九龍妖魔學園紀 キャラ。 【 PS2 】九龍妖魔學園紀 レビュー(評価、口コミ)|PS2ゲームどうなの?

『九龍妖魔學園紀』インタビュー:學園ジュヴナイルの名手・今井秋芳監督のルーツを探る【最新作『魔都紅色幽撃隊』発表記念特別企画】

九龍妖魔學園紀 キャラ

リンク 2004年9月16日にアトラスより発売されたPS2用のアドベンチャー+シュミレーションゲーム。 監督・脚本は東京魔人學園伝奇シリーズの今井秋芳さんです。 世界中に点在する埋もれた秘宝を捜し求める冒険者、人はそれを「 宝探し屋(トレジャーハンター)」と呼ぶ。 東京新宿の天香(かみよし)学園に転校生として現れた主人公の正体こそ、若き宝探し屋。 学園の奥深くに隠された謎の「遺跡」を見出した彼は、学園で知り合った友たちを同行者 (バディ)として、超古代文明の謎に迫っていく。 しかし彼を妨げるものは、遺跡に待ち受ける数々の罠や、そこにうごめく「 化人(けひと)」と呼ばれるバケモノだけでなく、学園を支配する「生徒会」の魔手であった。 Wikipediaより引用 トレジャーハンターの主人公が、天香学園の地下にある古代遺跡に隠された秘宝を手に入れるため、学園の仲間たちとともに冒険する…というのが「九龍妖魔學園紀」の物語です。 昼は学生として学園生活を送り、夜はトレジャーハンターとして遺跡を探索するといった流れが「ペルソナシリーズ」と似ているのですが、探索パートのシステムがペルソナとは全く違う今までにあまりないスタイルで「斬新かつ面白い」と評価されました。 「学園伝奇ジュブナイル」というだけあって、内容は 古事記や日本神話、エジプトのピラミッドやオーパーツなど、ホラーやオカルト的なものを題材にしているので オカルト・超常現象マニアにはたまらん作品となっております。 学園パート 「九龍妖魔學園紀」の昼のパートは、天香学園のいち学生として日常生活を楽しむ事ができるアドベンチャーパートとなっています。 1話完結でストーリーが進むのですが、平和な学園生活の中で、個性的なキャラクターたちと友情 もしくは愛情 を育みつつ、各話の探索パートのボスとなる人物 生徒 と接触。 やがて事件が発生し、探索パートへ…というのが基本的な流れ。 学園パートでは、他の学生たちとともに授業を受けるもよし、 ドライでカレーマニアな親友とサボるもよし、部活に精を出すのもよし 部活のパートはあまりないですが 、 学園内を巡って備品を 集める パクる のもよし…と、なかなか自由度が高いのも「九龍妖魔學園紀」の特徴です。 感情入力システム 東京魔人學園シリーズでもおなじみの 感情入力システム。 主人公の感情をプレイヤーが決められる他のゲームにはないシステムで、 愛・喜・友・燃・寒・怒・悲・憂・無 無視 の9種類の中から選び表現できるというものです。 要するに、 親友やヒロインに「怒」を押して嫌われたり、 敵に「愛」を囁いて気味悪がられたりと、どんな性格の主人公になるかはプレイヤー次第。 相手キャラの反応も面白いので色々試してみたくなってしまいますよ^^ しかし感情入力や選択肢による 好感度の変動で、仲間になるキャラや起こるイベントが変わってくるので あまりに破天荒なプレイをしていると後で困ります^^; 探索パート 「九龍妖魔學園紀」の夜のパートは、天香学園にある地下遺跡の探索がメイン。 主人公はプロのトレジャーハンターとして 秘宝を手に入れるため 「ハムナプトラ」や「インディ・ジョーンズ」よろしく 罠にはまったり、それを解除したり、アイテムを拾ったり、合成して武器を作ったり、敵と戦ったり…たくさんの難関に立ち向かいます。 遺跡は3Dマップのダンジョンを主人公目線で探索していき、戦闘時はシュミレーション形式のように行動力 AP を消費し、移動・攻撃を自分と敵のターンをどちらかが倒れるまで繰り返すことになります。 敵の弱点を狙って銃を撃つのが楽しい。 そして遺跡に潜る際には バディとして学園の生徒 仲間 を2人連れて行くことが出来るのですが、ここで 重要なのがバディ2人のスキル。 バディのスキルはかなり便利で、敵との戦闘で役立つものばかり。 ラベンダーのアロマを吸入し敵の攻撃を避ける親友や、 テニスのスマッシュ1発で敵を蹴散らしてくれるヒロインなど、 主人公そっちのけで活躍してくれます。 笑 しかし問題なのは 好感度によってスキルの発動回数が決まっていること。 さっき言ったように 破天荒な主人公でプレイしていると探索パートで辛い思いをすることになりかねませんので注意が必要です。 