電力会社 比較 関東。 関東で電気とガスをまとめる時の安くておすすめなのは?徹底比較ランキング!

【比較】電力自由化で一番安い電力会社はどこ?(関東向け)

電力会社 比較 関東

東京電力エリア 関東 でおすすめの電力会社ランキング 【1位】絶大な人気とAmazonポイント+無料トラブルサポート付『Looopでんき』 『Looopでんき』の1番のおすすめポイントは評判と信頼の高さ! 2020年3月にも関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキングで【価格満足度】と【サービス満足度】の2つの部門で1位を獲得しています。 サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表 もっとも信頼できる電力と言っても過言ではないでしょう。 基本料金0円で従量料金一律の型破りの料金体系を発案したのもLooopでんき。 電気使用量が多いほどお得ですが、一人暮らしも節約できます。 また、関東圏では都市ガスとセットで契約すると、電気代がさらに値引きになるだけでなく、他社よりも安いガス料金で光熱費全体がお得になります。 さらに嬉しいことにAmazonポイントを貯められるようになりました!! また、関東エリアには 24時間365日対応の無料トラブルサポートがあるのもいざという時も安心です。 お得になる申し込みキャンペーンも期間限定で実施することもあります。 『あしたでんき』は東京電力の100%子会社なので、大手がバックにいると思うと安心!という方にもぴったりです。 基本料金が0円、解約金0円の新電力の中では 電気単価が最安になっています。 ポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、とにかく安いのが『あしたでんき』。 3~4人家族なら平均で年間約15,000円の節約が見込めます。 期間限定のキャンペーン中が1番お得に申し込みできます。 1の高額キャンペーンと密かに人気『エルピオでんき』 『エルピオでんき』は超格安でんきです! 料金を安くするために大きな広告は掲げていないので知らない人も多いのですが、 本当に安いと評判で満足度も高いのが特徴。 従来電力から乗り換える場合、4LDKで年間約1万3千円の節約もできます! 実は私の実家もエルピオでんきにしています。 1位・2位のLooopでんきとあしたでんきはクレジットカード払いのみなのですが、エルピオでんきは口座振替もあります。 両親が口座振替希望だったのでエルピオでんきにしました。 ありがたいことにいつでも申し込みキャンペーンがあることも、切り替えやすいポイントでした。 標準プランはLooopでんきと料金単価はまったく同じになっています。 Looopでんきやあしたでんきが対応していない 口座振替にも対応しているのも親指でんきのメリット。 『親指でんき』の大きな特徴は、料金プランが豊富なこと。 例えば『ペットがいる家庭向け』『夜型の生活向け』『ゲーマー向け』『美容に関心がある人向け』など他にはない独自のプランがあります。 安いだけでなくそれぞれの生活スタイルや趣味に合わせた嬉しい特典あるのは親指でんきだけ。 電力会社の選び方と確認項目 安さ重視か料金以外にポイントやセット割も欲しいか 電力会社切り替えで1番のメリットは『電気代が安くなる』こと。 電力会社によってはポイントが貯まったり、ガスやインターネットとセットで契約すると安くなる割引があるなど様々なサービスがあります。 とにかく1円でも安くしたいのか、ポイントが欲しいのか、セットでまとめて安くしたいのかなどによって選択の幅が変わります。 ただし、セット割引やポイント還元などがあっても、トータルではそんなにお得じゃないことも珍しくありません。 例えば東京ガスで電気とガスでまとめるよりも、セット割なしで安い電力と安いガスをそれぞれ契約した方が安かったりします。 なので個人的にはセット割引きは必要ないと思っています。 何を優先したいのか考えてみましょう。 解約金や初期費用が無料かどうか 1番のおすすめは契約手数料なしで、解約金も0円の電力です。 この記事で私がおすすめした電力はどれも初期費用・解約金は0円なのでリスクなく電気代をお得にできます。 それ以外の電力の場合は、稀に初期手数料がかかる電力もあるので、念のため確認しておくと良いでしょう。 また、電力会社によって『契約期間』があり、期間内に解約してしまうと、解約金・違約金の支払いが生じることもあります。 