クレジット カード マイル とは。 マイレージカードの種類と作り方を知ってマイルを効率的に貯めよう!|クレジットカードの三井住友VISAカード

陸マイラーのマイルが貯まるクレジットカード完全ガイド!おすすめの最強カードとは?

クレジット カード マイル とは

クレジットカードでマイルを貯めたいと考えていませんか。 ほとんどの航空会社にはマイレージサービス(マイル)がありますが、実は飛行機に乗らなくてもクレジットカードの利用でもマイルをたくさん貯められます。 しかし、使うとマイルが貯まるクレジットカードについて網羅されているサイトがないため、2020年現在日本で発行されている全136枚を航空会社ごとに一覧表にしてご紹介する記事を作りました。 他ページでは紹介されていないカードも紹介しており、日本一の情報量がある文字通りの【完全ガイド】を自負しています。 JALやANAのような特に枚数の多い航空会社は、年会費の割にマイルを貯めやすいおすすめのクレジットカードも合わせてご紹介します。 また、仕事や趣味で世界を飛び回っている方向けに、複数の航空会社のマイルを貯めることができるジョーカー的存在のクレジットカード3枚もお教えします。 この記事を読むことで、あなたに合ったマイルが貯まるクレジットカードを選べるようになるでしょう。 4月10日更新 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』ボーナス対象航空会社にPeachが追加されたなど最新情報に更新しました。 JALカード全35枚とおすすめ5選 現在、カードを利用するとJALのマイルが直接貯まるJALカードは次の全35枚です。 5%~5. 5%~5. 5%~5. 5%~5. 『』:18歳以上30歳未満の学生向けにお得な特典が豊富• 『』:年1回以上JALの飛行機に乗る全ての20代• 『』:JALカードでもっともマイルを貯めやすい• 『』(JCB):JGCを最安の年会費で持てる• 『 』:JAL航空券の購入などで100円=3マイルたまる 『JALカード navi(学生専用)』 『』は18歳以上30歳未満の学生が申し込みできる 唯一 年会費無料のJALカードです。 マイル還元率を1%にできるJALショッピングマイルプレミアムの年会費3,000円(税抜)も無料という非常に有利な条件で使えるだけでなく、下記のような特典も付きます。 特典航空券を通常より最大6割引のマイル数で交換できる• 入会時にe JALポイント 5,000円相当プレゼントされる(航空券の支払いなどに使える)• 在学期間中は、マイルの有効期限が無期限になります• 通常2,200円するツアープレミアム(割引運賃でも区間マイルの100%がたまる)が無料• カードに付く保険の条件が普通カードより良くなる これ以外にも ボーナス対象となる外国語検定に合格すると 500マイルもらえるなど、特典が盛りだくさんなので、無料でJALをお得に貯めたい学生におすすめなカードです。 『JALカード navi(学生専用)』公式ページ: 『JAL CLUB EST』 『』は20代限定のJALカードに追加で入会して使えるサービスで、JALカードの年会費の他にJAL CLUB EST年会費として5,000円(税抜)かかり、マイル還元率1%です。 年会費は必要ですが、下図のように特典がてんこ盛りなので年1回以上JALの飛行機を乗る人は絶対に得をする素晴らしいカードです。 出典: 上記で紹介した『JALカード navi(学生専用)』と違って学校を卒業してからでも有利な条件でJALカードを使えて、下記のような『JAL CLUB EST』限定ボーナスが付きマイルやFLY ONポイントが貯めやすいです。 入会時、毎年初回搭乗で+1,000マイル• 搭乗ごとにフライトマイル+5%• 毎年初回搭乗時+2,000FLY ONポイント 路線がANAしかない、絶対にJALは使いたくないなどよほどの理由がない限りはメリットが大きすぎるので、20代で年に1回以上飛行機を利用する人は作って特典を体験しておくと良いでしょう。 『JAL CLUB EST』公式ページ: 『JALカード TOKYU POINT ClubQ』 『』は下記のような利用でマイルやTOKYU POINTがもらえるので最もマイルを貯めやすいカードです。 東急グループの利用でマイルの他にTOKYU POINTも同時にたまる• WAONやPASMOのチャージでマイルやTOKYU POINTがもらえる• ネットショッピングでTOKYU POINTがたまる TOKYU POINT加盟店である東急グループ(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYU POINTとJALマイルが同時に貯まります。 TOKYU POINTは2,000ポイント=1,000マイルでJALマイルに交換できるので、東急グループの利用が多い人は最高6. 5%まで還元率を上げられます。 東急グループを全く利用しない人でも、WAONやPASMOなどの電子マネーがお得に使えてネットショッピングの利用でボーナスマイルがもらえるので、マイルの貯めやすさ(還元率の高さ)を重視する全ての人におすすめです。 『JALカード TOKYU POINT ClubQ』公式ページ: 『JAL CLUB-Aカード』(JCB) 『』(JCB)はスマリボの登録と特典で年会費が1,250円(税抜)キャッシュバックされるため、JALグローバルクラブ JGC。 JALの上級会員資格付きクレジットカード を持つ予定のある方は、他のJALカードに比べて最安値の年会費で持てます。 入会時や毎年初回搭乗ボーナス、搭乗ごとのフライトボーナスマイルの数字がゴールドカードと同じなため、空港ラウンジや海外旅行保険などを他のゴールドカードでカバーできるなら、最もコスパの良い1枚と言えます。 JGCは毎年年会費を支払うことで上級会員資格を維持できるので、少しでも安い年会費で負担を減らしたい方に最適です。 『JAL CLUB-Aカード』(JCB)公式ページ: JGCにしてもメインカードで使いたい・充実した保険が必要・空港ラウンジを無料で利用したい方は『』を選ぶと良いでしょう。 『JALアメリカン・エキスプレス(CLUB-Aゴールド)』 『』は年会費が他のゴールドカード(Suicaを除く)よりも高いです。 そのため、JALの航空券を年に16. 2万円以上カードで購入する方には最もマイルがたまりやすいおすすめのゴールドカードです。 『JALアメリカン・エキスプレス(CLUB-Aゴールド)』公式ページ: 参考情報 JALカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 ANAカード全37枚とおすすめ5選 現在、カードを利用するとANAのマイルが効率良く貯まるANAカードは次の全37枚です。 ANAカードは提携先のカード会社のポイントが貯まり、そのポイントを高い交換率でANAのマイルに交換できる仕組みになっています -スマホの方はスクロールできます- カード名 年会費(税抜) マイル移行手数料(税抜) マイル還元率 『』 在学中無料 6,000円 0. 5〜1. 39% 『』 『』 無料 1〜1. 36% 『』 無料(5年間) 無料 0. 56% 『』 1,025円〜2,000円(初年度無料) 6,000円 0. 5〜1. 39% 『』 『』 751円〜2,000円(初年度無料) 0. 5〜1. 5〜1. 36% 『』 0. 5〜 1. 5〜1. 39% 『』 『』 6,000円〜7,250円 5,000円 0. 5〜1. 36% 『』 9,275円〜10,250円 6,000円 0. 5〜1. 39% 『』 『』 9,000円〜10,250円 5,000円 0. 5〜1. 36% カード名 年会費(税抜) マイル移行手数料(税抜) マイル還元率 『』 9,500円〜14,000円 無料 1〜 1. 375% 『』 9,455円〜14,000円 1〜 1. 375% 『』 27,000円 無料 1% 『』 31,000円 1〜2% 『』 28,000円 1% 『』 31,000円 1〜2% 『』 70,000円 無料 1. 675% 『』 『』 80,000円 1. 8% 『』 『』 150,000円 1〜 2. 5〜 2. これら37枚のANAカードの内、年会費の割にマイルが貯めやすいおすすめのクレジットカードは以下の5枚です。 『』:年会費などの負担が0円でもっともマイルが貯めやすい• 『』:実質年会費無料でANAカードが持てて、メトロポイントへの交換でマイル還元率を高くしやすい• 『』:年会費などの負担が少ないのにマイル還元率が最高1. 『』:ANA航空券の購入でマイル還元率3%• 『』:ANA航空券の購入でマイル還元率4. 5%にでき、多くのアメックスプラチナカードのサービスを使える 『ANA JCBカード(学生用)』 『』は在学中は年会費無料で、基本マイル還元率1%の非常にコスパの良いANAカードです。 単純なマイル還元率を比べると『』の方が高いですが、 マイル移行手数料の負担が全くなく1%以上にできるので、こちらの方がお得に使えます。 それだけでなく、学生カード限定サービスとして下記のような特典があるので、帰省や旅行でANAを使う機会が多い学生には絶対おすすめの1枚です。 卒業後、『ANA JCB 一般カード』への自動切替で 2,000マイル 『ANA JCBカード(学生用)』公式ページ: 『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』 『』はPASMOオートチャージやクレジットカードの決済でJCBのOki Dokiポイントが貯まり、PASMOを東京メトロなどで利用すればメトロポイントがもらえて、2つのポイントがたまるクレジットカードです。 貯めたOki Dokiポイントを10マイルのレートで交換するためには年間5,000円(税抜)の移行手数料がかかりますが、他のANA一般カードが6,000円(税抜)かかるので少ない負担でマイル還元率を上げられるのがメリットです(移行手数料無料でも0. 5%の還元率) また、メトロポイントは下記のような利用でたまり、100メトロポイントは90マイルに交換できます。 3%から0. 45%に上げることができます。 それ以外でも、他でためたポイントをポイントサイトなどを通じてメトロポイントに交換することで元の価値よりも高くマイルに換えられるので、ANAマイルを効率良くためたい方は必携の1枚です。 「 スマリボに基準日(判定日)に登録されていて、年に一回以上のカード利用」 の条件を満たすと5 ,000円(税込)の年会費キャッシュバックを受けられるため、年会費を最安値でANAゴールドカードを持てます。 さらに、年間利用額や少額のリボ手数料を発生させることでもらえるボーナスポイントをマイルに交換することで 最大1. 年会費(税抜) 14,000円(最大9,455円まで割引可能) 入会年齢 20歳以上でご本人に安定継続収入のある方。 マイル還元率 1%〜1. 