ただ、一緒に遺跡に潜って 敵を倒していれば好感度が上がっていきますし、それでゲームが詰む…なんてことにはなりませんのでご安心を^^ やりこみ要素 ミニゲーム、クエスト、調合や合成、主人公の成績表 パラメータ など、「九龍妖魔學園紀」にはたくさんのやりこみ要素があり、 面白い小ネタもたくさん存在します。 ロックフォード・アドベンチャー 作中でプレイ出来るミニゲーム「ロックフォード・アドベンチャー」。 ファミコンのような懐かしいCGのダンジョンRPGなのですが、かなりしっかりとしたストーリーで完成度が高く、しかもこれを クリアすると主人公のパラメータがアップするというとってもお得なミニゲームです。 クリア時間も短いのでプレイ出来るようになったらすぐにクリアするべし。 クエスト 主人公は遺跡の探索の他に、世界中の依頼人からクエストを受けることが出来ます。 クエストはこのゲームにとって重要な、 お金の稼ぎ口なのでたくさん受けたいところ。 しかしこのクエスト、依頼文がランダムに構成されるので内容が意味不明だったり笑えるものだったりするものがほとんどで、• 「亡くなった主人の追悼式で ステンレス包丁を供えたいの」• 「病気の弟を楽にするため 轟炎爆薬がほしいの」 などと 危険極まりない文章になることもしばしば。 笑 依頼文を見ているだけで笑えますし、達成するごとに報酬の質も上がっていくので苦になりません。 調合・合成 遺跡で入手したアイテムや、学園で 盗んだ手に入れたアイテムを組み合わせて調合・合成し、遺跡での探索や戦闘に役立つ武器や回復アイテム 料理 を作ることが出来ます。 そしてスキルレベルが上がると、より強力な武器や高級料理が作れるようになるのですが、• など、完成品に対して明らかに材料が足りてなかったり、意味不明の産物が…。 更に誰かさんのカレー好きのせいかカレーの種類も多い。 プリンカレーとかどうすんだよ…。 とにかく 突っ込みどころ満載です。 成績表 主人公には細かなパラメータが設定されており、身長・体重・誕生日・血液型・視力など基本的な設定の他に国語や数学など、得意な学科を自分で決めることが出来ます。 学科はそれぞれ遺跡探索や戦闘の能力に関していて、主人公のレベルが上がった時にもらえるポイントを振り分けて強化していくというシステム。 特に 宝箱の鍵開けスキル「数学」と ジャンプ力アップの「体育」は真っ先に強化したいところです。 そして成績表で一番面白いのは 「特記事項」の欄。 特記事項は主人公の行動によって随時変わっていきます。 責任感の強い男好きってヤバくないか…。 アクの強い個性的なキャラクターたち 「九龍妖魔學園紀」の最大の魅力。 それは 濃い、 とても濃いキャラクターたちではないでしょうか。 絵柄については今風のポップなものではないので苦手と思われる方も多いかもしれません。 ただ、だからこその魅力があるのです。 たとえば親友キャラの 皆守甲太郎 みなかみこうたろう。 常に気だるげで無気力。 セーターの襟も伸びきっている。 天然パーマ。 カレーマニア。 腰がえろい。 そして 面倒くさがりな割に事件に首を突っ込みたがるという女性プレイヤーの心をくすぐる大人気キャラなのですが、 彼のクリスマスイベントを見るためには ヒロインを含む女性キャラ3人のイベントを諦めなくてはなりません。 ヒロインの座を奪おうとする むしろ奪った 親友として有名です。 むしろ真のヒロイン。 そして謎の美少女、 白岐幽花 しらき かすか。 遺跡に挑もうとする主人公の前に現れ、謎の言葉を残していく 神秘的な美少女。 このゲームの重要人物のひとりで、 床まで届く長い黒髪と 首輪が特徴的。 しかもそこから繋がる鎖は全身にまとっているようで、 下着を付けていない疑惑があります。 他にも、 2歳上で柔道部所属の ガチムチだが実は病弱、 石田彰ボイスの石マニア、 爆弾が大好きな ゴスロリ少女、 巨大な顔をした 俊足のオカマ、 清楚で優しい 巨乳美人教師など、イロモノぞろいの「九龍妖魔學園紀」。 きっとプレイしていくうちに 「この絵師さんじゃないとこんなキャラ描けない!」「この絵柄以外受け付けられない!」となりますよ。 最後に 「九龍妖魔學園紀」は1話1話のストーリーも起承転結がしっかりしていてとても面白いです。 古事記や日本神話の中に、超古代文明やピラミッドの謎などがうまく組み込まれ、更にその謎を学生たちが解き明かしていく…まさに 「ジュブナイル伝奇」そのものだと言えるのではないでしょうか。

