チェンソーマンネタバレ スレ。 【ネタバレ注意】チェンソーマンのマキマさん、ヤバかった : ジャンプ速報

チェンソーマン9話ネタバレと感想|パワーをコウモリから救ったデンジ!

チェンソーマンネタバレ スレ

75 ID:ksHT7J1Z0. 01 ID:KIQ0ghBSa. 46 ID:wKSYa3rp0. 52 ID:5fAWv8XC0. 49 ID:fG5FKUFF0. 59 ID:32PW02Vc0. 10 ID:5fAWv8XC0. 88 ID:RzTxDEQia. 10 ID:YspVid2t0. 98 ID:MkO9Vtir0. 07 ID:jrnaSmTi0. 61 ID:Q0PxDPZe0. 78 ID:wKSYa3rp0. 00 ID:jump こんにちわ。 ジャンプ速報管理人のタカシです。 2ch. 22 ID:jump.

次の

チェンソーマンネタバレ74話最新話考察|漫画ネタバレ考察|note

チェンソーマンネタバレ スレ

cultstory. 助け出されたパワーは、ニャーコとの出会いや、血の悪魔として動物の血を吸いながら生活してきた過去を夢でみています。 パワーにとって血は、血の悪魔として吸うだけのものだったはずでした。 けれど、ニャーコがコウモリの悪魔に連れ去られた時、ニャーコを助ける為なんて馬鹿みたいな理由だと感じながら、必死に走って、コウモリの悪魔に引き渡す人間を探している自分の、ニャーコに対する思いに気付きます。 ニャーコのように暖かくて優しい血もあるんだと、パワーは知ったのです。 そこで、ニャーコの声に目を覚ましたパワー。 目を開けると、コウモリの悪魔の死骸の上で、デンジに抱きかかえられていました。 「なぜ、ワシを助けた…?」 「ウヌを殺そうとしたのに…」 デンジは、パワーに問われて考えます。 そして、パワーの胸を指さし、手で揉む動作を見せます。 何も言わず、それが理由だというデンジに、 「馬鹿みたいな理由じゃな……」 パワーは、人間の気持ちが少しわかったのでしょう。 「騙してスマンかった」 「ニャーコは助かったからの」 「胸は揉ませてやるわ」 そう言われたデンジは、事態を把握し、 「よっしゃあアアアア!!」 と、腕を上げた途端… 「アっ」 右手首の先がブツ!とちぎれてしまいました。 「アアアアあ!?」 「いっタァ~!!った、あ、いいい…」 すると、落ちた右手首を拾い上げたものが… 振り向くと、新たな悪魔が現れ、デンジの右手首をパクっと食べてしまいました。 ヤバい状況だ…と察したデンジは、パワーに問います。 「…動けった…?」 「指も動かせん…」 「ニャーコを連れて逃げとくれ…!」 自分が殺されても、ニャーコを助けたいというパワーの気持ちを知ったデンジは、チェンソーを引き、謎の悪魔と戦うことを選びます。 しかし、コウモリの悪魔との戦いでチェンソーを使い、血がたくさん流れてしまったために、チェンソーが上手く出せません。 すると… 「やァ~っと見つけたのにィ~アンタでしょォ、コウモリちゃん殺したのォ~」 「私の男だったのに!」 謎の悪魔はそう言って、デンジに近づきます。 「あら…よく見るとカワイイ顔…」 「好みの顔してるから逃がしてあげる!」 そう言われたデンジは、パワーとニャーコも逃がしてあげるのか聞くと、謎の悪魔は、「殺す」と言いました。 それを聞いたデンジは、攻撃体制に入りました。 謎の悪魔は、「じゃ、死にな」 といって、デンジに向かっていきました。 チェンソーの出ないデンジ。 どうする?! チェンソーマン9話 感想 パワーは、人間の心なんて…と馬鹿にしているところがありました。 でも、ニャーコをコウモリの悪魔に奪われて、ニャーコとの絆や、ニャーコを大事にしたいという自分の思いを知ってしまったんですね。 あの、自己中でわがままなパワーからは、考えられない行動です。 そして、せっかくコウモリの悪魔が死んで、助かったと思ったのに、謎の悪魔が現れてしまいました。 殺されると思った時に、自分はいいからニャーコを助けてとデンジに頼むパワーに驚きました。 デンジは、パワーの思いを知って、謎の悪魔と戦うことを選んだけど、血が足りなくてチェンソーがうまく出ないし、パワーは全く動けない状況。 街ぐるみで大きな事件になっているし、マキマさんや早川の行動も気になります。 デンジとパワーが協力して、謎の悪魔を倒すのか。 または、マキマさん達の助けが来るのでしょうか。 cultstory.