『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』 『』はANAゴールドカードと『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』の両方のほとんどのサービスを1枚で利用できる便利なカードです。 また、下記のようにANAの航空券の購入ではマイル還元率3%となるので、ANAの航空券の支払いが多い方におすすめなカードです。 1%:基本ポイント還元率• 5%〜2%:ANAカードマイルプラス提携店での利用• 3%:ANA航空券(提携店でのマイルボーナスに加えて、AMEX独自のボーナスポイントが100円につき1ポイント付く) さらに、ポイントの有効期限がなくマイル交換数の制限もないので、自分のペースでポイントをたくさん貯めてからマイルに交換することでファーストクラスに乗ることもできます。 『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ: より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「」を参照してください。 『ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』 『』はANAプラチナカードと『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』の両方のほとんどのサービスを1枚で利用できる最高に近い有益なカードです。 ANA航空券を購入した場合は2. 5%分のポイントと、ANAカードマイルプラス提携店のボーナスマイルが100円に2マイル付き、合計でマイル還元率4. ほとんどのアメックスプラチナカードの特典を利用できるのに招待が無くても申し込みが可能で、ANA利用に関わる特典も下記のように豪華なのでANAのヘビーユーザーには最適の1枚です。 入会時・毎年継続時に10,000マイルがもらえる• 国内線ANAラウンジを無料で利用できる• 世界1,300か所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」を家族も作れる(最大8名無料で利用可能) 『ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』公式ページ: 参考情報 ANAカードを始めとしたANAマイルの貯まるカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 国内航空会社のマイルが貯まるカード全5枚 国内のLCC(格安航空会社)でも、カードを利用するとマイルが貯まる提携クレジットカードが5枚あるので、航空会社別にご紹介します。 3-1. スターフライヤー 福岡県の北九州空港に本拠地があるLCCの1つです。 「STAR LINK」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記3種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料(前年利用額が10万円未満の場合、2,000円) 1% 『』 無料(前年利用額が3万円未満の場合、1,250円) 0. 5% 『』 無料(前年利用額が10万円未満など条件を満たさない場合、1,250円) 0. 5% マイルを効率よく貯めたいなら『』がおすすめです。 3-2. ソラシドエア 宮崎県宮崎市に本社があるLCCの1つです。 「ソラシド スマイルクラブ」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記2種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 1,250円(初年度無料) 1% 『』 10,000円 1% カードの利用で貯まるマイル還元率に差はありませんが、年に20回以上ソラシドエアの飛行機に乗る方は、「ソラシド ファーストメンバーズ」特典が適用され2,000ボーナスマイルがもらえる『』がおすすめです。 海外航空会社のマイルが貯まるカード全59枚 カードの利用で、海外の航空会社のマイルが貯まる提携クレジットカードを五十音順で航空会社別にご紹介します。 興味のある航空会社の名前をクリックすると、その航空会社と提携して発行しているクレジットカードの情報が書かれてある場所へ移動します。 2019年2月4日追記 三井住友カード系のポイントで下記3社のマイルへ交換ができるようになりました。 エールフランス・KLT-フライングブルーマイレージ• 中国東方航空-イースタンマイルズポイント(2020年5月31日で終了)• ブリティッシュエアウェイズ-エグゼクティブクラブAvios ただし、マイル還元率は0. 3%なので、補助的に利用した方が良いでしょう。 4-1. アシアナ航空 韓国の航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 「アシアナクラブ」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記5種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料〜1,250円 1% 『』 1,500円 1% 『』 6,000円 1% 『』 5,455円〜10,000円 1% 『』 14,000円 1% カードの年会費は付帯する保険や空港ラウンジ無料利用などカードとしての機能の差で違いがあるだけです。 マイルを効率よく貯めたいなら、フライトや提携店での利用でマイルが貯まりやすい『』がおすすめです。 4-2. アメリカン航空 アメリカの航空会社でJALと同じワンワールドに所属しています。 「AAdvantageプログラム」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記3種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 5,000円 0. 5% 『』 8,000円 1% 『』 15,000円 1% クラシックワイドカードとゴールドカードでカードの利用で貯まるマイル還元率に差はありませんが、入会時やキャンペーンでもらえるマイルに差があります。 マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 4-3. アリタリア航空 イタリアの航空会社でスカイチームに所属しています。 「ミッレミリア」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記3種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 2,500円(割引可能) 1% 『』 5,000円(割引可能) 1% 『』 15,000円(割引可能) 1% カードの年会費は付帯する保険や空港ラウンジ無料利用などカードとしての機能の差で違いがあるだけです。 マイルを効率よく貯めたいなら、次のどちらかがおすすめです。 『』:旅行保険が不要な女性の方• 『』:上記に当てはまらない全ての方 4-4. エールフランス フランスの航空会社でスカイチームに所属しています。 「フライング・ブルー」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記4種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料〜1,250円 1% 『』 2,500円〜5,000円 1% 『』 10,000円(割引可能) 1% 『』 10,000円〜15,000円 1% カードの利用で貯まるマイル還元率に差はありませんが、JCBは3月31日まで入会キャンペーンを行っていて、初年度年会費割引や入会ボーナスマイルがもらえます。 マイルを効率よく貯めたいなら『』、長期間保有する予定があり年会費を安くしたいなら『』がおすすめです。 4-5. キャセイパシフィック航空 香港の航空会社でJALと同じワンワールドに所属しています。 「アジア・マイル」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記2種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 5,000円 1%〜1. 5% 『』 25,000円 1. 5%〜2% マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 4-6. シンガポール航空 シンガポールの航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 「クリスフライヤー」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記4種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料〜2,500円 1% 『』 無料〜2,500円 1% 『』 7,500円〜15,000円 1% 『』 10,000円〜15,000円 1% カードの利用で貯まるマイル還元率に差はありませんが、JCBはスマリボの設定と利用で次年度以降の年会費がキャッシュバックされます。 マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 4-7. タイ国際航空 タイの航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 「ロイヤルオーキッドプラス」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記4種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料〜5,000円 1% 『』 無料〜5,000円 1% 『』 10,455円〜15,000円 1% 『』 15,000円 1% カードの利用で貯まるマイル還元率に差はありませんが、JCBは一般カードでも入会キャンペーンでもれなく2,000マイルがもらええたり、スマリボの設定で年会費を安くできます。 マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 4-8. 大韓航空 韓国の航空会社でスカイチームに所属しています。 「SKYPASS」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記5種のカードの利用でマイルを貯められます。 参考情報 大韓航空のマイルが貯まるカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 4-9. チャイナエアライン 台湾の航空会社でスカイチームに所属しています。 