兵庫県警 いじめ 主犯 実名。 東須磨小学校の前校長の芝本力の顔公開!現在入院中だった?長谷川雅代は?

【兵庫・神戸市軟式テニス部集団いじめ】いじめ被害者、加害者と鉢合わせ意識失う

兵庫県警 いじめ 主犯 実名

今週の週刊新潮は内容が充実している。 後輩の教師への残酷なイジメで注目を集めている東須磨小学校の加害教師4人組についての特集で、4人の実名を公表したのである。 その理由を週刊新潮はこう書いている。 <教員免許は一度失効しても、大学の教職課程で取得した単位は有効なので、失効期間がすぎてから更新講習を受け、書類申請すれば、新たに取得することが可能です」(文部科学省人材政策課)>懲戒免職されると自治体の教育委員会によって剥奪されるが、3年経つと再取得できるのだ。 教員免許が失効すると官報に記載されるが、3年以上前の情報は記載されない。 したがって、たとえ懲戒免職になっても、3年経てば再び教壇に立つ道が開け、自治体は彼らの過去を知らずに採用してしまうから、<更生も不十分な虐待教師に、わが子、あるいはわが孫が、いつか気づかぬうちに導かれる可能性>(週刊新潮)があるからだというのである。 ただし、禁固刑以上の罰を受けると、失効期間は刑期プラス10年、罰金刑だと5年だが、今回の加害教師たちが長い禁固刑に処せられる可能性は低いようだ。 加害教師たちは全員30代以上で、主犯の女性教師は40代だから、実名公表への批判はそれほど起きない気がする。 それに、以下のようなイジメを超えた虐待ともいえる彼らのやり方を知ると、匿名性を守る必要は私も感じないが、あえてここでは実名は書かない。 <「昨年の運動会後の飲み会では、ビール瓶を口に突っ込まれて飲まされ、飲み終えると瓶で頭を叩かれたとのこと。 酒を無理に飲まされ、"もう無理です"と断ると"雑魚いな"といわれて平手打ち。 辛いものが苦手なのに激辛ラーメンを強引に食べさせられたときは、"もう無理です""許してください"と懇願しても、"はっ? 無理やし、全部飲め"。 さらには"唐辛子の身を全部食べろ"と。 関口先生(被害を受けた教師・仮名=筆者注)がトイレに駆け込んで嘔吐し、痙攣や痺れで苦しんでいる間、ほかの先生も一緒に大笑いしていたとか」(被害者の関係者)> 週刊文春によれば、40代の女性教師は、イジメた若い教師に恋愛感情の様なものを抱いていたようだが、ある時、若い教師から、交際している女性がいると打ち明けられて、可愛さあまって憎さ百倍、となったそうである。 イジメを受けていた教師は、10月11日(2019年)、須磨署に被害届を提出して、受理されている。 さらに兵庫県警担当記者は、県警捜査一課が須磨署と合同で捜査を開始したそうで、容疑はいくつもあるし、激辛カレーを食べさせた件では、動画という証拠があるから、暴行に問えるだろうと見ている。 天皇陛下は、29年前の上皇と同じように、「日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と「お言葉」を述べた。 この日は、15時半から「祝賀御列の儀」というパレードが催されるはずだったが、先の台風19号のもたらした被害を考慮して、延期になった。 