次の

【ネタバレ注意】チェンソーマン 26話「銃は強し」【ジャンプ29号2ch感想まとめ】

チェンソーマンネタバレ スレ

cultstory. 助け出されたパワーは、ニャーコとの出会いや、血の悪魔として動物の血を吸いながら生活してきた過去を夢でみています。 パワーにとって血は、血の悪魔として吸うだけのものだったはずでした。 けれど、ニャーコがコウモリの悪魔に連れ去られた時、ニャーコを助ける為なんて馬鹿みたいな理由だと感じながら、必死に走って、コウモリの悪魔に引き渡す人間を探している自分の、ニャーコに対する思いに気付きます。 ニャーコのように暖かくて優しい血もあるんだと、パワーは知ったのです。 そこで、ニャーコの声に目を覚ましたパワー。 目を開けると、コウモリの悪魔の死骸の上で、デンジに抱きかかえられていました。 「なぜ、ワシを助けた…?」 「ウヌを殺そうとしたのに…」 デンジは、パワーに問われて考えます。 そして、パワーの胸を指さし、手で揉む動作を見せます。 何も言わず、それが理由だというデンジに、 「馬鹿みたいな理由じゃな……」 パワーは、人間の気持ちが少しわかったのでしょう。 「騙してスマンかった」 「ニャーコは助かったからの」 「胸は揉ませてやるわ」 そう言われたデンジは、事態を把握し、 「よっしゃあアアアア!!」 と、腕を上げた途端… 「アっ」 右手首の先がブツ!とちぎれてしまいました。 「アアアアあ!?」 「いっタァ~!!った、あ、いいい…」 すると、落ちた右手首を拾い上げたものが… 振り向くと、新たな悪魔が現れ、デンジの右手首をパクっと食べてしまいました。 ヤバい状況だ…と察したデンジは、パワーに問います。 「…動けった…?」 「指も動かせん…」 「ニャーコを連れて逃げとくれ…!」 自分が殺されても、ニャーコを助けたいというパワーの気持ちを知ったデンジは、チェンソーを引き、謎の悪魔と戦うことを選びます。 しかし、コウモリの悪魔との戦いでチェンソーを使い、血がたくさん流れてしまったために、チェンソーが上手く出せません。 すると… 「やァ~っと見つけたのにィ~アンタでしょォ、コウモリちゃん殺したのォ~」 「私の男だったのに!」 謎の悪魔はそう言って、デンジに近づきます。 「あら…よく見るとカワイイ顔…」 「好みの顔してるから逃がしてあげる!」 そう言われたデンジは、パワーとニャーコも逃がしてあげるのか聞くと、謎の悪魔は、「殺す」と言いました。 それを聞いたデンジは、攻撃体制に入りました。 謎の悪魔は、「じゃ、死にな」 といって、デンジに向かっていきました。 チェンソーの出ないデンジ。 どうする?! チェンソーマン9話 感想 パワーは、人間の心なんて…と馬鹿にしているところがありました。 でも、ニャーコをコウモリの悪魔に奪われて、ニャーコとの絆や、ニャーコを大事にしたいという自分の思いを知ってしまったんですね。 あの、自己中でわがままなパワーからは、考えられない行動です。 そして、せっかくコウモリの悪魔が死んで、助かったと思ったのに、謎の悪魔が現れてしまいました。 殺されると思った時に、自分はいいからニャーコを助けてとデンジに頼むパワーに驚きました。 デンジは、パワーの思いを知って、謎の悪魔と戦うことを選んだけど、血が足りなくてチェンソーがうまく出ないし、パワーは全く動けない状況。 街ぐるみで大きな事件になっているし、マキマさんや早川の行動も気になります。 デンジとパワーが協力して、謎の悪魔を倒すのか。 または、マキマさん達の助けが来るのでしょうか。 cultstory.

次の