHP文芸文庫)• 極限冷蔵庫(2017年1月 PHP文芸文庫)• 極限プリズン(2017年10月 PHP文芸文庫) その他の作品• ギザギザ家族(2010年1月 )• 【改題】暴走家族は回り続ける(2012年7月 )• 純喫茶探偵は死体がお好き(2010年8月 幻冬舎文庫)• 爆ぜるゲームメイカー(2012年9月 講談社文庫)• サバイバー23区 東京崩壊生存者(2013年1月 )• 【改題】サバイバー(2015年1月 講談社文庫)• 宝探しトラジェディー(2013年5月 幻冬舎)• 裏切りのステーキハウス(2014年10月 幻冬舎文庫)• 恋する音川家(2015年5月 )• 鈴木ごっこ(2015年7月 幻冬舎文庫)• フィーバー5(2015年8月 )• D町怪奇物語(2015年10月 幻冬舎文庫)• きみは僕の宝物 史上最悪の夏休み(2017年8月 幻冬舎文庫) 連載中作品• 十七歳の一閃(『』2013年5月号 - ) 漫画原作• BABEL(漫画:、『』2015年2月号 - )全8巻• BABEL THE 2ND 黄金少年 GOLDEN BOY(漫画:井上紀良、小学館クリエイティブ『月刊ヒーローズ』)全2巻 メディア出演 映画• (2005年1月22日公開、配給:、監督:、主演:)• (2007年1月21日公開、配給:、監督:、主演:)• (2015年1月31日公開、配給: , 、監督:、主演:) メディア・ミックス テレビドラマ• (2007年3月27日、系、主演:)• 悪夢のドライブ(2012年4月28日-6月30日、全9話、、主演:)• (2013年12月27日、、主演:) 舞台• (初演:2008年9月12日、東京、演出:、主演:)• 美女と魔物のバッティングセンター(2014年3月25日-30日、東京、演出:モラル(「犬と串」)、主演:) 映画• (2009年10月10日公開、配給:、監督:、主演:)• (2014年4月1日公開、配給:、監督:、主演:)• (2015年8月1日公開、監督:・木下半太、主演:、原作:鈴木ごっこ) 漫画• 悪夢のエレベーター(2009年9月 ) - 作画・• 悪夢の観覧車(2012年9月 バーズコミックスペシャル) - 作画・• サンブンノイチ(2014年3月 KADOKAWA) - 作画・前田治郎 脚注.

次の