この延期は、週刊新潮によれば、<30日に85歳のお誕生日を迎える美智子上皇后の意向が強く反映されている>というのである。 菅官房長官を含めた官邸は、「祝賀パレードは淡々と進めていきたい」と、強行する姿勢だったが、15日に西村泰彦宮内庁次長が、天皇皇后両陛下が被災されている多くの方々について心を痛めていると述べ、美智子上皇后も自身の誕生日の祝賀行事をすべて中止すると発表したことで、流れが変わったという。 天皇陛下から「どのような形でパレードが進められるのか、検討してみてください」という意向が侍従に伝えられ、宮内庁と官邸が協議した結果、中止となったそうである。 宮内庁の動きは早く、15日夕刻の時点で、「パレードは11月10日に延期」と伝えられていたという。 菅官房長官は「宮内庁と相談し、あくまで内閣として判断した」といったが、実際は宮内庁に押し切られた格好である。 以前から、宮内庁と安倍官邸の間には「すきま風」が吹いていた。 上皇の生前退位を巡って、脇に追いやられた官邸は、意趣返しに当時の宮内庁長官を更迭するという挙に出た。 祝賀パレードは国事行為である「即位の礼」の一部だから、憲法上は「内閣の助言と承認を必要」とするが、今回も、両陛下、ひいては美智子上皇后の強いご意見があり、<「その通りに進めるほかありませんでした」(全国紙デスク)> 週刊新潮は、こうした事態が続けば、御代替わりを迎えた意義が薄れ、上皇と上皇后、天皇と皇后という「二重権威」が鎌首をもたげるような事態になるのではと心配する。 私などは、いいではないかと思う。 天皇陛下といえども、上皇と上皇后から見れば、まだ若い自分の息子である。 「こういうときはこうされたがよくてよ」と助言を与えるのは、どこの親でもやることだ。 目くじらを立てることはあるまい。 週刊文春では、「即位礼正殿の儀」を、天皇が平成流から令和流に変えたと報じている。 平成の「即位礼正殿の儀」では、天皇皇后が「松の間」から出発して、「梅の間」の側面、正面の回廊を経て「松の間」に入場、先に並んでいる皇族方の間を通って高御座の後に回り、階段を上って帳の中に入ったという。 これは、参列者たちがどこにいても両陛下の姿を肉眼で見ることができるようにという、これまでとは違うやり方をしたというのである。 当時、それに対して反対の声もあったというが、今回は元に戻したそうだ。 それに、会場には精度の増したモニターが多く取り付けられて、儀式の様子はとてもクリアに見えたそうである。 週刊文春は<伝統を大切にしつつも時代に即した変化も辞さない"令和流">だと結んでいるが、時代にあったように工夫するのは皇室といえども当然だろう。 東京五輪「マラソン・競歩」札幌開催の裏で仕掛けられてるカジノ北海道誘致 IOC(国際オリンピック委員会)は、カタールのドーハで行われた陸上の世界選手権で、女子マラソンの出場68選手中28人が暑さと湿気で棄権したことを見て、突然、東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌でやると発表した。 これに小池百合子都知事は怒り、「北方領土でやったらどうか」という支離滅裂な暴言を吐いて、笑い者になった。 誰が考えても、真夏の東京でマラソンをやるなど正気の沙汰ではない。 だが、ここまで来て突然の変更には、どんな裏があるのか、週刊新潮が興味深い記事を掲載している。 札幌に会場を変えたとしても、さまざまな問題は残る。 スタートする会場をどこにするのか、選手たちの宿舎、観客たちのホテルはどうするのか。 北海道は観光シーズン真っ盛りである。 いくつかの祭りやスポーツも予定されている。 それを押しのけて、やれるのだろうか。 来週30日から11月1日に行われるIOC調整委員会で、大会組織委員会や東京都などと協議したうえで「正式決定」になるが、小池都知事の逆襲はあるのだろうか。 なにしろ、東京都は道路の反射熱を抑える舗装工事にすでに約300億円もかけたから、それが無駄になってしまう。 簡単に小池が引っ込むとは思えない。 それに、組織委の森喜朗とは犬猿の仲だ。 小池には分が悪いと、週刊新潮は見ているようだ。 その裏に、カジノ利権が見え隠れするというのである。 いまカジノの有力候補地は、大阪、菅官房長官の地元の横浜だが、小池はカジノ誘致には熱心ではない。 そこで、菅と結びつきの深い鈴木直道・北海道知事、橋本聖子五輪相などが、マラソン札幌開催をテコに、北海道(苫小牧市という名が挙がっているようだ)へカジノを誘致しようと蠢いているというのだ。 そうなれば、カジノのうち2つが菅案件となり、がっぽり利権が入って来るというわけだ。 そんな汚れた思惑で、札幌マラソンを実現してほしくはないが、IOCの突然の心変わりは、暑さだけではなく、何かもう一つ裏がありそうな気はする。 菅原一秀経産相の「違法香典」動かぬ証拠!週刊文春が現場をスクープ撮 菅官房長官の側近中の側近、菅原一秀経済産業相の「有権者買収」疑惑は、ついに週刊文春が、公設秘書が菅原の地元の支援者の葬儀で、菅原の代理として「香典袋」を出しているところを写真に収めた。 10月17日の夕方6時過ぎ。 中には2万円入っていたという。 今国会で焦点になっている菅原の政治資金規制法違反だが、自民党は菅原を出したくなくて、開催拒否をしている。 動かぬ証拠の前には、どんな詭弁を弄しても、逃げ切るのは難しいだろう。 菅原は有権者を3ランクに分けているという。 香典は最高ランクが2万円。 その際は、亡くなった有権者の家に「枕花」を届けるそうだ。 お祝いには胡蝶蘭。 年号が令和に代わった時は、「平成」「令和」と印字されたリンゴを贈ったという。 <「秘書が香典を代理で持参した場合、選挙の有無にかかわらず、公職選挙法に定められた『寄付の禁止』に抵触する可能性がある」(神戸学院大学法学部・上脇博之教授)> 「供花や枕花は本人が葬儀に参列するかどうかは関係なく、公選法で禁止されています。 (中略)公選法は、票をお金で買うことを禁止しているのです」(同)> こんなイロハのイがわからない代議士が重要閣僚にいるなんて、この国はどうなっているのか。 行政府の長である安倍晋三首相が、国会答弁で「私は立法府の長」といってしまうのだから、下は上を見て育つ。 まあ仕方ないか。 (文中敬称略).

