ウーバーイーツ 深夜。 ウーバーイーツ時間帯|UberEats早朝・昼・夜・深夜で配送手数料が安い時間帯は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間は何時まで?深夜の配達も対応してる?

ウーバーイーツ 深夜

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達時間 Uber Eats(ウーバーイーツ)は、何時から何時まで注文出来るのでしょうか。 また、「速い」と話題ですが実際にはどれくらいの時間で料理が届くのかも気になるところです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に関する時間について見ていきましょう。 営業時間 Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間は、午前9時~深夜0時までです。 この時間帯は、配達パートナーが稼動していますから、料理を注文する事が出来ます。 しかし、深夜や朝ごはんの時間帯に注文が出来ないのは少し残念に思う人もいるでしょう。 「朝マックを配達してくれたら便利だな」なんて思う人もいますよね。 現時点ではUber Eats(ウーバーイーツ)は主に、ランチタイムやおやつタイム、夕飯時に活躍してくれるサービスと言えます。 配達に掛かる時間 Uber Eats(ウーバーイーツ)が他のデリバリーサービスよりも優れていると言われる点の一つが、配達時間の速さです。 SNS等でも「早い」という口コミは多く、実際に筆者が注文する時も平均で15分~20分以内には届きます。 近くの店舗での注文では、10分~20分ほどで届く事が多いようです。 注文時に、アプリ上で配達予定時刻が表示されます。 これを過ぎる事ケースは少ないようです。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では注文から配達までの間、配達パートナーを地図上のアイコンでリアルタイムに追跡出来ます。 いつ届くのかとヤキモキする事がない分、配達時間に関するストレスも少ないでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)登録・注文に掛かる時間 1:アプリをインストール 2:電話番号を登録 3:4桁のコード番号を入力 4:メールアドレスの登録 5:アカウントのパスワードを設定 6:氏名を登録 7:クレジットカード又はデビットカードを登録 アプリは、Google PlayやApp Storeなどで検索すると出てきます。 始めに電話番号を登録すると、SMS宛に4桁のコード番号が送られてきますので入力してください。 メールアドレスの登録をして、アカウントのパスワードを設定します。 氏名を登録すると、「Uber Eatsの利用を開始する」という画面になります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)では、決済は基本的にカードで行われますので、お手持ちのクレジットカート又はデビットカードを登録してください。 これで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は完了です。 ここまでスムーズに入力が出来れば、約10分程度の時間で完了します。 上手く進まない、カードが登録できない等の困った事がある場合は、サポートセンターに問い合わせてみましょう。 Uber Eats サポートセンター 0800-700-6754 注文の流れ アプリの登録が出来たら、すぐに料理の注文が出来るようになります。 以下の流れで行ってください。 1:配達先の住所を登録 2:メニューを選ぶ 3:注文確定・支払い 4:配達予定時間が表示される 5:配達パートナーが表示され動き出す 6:料理を受け取る 7:配達パートナーと店舗の評価をする まず、配達先の住所を登録します。 すると、配達可能な店舗が一覧で表示されますので、その中から好きなメニューを選びましょう。 注文が決まったら決済に進みますが、カード決済の場合は登録済みのカードで自動的に完了します。 現金での支払いを希望する方は、支払い方法を「現金」に変更しましょう。 尚、現金決済は地域によって出来ない場合があります。 注文が確定すると、アプリの画面が地図に変わり配達予定時刻が表示されます。 しばらくすると、地図上にバイクの形をした配達パートナーのアイコンが現れ、動き出します。 先ほども解説しましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達までの間、配達パートナーの動きをリアルタイムに追跡できるので非常に便利です。 料理が届いたら受け取りましょう。 食事を終えたら、配達パートナーと店舗の評価をして完了です。 慣れて来れば、注文自体は3~5分程度の時間で出来るでしょう。 スマホやタブレットがあれば、いつでもちょっとした合間に料理を注文できるので、忙しい人にも非常に便利なサービスなのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は時間指定が出来る Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間は、午前9時~深夜0時までだというお話をしました。 しかし、この時間帯であっても料理の注文が出来ない事があります。 それはどのようなケースなのか、詳しく見ていきましょう。 お店の営業時間外 営業時間である午前9時~深夜0時の間であっても、お店がやっていなければ注文は出来ません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は飲食店ではなく、それぞれをマッチングするサービス。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間だからと言って、いつでもどこのお店でも注文が出来るという訳ではないのです。 アプリ上で「休業」「ただいまご利用いただけません」となっている店舗は営業していない可能性がありますので、他のお店で注文をしましょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)による制限 Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文が混み合う時間帯には配達パートナーへのボーナス等を出し円滑にサービスを運営するために数を増やしています。 しかし、それでも足りないほど殺到してしまった時には、制限が掛かる事があるのです。 制限時には近くの店舗でしか注文が出来なくなり、営業時間内であっても遠くの店舗での注文できないケースがあります。 まとめ 1:配達先の住所を登録 2:メニューを選ぶ 3:注文確定・支払い 4:配達予定時間が表示される 5:配達パートナーが表示され動き出す 6:料理を受け取る 7:配達パートナーと店舗の評価をする 慣れて来れば、注文自体は3~5分程度で出来るでしょう。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は1週間前から30分単位での時間指定で予約が出来るのも非常に便利です。 予約の際は「速やかにお届け」ではなく、「注文を予約する」という項目を選びましょう。 お店の営業時間外や規制が掛かっている場合など、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であっても注文が出来ないケースもありますので注意が必要です。 とは言え、Uber Eats(ウーバーイーツ)は短時間で簡単に料理をデリバリー出来る非常に便利なサービス。 忙しい時やイベント時、一人暮らしの夕食など、様々なシーンで活躍してくれるのです。