例えばLooopでんきは契約期間は1年としているものの、いつ解約しても解約金は無料です。 しかし、ピタでんの場合は1年以内の解約は解約金2,000円が請求されます。 J:COM電力はインターネットとセットで契約すると、2年以上利用していても定められた『更新月』以外での解約は20,000円の違約金が発生します。 電力切り替えでは初期費用0円でも解約時には費用が発生する電力は結構あります。 契約期間、解約金の額、解約金が発生しないタイミングなど、必ず確認しましょう。 特に申し込みキャンペーンがある場合、『4ヵ月間利用すること』など条件が小さく書いてあります。 通常は縛りがなくても、セット割引きやキャンペーン適用には縛りがある可能性もあるので注意しましょう。 電力申し込みから利用開始までの期間 電力会社への申し込みはWEBで完結できることがほとんどです。 検針票があれば 5分以内に終わってしまうような簡単な手続きになっています。 また、 電力切り替えは申し込みから利用開始までの目安は約2週間~1ヵ月と言われています。 もしも、キャンセルしたくなった場合は、利用開始までに電力会社に連絡すれば問題なくキャンセルできます。 電気代を安くするためにはできるだけ早めの申し込みがおすすめです。 申し込みをすると、切り替え先が契約中の電力へ解約手続きをするので、ご自身で解約の連絡をしなくて大丈夫です。 切り替え先を決めたらそのまま申し込みしてください。 支払い方法の確認 新電力では支払い方法がクレジットカードだけの場合もあります。 あってもクレジットカードか口座振替の2種類など。 振込用紙による支払いができる電力は多くありません。 知名度よりも満足度の高さを口コミ・評判から確認する 電力会社の数はかなり多く、知名度が低くても安くておすすめできる新電力もあります。 逆に知名度は高くても実はそんなに安くない電力も多くあります。 判断材料の1つとしておすすめなのが『評判・口コミ』を見ること。 特に電話や訪問営業で『絶対安くなります』と言われてすぐに契約するのはやめましょう。 残念ですが、実際は割高になってしまったという口コミが多い電力もあります。 口コミが全然見つからない電力も中にはありますが、利用者の満足度を知ることでその電力がユーザーを大切にしているか、安心して使えそうかが分かります。 必ずシミュレーションをすること ほとんどの電力会社は公式ホームページで電気代のシミュレーションができるようになっています。 必ず自宅の電気使用量でシミュレーションすることをおすすめします。 また、できれば1社だけでなく複数で比較すると良いでしょう。 電力会社切り替え時の基礎知識 アパートやマンションなどの場合 アパート・マンションなどの賃貸物件も電力切り替えができます。 しかし、物件によっては建物単位で一括受電契約をしている場合には個人での契約ができません。 借りている物件がどちらか分からない場合は不動産屋さんやオーナーに確認しましょう。 もしも契約した電力が倒産したら? 『安い電力会社を見つけたけど、安心できる会社なのか分からない』『倒産しないか心配』という方もいるかもしれませんね。 もしも契約した電力会社が撤退することになっても既存の電力がフォローすることになっているので、突然電気が止まるような事態にはなりません。 関西なら関西電力、東京なら東京電力がフォローしてくれます。 また、安い電力にしたからといって電力の品質が悪くなることもありません。 というのも、送配電ネットワークはこれまでと同じだからです。 どの電力から電気を買っても品質は変わらないので、安心して電力を切り替えてください。 スマートメーターの設置工事 新電力切り替えでは『スマートメーター』の設置工事があります。 すでにスマートメーターが設置してある場合は不要です。 原則無料の30分程度の作業で、立ち合いはなし。 停電にもなりません。 アパートやマンションなどの集合住宅の場合、管理会社などに許可を取る必要はありませんが、トラブル防止のために伝えておくと安心です。 まとめ 関東・東京電力エリアで安くておすすめの電力会社について紹介しました。 人気と評判の高さをみると、1番間違いないのは『Looopでんき』だと思います。 おすすめの電力会社はどれも安いですが、何を優先して契約したいかでどの電力にするか決めやすくなります。 どの電力も初期費用・解約金は0円なのでリスクなく電気代をお得にできます。 ぜひ参考にしてください。 新しく参入してくる電力も多いので、さらに安くておすすめできる新電力が登場したら随時更新したいと思います。