次の

九龍妖魔学園のエンディング

九龍妖魔學園紀 キャラ

リンク 2004年9月16日にアトラスより発売されたPS2用のアドベンチャー+シュミレーションゲーム。 監督・脚本は東京魔人學園伝奇シリーズの今井秋芳さんです。 世界中に点在する埋もれた秘宝を捜し求める冒険者、人はそれを「 宝探し屋(トレジャーハンター)」と呼ぶ。 東京新宿の天香(かみよし)学園に転校生として現れた主人公の正体こそ、若き宝探し屋。 学園の奥深くに隠された謎の「遺跡」を見出した彼は、学園で知り合った友たちを同行者 (バディ)として、超古代文明の謎に迫っていく。 しかし彼を妨げるものは、遺跡に待ち受ける数々の罠や、そこにうごめく「 化人(けひと)」と呼ばれるバケモノだけでなく、学園を支配する「生徒会」の魔手であった。 Wikipediaより引用 トレジャーハンターの主人公が、天香学園の地下にある古代遺跡に隠された秘宝を手に入れるため、学園の仲間たちとともに冒険する…というのが「九龍妖魔學園紀」の物語です。 昼は学生として学園生活を送り、夜はトレジャーハンターとして遺跡を探索するといった流れが「ペルソナシリーズ」と似ているのですが、探索パートのシステムがペルソナとは全く違う今までにあまりないスタイルで「斬新かつ面白い」と評価されました。 「学園伝奇ジュブナイル」というだけあって、内容は 古事記や日本神話、エジプトのピラミッドやオーパーツなど、ホラーやオカルト的なものを題材にしているので オカルト・超常現象マニアにはたまらん作品となっております。 学園パート 「九龍妖魔學園紀」の昼のパートは、天香学園のいち学生として日常生活を楽しむ事ができるアドベンチャーパートとなっています。 1話完結でストーリーが進むのですが、平和な学園生活の中で、個性的なキャラクターたちと友情 もしくは愛情 を育みつつ、各話の探索パートのボスとなる人物 生徒 と接触。 やがて事件が発生し、探索パートへ…というのが基本的な流れ。 学園パートでは、他の学生たちとともに授業を受けるもよし、 ドライでカレーマニアな親友とサボるもよし、部活に精を出すのもよし 部活のパートはあまりないですが 、 学園内を巡って備品を 集める パクる のもよし…と、なかなか自由度が高いのも「九龍妖魔學園紀」の特徴です。 感情入力システム 東京魔人學園シリーズでもおなじみの 感情入力システム。 主人公の感情をプレイヤーが決められる他のゲームにはないシステムで、 愛・喜・友・燃・寒・怒・悲・憂・無 無視 の9種類の中から選び表現できるというものです。 要するに、 親友やヒロインに「怒」を押して嫌われたり、 敵に「愛」を囁いて気味悪がられたりと、どんな性格の主人公になるかはプレイヤー次第。 相手キャラの反応も面白いので色々試してみたくなってしまいますよ^^ しかし感情入力や選択肢による 好感度の変動で、仲間になるキャラや起こるイベントが変わってくるので あまりに破天荒なプレイをしていると後で困ります^^; 探索パート 「九龍妖魔學園紀」の夜のパートは、天香学園にある地下遺跡の探索がメイン。 主人公はプロのトレジャーハンターとして 秘宝を手に入れるため 「ハムナプトラ」や「インディ・ジョーンズ」よろしく 罠にはまったり、それを解除したり、アイテムを拾ったり、合成して武器を作ったり、敵と戦ったり…たくさんの難関に立ち向かいます。 遺跡は3Dマップのダンジョンを主人公目線で探索していき、戦闘時はシュミレーション形式のように行動力 AP を消費し、移動・攻撃を自分と敵のターンをどちらかが倒れるまで繰り返すことになります。 敵の弱点を狙って銃を撃つのが楽しい。 そして遺跡に潜る際には バディとして学園の生徒 仲間 を2人連れて行くことが出来るのですが、ここで 重要なのがバディ2人のスキル。 バディのスキルはかなり便利で、敵との戦闘で役立つものばかり。 ラベンダーのアロマを吸入し敵の攻撃を避ける親友や、 テニスのスマッシュ1発で敵を蹴散らしてくれるヒロインなど、 主人公そっちのけで活躍してくれます。 笑 しかし問題なのは 好感度によってスキルの発動回数が決まっていること。 さっき言ったように 破天荒な主人公でプレイしていると探索パートで辛い思いをすることになりかねませんので注意が必要です。 