ペット が いちばん 保険。 猫におすすめのペット保険10選【2020年最新版】

ペット保険(犬・猫)おすすめランキング!補償や料金・口コミで徹底比較!

ペット が いちばん 保険

ペッツファースト少額短期保険の「ペットがいちばん保険」とは ペッツファースト少額短期保険の「ペットがいちばん保険」は、「ペットショップによるペットのための保険」とうたっているだけあり、ペットショップで猫を迎え入れる際に加入することで、より好条件で加入できるペット保険となっています。 補償内容に関しては4つのプランがそろっていることや、子猫を購入するタイミングで保険加入すると免責期間がなく、すぐに補償開始される特約が付いたりといった特約があります。 そこで今回は、ペッツファースト少額短期保険の「ペットがいちばん保険」の補償内容や保険料などについて解説していきたいと思います。 ペットがいちばん保険の補償内容について ペットがいちばん保険の補償プランは全部で4種類あります。 中でも最も補償割合が高いのが「100%プラン」。 100%プランは、「通院・入院・手術」のフルカバー補償で、日額支払限度額、日数限度が年間支払限度額を超えなければ無制限で補償されるという、非常に心強い補償内容となっています。 年間の支払限度額も120万円と、ペット保険の中でも特に限度額の高い補償プランとなっています。 年間で120万円の治療費が発生することは、先ず稀と言って良いでしょう。 病気の症状が重度である場合に関しては100万円近い治療費が発生する場合もありますが、普段使いとして考えるのであれば、補償額以上を使い切るのは難しいと思われます。 治療費も100%補償されるので、保険に加入している間は、安心感も大きいプランです。 90%プランも、年間支払限度額が120万円に設定されていますが、通院・入院・手術それぞれに限度日数や限度額が設定されているプランとなります。 例えば、通院や入院による治療費は日額2万円まで、日数は20日で年間40万円までが補償対象。 手術に関しては1回の手術で20万円まで、年間2回の40万円が補償対象となっています。 100%プランと年間支払限度額が同じではありますが、限度日数や限度額が設定されていますので、保険料によっては100%プランのほうが良いかもしれませんね。 主に猫が保険を利用するのに最も多い保険支払は通院による治療費というデータが出ています。 そのため、最もポイントに置きたいのは通院による補償になりますので、日数制限が付いていると、使い切ることは稀とは思いますが、できれば無制限の保険を選びたいところです。 これくらいの補償内容となれば、ペット保険各社が取り揃える補償内容となります。 70%プランの年間支払限度額が90万円、50%プランは60万円となります。 通院・入院に関しては70%プランが1万5千円まで、50%プランは1万円までとなり、限度日数は同じく20日までとなります。 手術補償に関しては70%プランが15万円まで、50%プランが10万円までとなり、同じく年2回までの補償となっています。 こうした補償内容も、保険各社と同じくらいの補償内容となりますので、90%プランと100%プラン以外であれば、他のペット保険と比較してみても良いかもしれません。 免責期間保証特約 「ペットショップによるペットのための保険」であるポイントとなるのが、「免責期間保証特約」の存在です。 免責期間保証特約とは、通常であれば保険契約日から補償開始まで15日間の免責期間が設けられているのですが、この特約に加入することで加入したその日から補償を開始できるという特約です。 しかし、免責期間保証特約はペットショップで猫を購入した時以外は付けられない特約となっており、また1歳以上の犬・猫も付加することが出来ない特約となっています。 ペットショップで1歳未満の犬・猫を迎え入れるタイミングで保険に加入した際には自動で付加される特約となっています。 子猫を迎え入れた日から1週間程度は、子猫も環境に馴染めずに下痢をしてしまったりと体調を崩しがちなのですが、こうした特約があれば、安心して病院に連れて行くことも出来るでしょう。 30万円の追加補償が自動で付加する特約も 免責期間保証特約も重要な特約となっていますが、さらに「ペットショップのペット」のためであるのが、0歳の猫をペットショップで購入した際に保険契約することで、自動で付加される「30万円まで追加補償」。 60日間の日数制限があるものの、加入したプランに加えて30万円の追加補償が受けられるので、子猫を迎え入れて万が一の自体が発生した場合、加入したプランの補償内容が足りなくても、追加でさらに30万円が補償される心強い特約になっています。 確率的には低いですが、子猫は何が起きてもおかしくはありません。 思ったよりも体調を崩してしまったり、ペットショップにいる時には見えなかった病気が突然発症するといった事態も全く無い話ではないのです。 そんな時のために、この特約が必要になる場合もありそうです。 ペットがいちばん保険の保険料について ペットがいちばん保険はペットショップでの契約となりますので、ホームページ上でも保険料について公開されていませんでした。 更新に関しては1年毎の契約更新となり、1年間保険の利用がなかった場合には「無事故割引」として5%が割引に、多頭飼いをしていれば「多頭割引」が適用されて5%割引となります。 なお、無事故割引が適用されている年の更新に関しては無事故割引は対象となりません。 スポンサードリンク プロ目線からみたペットがいちばん保険 ペットがいちばん保険はペットショップのペットに注目した保険となっていますが、補償内容としては「100%プラン」「90%プラン」のほかはそこまで目新しさが感じられませんので、選択肢としてはこの2択となるでしょう。 とはいえ、ペットを飼う前にどのペット保険にするかを選ぶのは少々難しいため、ペットショップで購入した際にそのまま保険契約をしてしまうのも全く無しというわけではないでしょう。 補償内容として良いと感じられた部分は、その日から保険が利用できるという点です。 飼い始めは色々と不安もありますので、1ヶ月近い待機期間が設けられている場合には、補償が開始になるまで落ち着きませんね。 その点、その日から保証が開始されるので、安心して飼育を始めることができそうです。 まとめ ペットがいちばん保険は、ペットショップで犬や猫を購入する方向けに考えられた保険となるため、他のペット保険とはちょっと思考の違ったペット保険と言えるでしょう。 補償内容と保険料で比較すると、他にも好条件のペット保険もありますので、子猫を迎え入れる前に、まずは一度他のペット保険も覗いてみたほうが良いかもしれませんね。 ペットがいちばん保険はメインが「ペットショップで子猫を飼う方」を対象としている部分もありますので、一度契約して、更新時に考えてみるというのも一つです。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の