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記のカードの利用でマイルを貯められます。 4-10. 中国国際航空(Air China) 中国の航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 「フェニックスマイル」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 2,000円(初年度無料) 0. 67% 現在はこのカードしかないため、マイルを貯めたいなら、『』を選ぶしかありません。 4-11. デルタ航空 アメリカの航空会社でスカイチームに所属しています。 「スカイマイル」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記8種のカードの利用でマイルを貯められます。 3〜2. 参考情報 デルタ航空のマイルが貯まるカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 4-12. ハワイアン航空 アメリカ・ハワイ州の航空会社でJALと提携関係にあります。 「HawaiianMiles(ハワイアンマイルズ)」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記2種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 3,000円 (初年度無料) 1%〜2% 『』 10,000円 1%〜5% マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 参考情報 ハワイアン航空のマイルが貯まるカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 4-13. ベトナム航空 ベトナムの航空会社でスカイチームに所属しています。 「ロータスマイル」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記2種のカードの利用でマイルを貯められます。 マイルを効率よく貯めたいなら、『』がおすすめです。 4-14. ユナイテッド航空 アメリカの航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 「マイレージプラス」という名前のマイルが貯まります。 提携して発行されている下記12種のカードの利用でマイルを貯められます。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 『』 無料〜1,250円 0. 『』:カード利用額が年200万円未満• 『』:カード利用額が年200万円以上 参考情報 ユナイテッド航空のマイルが貯まるカードについてより詳しい内容が知りたい方は「」の記事を参照してください。 4-15. ルフトハンザドイツ航空 ドイツの航空会社でANAと同じスターアライアンスに所属しています。 提携して発行されている下記2種のカードの利用でマイルを貯められます。 複数の航空会社のマイルが貯まるカード3枚 この章では、たった1枚のクレジットカードを利用するだけで複数の航空会社のマイルを貯められるカードを3枚ご紹介します。 27社の対象航空会社の航空券の購入でポイントが3倍貯まり、15社のマイルに交換できます。 航空会社ごとの対応は下記の通りです(五十音順。 タブをクリックすると見れます) ヴァージン アトランティック航空、カタール航空 ただし、ANAマイルの交換は移行に手数料が必要だったり制限があるのであまりおすすめしません。 で紹介したANAカードを使った方が効率よくマイルを貯められます。 カードの機能としては『』に近く、次のような海外旅行で便利な特典やサービスを利用できます。 国内28空港・海外1空港の空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用可能• 国際線・海外航空会社飛行機の遅延による宿泊代等を最高4万円補償• 海外旅行先で24時間日本語でサポート(グローバル・ホットライン)• 帰国時に空港から自宅までスーツケースを1個を無料で配送 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』公式ページ: 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』 『』は上記でご紹介した『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』よりもポイント還元率や機能が優れた上位版です。 年会費が35,000円(税抜)ですが、27社の対象航空会社の航空券の購入で ポイントが5倍貯まるので、 航空券などを年475,000円以上購入する場合こちらの方がお得です。 1マイル=2円計算の場合で入会や継続ボーナスポイントの差も含む。 初年度の損益分岐点は325,000円 ポイントやマイルの対応は『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』と同じで、こちらでは図解しました(わかりやすいと思う方を参照してください) カードの機能としては『』に近く、次のような海外旅行で便利な特典やサービスを利用できます。 国内28空港・海外1空港の空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用可能• 国際線・海外航空会社飛行機の遅延による宿泊代等を最高4万円補償• 海外旅行先で24時間日本語でサポート(オーバーシーズ・アシスト)• 帰国時に空港から自宅までスーツケースを1個を無料で配送 オーバーシーズ・アシストはより手厚いサポートを受けられ、例えば病気で受診をする時に病院へ移動のために救急車の手配や受診予約まで行ってくれます(グローバル・ホットラインでは情報提供のみ) 慣れない国や場所に行くことや、小さな子供連れで旅行する機会が多い方には特に安心できます。 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』公式ページ: 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』 『』はカードの利用で貯まるポイントを44社の対象航空会社のマイルに最高1. 375%の還元率で交換できます。 具体的な対象航空会社と最高マイル還元率は下記の通りです(五十音順。 25%となり、最高マイル還元率を1. 25%にできます。 マイル還元率が下がってしまうジェットブルー航空とニュージーランド航空は他の航空会社を利用するか、ニュージーランド航空ならホテル+エアマイル パッケージに交換しましょう。 Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルのMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格が付くので、系列のホテルの宿泊でレイトチェックアウトや支払い時にボーナスポイントなどの特典があり、ホテル宿泊を快適にできるメリットもあります。 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ: 6. まとめ 2020年現在、日本で発行されている使うとマイルが貯まるクレジットカード全136枚を航空会社別に表にしてご紹介しました。 マイルを最も効率よくためられる方法はその航空会社の飛行機に乗ることですが、多くの人は年に何十回も飛行機に乗る機会がないため、提携しているクレジットカードを利用することでマイルを貯めやすくできます。 それぞれの航空会社でおすすめする、マイルが貯まりやすいなど優れたクレジットカードは次の通りです。 JAL• 『』:18歳以上30歳未満の学生向けにお得な特典が豊富• 『』:年1回以上JALの飛行機に乗る全ての20代• 『』:JALカードでもっともマイルを貯めやすい• 『』(JCB):JGCを最安の年会費で持てる• 『 』:JAL航空券の購入などで100円=3マイルたまる ANA• 『』:年会費などの負担が0円でもっともマイルが貯めやすい• 『』:実質年会費無料でANAカードが持てて、メトロポイントへの交換でマイル還元率を高くしやすい• 『』:年会費などの負担が少ないのにマイル還元率が最高1. 『』:ANA航空券の購入でマイル還元率3%• 『』:ANA航空券の購入でマイル還元率4. 5%にでき、多くのアメックスプラチナカードのサービスを使える スターフライヤー• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 ソラシドエア• 『』:年に20回以上ソラシドエアの飛行機に乗る人 アシアナ航空• 『』:フライトや提携店での利用でマイルを効率よく貯めたい人 アメリカン航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 アリタリア航空• 『』:旅行保険が不要でマイルを効率よく貯めたい女性• 『』:上記に当てはまらない全ての人 エールフランス• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 キャセイパシフィック航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 シンガポール航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 タイ国際航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 大韓航空• 『』:手間がかかってもカードの年会費割引やマイルを効率よく貯めたい人 チャイナエアライン• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 中国国際航空(Air China)• 『』:マイルを貯めたい人 デルタ航空• 『』:カード取得初年度にデルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」が付き、デルタ航空の利用でマイル還元率を約11%にできる ハワイアン航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 ベトナム航空• 『』:マイルを効率よく貯めたい人 ユナイテッド航空• 『』:カード利用額が年200万円未満• 『』:カード利用額が年200万円以上 ルフトハンザドイツ航空• 『』:ルフトハンザドイツ航空のヘビーユーザーでプラチナカードの特典も利用したい人 複数の航空会社のマイルを貯めることができるクレジットカードは以下の3枚です。 極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい).