次の

【東京エリアの電力会社を比較】電力自由化で電気料金を安くする

電力会社 比較 関東

東京電力エリア 関東 でおすすめの電力会社ランキング 【1位】絶大な人気とAmazonポイント+無料トラブルサポート付『Looopでんき』 『Looopでんき』の1番のおすすめポイントは評判と信頼の高さ! 2020年3月にも関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキングで【価格満足度】と【サービス満足度】の2つの部門で1位を獲得しています。 サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表 もっとも信頼できる電力と言っても過言ではないでしょう。 基本料金0円で従量料金一律の型破りの料金体系を発案したのもLooopでんき。 電気使用量が多いほどお得ですが、一人暮らしも節約できます。 また、関東圏では都市ガスとセットで契約すると、電気代がさらに値引きになるだけでなく、他社よりも安いガス料金で光熱費全体がお得になります。 さらに嬉しいことにAmazonポイントを貯められるようになりました!! また、関東エリアには 24時間365日対応の無料トラブルサポートがあるのもいざという時も安心です。 お得になる申し込みキャンペーンも期間限定で実施することもあります。 『あしたでんき』は東京電力の100%子会社なので、大手がバックにいると思うと安心!という方にもぴったりです。 基本料金が0円、解約金0円の新電力の中では 電気単価が最安になっています。 ポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、とにかく安いのが『あしたでんき』。 3~4人家族なら平均で年間約15,000円の節約が見込めます。 期間限定のキャンペーン中が1番お得に申し込みできます。 1の高額キャンペーンと密かに人気『エルピオでんき』 『エルピオでんき』は超格安でんきです! 料金を安くするために大きな広告は掲げていないので知らない人も多いのですが、 本当に安いと評判で満足度も高いのが特徴。 従来電力から乗り換える場合、4LDKで年間約1万3千円の節約もできます! 実は私の実家もエルピオでんきにしています。 1位・2位のLooopでんきとあしたでんきはクレジットカード払いのみなのですが、エルピオでんきは口座振替もあります。 両親が口座振替希望だったのでエルピオでんきにしました。 ありがたいことにいつでも申し込みキャンペーンがあることも、切り替えやすいポイントでした。 標準プランはLooopでんきと料金単価はまったく同じになっています。 Looopでんきやあしたでんきが対応していない 口座振替にも対応しているのも親指でんきのメリット。 『親指でんき』の大きな特徴は、料金プランが豊富なこと。 例えば『ペットがいる家庭向け』『夜型の生活向け』『ゲーマー向け』『美容に関心がある人向け』など他にはない独自のプランがあります。 安いだけでなくそれぞれの生活スタイルや趣味に合わせた嬉しい特典あるのは親指でんきだけ。 電力会社の選び方と確認項目 安さ重視か料金以外にポイントやセット割も欲しいか 電力会社切り替えで1番のメリットは『電気代が安くなる』こと。 電力会社によってはポイントが貯まったり、ガスやインターネットとセットで契約すると安くなる割引があるなど様々なサービスがあります。 とにかく1円でも安くしたいのか、ポイントが欲しいのか、セットでまとめて安くしたいのかなどによって選択の幅が変わります。 ただし、セット割引やポイント還元などがあっても、トータルではそんなにお得じゃないことも珍しくありません。 例えば東京ガスで電気とガスでまとめるよりも、セット割なしで安い電力と安いガスをそれぞれ契約した方が安かったりします。 なので個人的にはセット割引きは必要ないと思っています。 何を優先したいのか考えてみましょう。 解約金や初期費用が無料かどうか 1番のおすすめは契約手数料なしで、解約金も0円の電力です。 この記事で私がおすすめした電力はどれも初期費用・解約金は0円なのでリスクなく電気代をお得にできます。 それ以外の電力の場合は、稀に初期手数料がかかる電力もあるので、念のため確認しておくと良いでしょう。 また、電力会社によって『契約期間』があり、期間内に解約してしまうと、解約金・違約金の支払いが生じることもあります。 例えばLooopでんきは契約期間は1年としているものの、いつ解約しても解約金は無料です。 