ガゼル イナイレ。 #イナイレ[腐] #女体化 【ガゼバン】後天的女体化

ガゼル(歌い手)とは (ガゼルとは) [単語記事]

ガゼル イナイレ

「バーンが女になった?」 馬鹿馬鹿しい、と顔に大書して問い返したガゼルに、血相を変えてやってきたヒートとネッパーは、涙目でこくこくと頷いた。 混乱しきったその様子は、とても巫山戯ているようには見えない。 しかし、言っていることはあまりに現実離れしていた。 昨日、カオスとしての練習中にバーンが倒れた。 顔色が悪く、熱もあるようだったので、最近根を詰めて練習をしていたせいかと思い、プロミネンスのメンバーに救護室に運ばせた。 体力だけはあるバーンだから、一日休めば復活すると思っていたのだが。 「研崎さんの話だと、エイリア石の副作用じゃないかということです」 「そんな副作用があるのか?」 「実験段階では症例はありませんが、そもそもが人体を造り替える作用を持つものだから、遺伝子に何らかの影響が出ても不思議ではないと……」 「そんなものか」 それでは、この場にいる誰にでも、同じ症状が出る可能性がある。 面倒なことになった、とガゼルは椅子から腰を上げた。 何にせよ、実際にバーンに会わなければどうにもならない。 「バーンはどうしてる?」 「体調の方は回復されたようなので、とりあえず検査に……そろそろ戻られている頃だと思います」 「そうか。 では行くぞ」 己の部下と、少々落ち着きを取り戻したふたりを従えて、ガゼルは救護室に向かう。 無機質な廊下を足早に進めば、目的地の扉の前では、プロミネンスの一部の面々が、所在なげにたむろっていた。 そわそわと室内を気にしていた彼らは、ガゼルに気づくと、ぴんと背筋を伸ばす。 「ガ、ガゼル様!」 「バーンは戻っているのか?」 「はい、先程。 ですが……」 気まずそうに扉を見遣るサトスの言葉を、内部からのわめき声がかき消した。 「だーかーら!いらねえって!」 「いいえ駄目です!これだけは譲れません!」 ばたばたと騒々しい音とともに、扉がシュンッと開かれる。 弾丸のような勢いで飛び出してきたのは、炎のような髪を持つ当の本人だった。 「お、ガゼル」 よう、といつも通りの口調で挨拶するのは、聞き慣れたものより少し高い声だ。 それに多少の違和感を覚えるものの、劇的な変化はほとんどない。 顔は変わっていないし、バーンはもともと体格に恵まれていない。 しかし、ヒートたちの話が事実であることを突きつけるのは、赤と青のユニフォームを押し上げる、豊かな膨らみの存在だ。 「バーン様!逃げないでください。 大事なことなんですよ」 「必要ねえよ」 絶句するガゼルを尻目に、バーンは苦々しげに、自分を追いかけてきた女子に目を向ける。 使命感に瞳を輝かせたボニトナは、ぶんぶんと頭を振って、ずいっとバーンの鼻先に顔を突き出した。 「あります!絶対してもらいますからね!」 ブラジャー! ぺろん、と広げられたピンクの下着に、男性陣が声もなく凍りつく。 「俺がそんなもんしたら変態だろ」 「今は女の子なんだからいいんですよ。 それに、胸って揺れると痛いんですからね」 「ゲッ、まじで?」 「はい。 だからこれで固定しましょ?」 ぐいぐいと室内に連れ戻されながら、うー、と呻いたバーンは、観念したのかそれ以上の抵抗をやめた。 しかし、思い出したように足を止め、そうだ、とガゼルに声を掛ける。 呆然と成り行きを見守っていたガゼルは、びくっと肩を跳ねさせて我に返った。 「な、なんだ」 「わりいけど、まだ検査があるらしいんだ。 今日は練習任せていいか?」 「それは構わないが……その、大丈夫なのか」 躊躇いがちに尋ねると、一瞬きょとんとしたバーンは、平気平気とガッツポーズをしてみせる。 「一時的なものだろうって話だし、女のレアンやバーラたちだって、立派にサッカーやってんだ。 どうってことねえよ」 その笑顔は、昨日までのバーンと何一つ変わらず、周囲の部下たちがほっと肩の力を抜くのがわかる。 楽観的すぎる気もするが、ガゼルが彼にしてやれることなどない。 女子に連れられて部屋に入っていくバーンを見送りながら、ガゼルはとりあえず、今日の練習メニューを組み立てることにした。 [newpage] ひとり廊下を歩みながら、ガゼルは苛立たしげに髪に爪を立てた。 決戦の日は近い。 これは自分たちに残された、たった一度きりのチャンスだ。 それなのに、試合の鍵を握るバーンとの連携技が成功しないのだ。 一時は完成間近になった。 それがこうも失敗続きになった原因はわかっている。 バーンが、女になったからだ。 すぐに元に戻るだろうと言いつつ、未だに彼は『少女』のままでいる。 たしかにチームに女子はいるが、同じ人間が男から女になれば、筋力などの衰えはどうしようもない。 ガゼルとバーンが同じスピードで、同じ高さまで跳ばなければならない連携技が、うまくいくはずもなかった。 そして、それ以上にガゼルを苛立たせるのは、バーンのお気楽さだ。 放っておけば戻るとへらへら笑って、態度も行動も何一つ変わらない。 最初の頃は平然と男子更衣室や男子トイレに入ってきたので、大騒ぎになったものだ。 自分の身体と、自分のチームと、自分たちの生き様のことだというのに、何故ああも平然としていられる。 だが、バーン以外の者が、ガゼルの隣に立てるはずもない。 腹の底が焼けつくような思いをしながら、それでもガゼルは、バーンが男に戻るのを待つしかないのだ。 「バーン、入るぞ」 不機嫌を隠すこともせず、ガゼルは返事を待たずして扉を開けた。 明日は連携技の個別メニューを組んでいる。 その確認に来たのだ。 しかし、室内にバーンの姿はない。 どこを彷徨いているんだと歯軋りしたガゼルの耳に、微かな水音が聞こえてきた。 どうやらシャワーを浴びているらしい。 打ち合わせの時間に入浴しているという事実に、また頭に血が昇る。 ガゼルは怒りに任せて、曇りガラスになったドアを乱暴に押し開けた。 彼がどんな格好をしているかなど、ちらりとも頭に浮かばなかった。 「バーン!ミーティングをすると言っておい、た……」 湯気の向こうにバーンの姿を確認して、ガゼルは言葉を失った。 何故かバーンはユニフォームのまま、床に座り込んでシャワーに打たれていた。 濡れた布地によって、なめらかな身体のラインがくっきりと浮かび上がる。 彼は今『彼女』だったのだとようやく思い至って、ガゼルは慌てて背を向けた。 「ガゼル……」 謝罪も口に出来ないままドアを閉めようとしたガゼルは、バーンの呼びかけにぴたりと動きを止めた。 それは、非常に彼らしくない、細い声だった。 震えて、濡れた、何かに怯えているような声だ。 「……バーン?」 服を着ているし、元はといえば男ということを免罪符に、ガゼルはゆっくりと振り返った。 このまま残していったら、どうなるかわからない。 そんな不安が背筋を冷たく這い上がる。 ぺったりと床に腰を下ろしたバーンは、よく見れば下半身には何も身につけていないようだった。 反射的に視線を逸らそうとしたガゼルは、バーンの足を伝い落ちる雫が、透明でないことに気づき、目を瞠った。 湯で薄められ、ピンク色になったそれは。 「ガゼル……ど、どうし、よう……」 引きつった表情でガゼルを見上げるバーンは、丸められたタオルを握り締めている。 元は白かったであろうそれは、あちこちに赤黒い染みを付着させていた。 「止まんねえ、止まんねえんだ、ずっと、ち、血が、出てて、腹、痛くて、」 は、は、と手負いの獣のような呼吸が、バーンの唇から漏れる。 「前みたいに、跳べない、走れない。 どうしよう、こんな、こんなんじゃ、おれ、こんな……っ」 ぶるぶると震えるバーンの肩が、妙に細かった。 あたたかい浴室にいるというのに、ガゼルの全身を冷気が包み込む。 どうして、脳天気な奴だなんて思っていられたのだろう。 一番苛立ちと恐怖を抱えていたのは、バーンに他ならなかったのに。 「バーン」 ぱしゃ、と水音がする。 膝が硬いものに当たり、全身をぬるい水が叩く。 無意識の内に、ガゼルはバーンを抱きしめていた。 その背の薄さにゾッとする。 腕の中の儚く柔らかな身体は、かつてのバーンのものではない。 それがようやく、実感として身に迫ってきた。 どうしたらいいかわからない。 何を言ってやればいいのかも、わからない。 ただガゼルは、恐怖におののくバーンを支えるように、その身体を抱きしめ続けた。

次の

ガゼル(歌い手)とは (ガゼルとは) [単語記事]