次の

【必見】Uber Eats(ウーバーイーツ)とマックデリバリー比較レポ!

ウーバーイーツ 深夜

「Uber Eatsは何時まで配達してくれるんだろう」 「最終注文はいつまでかな」 「Uber Eatsって注文してからどれくらいで配達してくれるの?」 と疑問に思っていませんか? 実はUber Eatsは、使える店舗やエリアによって利用時間が異なります。 そこでこの記事では 現役配達パートーナーかつプライベートでもUber Eatsを100回以上利用する私が「Uber Eatsの時間に関する疑問」を徹底解説!• エリアごとの営業時間について• 平均配達時間について• 時間によってお店が利用できない理由• 配達時間が遅れそうな時の対処法• 配達パートナーが働ける時間 他にも、時間帯別のおすすめ店舗やどの時間でも利用できる1,000円オフのクーポンについても紹介しています。 多くの情報を盛り込みましたが3分ほどでサクッと読めるので、Uber Eatsの利用を検討している方はぜひチェックしてみてください。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間をエリアごとに解説 Uber Eatsは、エリアごとに営業時間が決まっています。 通常は「午前9:00~午前0:00」まで利用できます。 また2019年7月から、東京都・大阪の一部エリアのみ時間が延長されました。 ちなみにこの営業時間は、Uber Eats全体のものです。 基本的には店舗が営業している間しか注文ができないので注意しましょう。 利用時間の一例は、以下のとおりです。 そこでこちらでは、Uber Eatsの平均配達時間について説明します。 商品を注文してから到着するまでの時間は、平均して約15〜20分です。 配達時間は、2つの要素によって推定されます。 注文を受け付けてからレストランが準備を完了するまでにかかる時間• レストランから配達先までの所要時間 また、注文時に表示される配達時間は目安で、そのときのお店の混雑状況によって異なります。 しかし、 遠い店だと40〜50分ほどかかることもあるので注文前に必ず配達時間はチェックしましょう! 時間によってお店がUber Eats(ウーバーイーツ)に表示されない3つの理由 営業時間内であっても、時間帯によって商品が表示されないことがあります。 その場合、考えられる3つの理由をお伝えします。 Uber Eatsが時間帯でエリアを制限しているから• お店がUber Eatsの注文受付を停止しているから• Uber Eatsが使えるお店自体の営業時間が終了しているから それぞれ確認しましょう。 Uber Eatsが時間帯でエリアを制限しているから Uber Eatsが、時間帯でエリアを制限しているからです。 引用:Uber Eats 公式アプリ 注文が多くなる時間帯は、エリアによって制限がかかります。 混雑により、配達の遅延や注文のキャンセルが発生しやすくなるためです。 たとえば東京都心部のランチやディナーの時間帯、休日などはエリア限定されやすくなります。 エリアが限定されている場合は、お店が表示されないため、時間をずらして利用してみましょう。 お店がUber Eatsの注文受付を停止しているから お店がUber Eatsの注文をストップしているからです。 お店ではお客さんに迷惑をかけないように、提供できる注文量を座席数などで計算しています。 そこにネット注文がたくさんはいると、キッチンがパンクするかもしれません。 よって お店の混雑状況によっては、Uber Eatsでの注文を停止することも十分に考えられます。 このとき、少し時間をおいて更新すると表示が再開されるので、試してみてください。 Uber Eatsが使えるお店の営業時間が終了しているから お店自体の営業時間が終了している可能性が考えられます。 エリアによって、Uber Eatsの最終時間(24時)まで営業しているお店には限りがあります。 チェーン店であっても、21時や22時に閉店するお店は多いです。 また多くのお店では、閉店の少し前からラストオーダーの時間をもうけています。 そのため、アプリ上に記載のある時間より早く注文を終了している可能性が高いです。 いくらUber Eatsが利用できる時間だとしても、お店の注文時間が終わっていると表示されません。 商品ができるまでの時間• 配達されるまでの時間 そのため、お店の混雑状況や交通事情により配達が長引いてしまうのです。 ここからは、配達時間の遅れに役立つ対処法を3つご紹介します。 ピークの時間帯を避ける• 配達パートナーと連絡を密に取り合う• 商品の種類を選ぶ 【配達時間遅れの対処法1】 ピークの時間帯を避ける ピークの時間を避けると、配達時間の遅れを防げます。 Uber Eatsでは注文の増える時間が決まっているので、うまく調節すると早めに作ってもらえるからです。 