アイスボーン ナルガ装備。 【アイスボーン】ナルガクルガの弱点と対策装備/攻略【モンハンワールド(MHW)】

【MHWI】使いやすい散弾ヘビィ/貫通ヘビィ用のガンナー装備

アイスボーン ナルガ装備

咆哮や尻尾攻撃はフレーム回避 尻尾回転攻撃などは範囲が広いため、範囲外に逃げるよりも回避の無敵時間を活用してタイミングよく避けよう。 咆哮もタイミングよく回避することで頭に攻撃を与えれる。 フレーム回避が苦手な人はスキル「」をつけていこう。 ツタ罠など環境ギミックを活用 古代樹の森はツタ罠やシビレガスガエルなど環境ギミックが豊富。 初期エリアの8にはツタ罠があるため必ず利用しよう。 なお落とし穴は怒り中しか引っかからないが、ツタ罠は通常時でもひっかかる。 尻尾がそそり立ったら音爆弾でダウンを取る 音爆弾は尻尾がそそり立った場合のみ有効で、ダウンを取ることができる。 音爆弾をセットしておき、いつでも発射できる状態にしておこう。 注意すべき攻撃 尻尾叩きつけ• ナルガクルガで一番威力がある攻撃• 尻尾を上げた後後ろを向き長い尻尾を叩きつけてくる• 縦にリーチが長いため横に回避する• 叩きつけ後はスキがあるが、まれに2連続してくるため警戒する 棘飛ばし• 尻尾についている棘を飛ばす遠距離攻撃• 当たると裂傷状態になるためアステラジャーキーを持ってくる• 地面に刺さっている棘に触れても裂傷状態になる ナルガクルガの入手素材 剥ぎ取り・捕獲素材.

次の

MHWアイスボーン 弾丸重化で最強貫通ヘビィ装備紹介。ベニカガチノシシ・夜砲【黒風】・フランツ=グレイシアどれがいい?おすすめのカスタム強化│ハトガジェ!

アイスボーン ナルガ装備

youtube. com 「ナルガクルガ」はMHP2Gで初登場した人気モンスターの復活で、種別は飛竜種になります。 全身が獣のような漆黒の体毛に覆われており、トビカガチの様な身体をし、素早い攻撃と主に尻尾を使った攻撃を得意とするようです。 1番の弱点は雷で、続いて火となります。 逆に氷や水は効きにくいようです。 各状態異常も効果的で閃光弾も効きますし古龍ではないので罠で捕獲もできます。 PVを見ると、ハンターが裂傷になっているのでアステラジャーキーは必須ですね。 咆哮や風圧などもあるかもしれません。 攻撃パターンは、ダブルクロスでは「尻尾なぎ払い、尻尾叩きつけ、大回転尻尾攻撃、飛びつき、噛みつき、棘散弾」でしたが、 アイスボーンではこれに加えて新たな攻撃モーションもあるかもしれませんね。 樹木を飛び回る素早い攻撃に注意が必要です。 com また、新フィールド「渡りの凍て地」の調査を進めることで、MHWの「古代樹の森」にも出現するようになるそうです。 PVではそこでリオレウスと縄張り争いをする姿が見られました。 ナルガクルガは古代樹の森で受注するクシャルダオラくらい手強いモンスターとなるかもしれませんね。 MHWらしい新しい攻撃モーションも取り入れ、懐かしいけど新しいものになりそうですね。 fuguai-online. ナルガはマスターランクのみで登場するので、装備のあとに新しい文字が入るはずです。 デザインが一新!?ナルガ装備の見た目は? 海外公式twitterで公開された映像を見ると、男、女キャラそれぞれの違いを見ることができました。 映像は以下のリンクから視聴できます。 スポンサーリンク が、しかし!モンハンクロスでナルガ装備を愛用していた私からすると女性防具の露出が足りない!と思いました。 ナルガの女性装備は露出の多さが売りで、セクシーなのを楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか。 脚の装備の膨らみ加減もいまいちですし、何より太ももから上は本来はもっと露出していたはずですし、何よりお腹の部分も網目が細かすぎて肌が見えません。 webry. webry. html いまやMHWが世界的なゲームとなり、国によってはゲームでも露出に厳しいようですので、海外ユーザー向けに修正したのか、ナルガの装備がセクシーすぎると規制がかかるとかそういう感じなのでしょうか。 それにしても「これじゃない感!」が否めませんね。 com 過去作品から考えると回避に特化したスキルがつく可能性が高いです。 回避性能、回避距離UP、達人などが予想されます。 スロットの空きも気になりますね。 どんなスキルがつくのか今から楽しみです。 ナルガクルガはアイスボーンのストーリー中盤にしっかりとした立ち位置で出てくるそうなので、ナルガファンは大いに期待しましょう! また、本ブログでは他にもたくさんアイスボーンに関する記事を投稿しています!合わせてどうぞ。

