源氏物語 車争ひ。 源氏物語映画の相関図は?あらすじ(キャスト)やアニメもチェック!

源氏物語葵車争ひ車争い大殿には日たけゆきて品詞分解助動詞敬語全訳

源氏物語 車争ひ

源氏物語の映画って?相関図も! 有名なのが2011年に公開された「源氏物語 千年の謎」。 生田斗真が主演です。 そもそも「源氏物語」ってめちゃくちゃ長いんですよね。 なのでそれを全て映画にするのは困難なので、小説『源氏物語 悲しみの皇子』(文庫版では『源氏物語 千年の謎』に改題しています)を映画化したのが、「源氏物語 千年の謎」というわけです。 平安時代の式部の物語と、式部の書いた光源氏の物語が同時進行していく、という内容です。 権力者である藤原道長は、娘の彰子に一条帝の心を向けさせようと、紫式部に物語を書くよう命じる。 その物語が「源氏物語」。 今上帝と桐壺更衣の間に生まれたの光源氏。 しかし桐壺更衣は正妻ではないのだ。 のち、嫉妬した正妻の弘徽殿女御によって殺害されてしまう。 光源氏は宮中の女性たちの憧れの存在、母である桐壺にそっくりの義理の母である藤壺へ恋心を抱く。 その苦しさから逃れるため、正妻の葵の上、大人の色香満載の六条御息所、つつましい夕顔と、自由奔放に恋愛をする。 やがて、それぞれの女性から嫉妬心を買い、光源氏はどんどん追い詰められていく。 紫式部が書いた「源氏物語」のおかげで、たちまち帝は彰子に恋に落ち、二人の間に男の子が生まれた。 これによって道長の地位は確固たるものとなり、作戦は大成功のうちに紫式部の役目は終わるはずだった。 しかし・・・ どうしてか紫式部は「源氏物語」を書くことをやめない。 そんな中、道長の友人、陰陽師の安倍晴明は、そんな紫式部に嫌な予感を感じ始める……。 光源氏に夢中になる女性たちに深く嫉妬した御息所の心が、藤原道長への思いを心に秘めた紫式部自身の心と重なり、生き霊となって現実に現れる始めたのだ。 愛と嫉妬と憎しみに翻弄されるのは、紫式部、道長、光源氏。 物語と現実が混ざり合ってしまう。 陰陽師の安倍晴明が紫式部の生き霊を追っていくこととなる。 気になる相関図はこちら! 【源氏物語千年の謎】 相関図わかりやすくてイイネ!でもこれ安倍晴明いる…?い…いる? 正ヒロイン(個人的解釈)+幼女要因の紫の上が出て来ない件。 六条御息所が芥子がとれなくてシクシク髪を洗う場面で大体気の毒になって来る件。 — ナベ nabe4242 源氏物語のアニメもある? あります! 「源氏物語千年紀 Genji」 ニコニコ動画やFODにて配信中ですよ!.