【配達時間遅れの対処法2】 配達パートナーと連絡を取り合う 引用:Uber Eats 公式アプリ 配達パートナーへの配慮として、こまめに連絡を取り合うことが大切です。 似たような建物がある場所では、慣れたひとでも迷ってしまうことがあります。 Uber Eatsは、注文後も配達パートナーとメッセージや電話のやり取りをすることが可能です。 こうした手段を利用し、連絡をとり合うことでロスタイムを少なくすることができます。 【配達時間遅れの対処法3】 商品の種類を選ぶ 商品の種類を、運びやすいものに変更してみてください。 注文する商品が運びにくいものだと、配達時間に大きく影響します。 たとえばスープやカレーなど液体の商品は、慎重に運ばなければなりません。 特に自転車で配達する場合はかなり揺れやすいので、クレームを防ぐためにもゆっくり走ります。 どうしても急ぎで注文したいときは、商品の種類も運びやすいものを選んでみてください。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが配達できる時間は? これはUber Eats配達パートナー側のお話です!実際にどれくらいまで配達可能なのか解説します。 ただし配達パートナーは、終了時間ちょうどに来た依頼分を運ぶ必要があるので、そこから20~30分ほど延長して稼働しています。 ここで、仕事終わりに配達を行ったときの報酬モデルを紹介します。 たとえば、19時に仕事が終わってから、深夜1:00の最終注文分まで働くとします。 さらに配達回数応じてもらえるインセンティブを加えると、より多くの報酬がもらえます。 Uber Eatsのお店側の営業時間の違い• エリア制限• お店側が注文の受け付けを中止している• 商品が届くまでに時間がかかる それではそれぞれの場合について解説していきましょう。 Uber Eatsとお店側の営業時間の違い 各地域でUber Eatsの営業時間が定められているのと同様に、お店も営業時間がそれぞれ異なります。 Uber Eatsで注文できる時間帯は、午前9時〜午後24時の間です。 (東京の一部は深夜1時まで) Uber Eatsのアプリを使って注文するときに、パートナーのレストランの営業時間が終了していたり、ラストオーダーが終わっている場合だと注文できません。 お酒を提供しているお店や大手のチェーン店は、夜遅い時間帯まで営業していますね。 Uber Eatsによるエリア制限 Uber Eatsによって、配達エリアが制限されてしまいます。 深夜は昼間に比べて配達パートナーが少なく、配達に支障が出る可能性があるからです。 とくに天候が悪い夜は、稼働している人がかなり減ってしまいます。 よって遠くのレストランの注文ができず、近いレストランのみの注文になるなど、エリア制限に引っかかってしまう可能性が高いです。 お店が注文の受け付けを中止している 「お店は通常通り営業しているし、エリア制限もかかっていないのに注文できない」という場合は、お店側が受け付けを中止していることが考えられます。 忙しくてUber Eatsの注文に対応できない• 材料を切らしている• 人手不足 など、お店側の事情によって、Uber Eatsの注文に応えることができない場合こともあります。 商品が届くまでに時間がかかる 深夜は、商品が届くまでに時間がかかる可能性が高いです。 遅い時間だとお店側の人員が少なく、さらに配達パートナーの数も昼間より減っています。 特に配達パートナーが少ないエリアの場合は、お店から離れた場所から商品を受け取りに行かなければいけないこともあり、配達までの時間が長くなりやすいです。 料理の準備や完成に時間がかかるうえに、配達してくれる人も少ないとなると、時間がかかってしまいます。 【時間別】Uber Eats(ウーバーイーツ)おすすめ店舗 ここからは、それぞれの時間帯でおすすめの店舗をエリアごとにご紹介。 特に食べたいものが決まっていないときの参考にどうぞ! Uber Eats【朝】おすすめの店舗 朝の時間帯(9:00~11:00ごろ)におすすめのお店を紹介します。 あっさりしていて、深夜のシメとして人気です。 マクドナルド• 牛丼チェーン(松屋、吉野家、すきやなど)• ガスト• Burger King (バーガーキング) 深夜でも注文できるお店のほとんどはチェーン店です。 ここでも注意ですが、お店とUber Eatsの営業時間は異なります。 たとえばマクドナルドは多くの店舗が24時間営業、あるいは深夜まで営業している場合が多いです。 ところが「Uber Eatsでの注文だと22時30分まで」というように、それぞれの店舗によって注文できる時間帯が異なります。 やはり東京のような大きな都市だと、深夜に注文できるお店が多いです。 サービスが開始されたばかり(2019年11月時点)の、埼玉のある街では、深夜に注文できる場所はほとんどありませんでした。 Uber Eatsがカバーするエリアはだんだんと広がっていますが、開始直後は深夜帯の対応はしばらく時間がかかるのかもしれません。