ガゼル イナイレ

とは、かつてで活動していたである。。 の作品では「 」名義で活動している。 詳細は「 」を参照。 概要 抒情的で透き通った歌・恐ろしく高いソプラノ・滑らかな・さと強さも持った高い表現などの高い技術があり、の、などからも絶賛される抜群の歌唱を持つ。 数こそ少なかったもののは多く再生数も伸びていて、さらには高まると思われていたが、 「 」が再生を達成するのとほぼ同時にのを。 内では達成を祝うとを悲しむが大量に流れた。 しかし今でもは根強く、の歌は内のやに使用されたりする事も多く、の歌のや名義の歌のでは「」が付けられることが多い。 また、最後の『』のともなった。 の・と「」を組んでもいたが、そちらもをもって解散し、全をした(の寝坊によっては翌日の頃になった)。 の『』の再生数を記念して配布された『 3M-』ではを担当。 多くのは大いに歓喜した。 その後、「」が氏のからされた。 これを受けて氏からの「最高の」などのががつくなどした上に、1日で20万再生をえるなどの驚異的な再生数を達成し、に達した。 :00 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• (別名義)•

次の

瀧本富士子

ガゼル イナイレ

必殺技 イナズマイレブン2 ~脅威の侵略者~ イナズマイレブン2 ~脅威の侵略者~ 必殺技 アイキューとアイシーで必殺技をすると気持ちいい アイキューとアイシーで必殺技をすると最高です。 スカッとします。 ちなみにアイキューとアイシーは簡単にゲットできます。 最高ランク技 最高ランク技は、TP70orエイリアTP35のものを言います。 (シュート) 風 クロスファイア・ファイアブリザード・スペースペンギン 林 スーパーノヴァ 火 ネオギャラクシー・クロスファイア・ファイアブリザード 山 ジ・アース この中で買うことのできるものは、ネオギャラクシーだけです。 なので、最高ランク技を覚えるオススメ選手も教えます。 風 ファイアブリザード(ガゼル・バーン) スペースペンギン(ウルビダ) 火 ネオギャラクシー(ヒデナカタ) 最高ランク技を覚える選手 シュート 風 スペースペンギン(ウルビダ)ファイアブリザード(ガゼル) 林 スーパーノヴァ(ウィーズ・グラン) 火 ネオギャラクシー(ヒデナカタ) ファイアブリザード(バーン) 山 ジ・アース(えんどう) スーパーノヴァとネオギャラクシー 皆さん知っていますか? 実はスーパーノヴァとネオギャラクシーの技をよ~く見ると、ほとんど変わらないのです。 爆熱ストーム 爆熱ストームはG5の方がふつうに強い。 止められたのは多分真正面から撃ったか、遠くから撃ったか、どっちもかをしたからだとおもいます。 必殺技の進化 必殺技の進化するにはそれぞれの技は回数に違いがある。 早熟タイプ 例えば、アトミックフレアやしっぷうダッシュなどの技は改になるには20回 真になるには55回成功させる。 基本タイプ 例えば、ライトニングアクセルやプロキオンネットなどの技は、改になるには30回 真になるには70回成功させる。 晩成タイプ 例えば、ホエールガードや、ゴットハンドなどの技は改になるには45回 真になるには99回成功させる。 ファイアブリザード・クロスファイア リザードだとガゼルが出るので風属性、ファイアだとバーンが出るので火属性.。 そして、クロスファイアも同様である。 つまり、ブリザードだと風属性のクロスファイア、ファイアだと火属性のクロスファイアが手に入ります。 エキストラルートやプレミアムルートでゲットできる必殺技 まずジェミニやジェネシスがあるところはクリア。 ホエールガードsランクで超業。 稲妻kfsのところも超技だ。 必殺技改になるには? 改になるには 必殺技を約50回つかえばいい。 1部必殺技を60回以上つかわないとならないのもあります。 必殺技について 必殺技の画面が出た瞬間にDSを閉じると、必殺技の音が消えたり必殺技が省略されたりします。 必殺技を真にすると・・・ 必殺技を真にすると格好が変わる。 ドラゴンクラッシュ… ドラゴンが前に出てくるぞ。 必殺技のレベルアップ 必殺技を決められた数成功させると、その必殺技がレベルアップするぞ。 使用TPは増えないが威力が上がる 使っていると勝手に上がるので、レベルをあげたい技を使えばいい。 ロックウォールダム 円藤+壁山の技「ロックウォールダム」 壁山の必殺技ロックウォールダムは、たまごろうをパートナーにできるのに、立向居はパートナーにできない。 山のゴットハンドのみ。

次の