次の

マイレージカードの種類と作り方を知ってマイルを効率的に貯めよう!|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジット カード マイル とは

マイル・ポイントを貯めるという話になると、相変わらず世間では「クレジットカード決済」での還元率の話が一番多いです。 絶対に利用した方が得です。 が、このポイントはクレジットカードとポイントの関係性においては微々たるポイントです。 再度、そのあたりの認識をまとめておきます。 クレジットカードでマイルを稼ぐ方法は3つあります。 1、「ポイントサイト経由で稼ぐ」 2、「キャンペーンで稼ぐ」 3、「決済で稼ぐ」 です。 意味が分かる人は上級者です。 意味があまりわからない人はこの記事を最後まで読んでください。 この3点がクレジットカードでマイルを稼ぐ3本柱になります。 3本柱の徹底利用で、クレジットカード関連でどれだけポイントが稼げるのか、少しまとめてみたいと思います。 スポンサーリンク 1、「発行で稼ぐ」は「ポイントサイトの利用」のこと 先日、自分の家の近くにイオン系列のスーパーがオープンしました。 オープンとともに、イオンカードの新規入会者の募集を始めました。 5000WAONポイントと、ティッシュ1箱もらえるとのことですごい人数が申し込みしているのを自分は見ていました。 「あーーーーー、ダメ!みんな損してる!」ってめっちゃ思いました。 クレジットカードの発行は、直接店舗で申し込みするとか、直接イオンのサイトで申し込みをするよりも「 ポイントサイト経由で発行」が圧倒的にお得なんですよね。 下記にもいろいろと書いているので読んでみて下さい。 www. sukesuke-mile-kojiki. net ポイントサイトを経由して発行するとそれだけで、ポイントサイトからポイントがもらえます。 もらえるポイントは様々ですが、多いものだと 年会費永久無料のクレジットカードを発行するだけで10000ポイントをもらえてしまいます。 ただ、発行するだけで10000円相当のポイントですよ。 これは強烈です。 クレジットカードはポイントサイトを経由して発行する。 絶対に店舗や、直接クレジットカードのサイトでの発行はしない。 まず、世の中の大半の人はここが抜け落ちています。 すごくすごく大事なポイントです。 (注)すべてのクレジットカードがポイントサイト経由で発行できるわけではありません。 ポイントサイトには出ていないカードもあります。 どうしても発行したいクレジットカードがポイントサイトに出ていない場合は、直接その会社のサイトに行き発行するしかありません。 2、「キャンペーンで稼ぐ」は「クレジットカードの新規入会キャンペーン」のこと 次に考えるのは、クレジットカード会社側に新規入会キャンペーンです。 本当にいろんなカード会社が新規顧客獲得のために様々なキャンペーンをやっています。 どんなものがあるのか例を挙げてみます。 どれもなかなか強烈ですよ。 稼げます。 ・楽天カード ほら、楽天カードは登録後に一回利用するだけで7000ポイントもらえるキャンペーンやってます。 楽天ポイントはもらえるポイントが週末になると高くなる傾向があります。 普段は5000ポイントなのが、8000とかになることもあります。 知っておいて損ない情報です。 ・イオンカード ほら、イオンカードは4万円決済すれば5000円もらえるキャンペーンやってます。 イオンカードのキャンペーンはだいたいいつも5000円分です。 ・アメリカンエキスプレスゴールドカード ほら、アメリカンエキスプレスゴールドは50万円の決済利用で、Amazonギフト券20000円と40000ポイントですよ。 ちょっと今、世間で問題のあるアメックスさんですが、、、 (注)ただし、アメックスのように複数のキャンペーンを同時期にやっている会社はどこから申し込みをするのか非常に悩ましいです。 上記のキャンペーンは、ポイントサイトを経由してアメックスの申し込みをしても適応にはなりません。 アメックスのホームページに行っても出ていないキャンペーンです。 これは特殊なキャンペーンで、家に封筒で案内が届くか、下記にリンクを見た人のみ適応になるキャンペーンなんです。 興味ある人はリンク内にあるアメックスの電話番号にコールしてください。 このページ見たことを伝えればキャンペーンの適応となります。 ・ANAカード ほら、現在開催中のANAのキャンペーン利用すれば、ANA VISA suicaの発行で最大33000マイルです。 全部非常にお得です。 「クレジットカードの新規入会キャンぺーン」これは徹底的に利用すべきポイントです。 3、「決済で稼ぐ」はいわゆる昔ながらの「ポイント還元率」のこと これは徐々に稼げなくなっているのが実情です。 以前と比べると還元率はどのカードも低下傾向です。 年間に200万円決済しても2万ポイントとかですよ。 上記の「発行で稼ぐ」「キャンペーンで稼ぐ」に比べたら微々たるものになってきます。 無視していいものではないですが、 決済額が多くない人は還元率を気にするよりも「発行のポイント数」「キャンペーンのポイント数」の2点を気にしてください。 それでも還元率が気になる人は、当ブログ内では二つ紹介しています。 ・ANAマイラー人気第1位。 還元率1. sukesuke-mile-kojiki. net クレジットカードの「渡り歩き戦略」をシュミレーションしてみる では、 ・1枚のカードを持って決済を集中させる ・ポイントサイトでクレジットカードを発行し、新規入会キャンペーンの利用を繰り返す「渡り歩き戦略」 2つの行動ではどれくらい差がでるのかシュミレーションしてみます。 新規入会キャンペーンで7000ポイントはもらえます。 楽天で買い物をすると還元率が上昇するので、あと5000円分くらいのポイントも追加になるでしょうか。 デカイと言えばデカイです。 ここまでしか知らない人はこれで十分なお得感を感じるでしょう。 ポイントサイトの徹底利用。 クレジットカード新規入会キャンペーンの徹底利用。 「渡り歩き戦略」 こちらの戦略は「渡り歩き戦略」です。 とにかくポイントがもらえるカードを有効に順次発行していきます。 (注)基本的には「ポイント」「マイル」などは、1か所集中が原則です。 細かいポイントばかり貯まっても、「特典に交換できるほど貯まらなかった」というのはよくある話です。 が、クレジットカード発行に関しては ・ポイントサイトでもらえるポイント ・新規入会キャンペーンでもらえるポイント どちらも一撃で特典に交換できるほど大きな額のポイントをもらえます。 なので、「渡り歩き戦略」が効果的です。 