日野 ブルーリボン。 ≪日野 ブルーリボンシティ≫60年以上進化を続ける一台!歴史や特徴に迫る

日野 路線バス「日野ブルーリボン/日野レインボー」の一部改良を実施、「日野レインボー」にAT車を追加

日野 ブルーリボン

実は道交法に適合できない連節バス 日本で初めてシャトル用に運行された連節バスは、1985年に開催された国際科学技術博覧会(通称つくば博)に100台導入された、ボルボ製「B10M」(ボディは富士重工業製)でした。 来場者輸送のため、会場と臨時駅であった万博中央駅間限定だったのですが、車両サイズなどが道路交通法に適合していないため。 特例措置を受けての運行でした。 つくば博終了後は80台がオーストラリアに輸出され、19台が東京空港交通に譲渡。 その内の16台がエアポートリムジンとして使用されましたが、やはり道路交通法上の特例措置を受ける必要があり、通行できる道路が限定されたため、柔軟な運用ができず活躍期間は数年という短いものでした。 つくば博以降は1998年に京成電鉄が路線バスとして連接バスを導入しましたが、それ以外導入されることはありませんでした。 ようやく近年、朝夕の通勤通学輸送量が大きい路線などに導入されるようになり、目にする機会も増えました。 車両は「メルセデス・ベンツ シターロ」あるいは「スカニア/ボルグレン」です。 地元愛というか地元志向が強いバスファンは、日本製の登場を心待ちにしていましたが、事業者もまた従来と変わらない使い勝手やサポート力に安心感がある日本製を待っていたと思います。 2018年3月に新祝園駅~関西文化学術研究都市路線にスカニア/ボルグレンを導入した奈良交通に聞いたところ、導入にあたりボルグレンに出張したり、向こうから技術指導者が来たりと初めてでいろいろと準備が大変だったとか。

次の

日野・ブルーリボン

日野 ブルーリボン

exblog. 現在では路線バスとしてノンステップモデル、ワンストップモデルの両方がこの日本で活躍しています。 2000年に先代のブルーリボンから2度目の大きなモデルチェンジを経て、このブルーリボンシティが誕生しました。 関西では阪神バスや明石交通部などで、その他名古屋ガイドウェイバスなどでも使用されており、馴染みのある方にはその名前のBrue Ribbon CityからBRCやブルシチと親しまれています。 ブルーリボンシティはこれまでの直線的なデザインとはうって変わって、曲線的で優しいデザインとなりました。 街中でも見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。 pref. yamagata. html ブルーリボンシティのモデルとしてもノンステップモデルとワンステップモデルが存在します。 バスの名前を聞くときにはノンステップバスというフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。 じゃあ一体あれはどういう意味なのかというと、実際はとても簡単なことなのです。 というのも、名前の通りバスにおける出入り口の段差をなくし、より出入りしやすくしたものを言います。 バリアフリーの観点からもこういったバスは多くあり、お年寄りの方や子ども達まで安全に乗り降りできるような構造になっています。 ワンステップバスは中に1段だけ段差が設けており、中ドアにスロープをつけることで車いすでも利用できるようになりました。 ちなみにワンステップバスはノンステップモデルに比べて専用部品が少なくなり、価格的にも優しい物となっているとのこと。 jugem. そこから1982年以降にも販売されており、後のブルーリボンシティへのモデルチェンジへとつながります。 センターアンダーフロアエンジンバスに「ブルーリボン」と名付けたところが始まりとなっていて、戦後間もないころから活躍してくれました。 エンジンを床下に設置することで、バス車内をフラットなデザインにすることができるようになったことなどから、ブルーリボンは特徴的な形状をしていました。 1980年にはこれらのバスがラオスやシンガポールなど海外にも輸出され、日本自動車のレベルの高さが伺えます。 その後1982年に観光バスRS系で採用されていたスケルトンボディを路線バスでも採用することで、ブルーリボンと名付けられました。 省燃費を目指し9. 4L 225ps という小排気量ではありましたが、その分少しパワー不足ともいわれ、頭を悩ませる形となります。 hino. php? こちらは日野独自のパラレル式ハイブリッドシステムとクリーンディーゼルシステム「DPR」を搭載し、低公害性能を大幅に向上させ、排ガス規制にも対応しています。 さらにこれまで床下に設置していたエンジンを小型・軽量化することで屋根上に新たに設置し、フロア内をワンステップ化しているのも特徴です。 今ではこちらもよく利用されており、街中で見かけることも多くなりました。 hino. こちらはいすゞ自動車で作られている「エルガ」との統合車種として販売されました。 設計開発をいすゞが担い、細かな違いはあるもののほぼ同一の車種として作られています。 京都バスや神戸市交通局など様々なところで見ることができます。 まとめ ブルーリボンから脈々と受け継がれてきたその良さを活かし、ブルーリボンシリーズは誰にでも優しい乗り心地を実現しています。 ブルーリボンシティはその中でもハイブリッドなるなど親しまれており、車内の内装もかなり使い勝手のいいものです。 通路の幅広さやワンステップ化したことなど、ぜひブルーリボンシティに乗る際には見てみてください。

次の

Amazon

日野 ブルーリボン

実は道交法に適合できない連節バス 日本で初めてシャトル用に運行された連節バスは、1985年に開催された国際科学技術博覧会(通称つくば博)に100台導入された、ボルボ製「B10M」(ボディは富士重工業製)でした。 来場者輸送のため、会場と臨時駅であった万博中央駅間限定だったのですが、車両サイズなどが道路交通法に適合していないため。 特例措置を受けての運行でした。 つくば博終了後は80台がオーストラリアに輸出され、19台が東京空港交通に譲渡。 その内の16台がエアポートリムジンとして使用されましたが、やはり道路交通法上の特例措置を受ける必要があり、通行できる道路が限定されたため、柔軟な運用ができず活躍期間は数年という短いものでした。 つくば博以降は1998年に京成電鉄が路線バスとして連接バスを導入しましたが、それ以外導入されることはありませんでした。 ようやく近年、朝夕の通勤通学輸送量が大きい路線などに導入されるようになり、目にする機会も増えました。 車両は「メルセデス・ベンツ シターロ」あるいは「スカニア/ボルグレン」です。 地元愛というか地元志向が強いバスファンは、日本製の登場を心待ちにしていましたが、事業者もまた従来と変わらない使い勝手やサポート力に安心感がある日本製を待っていたと思います。 2018年3月に新祝園駅~関西文化学術研究都市路線にスカニア/ボルグレンを導入した奈良交通に聞いたところ、導入にあたりボルグレンに出張したり、向こうから技術指導者が来たりと初めてでいろいろと準備が大変だったとか。

次の