SBIいきいき少短のペット保険

ペット が いちばん 保険

愛犬の「もなか」ですが、0歳のときには、アニコムのペット保険に入っていました。 ペットショップで購入した際、最初の1か月間は無料でペット保険が付いていたこともあったのですが、子犬の時には何かと病院のお世話になるのでは?、と念のために保険に加入したままにしていました。 案の定、アトピーを発症したのですが、思っていたほど保険の恩恵もなく、そうこうするうちに、次第に「もなか」も健康になったため、ペット保険の更新をしませんでした。 今は、いつ入り直そうかと、機会をうかがっている最中です。 そろそろ、「もなか」も5歳を迎え、中年期になるので、真剣に検討しています。 ペット保険で一番効率が良いのは、健康な若いうちは保険に入らず、シニアになってから健康なうちに保険に再加入できれば、経済的に理想的です。 ただ、最近思うのですが、このままペット保険に入らず、入ったつもりでその保険料を貯蓄していれば、それなりの貯金になり、大きな病気にも備えることができるのでは?とも思います。 今回、ペット保険に入った場合と入らなかった場合では、どのぐらいの差になるのか、検討してみることにしました。 犬は生涯で平均的にはどのぐらいの医療費がかかるのか まずは、犬の平均的な生涯医療費について、考えてみたいと思います。 前に「もなか」の一年間の諸経費を計算したときに調べたデータがあります。 《参考記事》 これによると、病気・ケガの治療費として、年間にかかる費用は以下になります。 病気・ケガの治療費/年 アニコム 80,912円 ペット総研 29,656円 平均 55,284円 《アニコム 参考記事》 《ペット総研 参考記事》 教えて!愛犬の飼育費 (サイトが削除されました) アニコムとペット総研の調べでは2. 7倍も差があるので、基礎データとしてとても微妙な感じです。 アニコムの資料はペット保険の契約者のデータなので、気軽に病院に行けることから、医療費も高くなっているのではないでしょうか。 また、アニコムを契約するという時点で、その飼い主さんもちょっとリッチな感じです。 思っていたより、かなり高い医療費になります。 一生涯、ずっとペット保険に入っていたとして ここでは、0歳から15歳までアニコムの50%補償のペット保険に加入していたと仮定します。 犬種は「もなか」と一緒の柴犬で計算してみます。 こちらも前に計算したペット保険料があります。 《参考記事》 Sponsored Link アニコムの場合でペット保険が676,280円になります。 これに上で計算した医療費の自己負担分として50%の442,272円がかかります。 合計すると、 676,280円(保険料) + 442,272円(医療費) = 1,118,552円です。 ペット保険には入らず、その分をずっと貯蓄していたとして アニコムのペット保険に入ったつもりで、その分を全部貯金していたすると、16年間で676,280円の貯金ができることになります。 これだけあれば、大きな手術でも2,3回はできそうな金額です。 この場合は、先ほど計算した医療費、 884,544円がそのままかかってくることになります。 そして、考察結果 結果は、以下の通りです。 医療費と保険の合計 ペット保険に入っていた場合 1,118,552円 ペット保険に入らなかった場合 884,544円 その差額 234,008円 トータルの医療費としては、ペット保険に入らず、ずっと貯蓄していた方が 23万円もお得という結果になりました。 あくまで、平均の医療費で計算しているだけなので、実際には愛犬がもし大きな病気になったときには、一度に20、30万円の医療費がかかる場合もあります。 もし、それが若い時であれば、貯金として30万円分がまだ貯まっていないこともあるでしょう。 その場合には、高額な医療費の支払いに困ってしまうかもしれません。 また、最近のペット医療はかなり高度化が進んでいることもあり、万が一、愛犬ががんに罹ってしまった場合にはその治療費として、合計で100万円以上になることもあるそうです。 もし、愛犬がそんな事態になったら、平均を大きく超える医療費がかかってしまうかもしれません。 結果からすると、ずっとペット保険に加入している方が、平均的には必ず損をすることになります。 ただ、よく考えると、これは当然のことです。 支払った保険料と、もらう保険金を平均として考えれば、保険は必ず損をするようにできています。 もし、そうでなければ、保険会社としての儲けが無くなってしまい、会社が潰れてしまいます。 消費者としては、この差ができるだけ小さい保険を見つけることが賢い選択となるのです。 (その分、会社は儲からないことになります) 元々、保険とは、お互いの相互援助の考えが根底にあるものです。 みんなで少しずつ負担金を出し合うことで、誰かの高額な医療費を抑えてあげることができるのです。 当然、病気にならなかった人は損をすることになりますが、その代わりに他の誰かは医療費を安くすませることができ、愛犬に高額な治療をさせてあげることができるのです。 まとめ 安全志向で最初からずっとペット保険に入り続けるか、それとも、その分を貯金しておくか、結局は、どちらもアリな気がしております。 とはいえ、個人的にはできるだけ損をせず、かといって愛犬が病気になったときには十分な治療をさせてあげたいと思うのは当然です。 そういう意味では、統計的に医療費が高くなりがちな、0歳と5、6歳以降にペット保険に入ればよいではと考えています。 6歳と言えば、人間で言えば40歳を過ぎたあたりで、病気にもかかりやすくなる年だからです。 ということで、「もなか」の場合も6歳ごろまでにはペット保険に入っておこうかと、今はまだ検討中のままにしています。 (一応、念のためとして、最近では「もなか」貯金をコツコツとしていってはいます。 ) ただし、愛犬の医療費としてポンと100万円を用意できるような裕福な人は、こんなセコイことを考える必要もなく、無駄にペット保険に入る必要もないかもしれません。