仮に、発行するカードは先ほどキャンペーンの例で出した ・楽天カード ・イオンカード ・アメリカンエキスプレスゴールドカード ・ANA VISA suicaカード この4枚でどれくらいのポイント総額になるのか表にしてみます。 (ポイントサイトのポイントは日々変化します。 またサイトによって差があります。 ) ポイントサイト分 入会キャンペーン分 決済ポイント分 合計 楽天カード 7000 7000 5000 19000 イオンカード 7000 5000 5000 17000 アメックスゴールド 0 60000 5000 65000 ANA VISA suica 2000 33000 5000 40000 合計 16000 105000 20000 141000 入会キャンペーンが手厚いカードを選んでいますが14万ポイント このポイントはマイルにできるもの、できないものも混ざっています を確保できてしまいます。 あまり、ポイントサイト側のポイントが高くないものを選んでしまったので、ポイントサイト分より決済ポイント分の方が高くなってしまいましたが、ポイントサイトで10000ポイント以上もらえるようなクレジットカードを発行するのも有効です。 結果は一枚だけに固執して集中決済するのと全然違いますね。 32000ポイントと141000ポイントですから。 これは、カード4枚の発行でのポイントです。 年に10枚ほど発行すれば、さらに稼ぐことができ、差はさらに広がります。 「クレジットカード決済」の還元率が0. それより、ポイントサイトで高ポイントのクレジットカード、入会キャンペーンで高ポイントのクレジットカードを探して渡り歩く方がよっぽど効率よく稼げます。 クレジットカードでマイル・ポイントを稼ぐ方法は3つです。 1、「ポイントサイト経由で稼ぐ」 2、「キャンペーンで稼ぐ」 3、「決済で稼ぐ」 そして、有効な手段になるのが「渡り歩き戦略」です。 うまく利用すれば、年間に夫婦で30万円相当のポイントを稼ぐことも十分に可能です。 すべてのポイントがマイルにできるわけではありませんがマイルだけにこだわる必要もないでしょう。 上記の3点( 特に上の2つ)を意識しながらカードの発行をしていきましょう。 カード会社はCIC(指定信用情報機関)という情報機関に、いつ、どのカードを申込し、カードを何枚所有しているか、支払いはできているのか等々の様々な情報を流し共有しています。 大量のカードを同時に発行すると、その情報も流れます。 「こいつ大量にキャッシングして夜逃げするな」とかって思われます。 なので、カード会社はその人への新規発行をしてくれません。 カード発行基準はカード会社によりますし、職業や年齢や年収等で総合的に発行するかカード会社が判断します。 ここはベールに包まれており、詳細は不明なんです。 目安は月に一枚程度の発行と思っておいて下さい。 そして、申し込みをしたカードの発行が終わるまでは、次のカードの申し込みを絶対にしないで下さい。 これ以上の発行は審査落ちのリスクが上がると思っておいてください。 ちなみにCICホームページより1000円払えば、自分の情報を見ることができます。 一回見てみたら楽しいと思います。 最大限落ちる可能性が低くなるように、常日頃から工夫しておきましょう。 持っているクレジットカードのキャッシング枠を0にしましょう。 「総量規制」という制度があります。 1人の人に貸し出せるお金の合計額を年収に応じて決めましょうという制度です。 年収600万円の人なら200万円です。 つまり、カードを何種類も発行し、キャッシングの枠が合計で200万円を超えると要注意な状態になります。 CICでその情報を見たカード会社は、審査で落としてくる可能性が高くなります。 なので、 必要ない限りはクレジットカードのキャッシング枠は0にしておきましょう。 ただし、カード発行時のポイント確定条件にキャッシング枠10万円という条件がついているものもあります。 その場合はポイント確定後にキャッシング枠を0に変更して下さい。 半年経てば、申し込み履歴はキレイに削除されるので、審査に落ちたということはわからなくなります。 ですので、 原則は半年間おとなしく待って下さい。 その間に、申し込みして落ちるとまたCICのリストに追加され、どんどん悪循環にはまっていきます。 最大で月に3枚ほど。 実は、途中で審査落ちしてるんですよね(エポスカードとファミマカード。 ファミマカードは落ちるとTポイントだけのカード送られてきます笑)。 それでも、一撃数万ポイントの大型キャンペーンが開催されていたアメックスゴールドとアメックスグリーンは無理矢理申し込みしてみました。 一か八かです。 結果、今回はたまたまカードは発行され無事に過ごせましたが、大型キャンペーンでカード発行できないとかなり痛いので、気をつけましょう。 一度審査に落ちて、半年間ただただ待つというような状況にならないのが理想です。 総量規制的な面から言うと、カードの枚数が少ない人ほど、カードの審査に通りやすいかもしれません。 そういう意味では、カード発行後にポイントが確定したら、そのカードは解約すべきです。 CIC的な面から言うと、カードの枚数が多いけど、支払いをしっかりしている人は信頼が高くなるので、次のカード発行も有利になります。 そういう意味では、カードの発行後も、少しカードを利用して支払いを確実にした履歴を作っておくべきです。 この2つの話は少し矛盾する面があるので、発行後のカードを解約すべきか、継続すべきかの明確な答えはありません。 理想的なことを言うなら、発行されたカードは適度に利用して、支払いを確実に済ませて、適度な時期に解約ということになります。 が、「適度な」っところに具体的な答えはないのです。 (まあ、理想は数回利用してポイントも確定したら半年ほどで解約してもいいんじゃないですかね。 ) ちなみに、自分は本当にポイント目的だけのカードは、利用せずに、ポイントが確定して少ししたら解約しています。 クレジットカード会社側のキャンペーンもあるカードは、クレジットカードを多少利用することになるので、多少利用して、ポイントサイトのポイントとクレジットカード会社側のポイントが確定した後に解約しています。 自分も一度、支払いの遅延をして冷や汗を書いたことがあります。 ちなみに、遅延の原因となったのは銀行の引き落とし口座の設定が遅れてしまったという非常にありがちなケースです。 遅延はしないようにしてください。 下記の記事も参照下さい。 sukesuke-mile-kojiki. net ・ソラチカカードは大型キャンペーン中•

次の

クレジットカードの発行はポイントサイト経由が激得な理由とは?