しかし、ピタでんの場合は1年以内の解約は解約金2,000円が請求されます。 J:COM電力はインターネットとセットで契約すると、2年以上利用していても定められた『更新月』以外での解約は20,000円の違約金が発生します。 電力切り替えでは初期費用0円でも解約時には費用が発生する電力は結構あります。 契約期間、解約金の額、解約金が発生しないタイミングなど、必ず確認しましょう。 特に申し込みキャンペーンがある場合、『4ヵ月間利用すること』など条件が小さく書いてあります。 通常は縛りがなくても、セット割引きやキャンペーン適用には縛りがある可能性もあるので注意しましょう。 電力申し込みから利用開始までの期間 電力会社への申し込みはWEBで完結できることがほとんどです。 検針票があれば 5分以内に終わってしまうような簡単な手続きになっています。 また、 電力切り替えは申し込みから利用開始までの目安は約2週間~1ヵ月と言われています。 もしも、キャンセルしたくなった場合は、利用開始までに電力会社に連絡すれば問題なくキャンセルできます。 電気代を安くするためにはできるだけ早めの申し込みがおすすめです。 申し込みをすると、切り替え先が契約中の電力へ解約手続きをするので、ご自身で解約の連絡をしなくて大丈夫です。 切り替え先を決めたらそのまま申し込みしてください。 支払い方法の確認 新電力では支払い方法がクレジットカードだけの場合もあります。 あってもクレジットカードか口座振替の2種類など。 振込用紙による支払いができる電力は多くありません。 知名度よりも満足度の高さを口コミ・評判から確認する 電力会社の数はかなり多く、知名度が低くても安くておすすめできる新電力もあります。 逆に知名度は高くても実はそんなに安くない電力も多くあります。 判断材料の1つとしておすすめなのが『評判・口コミ』を見ること。 特に電話や訪問営業で『絶対安くなります』と言われてすぐに契約するのはやめましょう。 残念ですが、実際は割高になってしまったという口コミが多い電力もあります。 口コミが全然見つからない電力も中にはありますが、利用者の満足度を知ることでその電力がユーザーを大切にしているか、安心して使えそうかが分かります。 必ずシミュレーションをすること ほとんどの電力会社は公式ホームページで電気代のシミュレーションができるようになっています。 必ず自宅の電気使用量でシミュレーションすることをおすすめします。 また、できれば1社だけでなく複数で比較すると良いでしょう。 電力会社切り替え時の基礎知識 アパートやマンションなどの場合 アパート・マンションなどの賃貸物件も電力切り替えができます。 しかし、物件によっては建物単位で一括受電契約をしている場合には個人での契約ができません。 借りている物件がどちらか分からない場合は不動産屋さんやオーナーに確認しましょう。 もしも契約した電力が倒産したら? 『安い電力会社を見つけたけど、安心できる会社なのか分からない』『倒産しないか心配』という方もいるかもしれませんね。 もしも契約した電力会社が撤退することになっても既存の電力がフォローすることになっているので、突然電気が止まるような事態にはなりません。 関西なら関西電力、東京なら東京電力がフォローしてくれます。 また、安い電力にしたからといって電力の品質が悪くなることもありません。 というのも、送配電ネットワークはこれまでと同じだからです。 どの電力から電気を買っても品質は変わらないので、安心して電力を切り替えてください。 スマートメーターの設置工事 新電力切り替えでは『スマートメーター』の設置工事があります。 すでにスマートメーターが設置してある場合は不要です。 原則無料の30分程度の作業で、立ち合いはなし。 停電にもなりません。 アパートやマンションなどの集合住宅の場合、管理会社などに許可を取る必要はありませんが、トラブル防止のために伝えておくと安心です。 まとめ 関東・東京電力エリアで安くておすすめの電力会社について紹介しました。 人気と評判の高さをみると、1番間違いないのは『Looopでんき』だと思います。 おすすめの電力会社はどれも安いですが、何を優先して契約したいかでどの電力にするか決めやすくなります。 どの電力も初期費用・解約金は0円なのでリスクなく電気代をお得にできます。 ぜひ参考にしてください。 新しく参入してくる電力も多いので、さらに安くておすすめできる新電力が登場したら随時更新したいと思います。

次の

東京電力エリア・関東でおすすめの電力会社BEST5!安さ・特典を比較!