次の

「源氏物語:車争ひ〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

源氏物語 車争ひ

「源氏物語:車争ひ〜前編〜」の現代語訳(口語訳) 六条 ろくじょうの御息所 みやすどころは、前坊(前の皇太子)の妃 きさきであったが、死別して後、光源氏 ひかるげんじをひそかに通わせるようになっていた。 しかし、正妻として葵 あおいの上 うえがいる光源氏との仲は不安定で、御息所は娘が斎宮 さいぐう(伊勢 いせ神宮に奉仕する未婚の女性皇族)に定められたのを契機に、幼い斎宮に付き添って伊勢に下っていこうかと考える。 ちょうどその頃、新しく選ばれた斎院(京都の賀茂 かも神社に奉仕する未婚の女性皇族)の、葵祭 あおいまつりにおける御禊 ごけい(賀茂川で禊 みそぎをすること)の行列に光源氏が供をすることになり、世間の話題となっていた。 光源氏二十二歳。 この時、葵の上は懐妊していた。 大殿 おほとのには、かやうの御歩 おほんありきもをさをさし給 たまはぬに、御心地 みここちさへなやましければ思 おぼしかけざりけるを、 左大臣の姫君(葵の上)は、このようなお出かけ(新斎院の御禊の行列を見物にお出かけになるというようなこと)もめったになさらないうえに、(懐妊中ゆえ)ご気分まですぐれないので(御禊の行列の見物は)考えていらっしゃらなかったが、 若き人々、「いでや、おのがどちひき忍びて見侍 はべらむこそ、はえなかるべけれ。 おほよそ人 びとだに、今日の物見には、大将殿 だいしやうどのをこそは、あやしき山がつさへ見奉らむとすなれ。 遠き国々より、妻子 めこを引き具しつつもまうで来 くなるを、御覧ぜぬは、いとあまりも侍るかな。 」と言ふを、 若い女房たちが、「いやいや、私たちどうし(だけ)でひっそりと見物しましたら、それこそ何の興趣もない。 (光源氏と)ご縁のない人たちでさえ、今日の物見には、大将殿(光源氏)をこそ、卑しい山里の者までが拝見しようとしているそうだ。 遠い国国から、妻子を引き連れながら都に上って参るとかいうことなのに、(それほどの盛儀を)ご覧にならないのは、全くあんまりでございますよ。 」と言うのを、 大宮聞こし召して、「御心地もよろしき隙 ひまなり。 候 さぶらふ人々もさうざうしげなめり。 」とて、にはかにめぐらし仰せ給ひて見給ふ。 (葵の上の母君の)大宮がお聞きになって、「ご気分も(そう)悪くない折である。 お仕え申す女房たちもいかにももの足りないようだ。 」とおっしゃって、急に(外出の準備を調えるよう、従者たちに)お触れをお回しになって(葵の上は)ご見物に(お出かけに)なる。 日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出 いで給へり。 日が高くなって、(葵の上一行は、外出のための)作法や支度も特別ではない様子でお出かけになった。 隙もなう立ちわたりたるに、よそほしう引き続きて立ちわづらふ。 (一条大路に物見車が)すきまもなく立ち並んでいるので、(一行は)装いを整えて列をなしたまま車をとめる所がなくて困っている。 よき女房車 にようばうぐるま多くて、雑々 ざふざふの人なき隙を思ひ定めて、みなさしのけさする中に、網代 あむじろの少しなれたるが、 身分の高い女性が乗っている車が多いので、(その中で)身分の低い者が交じっていない場所を見定めて、(その辺の車を)ことごとく立ちのかせるその中に、網代車の少し使い古した車で、 下簾 したすだれのさまなどよしばめるに、いたう引き入りて、ほのかなる袖口、裳 もの裾、汗衫 かざみなど、物の色いと清らにて、ことさらにやつれたるけはひしるく見ゆる車二つあり。 下簾の様子などが由緒ありげなうえに、(乗り手は車の)ずっと奥に引っ込んでいて、わずかに見える袖口、裳の裾、汗衫など、お召し物の色合いがとても美しくて、わざとお忍びで目立たないようにしている様子のはっきり感じられる車が二両ある。 供人「これは、さらにさやうにさしのけなどすべき御車にもあらず。 」と口強 くちごはくて、手触れさせず。 (その車の供人は)「これ(この車)は、決してそのように立ちのかせなどしてよいお車でもない。 」と強く言い張って、(車に)手をつけさせない。 いづ方にも、若き者ども酔 ゑひすぎたち騒ぎたるほどのことは、えしたためあへず。 どちらの側でも、若い連中が酔い過ぎてわいわい騒いでいる時のことは、とても押しとどめることはできない。 おとなおとなしき御前 ごぜんの人々は、「かくな。 」など言へど、えとどめあへず。 (葵の上方の)年配で分別ある先払いの人々は、「そんな(乱暴な)ことはするな。 」などと言うけれど、とても制しきれない。

次の

「源氏物語:車争ひ」3分で理解できる予習用要点整理

源氏物語 車争ひ

『源氏物語絵巻』朝顔 光源氏と紫の上が雪遊びをする童女を眺めている 32歳の秋から冬の話。 の死去と同じ頃、源氏の叔父である桃園式部卿宮が死去したので、その娘、朝顔はを退いて邸にこもっていた。 若い頃から朝顔に執着していた源氏は、朝顔と同居する叔母女五の宮の見舞いにかこつけ頻繁に桃園邸を訪ね、を不安にさせる。 朝顔も源氏に好意を抱いていたが、源氏と深い仲になれば、と同じく不幸になろうと恐れて源氏を拒んだ。 朝顔への思いを諦めた源氏は、雪の夜、紫の上をなぐさめつつ、これまでの女性のことを話して過去を振り返る。 その夜源氏の夢に藤壺があらわれ、罪が知れて苦しんでいると言って源氏を恨んだ。 翌日、源氏は藤壺のために密かに供養を行い、来世では共にと願った。 朝顔の姫君 [ ] の弟・桃園式部卿宮の姫君で、のいとこにあたる。 名前は、源氏からの花を添えたを贈られたという「」や「朝顔」の逸話からきており、そこから「 朝顔の姫君」「 朝顔の斎院」「 槿姫君」「 槿斎院」などの呼び名がある。 五十四帖中「」から「」まで登場。 源氏が若い頃から熱をあげていた女君の一人で、高貴の出自のため正妻候補に幾度か名前が挙がり、正妻格のの立場を脅かした。 姫君自身も源氏に好意を寄せているが、源氏の恋愛遍歴と彼と付き合った女君たちの顛末を知るにつけ妻になろうとまでは思わず、源氏の求愛を拒み続けてプラトニックな関係を保ち、折に触れて便りを交わす風流な友情に終始した(ただし、肉体関係が全くなかったかについては異説もある)。 時代から斎院を長く続けたため婚期を逃し、そのまま独身を貫き通して、物語の表舞台から消える。 外部リンク [ ]• による定家本の・• - (訳).

次の