クレジット カード マイル とは

入会と対象航空券のご購入で 15,000マイル獲得可能 入会だけでもれなく5,000マイル&入会後対象航空券のご購入で 10,000マイル相当のボーナスポイントをプレゼント。 「飛行機に無料で乗れる!」そう聞いてマイルを貯めている人は多いと思います。 しかし、がむしゃらにマイルを貯めてみても中途半端にしか貯まらず、有効期限が切れて失効してしまったり本来の目的とは違うことにマイルを使ってしまったり、うまく使いこなせていない人も多いのではないでしょうか? マイルを貯めることは簡単ですが、うまく活用するには、マイルを貯める方法、そしてたくさん貯めるコツを知っておく必要があります。 この記事では、マイルを貯めるメリットや貯める方法といった初心者向けの基礎知識のおさらいから、より多くのマイルを貯めるためのコツや、マイルが貯まるおすすめのクレジットカードも紹介していきます。 これからマイルを貯めたいと考えている人や、マイルについて詳しく知りたい人は是非最後までご覧ください。 日本航空利用者ならJALマイルが貯まるJALカード 目次• マイル入門 まずはマイルの基礎知識についておさらいしておきましょう。 既にマイルを貯めている方なら、まで飛ばして構いません。 マイル(マイレージ)とは何か? マイル(マイレージ)とは、国内外の多くの航空会社が導入しているポイント制度のことです。 国内では大手航空会社のANA、JALもマイル制度を導入しています。 マイルとマイレージは基本的には同じ意味の言葉ですので、この記事でもマイル=マイレージとしています。 厳密には「マイル」とはポイントの単位のことで、1マイル、10マイルといった形で使われ、「マイレージ」とはポイントプログラムそのもののことで、マイレージプログラム、といった形で使われます。 マイル(マイレージ)の仕組み:貯め方・使い方 マイルの基本的な仕組みはどの航空会社も同じです。 ここではマイルの貯め方と使い方を紹介します。 マイルを貯めるには航空会社の会員に登録する必要があります。 そして登録した会社が運営している飛行機に乗ると、飛行距離などに応じてマイルが貯まっていくのです。 これが、マイルの貯め方の基本です。 ANAの会員になってANAの飛行機に乗ればANAのマイルが貯まりますし、JALの会員になってJALの飛行機に乗ればJALのマイルが貯まります。 ANAの会員がJALの飛行機に乗った場合にはANAのマイルもJALのマイルも貯めることはできませんが、航空会社は航空連合(アライアンス)としてグループ提携されており、たとえばANAの会員が同じアライアンス内の仲間であるユナイテッド航空の飛行機に乗った場合にはANAのマイルを貯めることができます。 このように飛行機に乗ることがマイルを貯める基本になるわけですが、飛行機に乗らなくても、日々の買い物でクレジットカードを利用することで利用額に応じたマイルを直接貯めたり、貯まったポイントからマイルに交換する方法もあります。 飛行機にまったく乗らない人でも、クレジットカードを上手に利用することにより、年に何度も飛行機に乗る人よりもマイルを貯めることだって可能になるのです。 貯まったマイルは航空券に交換して無料で飛行機に乗ることができたり、エコノミーからビジネスといった感じで搭乗クラスのアップグレードなどに利用できます。 このため、日々のお買い物でマイルを貯め、貯めたマイルで無料で飛行機に乗ろうと考える人がたくさんいるのです。 ちなみに、交換レートが悪くなるのであまりおすすめはできませんが、飛行機関連の特典の他にも、商品や金券との交換や電子マネーへのチャージなどに利用することも可能です。 マイルの付与レート、有効期限はマイルの種類毎に異なります。 参考までに、ANA、JALのマイルの有効期限はどちらももおよそ3年ですが、デルタ航空のスカイマイルは有効期限がありません。 マイル(マイレージ)への入会方法 マイルを貯めるのに必要になる会員登録について紹介します。 会員登録は、航空会社のウェブサイトや空港にある申込用紙から行います。 いずれの申込方法でも、名前、住所、メールアドレスなどの基本的な情報を入力するだけでだれでも入会できます。 申込後、申告した住所に会員カードが送られてきます。 飛行機予約時に会員カードに記載されている番号を入力することで、自分のアカウントにマイルが貯まっていきます。 会員登録は無料で年齢制限もない(未成年者の場合は親権者の同意がいる場合あり)ので、誰でも登録しておいて損はないでしょう。 マイルを貯めるメリット 会員登録することで誰でも簡単に貯められるマイルにはどんなメリットがあるのでしょうか?マイルのメリットをおさらいしていきます。 飛行機に無料で乗れる マイルを貯めている人にとって最も魅力的なのがこちら、飛行機に無料で乗れることです。 マイルを貯めることで航空会社の無料搭乗券と交換できます。 世の中には様々なポイント制度があり、それぞれ豊富な特典がありますが、無料で飛行に乗れるという特典はマイルだけの魅力ではないでしょうか。 コツコツとマイルを貯めていけば、ハワイ旅行を無料で楽しむことも夢ではありません。 座席(搭乗)クラスをアップグレードできる 飛行機の座席(搭乗)クラスには、おもにエコノミー・ビジネス・ファーストの3段階があります。 エコノミークラスでの搭乗券でも、マイルを使えば上位の座席にアップグレードできます。 上位のクラスになればなるほど座席が広く、そしてフラットになります。 ファーストクラスの座席に関しては、もはやベッドと呼んでも差し支えない快適な空間が用意されています。 座席以外にも、上位クラスなら機内食は有名シェフが手がける出来たてのおいしい料理になったり、アメニティも上質な素材で、ブランケットや枕、寝巻きまで用意されていたりと至れり尽くせりになります。 また、当然ながら上位クラスの方が客層がおだやかで、騒音などのストレスを感じることがなく快適な空の旅ができます。 通常、このような上位クラスを利用するためには、エコノミークラスの10倍以上のお金がかかります。 たとえばANAで日本からシアトル行きの便に搭乗する際、エコノミークラスなら11万円程度ですが、ビジネスクラスなら80万円、ファーストクラスなら150万円前後と、とても高額です。 一方、マイルならエコノミーからビジネスへのアップグレードでは、25,000マイル、ビジネスからファーストへのアップグレードでは40,000マイルになります。 1マイルの価値は1円ではないので単純には比較できませんが、それでもお金を貯めるよりもマイルの方が安く上位クラスに搭乗できることがわかると思います。 豪華特典や提携ポイントに交換できる マイルの使い道は飛行機関連だけではなく、一般的なポイントのように、電子マネーへのチャージや商品券との交換などにも利用できます。 国内外での高級ホテルの宿泊券やレストランクーポンとの交換、家電や旅行で役立つスーツケース、ブランドバッグなどから、厳選された食材・ワインなどがあり、とても魅力的にも見えますが、ポイント交換のレートがあまりよくない場合が多いので、あまりおすすめはできません。 やはり無料での航空券や座席クラスのアップグレードに使うほうが良いでしょう。 マイルの貯め方とたくさん貯めるコツ ここまで紹介してきたように、マイルは誰でも簡単に貯められて、しかも貯まったマイルで飛行機に無料で搭乗できるなど、とても価値が高いポイント制度です。 しかし、ただ何も考えずに貯めていたのでは目当ての特典と交換できる最低ポイント数まで貯まらずに、有効期限切れで失効してしまう恐れがあります。 ここからは、マイルを貯める方法の紹介と、各方法で効率良く貯めるためのコツを紹介していきます。 飛行機に乗る マイルを貯める方法で最も基本となるのが、飛行機に搭乗する方法です。 貯まるマイルの種類は航空会社によって異なり、たとえばANAならANAマイルが、ユナイテッド航空ならマイレージプラスが貯まります。 搭乗で貯まるマイル数は、搭乗区間(距離)にマイル積算率をかけて算出されます。 マイル積算率は搭乗クラス、予約クラスによって変化します。 貯まるマイル数が決定する要素(あくまでも目安であり、航空会社によって異なる場合もあります) 搭乗区間:遠くに行けば行くほどマイルが多く貯まる 搭乗クラス:エコノミー、ビジネス、ファーストの順で、マイルが多く貯まる 予約クラス:ツアーや割引運賃よりも普通運賃の方がマイルが多く貯まる また、会員クラスやキャンペーンによって、さらにマイルが貯まる可能性もあります。 まずは会員ランクについて紹介します。 多くの航空会社には会員ランクがあり、たくさん飛行機に乗ったり特定のクレジットカードに入会することで、上級会員になれます。 上級会員になれば、搭乗時に貯まるマイルが上乗せされます。 