次の

神戸市小学校教諭間のいじめ問題に、批判殺到で大炎上

兵庫県警 いじめ 主犯 実名

前任学校のホームページより('15年10月) 「辛いのなんて好きじゃないんです」と嫌がる男性を後ろから羽交い締めにする男と、笑いながら激辛カレーを無理やり口に突っ込もうとする女。 子どもでもやりそうもない貧相ないじめを、大の大人がやっている。 決定的瞬間を動画に収めたことに男は「もらった~、もらいました~」と歓喜の声を上げる。 その映像に登場する加害者も被害者も全員、小学校の教員! 衝撃を広げているのが、兵庫県神戸市須磨区の東須磨小学校の、教員による教員いじめ事件だ。 8月にはもう元気がなかった 神戸市教育委員会が明らかにしたのは、30~40代の先輩教員4人が、20代の後輩教員4人をいじめ支配していた実態。 長田淳教育長が「前代未聞の行為」と断罪したのは、 「コピー用紙の芯でお尻をミミズ腫れができるほど叩く。 携帯電話をロックして使えなくする。 女性教員にLINEでいやらしいメッセージを送るように強要する。 教員の車の上に乗ったり、車内で意図的に飲み物をこぼす。 車で無理やり自宅まで送らせる。 飲み会で無理やり飲ませる。 ポンコツだから『ポンちゃん』という人格を否定するあだ名をつける。 といった行為を繰り返していたそうです」(民放報道局員) ありとあらゆるハラスメントに暴行、人格否定。 とりわけ激辛カレーを無理強いされたX教員の被害は甚大で、現在、療養中で教壇に立つことができないという。 「とてもいい先生です。 勤務態度も良好で、勉強だけでなく一緒に遊んでくれたそうです。 週に2回、学級新聞を作って子どもたちの頑張りを伝えてくれていました」 と保護者が証言する。 そのうちの2人は、2018年度からいじめの対応などをする生徒指導担当で、1人は3年前に児童の右手を骨折させたことも判明した。 加害教員B、Cを知る卒業生に話を聞いた。 「2人とも優しくて面白い先生でした。 生徒を怒鳴ったりする怖い先生ではありませんでした。 B先生はどちらかといえば体育会系の印象ですが、いじめるようには見えませんでした。 けっこうイケメンで、女子生徒に人気がありました。 結婚していて小さなお子さんがいるはずです。 C先生も結婚しています」 ただ……と、その卒業生は言葉を探し、こう続ける。 「B先生と同じ学年を受け持っていた怖い先生がいました。 生徒たちも怖がっていましたが、すごくいい先生でした。 その先生がいたときは、ほかの先生たちのストッパーになっていたと思います。 僕たちが卒業した後に、その先生も異動になり、やりたい放題になったのでは」 「学級をつぶしたれ」 3人の男性教員の1人は、同校の仁王美貴校長の聞き取り調査に 「自分が面白ければよかった」と話し、被害者について 「そんなに嫌がっているようには思えなかった」と、まさにいじめる側の論理を振りかざしている。 仁王校長が9日に開いた会見では、 「反抗しまくって(X教員の)学級をつぶしたれ」と生徒をたきつけた過去があることもわかった。 前の校長がA教員を東須磨小にヘッドハンティングして、現在の校長も頭が上がらなかったようだが、それにしても度が過ぎている。 A教員の家族を知る70代の女性は、 「A先生は神戸市出身、地元の小中学校を卒業しています。 お兄さん、お姉さんがいて、4人きょうだいの末っ子。 お兄さんたちも、お兄さんの奥さんも教師とか教育関係の仕事をしているそうです。 お父さんも教育関係の仕事に従事していて、おじいちゃんも有名な人だったと聞きました。 教育者の家庭ですよ」 そんな教育一家に育ちながら、いじめを主導していたとは、開いた口がふさがらない。 この女性が続ける。 「Aさんと小中学校が一緒だった人の話では、結構おてんばだったせいか、結婚はしてないようです。 一見、しゃべりやすい気さくな関西のおばちゃん。 でも反対に、上から目線、人をなめているような態度で、あたりが強い、と感じる人もいたそうです。 昔はお兄さん一家と同居していた時期もありましたが、義理のお姉さんとそりが合わなくて家を出たという話です」 現在は、神戸市内の学校からも実家からも近い賃貸マンションでひとり暮らし。 時折、母親が1人で暮らす実家に食事を届けたりしていたという。 「お母さんは、2人の息子さんについては、教師をやっているとか教育委員会に勤めていると自慢話をするんですが、Aさんの話はまったく聞いたことがありません。 教師をしていたとは知りませんでした」(母親の近隣住民) 以前は、自分が購入した家に、母娘で住んでいたが、兄家族とうまくいかなかったように、母ともそりが合わなくなったのかもしれない……。 A教員の兄は、妹のことをどう見ているのか。 兄宅に行くと兄嫁の母が対応した。 「Aさんは確かに親戚ですが、私はよく知らなくて……。 ここにはAさんはおりません」 と恥さらしな事件に戸惑うばかり。 やがて帰宅した教職に就く兄嫁は、口を閉ざしたまま自宅に入っていった。 現在、加害教員4人は、「自宅謹慎という制度はなく、有給休暇を取らせている状態」と、市教育委員会は会見で明かした。 刑事告訴を検討しているという療養中の男性教諭は、報道機関にメッセージを寄せた。 そこには、 「いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。 その日を夢見て先生も頑張ります」 と希望の言葉が書かれている。 子どもたちの歓声が教室に響く日が来ることが、そう遠くないことを願いたい。

次の

東須磨小学校の前校長の芝本力の顔公開!現在入院中だった?長谷川雅代は?

