ボーカロイド 歌い手。 【ボカロ】ボーカロイドの魅力とは?~10年経った今でも未完成であることが無限の可能性を秘めている~

ランク順の歌い手一覧(1ページ目)

ボーカロイド 歌い手

"VOCALOID"について "ボーカロイド"とは 「VOCALOID」は、ヤマハ株式会社が開発したDTM制作を目的とした音声合成の技術やその技術を使用した製品を意味します。 制作元はヤマハだったんですね。 ボーカロイドの種類一覧 2018年8月現在ではボーカロイドの種類は48種類 日本語版・海外版などを含めたら101種類が公式で公開されています。 予想以上に沢山いましたね。 僕が知っているのは1割ほどだったので驚きました。 以下にざっくりと名前をまとめて見ました。 参照: ざっくり一覧 巡音ルカ 鏡音リンレン flower KAITO 紲星あかり LUMi 心華 AZUKI MATCHA 夢眠ネム 兎眠りおん マクネナナ CYBER SONGMAN 東北ずん子 初音ミク 音街ウナ Fukase unity-chan! Rana アルスロイド Sachiko CYBER DIVA VY1V4 杏音鳥音 あのん 杏音鳥音 かのん ギャラ子 メルリ ZOLA PROJECT VY2V3 Megpoid などなどごく一部です。 主流なVOCALOID 上記のVOCALOIDの中で有名とされる2018年流行りのVOCALOIDとその代表曲をご紹介します。 ボーカロイドのその年ごとの僕的神曲。 ぜひ聞いて見てください。 初音ミクはデザイナーのKEIさんによって初期のミクデザインが描かれました。 ちなみに左腕にある「01」のナンバーは自身がボーカロイドの1人目を表すことを意味しているようです。 プロフィールも公式で公開されているようで年齢的には高校生ぐらいなんですね。 2007年12月27日に発売され、大ヒットを記録しました。 鏡音リンとレンの声は声優の下田麻美さんが一人二役を担当しているそうです。 鏡音リン・レンの声といえば「張りのある声」や「力強い声」が特徴的ですよね。 鏡音リン・レン【MV】.

次の

セカオワFukase、小林幸子、そして国民的キャラ……こんなにある「有名人ボーカロイド」

ボーカロイド 歌い手

ヤマハが開発したを合成する技術の一つ。 の登録商標。 この技術を応用したソフトウェア製品の総称にもなっている。 ユーザーが旋律となる音符情報と歌詞を入力すると、ボーカロイドは実際の人の声からつくられたデータベースをもとに、歌声をつくり出す。 さらに、声音の強弱やビブラート、息継ぎといった情報を加え、合成当初の不自然な歌声を、人間が歌っているような、なめらかな旋律へと近づけるように編集できる。 歌声のデータベースを変更することで、いろいろな歌声を演出できる。 この特徴を生かし、特定のデータベースをキャラクター化したボーカロイド製品が販売されており、この製品で制作された楽曲はボーカロイド曲とよばれている。 2007年(平成19)に声優のデータから歌声を合成する、「初音ミク はつねみく 」というキャラクターを設定したボーカロイド製品が発売され、バーチャルアイドルとして世界中で人気を得た。 これによりボーカロイド製品は、世界中のDTM(Desktop Music、デスクトップ・ミュージック)やキャラクター制作の愛好家に知られるようになった。 ボーカロイド曲の多くは、制作したユーザーが楽曲を動画共有サイトに投稿し、この楽曲に共感した視聴者が楽曲にイメージ画像やアニメーションを制作して組み合わせた形で再発表している。 動画共有サイトを軸にネットユーザーが共同作業をしながらコンテンツを仕上げるという、これまでにない自主制作のあり方が形づくられた。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

人気歌い手ユニット『すとぷり』とは?

ボーカロイド 歌い手

初音ミクによって一躍多くの人に知られるようになった音楽ソフト「ボーカロイド」。 ボーカロイドとは、歌詞とメロディ(楽譜情報)を入力することで、ボーカルパートを制作できる「歌声合成技術」だ。 日進月歩で進化するこの技術。 例えば、2年連続紅白歌合戦への出場を果たした人気バンド、SEKAI NO OWARIのボーカリストであるFukaseの声を基に開発した「VOCALOID4 Library Fukase」が2016年1月28日に発売されることが話題となっている。 実際にこのソフトを使って、有名ボカロPのれるりりが作った楽曲がこちら。 歌い出しからそのクオリティに圧倒されるはず。 今回は、これまでに発表されてきたユニークな有名人ボーカロイドを紹介しよう。 ネットユーザーに愛される大御所演歌歌手もボカロ化 まずはネットユーザーから「ラスボス」の愛称で親しまれる大御所演歌歌手の小林幸子。 2013年頃から、ニコニコ動画やコミックマーケットといったオタクカルチャーとのコラボを繰り返してきた小林幸子もボーカロイド化されている。 2015年7月に発売された小林幸子のボーカロイドは、その名も「Sachiko」! 付属のジョイントプラグイン「Sachikobushi」を利用すれば、小林幸子独自のこぶしやしゃくりを簡単に再現でき、ネット上でボーカロイドを使って音楽制作をするプロデューサーである「ボカロP」たちが、過去の人気ボカロ曲や小林幸子本人の曲を「Sachiko」に歌わせた作品をネット上に発表している。 昭和を代表する名コメディアンもボカロ化 故人では、『スーダラ節』など数々のヒット曲を歌ったクレイジーキャッツのメンバーで、昭和を代表する歌手・コメディアン、植木 等も「植木ロイド」としてボーカロイド化されている。 あの国民的キャラクターもボカロ化! またボーカロイド化されているのは歌手だけではない。 「ポンキッキ」でおなじみの国民的キャラクター、ガチャピンも「VOCALOID2 ガチャッポイド」としてボーカロイド化されているのだ。 では、Perfumeの名曲「ポリリズム」をガチャピン声でカバーしたレア音源をダウンロードすることもできる。 驚くべきことに、ガチャピンがボーカロイド化されたのは、2010年! 実は今回紹介したなかで誰よりも早くボーカロイドとなっていたのだ……。 次々と新しいユニークな取り組みが行われるボーカロイド業界。 次は一体誰がボーカロイド化されるのか……。

次の