次の

ナルガクルガの弱点、倒し方攻略

アイスボーン ナルガ装備

ナルガクルガは、腕を部位破壊するとダウンする。 以降は 破壊した腕にダメージが蓄積する度にダウンを取れるため、覚えておこう。 地面の棘に注意する ナルガクルガが尻尾から飛ばす棘は、地面に残る。 これに 触れると裂傷状態になるので注意しよう。 棘飛ばしの頻度が少ないため常に意識する必要はないが、念の為アステラジャーキーを持ち込むのがおすすめ。 棘を逆立てる時に音爆弾が効く ナルガクルガは、稀に尻尾の棘を逆立てる行動を取る。 アイスボーンのナルガクルガは、この行動時でしか音爆弾が効かない。 滅多に取らない行動かつ一瞬なので、実戦で音爆弾が役立つ機会は少ない。 棘が逆立っていなければチャンス この行動は尻尾の棘が逆立っていない時に行う。 そのため、 尻尾がなめらかな状態の時に注意深く観察してみよう。 怒り時にも効くので、身構えていれば成功しやすい。 通常時は落とし穴が効かない ナルガクルガは、通常時は落とし穴を回避する。 無駄になってしまうので、怒り時を狙って仕掛けよう。 ナルガクルガの主な攻撃と回避方法 ナルガクルガの主な攻撃パターン 【注意】 尻尾叩きつけ 尻尾を回転させたあと、前方に叩きつける。 怒り時は2回連続で行うこともある 【注意】 回転攻撃 その場で回転する。 怒り時は2回連続使用する。 特徴的な鳴き声をするのでよく聴こう 噛みつき突進 噛みつきながら大きく突進する。 かなりの距離があるため、ただの噛みつきだと思って油断しないこと 飛びかかり 翼の刃で斬りつける。 使う前には姿勢を低くして構える予備動作がある 棘飛ばし 尻尾の棘を飛ばす攻撃。 地面に残る棘には裂傷が付与されるため近づかないこと 尻尾振り上げ 飛びかかって噛みついた後、尻尾を振り上げながらバックステップする。 わずかに上体を起こす予備動作がある。 尻尾叩きつけは距離を取る 象徴的な攻撃の尻尾叩きつけは、 直前に尻尾を立ててシュルシュルと音がする。 前転1回分の距離があれば回避できるので、音がしたら冷静に避けよう。 怒り時は2回連続することがあるので、そのつもりで回避に専念しよう。 攻撃チャンスにもなる この攻撃のあとは、 尻尾が逆立っていると地面に刺さる。 抜けるまではナルガクルガがしばらく動かないため、チャンスを逃さず攻撃したい。 回転攻撃は威嚇が予備動作 その場で回転する攻撃は、 一瞬威嚇するような動きと特徴的な鳴き声が予備動作。 しかし接近していると、分かっていても緊急回避は困難。 尻尾に突っ込むように前転回避するのがおすすめだ。 怒り時は2連続する この攻撃は、怒り時は立て続けに2回発生する。 1回目とは逆方向に行うため、ガードを維持するか連続回避で対処しよう。

次の