次の

ウーバーイーツの営業時間は何時から何時まで?配達パートナーが働ける時間は?

ウーバーイーツ 深夜

開始後の対応店の状況、柏市内でも一部地域では順次対応予定となっている部分を含め確認していきたいと思います。 初回注文時に1,500円以上の注文が1,300円引きになるクーポンコードは以下の形でありましたので注文アプリの「アカウント」から「プロモーション」、上部の「コードを入力してください」に入力して使えますのでよかったら活用してみて下さい。 クーポンコード: eats-mqpwq6 前日までのサービス対象外から一転、対象店も表示 前日までは柏駅近くの住所ではこのようなサービス提供エリア外の表示となっていたウーバーイーツ(Uber Eats)。 2020年7月15日となり柏駅近くでもウーバーイーツ可能エリアとアプリ内でも表示が切り替わり、対象店も確認できます。 マクドナルドなどお馴染みのお店から多彩なお店も 2020年7月15日の確認時点、柏駅周辺のお店の一部でも次のお店でウーバー対応表示がありました。 柏の葉キャンパス駅周辺など一部地域では順次対応の案内も 柏市内の例えば柏の葉キャンパス駅周辺などはこのような形で7月15日時点でも順次対応の案内となっていました。 なお、松戸市内でも柏市近隣では柏のお店の注文も行えるなど市を跨いでも便利なウーバーイーツ。 今後の展開にも注目できればと考えております。 初回注文時に1,500円以上の注文が1,300円引きになるクーポンコードは以下の形でありましたので注文アプリの「アカウント」から「プロモーション」、上部の「コードを入力してください」に入力して使えますのでよかったら活用してみて下さい。 クーポンコード: eats-mqpwq6.

次の