続いてキャンペーンについてです。 これはおもに、キャンペーン期間中に対象の区間に搭乗するだけで、通常よりも多くのマイルが貯まるものです。 キャンペーンについての情報は公式サイトを確認し、必要に応じてキャンペーン申し込み手続きを搭乗前に行いましょう。 また、提携している航空会社に搭乗することでも貯まります。 たとえばJALのマイルを貯めている人が海外旅行の時にアメリカン航空の飛行機に乗ったとします。 JALはアメリカン航空と同じアライアンスである「ワンワールド」に加盟しているので、アメリカン航空の飛行機に搭乗してもJALのマイルを貯まることができます。 また、アライアンスだけでなく、独自に提携している航空会社もあり、その場合でもマイルを貯められます。 アライアンス別航空会社一覧 スターアライアンス 全日本空輸(ANA)、ユナイテッド航空、ルフトハンザ航空、スカンジナビア航空、オーストリア航空、LOTポーランド航空、クロアチア航空、南アフリカ航空、中国国際航空、エジプト航空、エーゲ航空、アビアンカ航空、深セン航空、エア・インディア、コパ航空、エア・カナダ、タイ国際航空、シンガポール航空、アシアナ航空、アドリア航空、TAPポルトガル航空、スイス国際航空、ターキッシュ エアラインズ、ブリュッセル航空、エチオピア航空、アビアンカ・エルサルバトル、エバー航空 ワンワールド 日本航空(JAL)、アメリカン航空、S7航空、カンタス航空、イベリア航空、ロイヤル・ヨルダン航空、カタール航空、スリランカ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、エア・ベルリン、フィンランド航空、ラン航空、マレーシア航空、TAM航空 スカイチーム デルタ航空、エールフランス、チェコ航空、アエロフロート、ロシア航空、ケニア航空、アリタリア-イタリア航空、ベトナム航空、中国東方航空、アルゼンチン航空、ミドル・イースト航空、アエロメヒコ航空、大韓航空、KLMオランダ航空、エア・ヨーロッパ、タロム航空、チャイナエアライン、厦門(アモイ)航空、サウディア、ガルーダ・インドネシア航空 以上のように、1回のフライトでたくさんのマイルを貯めるためには、 より遠くの場所へ、より高い搭乗クラスで、正規料金で搭乗することが必要となります。 さらに搭乗回数を増やして会員ランクを上げたうえでキャンペーンを活用すると、あっという間にマイルが貯まるでしょう。 とは言え、飛行機に年に何度も乗る人はそんなに多くないでしょう。 次に紹介するように、日々の買い物でクレジットカードを上手に利用することでたくさんのマイルを貯めることのほうがおすすめです。 クレジットカードを利用する 本来の意味でのマイレージの貯め方とは違うのですが、最も多くのマイルをためることができると思われるのが、この、クレジットカードを利用する方法です。 クレジットカードを利用すると、利用金額に応じてマイルや、マイルに交換できるポイントが貯まります。 飛行機の搭乗に比べると貯まり方は小さいように思えますが、日常の買い物や公共料金の引き落としなど、あらゆる支払いでマイルが貯まるので、マイルの貯めやすさはという点では最も優れているのです。 クレジットカード選びのポイント クレジットカードを上手に利用することで多くのマイルをためることができると書きましたが、クレジットカードにはたくさん種類があり、どのクレジットカードを選べばよいのかわからないかもしれません。 ここでは、マイルをたくさん貯めることができるクレジットカードを選ぶポイントについて紹介し、その後おすすめのカードをご紹介いたします。 貯まるマイルの種類 まずはクレジットカードの利用で貯まるマイルの種類に注目しましょう。 複数種類のマイルを同時に貯めるのは最初はおすすめしません。 マイルを特典航空券やアップグレード特典と交換するには、最低でも1万以上ものマイルが必要となるため、複数のマイルを同時に貯めると、どのマイルも特典交換に必要となる最低数まで貯められず、有効期限切れで無駄になってしまう恐れがあるからです。 慣れないうちはどこか1社のマイルを貯めることに集中しましょう。 マイルの貯まりやすさ 貯めたいマイルが決まったら次に重要になるのが、そのマイルが貯まりやすいカードを選ぶことです。 これはマイルの付与レートに注目すると良いでしょう。 付与レートとは、カード利用200円につき1マイルが貯まる、というものです。 カード利用100円で1マイルの付与レートであれば、比較的マイルが貯まりやすいカードと言えるでしょう。 付与レートの高さ以外にも注目すべき点はあります。 クレジットカードによっては、たとえば電子マネーへのチャージでもマイルが貯まったり、特定の店舗で付与レートがアップしたり、電車に乗るだけでマイルが貯まったりするものがあります。 また、クレジットカードに入会するだけでボーナスポイントやボーナスマイルが貯まるキャンペーンがあったり、特に航空会社のクレジットカードなら飛行機に搭乗した際にもボーナスマイルが貯まるものもあります。 各カードのスペックと自身の利用環境を考慮して、最も効率良くマイルが貯まるクレジットカードを選びましょう。 マイル毎のマイルが貯まりやすいクレジットカードについては、で紹介しているので参考にしてください。 付加価値 クレジットカードにはマイルを貯めること以外にも様々な特典があります。 おもな特典を紹介すると、特定のお店での利用で割引、カード1枚で電子マネー決済も可能、交通系ICカードへのオートチャージ機能付き、空港ラウンジを無料利用、海外旅行保険が自動付帯、海外旅行でのサポートデスクなどです。 これらの特典まで考慮したうえで、クレジットカードを選ぶことをおすすめします。 厳選:マイルが貯まるおすすめクレジットカード ここまで、マイルが貯まる人が満足できるクレジットカードの選び方について説明してきましたが、「カードが多すぎてしぼりきれない!」と嘆く人も多いと思います。 そこでここからは、暮らしの達人がおすすめするクレジットカードを「」「」「」 の3つに分類して紹介していきます。 是非カード選びの参考にしてください。 JALマイルが貯まるクレジットカード JALマイルが貯まるクレジットカードなら、まず検討するべきなのは カード利用で直接JALマイルが貯まるです。 全てのJALカードにボーナスマイル特典があり、毎年最初のJAL便でのフライトや、毎回のJAL便でのフライト時にボーナスマイルが貯まります。 さらに年会費3,000円(税別)を上乗せしてJALカードショッピングマイル・プレミアムに登録するとマイルの付与レートが2倍になります。 JALマイルを効率良く貯めるならばケチらず入会しておきましょう。 では、JALカードの中でもおすすめの2枚のカードを順に紹介していきます。 JALカード Suica は、JALカードとSuicaが1枚に合体したクレジットカードで、 SuicaチャージでJALマイルに交換できるポイントが貯まる唯一のJALカードです。 普段から交通系ICカードを使って電車やバスを利用している人なら、このカードを利用すると簡単にJALマイルが貯まるのでおすすめです。 クレジットカードからSuicaにチャージするには、関東エリアにあるオートチャージ対応改札に通るか、JR東日本エリアの駅や、ビックカメラにあるビューアルッテを利用します。 それに加えて、おサイフケータイ対応携帯やApple Pay対応のiPhone、Apple Watchを持っていれば、モバイルSuica・Suicaアプリを通してクレジットカードからチャージできます。 ネット回線さえあればいつでもどこでもチャージ可能なので、関東エリアだけでなく、日本全国のどこでもSuicaチャージでマイルが貯まるので、日々の通勤や通学で簡単にマイルが貯まっていきます。 Suicaチャージでのポイントの付与レートは1,000円につき6ポイントで、600ポイント貯まると500マイルに交換できます。 つまり、 1,000円チャージで5マイル貯まる計算です。 さらに、年会費3,000円(税別)を追加して JALカードショップングマイル・プレミアムに入会すると、1,000円で10マイルのレートにアップします。 もしも毎月の交通費が3万円ならば、このカードからチャージすることで毎月300マイルが貯まるでしょう。 続いて紹介するのは東急グループと提携したは、その名の通り東急百貨店や東急電鉄での利用でマイルがたくさん貯まります。 また、電子マネーのWAONが利用可能で、利用・チャージでもマイルが貯まります。 その他の特徴はJALカードと同じなので、東急グループのお店や交通機関を利用する人や、電車やバスではなく買い物でマイルを貯めたい人におすすめします。 特徴を詳しく紹介していきます。 まず、通常のカード利用では200円の支払いにつきJALマイルが1マイルが貯まります。 