次の

ペットがいちばん ペッツファースト 少額短期保険保険料につ...

ペット が いちばん 保険

支払保険金額が増額となる変更をした日から1か月以内に発症した病気の治療費用については、その増額分についても同様とします。 何歳まで加入できて、いつまで補償されますか? 新規契約では責任開始日の時点で、生後2か月から11歳11か月までのペットがお申し込みいただけます。 保険期間は1年間ですが、解約のお申し出がない限り原則として1年ごとに自動的に更新され、継続契約については年齢制限はございません。 いつから補償が始まりますか? 毎月15日がお申し込みの締切日となっております。 保険契約者からのお申し込みを当社が15日までに受理し、承諾した場合、翌月の1日より補償が開始します。 なお、責任開始日より1か月以内に発症した病気については補償されない待機期間があるため、待機期間に発症した病気の治療費用については保険金をお支払いいたしません。 ご了承ください。 他社のペット保険に加入中で切り替えを考えています。 どうやって申し込めばいいですか? 申込時の告知項目にて、他社の契約満期月または解約予定月をご記入いただければ、お申し込み可能です。 同一のペット(犬・猫)において他社のペット保険を継続される場合は、当社のペット保険にご加入いただけませんので、必ず告知をお願いします。 ただし、ペットの健康状態等によってはお引受けできない場合や条件が付く場合があります。 また、当社のペット保険はご契約の初年度に限り、病気について保険金をお支払いできない待機期間(補償が始まる責任開始日から1か月間)があるため、他社のご解約は当社が保険契約を承諾してからでもかまいません。 他社からの切り替えに際しては、他社の解約に関する規定や当社の補償内容等を十分ご確認のうえ、お申し込みください。 保険金は請求してから、どれくらいで支払われますか? 請求に必要な書類が当社に到着した日の翌日から起算して30日以内に保険金請求書にてご指定いただいた口座に保険金をお支払いします。 なお、書類に不備があった場合は、不備が解消された日から30日以内のお支払いとなりますのでご了承ください。 また、保険金をお支払いするために、特別な照会が不可欠な場合は、別途お支払いまでの日数が定められています。 詳しくは「普通保険約款」をご確認ください。 保険金が支払われない場合はありますか? 保険金をお支払いできない主な場合として、以下が挙げられます。 責任開始日より前に発症していた病気、または発生していたケガを原因とする場合• 待機期間(責任開始日から1か月間)に発症した病気による治療を受けた場合(待機期間中に発症した病気は、待期期間終了後も補償の対象となりません。 保険契約が告知義務違反により解除となった場合• 保険金を詐取する目的で事故を起こしたときなど、重大事由によりご契約が解除となった場合• 保険契約について詐欺の行為があった場合や、保険金の不法取得目的があって契約取消または無効になった場合• 保険料のお払い込みがなく、保険契約が失効した場合• 保険料をクレジットカードで支払いたい。 紙でお申し込みされる場合は、クレジットカード払いか口座からのお振り替えがお選びいただけます。 お客様による比較・ご検討に際しては、各社の重要事項説明書等の内容を十分にご確認ください。 SBIいきいき少短の商品• ご契約更新時の保険料は、更新日のペットの満年齢に該当する保険料となります。 詳しくは「ご契約に際しての大切な事柄<契約概要、注意喚起情報等>」等の資料を必ずご覧ください。 B2-20-C-0091 2020.

次の