電力会社 比較 関東

電力自由化で東京電力よりもお得になる新電力会社とは 先ほどもお伝えしましたが、電力自由化で新電力会社に乗り換えた皆さんが必ずお得になるというわけではありません。 もしかすると乗り換えないままの方が安いことも…。 これからご紹介するのは以下のモデルケースの場合のおすすめ電力会社ランキング ベスト5• 単身世帯:契約アンペア数は20A、毎月150kWh程度利用• 4人家族 賃貸住宅 :契約アンペア数は30A、毎月200kWh程度利用• 大家族 戸建住宅 :契約アンペア数は60A、毎月250kWh程度利用 モデルケースを例に試算の結果安かった上位5社の基本料金と従量料金を比較したものです。 今までは決められた電力会社、関東エリアでいうと東京電力のみと契約となっており、電気料金が高いとお悩みの方もいらっしゃったことでしょう。 しかし2016年4月から、生活スタイルなどに合わせお好みの電力会社と契約することができるようになったのが、電力自由化というもので、従来の電力会社と比べると電気料金が安くなる方が多くなっています。 スマホとセットで割引になる、ガスとセットで割引になるなど様々なプランがありますので、まずは気になる電力会社で見積もりをしてみるのも良いですね。 電力自由化についてはこちらの記事でも詳しく解説していますのでぜひご覧ください。 東京ガスとセットでお得• オール電化や日中は不在で夜間に電力を使う方• 電気料金だけじゃない!充実したサービス• ガスは東京ガスで契約しているという方• 基本料金が0円!• 太陽光発電システムを所有している方• たくさん使うほどお得になるファミリー向けプラン• ソフトバンクのスマホもしくはネットを利用している方• スマホとセットでお得!• auのスマホを使っている方• トップクラスの低価格プラン• 老舗の新電力会社• 大規模バイオマス発電• 初回契約時や解約事務手数料が必要• 電力消費量が少ない方• 8円、年間261円安くなることになります。 12円、年間3337. 44円安くなります。 6円、年間10879. 2円安くなります。 となりました。 今回はモデルケースを例に計算していきましたが、ご家族の人数やセット割りにできるものなどにより、乗り換えると一番安くなる電力会社は変わってきますので目安としてお考えの上、いくつかの電力会社で乗り換えた場合の電気料金を調べてみましょう。 参考:新電力会社おすすめ10社の電気料金比較表 単身世帯:契約アンペア数は20A、毎月150kWh程度利用 企業名 基本料金 電力量料金 合計金額 東京電力 842. 4円 4420. 8円 5263. 2円 東京ガス 842. 4円 4660. 6円 5503円 ループでんき 0円 5200円 5200円 ソフトバンクでんき 0円 5200円 5200円 auでんき 842. 4円 4420. 4円 5262. 8円 HTBエナジー 800. 28円 4184. 8円 4985. 08円 エネワンでんき 810円 4422. 4円 5232. 4円 イーレックス 838. 2円 4270. 8円 5109円 サーラeエナジー 842. 4円 4560円 5402. 4円 TOSMO 0円 5200円 5200円 大家族 戸建住宅 :契約アンペア数は60A、毎月250kWh程度利用 企業名 基本料金 電力量料金 合計金額 東京電力 1684. 8円 5719. 8円 7404. 6円 東京ガス 1684. 8円 5590. 6円 7275. 4円 ループでんき 0円 6500円 6500円 ソフトバンクでんき 0円 6500円 6500円 auでんき 1684. 8円 5719. 9円 7404. 7円 HTBエナジー 1600. 56円 5415. 8円 7016. 36円 エネワンでんき 1620円 5722. 4円 7342. 4円 イーレックス 1676. 4円 5488. 8円 7165. 2円 サーラeエナジー 1684. 8円 5700円 7384. 8円 TOSMO 0円 6500円 6500円.

次の