兵庫県警 いじめ 主犯 実名

Contents• 長谷川雅代先生が東須磨小学校女帝と特定? この画像を見て加害者教員からすれば、この横縞のポロシャツを着た女帝と恐れられている40代教員はまさに激辛カレーを持って迫ってくる悪魔としか言いようがなかったのではないでしょうか? そんな東須磨小学校の女帝ですが、ネット上でかなり話題になっており特定までされているようです。 その特定にきっかけになったというのが、激辛カレーを持っているまさにこの姿だったのです。 一見、モザイクがかかっていること以外は至って普通ですが、実は着用している黒とグレーの横縞のシャツが決定打になっていたのです。 ではこの画像をご覧ください。 この画像の日付を見ていただくと2015年となっており、東須磨小学校に赴任する前の神陵台小学校時代のもので、『神陵台日誌』に投稿されていた画像です。 それにしても2015年から4年経った今も同じポロシャツを着ているとは物持ちがよほど良いのか?とても気に入っていて同じカラーのポロシャツを何着も持っていることになりますね。 ちなみにこのポロシャツについて調べてみましたが、販売されておらずフリーマーケットアプリで売られていたものの画像しか見つかりませんでした。 さらにお伝えすると、メンズの商品のようです。 スポンサーリンク 長谷川雅代と前々校長との関係 なぜ前々校長との関係が話題になっているのかというと、神戸市の教員人事に関して独特なルール(地元ルール)『神戸式』というものが存在し、教職員の人事はその神戸式で行われているのです。 では、その神戸式とはなんぞや?ということなのですが、通常、小学校のなどの教員の赴任先は教育委員会で決定され、人事異動(赴任先)が決定するのですが、神戸では校長の一存で招き入れる事ができる様なのです。 ということは、自分が校長と勤めている学校に入れる事ができ、お気に入りの教員で布陣を作る事が可能になってしまうのです。 前々校長の名前は、藤原高広ですので『藤原派』が夜にして作れるという事なのです。 ただのお気に入りだけならまだしも、もし教員内でオトナな関係になっている教員をすぐそば位に置く事も可能という事なのです。 そのため、前々校長に呼ばれて東須磨小学校に赴任した長谷川雅代先生との間にはなんらかの関係があったのでは?良からぬ噂まで上がってくるのです。 ですが、実際のところ前々校長との関係はただ単にお気に入りだったのか?他に理由があったのかは不明です。 おそらくお気に入りで赴任してきたとは思いますが、その結果、長谷川雅代先生は校長のお墨付き的な存在で女帝までに上り詰めたと言っても過言ではないでしょう。 そもそも、神戸式という訳のわからないルールが存在している事で、このような事が起きていることは神戸市の教育委員会はどの様に受け止めているのでしょうね? おそらくその点も追求されれるのではないでしょうか? 長谷川雅代先生の今後の進退は? 報道で報じられていないので不確定な情報ではあるのですが、今回の東須磨小学校の女帝は『長谷川雅代先生』で間違いはないと思われます。 そこで気になるのが、長谷川雅代先生の今後の進退。 現在は、精神的に不安定と有給休暇を消化しつつ雲隠れをしています。 先日行われた現校長『仁王美貴』の記者会見で 『東須磨小学校の教壇には立たせない』と発言されており、東須磨小学校では先生として努めることはできないと思われ、教育委員会からのお達しがあるまでなのかは不明ですが、これからも赴任先が決まるまでは政治家の様に療養をしていることと思います。 ですが、赴任先が決まればどこかの学校で、女帝は『いじめはいけませんよ』と自らやっていた激辛カレーなどのパワハラいじめのことは一切伏せて生徒に指導していくことになります。 そんなことは絶対いけませんし、何より被害者教員が刑事告訴を検討しているといい、有罪判決となれば、懲戒解雇と教員免許剥奪と言ったダブルパンチを喰らうことになります。 おそらく、東須磨小学校の女帝の進退は、懲戒解雇と教員免許剥奪が待っているのではないかと思われますが、そこは女帝。 もしかしたら先に手を打っており、示談交渉に持ち込む様、必死になっているのかもしれませんね? 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の