美しい 類語。 「山紫水明」の意味や語源とは?英語訳と類語、使い方の例文5つをご紹介!

「美しい」の類義語や言い換え

美しい 類語

公開日: 2018. 15 更新日: 2018. 15 「優美」の意味と使い方、類語、「優雅」との違いとは? 「優美」という言葉をご存知でしょうか。 「優美な振る舞い」「優美さがある」などと使います。 では、「優美」とはどのような意味なのでしょうか。 「優美」と聞くと、「美しい」「上品であること」をイメージすると思います。 日常会話や小説などで使われていることも多いので、見聞きした覚えがある人は多いかもしれません。 意味を適切に知っておけば、いざという時に使うことができます。 そこで今回は「優美」の意味や使い方、「優雅」との違い、類語について解説していきます。 「優美」をきちんと知って、上手く使えるようにしましょう! 「優美」の使い方と例文 「優美」は姿勢や態度、振る舞いに品があって美しいことを表す場合に使います。 単に美しいことを表すのではなく、 控えめな美しさがあること、穏やかな魅力があることを表す場合に適します。 例えば、「優美に舞い踊る」「優美な姿勢」「優美な衣装」「優美な動き」といったように使います。 「優美」を用いた四字熟語に「 優美高妙(ゆうびこうみょう)」という言葉があります。 「優美高妙」は「言葉で言い表せないほど、落ち着きがあって美しいこと」を意味します。 「とても立派であること」を表すので、「優美」を強調したい場合に使うのが適します。 例文 ・観客を魅了できるように、優美な踊りを意識する。 ・彼女のいつもの格好とは違う、優美な着物姿に見とれてしまった。 ・着付けの先生の一つ一つの動きが優美で、とても参考になる。 ・優美なドレスに一目惚れして、今度のパーティーで着ていこうと決めた。 ・雑に物事を扱うのではなく、優美な振る舞いができるように常日頃から心がける。 ・物を多く置かず、家具の色を統一すれば、部屋に優美さを演出することができる。 ・彼女は高級住宅街にある、おしゃれで優美な一軒家に一人で住んでいる。 ・華道や茶道を習っている彼女の、優美な所作につい見入ってしまう。 「優美」と「優雅」の違い 「優雅」は< ゆうが>と読みます。 「優」は音読みで「ユウ・ウ」、訓読みで「やさしい・すぐれる・まさる」と読みます。 「優」は「のどやか、たおやか、しなやか」を意味します。 「雅」は音読みで「ガ」、訓読みで「みやび・みやびやか」と読みます。 「雅」は「余計なものがなくて、品があること」を意味します。 「優雅」の意味は、 ・上品で洗練されていること、やさしくて華やかさがあること ・気持ちや生活に余裕があること です。 「優美」は「動作や態度が穏やかで美しいこと」を表すのに対して、「優雅」は「ゆとりがあって、生活に余裕が感じられること」を表します。 「優美」よりも、 「優雅」の方が一般的に用いられます。 例文 ・彼は良家のおぼっちゃまということもあり、優雅な振る舞いをする。 ・自分の好きなことをやったり、高いお菓子を食べたりと優雅な時間を過ごす。 ・事業が成功して、お金をたくさん持っている彼は優雅な生活を送っている。 「優美」の類語 閑雅(かんが) (意味:優しさがあり趣深いこと) 「閑雅な風景が広がっている」 風雅(ふうが) (意味:上品で趣があること) 「この通りは風雅な家が並んでいる」 風流 (意味:品があって味わいがあること) 「風流な庭園を楽しむ」 高雅(こうが) (意味:品があって趣があること) 「高雅な振る舞いをできるようにする」 風情(ふぜい) (意味:味わいがあること) 「風情漂う景色が広がっている」 麗しい(うるわしい) (意味:気高くて美しいこと) 「麗しい女性に目が離せなくなる」 奥ゆかしい (意味:物事に味わいがあって惹かれること) 「奥ゆかしい人に魅力を感じる」 しとやか (意味:落ち着きがあって品があること) 「常日頃しとやかに振る舞うよう心がける」 流麗(りゅうれい) (意味:垢抜けていて美しいさま) 「あの人は見た目に反して流麗な文字を書く」 上品 (意味:品格が高くて美しいこと) 「上品に振る舞うよう意識を向ける」 エレガンス (意味:品がある美しさ) 「その化粧品はエレガンスな見た目になっている」.