ただ、一緒に遺跡に潜って 敵を倒していれば好感度が上がっていきますし、それでゲームが詰む…なんてことにはなりませんのでご安心を^^ やりこみ要素 ミニゲーム、クエスト、調合や合成、主人公の成績表 パラメータ など、「九龍妖魔學園紀」にはたくさんのやりこみ要素があり、 面白い小ネタもたくさん存在します。 ロックフォード・アドベンチャー 作中でプレイ出来るミニゲーム「ロックフォード・アドベンチャー」。 ファミコンのような懐かしいCGのダンジョンRPGなのですが、かなりしっかりとしたストーリーで完成度が高く、しかもこれを クリアすると主人公のパラメータがアップするというとってもお得なミニゲームです。 クリア時間も短いのでプレイ出来るようになったらすぐにクリアするべし。 クエスト 主人公は遺跡の探索の他に、世界中の依頼人からクエストを受けることが出来ます。 クエストはこのゲームにとって重要な、 お金の稼ぎ口なのでたくさん受けたいところ。 しかしこのクエスト、依頼文がランダムに構成されるので内容が意味不明だったり笑えるものだったりするものがほとんどで、• 「亡くなった主人の追悼式で ステンレス包丁を供えたいの」• 「病気の弟を楽にするため 轟炎爆薬がほしいの」 などと 危険極まりない文章になることもしばしば。 笑 依頼文を見ているだけで笑えますし、達成するごとに報酬の質も上がっていくので苦になりません。 調合・合成 遺跡で入手したアイテムや、学園で 盗んだ手に入れたアイテムを組み合わせて調合・合成し、遺跡での探索や戦闘に役立つ武器や回復アイテム 料理 を作ることが出来ます。 そしてスキルレベルが上がると、より強力な武器や高級料理が作れるようになるのですが、• など、完成品に対して明らかに材料が足りてなかったり、意味不明の産物が…。 更に誰かさんのカレー好きのせいかカレーの種類も多い。 プリンカレーとかどうすんだよ…。 とにかく 突っ込みどころ満載です。 成績表 主人公には細かなパラメータが設定されており、身長・体重・誕生日・血液型・視力など基本的な設定の他に国語や数学など、得意な学科を自分で決めることが出来ます。 学科はそれぞれ遺跡探索や戦闘の能力に関していて、主人公のレベルが上がった時にもらえるポイントを振り分けて強化していくというシステム。 特に 宝箱の鍵開けスキル「数学」と ジャンプ力アップの「体育」は真っ先に強化したいところです。 そして成績表で一番面白いのは 「特記事項」の欄。 特記事項は主人公の行動によって随時変わっていきます。 責任感の強い男好きってヤバくないか…。 アクの強い個性的なキャラクターたち 「九龍妖魔學園紀」の最大の魅力。 それは 濃い、 とても濃いキャラクターたちではないでしょうか。 絵柄については今風のポップなものではないので苦手と思われる方も多いかもしれません。 ただ、だからこその魅力があるのです。 たとえば親友キャラの 皆守甲太郎 みなかみこうたろう。 常に気だるげで無気力。 セーターの襟も伸びきっている。 天然パーマ。 カレーマニア。 腰がえろい。 そして 面倒くさがりな割に事件に首を突っ込みたがるという女性プレイヤーの心をくすぐる大人気キャラなのですが、 彼のクリスマスイベントを見るためには ヒロインを含む女性キャラ3人のイベントを諦めなくてはなりません。 ヒロインの座を奪おうとする むしろ奪った 親友として有名です。 むしろ真のヒロイン。 そして謎の美少女、 白岐幽花 しらき かすか。 遺跡に挑もうとする主人公の前に現れ、謎の言葉を残していく 神秘的な美少女。 このゲームの重要人物のひとりで、 床まで届く長い黒髪と 首輪が特徴的。 しかもそこから繋がる鎖は全身にまとっているようで、 下着を付けていない疑惑があります。 他にも、 2歳上で柔道部所属の ガチムチだが実は病弱、 石田彰ボイスの石マニア、 爆弾が大好きな ゴスロリ少女、 巨大な顔をした 俊足のオカマ、 清楚で優しい 巨乳美人教師など、イロモノぞろいの「九龍妖魔學園紀」。 きっとプレイしていくうちに 「この絵師さんじゃないとこんなキャラ描けない!」「この絵柄以外受け付けられない!」となりますよ。 最後に 「九龍妖魔學園紀」は1話1話のストーリーも起承転結がしっかりしていてとても面白いです。 古事記や日本神話の中に、超古代文明やピラミッドの謎などがうまく組み込まれ、更にその謎を学生たちが解き明かしていく…まさに 「ジュブナイル伝奇」そのものだと言えるのではないでしょうか。

