ドキッ こういう の が 恋 なの。 【悲報】『ドキッ!こういうのが恋なの?』で有名だった橋口恵莉奈ちゃんが大劣化 [549071714]

ドキッ!こういうのが恋なの?の外国語バージョンを比較してみた(リズム天国ゴールド 国内版海外版 全ボーカル集)

ドキッ こういう の が 恋 なの

英語版 まず最もなじみのある言語である英語から聴いてみうよう。 掛け声が「ハイハイハイ!」から「yerh yerh yerh! 」に変化する。 でも最も聞きなれている外国語だから、それほど違和感はないように思う。 フランス語版 掛け声は英語と同じ「yerh yerh yerh! 」でもやっぱりだいぶ雰囲気が違ってくる。 なんかオシャレなフレンチポップ風にも聴こえる。 ドイツ語 掛け声が「HEYHEYHEY! 」に変化する。 ドイツ語特有の硬さがオリジナルと比べると妙な違和感と高揚感がある。 イタリア語 掛け声が『Eyeyey!Eyeyey!Eyeyey!』に変化。 日本国内ではイタリア語の歌は、あまり聴きなれてないのでかなり新鮮な響きがある。 スペイン語 掛け声は『HEYHEYHEY! 言語としても音楽としても普段聞くことがほとんどないのでだいぶ別の曲に聴こえる。 でもラテン系のお祭りソングに聴こえないこともない。 まとめ 言語と歌い手が変わるとこうまで印象が変わるのかと確認ができて面白かった。 色いろ各国の「ドキッ!こういうのが恋なの?」(うれっこアイドル)のバージョンを聴いてきたけどやっぱりオリジナルである日本語のえり~なバージョンが一番だな!とあらためて思うのだった。

次の

魅力を伝えて愛され女子に。「ドキッ…♡」男性の心を揺さぶるヒトコト3つ

ドキッ こういう の が 恋 なの

えり~なこと橋口恵莉奈は1996年11月18日生まれ・・・なんとリズム天国ゴールドのレコーディング当時は小学生だったのか! キャナァーリ倶楽部の元メンバー? モーニング娘。 作曲はやっぱりつんくだった 曲調は80年代の王道アイドルポップス調で良いんだけど特に引っかかったのが歌詞の部分の「ずっとこのまま 時が止まらぬ かもね」ってところ。 「止まらないかもね」じゃなく「止まらぬかもね」って小学生に歌わせるのがつんくのアイドルプロデューサーとしての並外れた才能を感じてしまった。 実際に「こういうのが恋なの?」を歌っているえり~なの動画はYoutubeであっさり見つかった。 ここでえり~なは、ゲームと同じように一切リズムも音程もはずさずに会場にいるほとんどが自分よりも年上の男達を掌握しているのだった。 あややのデビュー当時以来の衝撃!?いやいやそれ以上かも。 バクステ外神田一丁目所属)が「ドキッ!こういうのが恋なの?」を歌っている。 悪くはないんだけど、えり~ながあまりにも突出していると改めて感じてしまった。 その後のえり~な リズム天国ゴールド参加以降は、つんくが主催する『NICE GIRL プロジェクト! 』を2010年に卒業。 音楽活動からは遠ざかり、地味に女優活動していたが2010年代に入って最近は目だった活動はしていない。 どうやら芸能界から身を引いたようだ。 すごく歌手として才能がある子なのにもったいない! もし、彼女がモーニング娘。 に加入していたらセンターを獲っていただろうし、そうしたらモー娘。 の歴史もえり~なの経歴も違っていたのかも知れない。 それにしても10年以上前に書いたこの記事がいまだに読まれているのは、やはりえり~なの根強い人気によるもの。 ぜひとも復活して欲しいものだ。

次の

うれっこアイドル (ドキッ!こういうのが恋なの?)

ドキッ こういう の が 恋 なの

英語版 まず最もなじみのある言語である英語から聴いてみうよう。 掛け声が「ハイハイハイ!」から「yerh yerh yerh! 」に変化する。 でも最も聞きなれている外国語だから、それほど違和感はないように思う。 フランス語版 掛け声は英語と同じ「yerh yerh yerh! 」でもやっぱりだいぶ雰囲気が違ってくる。 なんかオシャレなフレンチポップ風にも聴こえる。 ドイツ語 掛け声が「HEYHEYHEY! 」に変化する。 ドイツ語特有の硬さがオリジナルと比べると妙な違和感と高揚感がある。 イタリア語 掛け声が『Eyeyey!Eyeyey!Eyeyey!』に変化。 日本国内ではイタリア語の歌は、あまり聴きなれてないのでかなり新鮮な響きがある。 スペイン語 掛け声は『HEYHEYHEY! 言語としても音楽としても普段聞くことがほとんどないのでだいぶ別の曲に聴こえる。 でもラテン系のお祭りソングに聴こえないこともない。 まとめ 言語と歌い手が変わるとこうまで印象が変わるのかと確認ができて面白かった。 色いろ各国の「ドキッ!こういうのが恋なの?」(うれっこアイドル)のバージョンを聴いてきたけどやっぱりオリジナルである日本語のえり~なバージョンが一番だな!とあらためて思うのだった。

次の