次の

美しいの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

美しい 類語

「不束者」とは、「気の利かない人」「配慮などが行き届いていない人」を意味します。 読みは「ふつつかもの」。 ビジネスシーンのほかにも、結婚での挨拶で例文として「不束者ですが、宜しくお願いいたします」という表現を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 現在では、自分または身内の者に対して例文として「気の利かない人ですが」「行き届かないことがありますが」という自分をへりくだって相手を高める、謙譲の気持ちを込めた挨拶として使用されます。 日常生活ではあまり登場しないフレーズだからこそ、「不束者」の正しい意味や使い方、語源や類語、文例を覚えておきましょう。 「不束者」の語源や由来を分かりやすく解説! 「不束者」は、現在まで意味や使われ方が変化してきた言葉です。 「不束者」の語源が使われたのは平安時代前後で、その時は「不束」ではなく語源の「太束者(ふとつかもの)」と書き、「まるで柱のように太くて丈夫な人」を指す言葉でした。 その後、時代の移り変わりとともに「細い方が美しい」という美意識の変化とともに、語源の「太束者」は「太っていて不格好な人」を指すようになります。 語源から「不束者」の字に変わり、「不格好な人、武骨な人、下品な人」の意味に変遷し、語源である「柱のように太くて丈夫な人」から現在の「気の利かない人」「配慮が行き届かない人」の意味を持つようになりました。 今では語源とは離れた意味を持つ言葉として、ビジネスシーンから結婚での挨拶まで敬語とともに使われています。 知らない人は意外と多い?「不束者」の正しい使い方とは?• My brother has no manners at all, but I hope you will make something of him. (不束者の弟ですが、なにとぞ宜しくお願いいたします)• I'm not much good at anything, but please be kind to me. (不束者ですが、よろしくお願いいたします)• You're rude. (君はなんて不届き者だ)• It's rude of me to have kept you waiting. お待たせしてしまい、大変失礼いたしました)• You don't want to be rude. (無礼な振る舞いはやめなさい)• She is a kind, considerate person. (彼女は気配りができる優しい人です).

次の

「千紫万紅」の意味や由来とは?使い方の例文や英語訳と類語をわかりやすく解説!

美しい 類語

公開日: 2018. 30 更新日: 2018. 30 「風光明媚」の意味と使い方、読み方、類語、例文、英語表現 「風光明媚」という言葉をご存知でしょうか。 「風光明媚な場所」「風光明媚で素晴らしい」などと使います。 「風光明媚」は日常会話ではほとんど使いませんが、観光ガイドブックや不動産の宣伝文句として使われていることが多いです。 では、「風光明媚」とはどのような意味なのでしょうか。 漢字から、難しそうなイメージを持ちますよね。 ただ、意味をしっかりと知っておけば、すぐに使うことができます。 いざという時に、適切に使えるよう使い方を覚えておく必要があります。 そこで今回は「風光明媚」の意味と使い方、類語、語源、読み方について解説していきます。 「風光明媚」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「風光明媚」の使い方と例文 山や川など、自然の景色がとても清々しくして美しいということを表す場合に「風光明媚」を使います。 「風光明媚」は観光地の宣言文句としてよく使われています。 ガイドブックを見るとどこかに書いてあります。 単に美しいのではなく、心が惹かれるほど美しいことを「風光明媚」と表現します。 美しい自然な眺めを表しているので、場所や季節などは関係なく広い範囲で用いることができます。 例えば、「イタリアの都市ヴェネチアは風光明媚な場所として人気だ」「風光明媚な眺めをみて気持ちがスッキリする」などと言います。 言い回しとしては、 ・風光明媚だ ・風光明媚でした ・風光明媚な場所 ・風光明媚な土地 ・風光明媚な都市 ・風光明媚な景色 ・風光明媚な海岸 ・風光明媚な高原 ・風光明媚な夜景 ・風光明媚な島 ・風光明媚な地 などとなります。 例文 ・チェコの都市プラハは、風光明媚の地として有名である。 ・風光明媚な景色を求めて散歩していたが、今日は天気が悪いのでよく見えなかった。 ・世界各国へ旅行に行っているが、こんなに風光明媚な景色を見たのは初めてだ。 ・風光明媚で空気が澄んでいる場所にいると、自然と心がリラックスしてくる。 ・建物自体はそこまで立派ではないが、海に面しているため風光明媚な土地が広がっている。 ・とても風光明媚なので、ここに住むことができたらものすごく幸せだろう。 ・夏休み中は風光明媚な島にでも行って、のんびりだらだらと過ごしたいものだ。 ・祖母は自然が広がる風光明媚な土地に住みだしてから、とても元気になった。 ・私は風光明媚な場所に引っ越したが、めったに外に出ることはない。 ・そこの観光地は風光明媚ではないものの、外国人にとても人気がある。 「風光明媚」の類語は「山紫水明」「花鳥風月」 四字熟語の類語は「山紫水明」です。 「山紫水明」は< さんしすいめい>と読みます。 「山紫水明」の意味は 「日に映じて山は紫に、澄んだ水ははっきりと見えること。 山水の美しい景色の形容」です。 日の光によって、山は紫色に見えて、川の水は澄んで見えるという意を表します。 そこから、「自然の眺めが清浄で美しいさま」を意味するようになりました。 例えば、「祖父が澄んでいる場所は、緑に囲まれていて山紫水明を味わうにはぴったりだ」「山紫水明な景色を見ようと、私は毎日早起きして山の辺りを散歩する」などと言います。 「山紫水明」は「山や川」と意味が限定的なのに対して、「風光明媚」は限りがないのでより幅広い意味を持ちます。 その他の四字熟語の類語としては、 「山容水態」「白砂青松(はくしゃせいしょう)」「花鳥風月」などがあります。 「自然の美しい景色」を意味しています。 通常の熟語の類語としては、 ・眩い (まばゆい) ・素晴らしい ・見目よい(みめよい) ・美しい ・麗しい(うるわしい) ・可愛い ・綺麗 ・絶佳(ぜっか) ・婉美(えんび) ・奥ゆかしい ・晴れ晴れしい ・華々しい ・輝かしい ・煌びやか(きらびやか) ・艶やか(つややか) ・素敵 ・壮麗 ・華やか ・鮮麗 ・華麗 ・秀麗 ・立派 ・美的 などとたくさんあります。 「花鳥風月」も類語に当てはまるでしょう。 「花鳥風月」に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

次の