次の

黄龍妖魔學園紀 (こうりゅうようまがくえんき)とは【ピクシブ百科事典】

九龍妖魔學園紀 キャラ

【 PS2 】九龍妖魔學園紀 レビュー 評価、口コミ• ゴルベーザさんの意見• コメント:最初SFCみたいな画像にショックを受けるしキャラも最高にキモいけどハマりますスト-リ-度外視のゲ-マ-は満足できると思います• ハチさんの意見• コメント:コメントを見て面白そうだと判断しアチコチ探してやっと見つけた。 しかも新品の再充填。 これは何かの運命と感じやり込んだ。 見事にハマった。 今では頭の中にマップがインプットされ自由自在に移動し敵を蹴散らしながら冒険できる。 冒険者の感覚を何度でも楽しんでいる。 豆腐メインさんの意見• コメント:絵は古臭く、副要素がてんこ盛りという訳でもないのですが、純粋に楽しい。 内容そのものは極めてシンプルですので、割と想像力のある人向け。 特有の「臭い」に抵抗が無く、探索系のゲ-ムが好きな方にお薦めします。 昔、徹夜で初期のWIZやってた覚えのある方は、懐かしさも相まってかなりハマれるかと思います。 逆に今時のゲ-ムが好きな層には厳しいかな…。 アリー・アル・サーシェスさんの意見• コメント:BGMは後で効いてくるすばらしい感覚ボス戦闘は難易度が多少高い謎解きは一部を除けば気合いでなんとかなるスト-リ-は個人的にはハマリまくった作画は好き嫌いが別れる大きな点だがハマればハマるほど好きになる作画• あんぱんさんの意見• コメント:東京魔人学園系音楽は、どこかビバップハイスク-ルを彷彿させるような(というか、たぶんオマ-ジュ)感じでいい。 強いて言えば、戦闘システムがいまいち。 SRPGの方に慣れている魔人学園シリ-ズファンは、ちょっと面食らったかも。 まぁ、やってることは同じなんだけどさ。 が、決して買って損はしないゲ-ムでもある。 変化球的ゲ-ムをやりたい人はぜひ。 すぴりあさんの意見• コメント:これは良い。 最初は取っ付きにくい印象だがシステム、ゲ-ムの流れにある程度慣れてくると中毒的に面白くなる。 この良ゲ-の出来なら色々追加のある再装填の方を買えば良かったかと少し後悔。 FCのRPG的なミニゲ-ムが地味に面白くこれだけでも中古値段分は満足してしまった笑。 ブルブルきもいさんの意見• コメント:はっきり言って評価高すぎ!! 何かやってると気持ち悪くなってくるよ。 キャラとスト-リ-など完全にマニア向き。 素人には絶対不向きだね。 買って損した作品の代表作です。 美味しい水さんの意見• コメント:基本的には作業ゲ-。 クエスト達成の為に同じ場所を行ったり来たり、敵が常に同じ配置の戦闘・・・こうして書くとすごくつまらなそうだが、何故かめちゃめちゃハマるゲ-ム。 「トレジャ-ハンタ-」「学園に隠された謎」「敵対する生徒会」等アレ的な要素が好き、且つ上記の作業に耐えられる、とゆ-人にはオススメの一本。 トレハン先生さんの意見• コメント:なぜかやり込んだ。 なんか面白い。 多分ゲ-ム歴が古い人はハマる。 常に微妙な雰囲気が流れていて、それがマイナスにはならずむしろ手抜きの無い作り込みで昇華。 脳内補完の上手い妄想家なら入り込める作り(主人公が喋らないどころか常に主観視点で姿も脳内補完なため)• 天使が笑ったさんの意見• 俺には合わなかったし他の人も言ってるように好みがかなり割れるな。 でもやっぱり俺には無理だったよ。

次の