さらに東急百貨店や東急ハンズでの利用なら、マイルに加えてマイルと交換できるポイントも貯まります。 また、 PASMOにオートチャージでき、200円の支払いで0. 5マイル相当のポイントが貯まります。 さらに「乗ってタッチTOKYUポイント」に登録したPASMOで東急電鉄に乗車し、同日中に専用端末にタッチすることで1日5マイル相当のポイントも貯まります。 東急グループを利用しない人でも、このカードに追加して発行できるWAONカードを使えば、よりマイルを貯められます。 WAONはイオン系列のコンビニ・スーパーやファストフード店で利用でき、利用金額200円につき1マイルが貯まります。 つまり、 WAONへのチャージと利用で、合計200円につき2マイルが貯まる計算です。 年会費3,000円(税別)を上乗せして JALカードショッピングマイル・プレミアム会員に登録すると、WAONチャージと利用時のレートが2倍にアップし、合計100円につき2マイルが貯まるレートになります。 ANAマイルが貯まるクレジットカード ANAマイルを貯めたい人におすすめなのが、ANAマイルが貯まりやすいです。 ANAカードを利用すると、おもに 1,000円の支払いで1ポイントが貯まります。 したがって、厳密にはANAカードの利用で直接マイルが貯まるわけではありませんが、ポイントからマイルに自動移行させることができるため、実質「マイルが貯まる」と表現します。 また、どのANAカードも入会するだけでボーナスマイル、入会後は毎回のANAグループ便の搭乗でボーナスマイルがそれぞれ貯まります。 ANAマイルを貯めるなら必須のクレジットカードでしょう。 ANAカードの中でもおすすめのカードを2枚紹介していきます。 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 東京メトロユーザーならば、ANA VISA Suicaよりもマイルを貯めやすいがおすすめです。 PASMOと一体型のANAカードで、 PASMOへのオートチャージ1,000円につき最大10マイルが貯まります。 更に、「メトロポイントPlus」に登録したPASMOで東京メトロに乗車すると、 1乗車につき平日は4. 5マイル、土日祝日は13. 5マイル相当のポイントがそれぞれ貯まります。 電車に乗車するだけでANAマイルに交換できるポイントが貯まるのは他のANAカードにはない魅力です。 また、電子マネーのQUICPayが搭載されていて、QUICPayでの支払いでもカード利用と同じようにマイルが貯まります。 QUICPayはコンビニや飲食店だけでなく、クレジットカードで決済できないファストフードや自販機でも利用できるため、より多くの決済シーンでマイルを貯めることができます。 JCBブランドなので、他のブランドのANAカードよりもマイル移行手数料が1,000円安く、5,000円なのも優れている点です。 は、ANAカードとSuicaが1枚に合体したクレジットカードです。 クレジットカードからオートチャージや手動チャージをするには、関東エリアにあるオートチャージ専用改札を通るか、JR東日本の駅やビックカメラにあるビューアルッテ ATM を使用します。 それに加えて、おサイフケータイ対応携帯電話やApple Pay対応のiPhoneやApple Watchを使うことで、ネット回線のみでいつでも簡単にSuicaにオートチャージでき、マイルも貯まります。 Suicaは日本全国ほとんどのJRや私鉄、バス等で利用可能なので、これらの利用者であれば簡単にマイルが貯まっていくでしょう。 また、ANA VISA Suicaカードはコスト面でもおすすめです。 年会費は初年度無料で翌年度から2,000円(税別)がかかります。 これは他のANAカードと変わりません。 しかし、 マイ・ペイすリボに登録して、年に1回以上カードを利用すれば、年会費が751円(税別)まで割引になります。 マイ・ペイすリボに登録すると、そのまま使えばリボ払い手数料が発生してしましますが、 最低支払金額を全額にしておけば一括払いと同様になり、リボ払い手数料を払うことなく、年会費の割引特典を受けられます。 以上のように、マイルの貯めやすさだけでなくコストパフォーマンスにも優れており、まさに初心者向けのANAカードです。 複数のマイルを貯めたい人におすすめなのが、とです。 まず、このカードを利用すると100円の支払いにつき1ポイントが貯まります。 一度登録すると、2年目以降は自動更新。 さらにどちらのカードも 27社の航空会社の航空券を公式サイトから直接購入するとポイントが3倍、プレミアムカードの場合は5倍になり、100円の支払いにつき3マイル・5マイル相当のポイントが貯まります。 つまり、普段のカード利用や航空券の購入で貯めたポイントはそのまま保管しておき、ポイントがたくさん貯まったところで、各社のマイルに交換してさらに特典に交換すれば、マイルを失効することなく複数社のマイルを効率良く利用できます。 マイルだけでなく、国内主要空港ラウンジの無料利用特典や、提携レストランでの優待、飛行機の遅延が原因で発生した費用の補償など、アメックスならではの手厚い特典も付帯しています。 ただし、マイルに交換するためにはダイナースグローバルマイレージへの参加が必要となり、年間参加料6,000円(税別)がかかります。 ポイントから交換できる航空会社(マイル)一覧 全日本空輸(ANAマイレージクラブ)、アリタリア-イタリア航空(ミッレミリア)、大韓航空(スカイパス)、デルタ航空(デルタスカイマイル)、ユナイテッド航空(マイレージ・プラス) さらにこのカードで貯めたポイントは有効期限が無期限なので、有効期限を気にせず所有できます。 ポイントが一定数貯まれば、いずれかの航空会社のマイルに交換し、特典航空券やアップグレードを利用できます。 また、このカードがあれば世界中600か所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。 海外旅行保険も高額補償のものが自動付帯しており、その他高級レストランでの優待や海外旅行先でのトラブル相談や観光地の情報提供など、様々なシーンで利用者をサポートしてくれるサービスが多数付帯しています。 25マイルと高い交換レート」「 ポイント有効期限なし」などの特徴を持つです。 まずはこの3つの特徴を紹介します。 まず、このカードを利用すると100円で1ポイントが貯まります。 そして貯めたポイントは、 ANAマイルやJALマイルなど34種類のマイルに交換できます。 しかし一度に20,000ポイントをマイルに交換すると、5,000ポイントのボーナスポイントが上乗せされます。 つまり、20,000ポイントを交換した場合は25,000マイルが貯まるので、 マイル付与レートは100円で1. 25マイルとなります。 複数のマイルに交換できるだけでなく、ANAカードやJALカードよりもお得なレートでマイルが貯まるわけです。 更に素晴らしいのが、ポイントの有効期限がない点です。 ずっとポイントとして貯めて置いて、マイルが必要になった時に交換することで、マイルを使い切れずに失効してしまうリスクを予防できます。 他にも、 ポイントで120社以上の航空会社の航空券に直接交換もできます。 場合によってはマイルに交換してから特典航空券に交換するよりもお得で、しかも特典除外日(ブラックアウト)がないので、好きな日の航空券を獲得できます。 ポイント制度だけに注目してもこれだけ豪華な特典が付帯しているので、年会費も気になると思います。 察しの通り31,000円(税別)と、クレジットカードの中でも高額な部類に入ります。 しかし、このカードには年会費が実質無料になるとも言って良い特典があります。 それは、 入会後に毎年1回、グループホテルの無料宿泊券がもらえる特典です。 これによって、 1泊31,000円(税別)以上のホテルにもタダで宿泊できます。 つまり、このカードに入会すれば誰でも簡単に年会費以上にお得なメリットを享受できるため、実質年会費無料とも言われるのです。 その他、SPGアメックスに関する詳しい紹介はで行なっているので、興味がある方はぜひご覧ください。 航空会社別:お得なクレジットカード一覧 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム• その他• マイル別:特典航空券との交換に必要なマイル数一覧 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム• その他• 行先別:日本発着特典航空券の必要マイル数を徹底比較 東アジア• 東南アジア• 南アジア・中東• オセアニア・ミクロネシア• ハワイ• ヨーロッパ•

次の