ガマ の 油 映画。 映画「ガマの油」公式サイト

ガマの油<映画 試写会>役所広司×瑛太

ガマ の 油 映画

遠出山越え笠のうち、聞かざる時は物の黒白出方善悪がとんと分からない。 山寺の鐘がゴーンゴーンと鳴ると言いども、 童児来って鐘に撞木を当てざれば鐘が鳴るのか撞木が鳴るのか、 とんとその鐘の音色が分からない。 手前ここに取りいだしたる筑波山名物ガマの油ガマと申しても ただのガマとガマが違う、これより北、北は筑波山のふもとは、 おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマ、四六五六はどこで見分ける。 前足の指が四本、後足の指が六本合せて四六のガマ、 山中深く分け入って捕いましたるこのガマを四面鏡ばりの箱に入れるときは、 ガマはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、タラーリタラーリと油汗を流す、 これをすきとり柳の小枝にて三七 二十一日間、トローリトローリと 煮つめましたるがこのガマの油。 このガマの油の効能は、ひびにあかぎれ、しもやけの妙薬、 まだある大の男の七転八倒する虫歯の痛みもぴたりと止まる。 まだある出痔いぼ痔、はしり痔、はれもの一切、そればかりか刃物の切味を止める。 取り出したるは夏なほ寒き氷の刃、一枚の紙が二枚 二枚が四枚 四枚が八枚 八枚が十六枚 十六枚が三十と二枚 三十二枚が六十四枚 六十四枚が一束と二十八枚 ほれこの通り、 ふっと散らせば比良の暮雪は落花の吹雪とござい。 これなる名刀も一たびこのガマの油をつける時はたちまち切味が止まる。 おしてもひいても切れはせぬ。 と云うてもなまくらになったのではない、 このようにきれいにふきとるときは 元の切味となる。 このようにガマの油の効能が分かったら遠慮は無用だ、どしどし買ってきな。 筑波山の麓で育ち、前足の指が四本、後ろ足の指が六本あるガマがえるが四方鏡ばかりの箱の中に入れられ、自分の醜さに驚き、たらりたらりと流した油汗をすくって煮詰めたものを、ガマの油と呼びました。 この口上は、江戸時代より筑波山に伝わるものです。

次の

『ガマの油』役所広司&瑛太 単独インタビュー

ガマ の 油 映画

数々の名匠、個性溢れる監督たちのカメラの前に立ち続け、日本だけでなく世界にその存在を知らしめてきた、俳優・役所広司。 映画、ドラマ、CMと活躍が目覚しい俳優・瑛太、映画・舞台にとどまらずエッセイも人気の個性派女優・小林聡美をはじめ、益岡徹、八千草薫など経験豊かな俳優たちが顔を揃える一方、日本人最年少K-1ワールドグランプリ決勝トーナメント出場を果たした現役ファイター、澤屋敷純一や本作が映画デビューとなる 14歳の新人女優、二階堂ふみなど、多彩で個性豊かな面々が登場します。 本作は08年5月18日のクランクイン後、富士山周辺、筑波山麓、横須賀などのロケーションを中心に撮影され、晴れの日も雨の日も風の日もまさにスタッフとキャストが一丸となり、08年6月30日に無事クランクアップ。 約半年に渡るポストプロダクション作業を経て、遂に『ガマの油』に息吹が吹き込まれました。 そして、ある時、役所広司(幼少期)は、ガマの油売りに出会いました。 大人になった役所広司の心には、ガマの油売りのおじさんの言葉が消えずに残り、映画『ガマの油』になりました。 筑波山の麓で育ち、前足の指が四本、後ろ足の指が六本あるガマがえるが四方鏡ばかりの箱の中に入れられ、自分の醜さに驚き、たらりたらりと流した油汗をすくって煮詰めたものを、ガマの油と呼びました。 この口上は、江戸時代より筑波山に伝わるものです。 笑って泣けて、とろ〜りとろり こころにしみるファンタジー 矢沢家は大豪邸に暮らす幸せ3人家族。 自称・1日何億円も稼いで「どんなもんじゃい!」が口癖のはちゃめちゃ親父・拓郎(役所広司)、そんな夫を優しく見守る妻・輝美(小林聡美)と、父親に似ず真面目な息子・拓也(瑛太)。 しかしある日、拓也が少年院から出所してくる幼なじみ・サブロー(澤屋敷純一)を迎えに行く途中で、車にはねられてしまう。 病院のベッドの上で目を覚まさない拓也を心配そうに見守る拓郎と輝美。 そんな時、拓也の携帯が鳴る。 つい電話に出てしまった拓郎。 何も知らない拓也の恋人・光(二階堂ふみ)は電話の声を拓也だと信じて疑わない。

次の

ガマの油

ガマ の 油 映画

遠出山越え笠のうち、聞かざる時は物の黒白出方善悪がとんと分からない。 山寺の鐘がゴーンゴーンと鳴ると言いども、 童児来って鐘に撞木を当てざれば鐘が鳴るのか撞木が鳴るのか、 とんとその鐘の音色が分からない。 手前ここに取りいだしたる筑波山名物ガマの油ガマと申しても ただのガマとガマが違う、これより北、北は筑波山のふもとは、 おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマ、四六五六はどこで見分ける。 前足の指が四本、後足の指が六本合せて四六のガマ、 山中深く分け入って捕いましたるこのガマを四面鏡ばりの箱に入れるときは、 ガマはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、タラーリタラーリと油汗を流す、 これをすきとり柳の小枝にて三七 二十一日間、トローリトローリと 煮つめましたるがこのガマの油。 このガマの油の効能は、ひびにあかぎれ、しもやけの妙薬、 まだある大の男の七転八倒する虫歯の痛みもぴたりと止まる。 まだある出痔いぼ痔、はしり痔、はれもの一切、そればかりか刃物の切味を止める。 取り出したるは夏なほ寒き氷の刃、一枚の紙が二枚 二枚が四枚 四枚が八枚 八枚が十六枚 十六枚が三十と二枚 三十二枚が六十四枚 六十四枚が一束と二十八枚 ほれこの通り、 ふっと散らせば比良の暮雪は落花の吹雪とござい。 これなる名刀も一たびこのガマの油をつける時はたちまち切味が止まる。 おしてもひいても切れはせぬ。 と云うてもなまくらになったのではない、 このようにきれいにふきとるときは 元の切味となる。 このようにガマの油の効能が分かったら遠慮は無用だ、どしどし買ってきな。 筑波山の麓で育ち、前足の指が四本、後ろ足の指が六本あるガマがえるが四方鏡ばかりの箱の中に入れられ、自分の醜さに驚き、たらりたらりと流した油汗をすくって煮詰めたものを、ガマの油と呼びました。 この口上は、江戸時代より筑波山に伝わるものです。

次の