生理 が 止まら ない。 生理が止まらない!出血の原因は病気?治療法は?

生理が止まらない

生理 が 止まら ない

向き合います。 更年期世代の生と性 生理が終わらない! 貧血状態になり病院へ 「女性が百人いれば百通りの更年期症状とその対処法があるはずだ。 十把一絡げでは語れないだろう。 いったい皆さん、このキツイ時期をどのようにして過ごしているのか。 そもそも生理がなくなることをどうとらえているのか。 閉経した場合、それを夫や恋人、または女友達にも話すのか? そして、この世代のセックスっていったいどうなっている? そこにも変化は現れるのだろうか」 現在50歳、2016年12月の連載スタート時は49歳とまさに更年期世代ど真ん中の私が、上記のような思いから始めた「向き合います 更年期世代の生と性」。 デリケートな話題にも関わらず、これまで取材に協力し自身の体験を話してくださった方々にはほんとうに感謝しています。 ありがとうございます。 さて今回は少し趣向を変えて、私自身の体験を書いてみたいと思う。 連載スタート時は、これまでササっと苦も無くできていたことが億劫になり始めたなどの自覚があったものの、それ以外はとくに大きな体の変化はなかった。 たとえば更年期症状としていの一番にイメージされる<ホットフラッシュ>。 あの症状も未体験である。 ただ、生理の乱れ。 これはけっこう辛いものがあった。 ひどいときは15日周期で生理がくる。 量も多い。 2日目、3日目に外出する際はタンポンのスーパーサイズと特に多い日の昼用ナプキンを併用しないと安心して外も出歩けない。 だんだんと生理の日数も長くなった。 終わらないのだ。 8日、9日と続くことも度々あり、その頃から時折、歩いていて急にフラっとするように。 「まぁ生理のたびにこれだけ出血してたら、貧血にもなるよなぁ」程度に考え、そう深刻にならずただひたすら早く閉経することを願っていたのだが……。 2017年の冬。 2月の生理が終わらなかった。 2週間出血が止まらないのだ。 「これはさすがにまずいだろう…」と思い、とにかく血を止めてもらおうと婦人科へ。 そこは地域でもとても評判がいい病院で、過去に婦人科検診でお世話になったこともある。 その日の担当は30代と思しき青年医師(わりとイケメン)。 私はその青年に「生理が止まらないんで、血を止める薬かなんか出してもらえませんか?」とお願いをしてみた。 すると青年医師は「まず血液検査をしましょう。 1週間後にまたきてください」とのこと。 この日は血液検査をしてもらい、生まれて初めて女性ホルモンの値も測ってもらうことに。 このときは連載をスタートさせており、更年期についても少しずつ知識が多くなり始めていた頃。 女性ホルモンの値を測ることで、更年期症状かどうかを判断できるということはもちろん知っていた。 ただ、ホットフラッシュも不眠症状も、気分の落ち込みもなかった私。 大きな悩みは生理の乱れだけ。 そのため「私、年の割にはたぶんまだ女性ホルモンたっぷりあるんじゃないかしらん」なんて妄想していたのだが。 49歳、初めてのホルモンチェック 後日、再び病院に行き青年医師から手渡された血液検査の結果シートをチェックしてみると、あぁ、なんていうことだろう! E2(エストラジオール。 エストロゲンの1種で女性ホルモンの主要成分)は5以下(pg/mL)で無常にも測定不可能との冷たい文字まで書かれているではないか! E2とFSHは年代、生理周期によって値は変わるものであるが、参考までに下記にその基準値を書いておきたい。 5~12. 5 ・排卵期 4. 7~21. 5 ・黄体期 1. 7~7. 7 ・閉経後 25. 8~ さて、生まれて初めての女性ホルモンの検査結果を見て、私の根拠なき自信は木っ端みじんに打ち砕かれた。 シートを片手にもう失笑しかない。 測定不能のE2に対して、FSH(卵胞刺激ホルモン)は48(mIU/ml)と高め。 40歳を過ぎると共に女性ホルモンは減少し始める。 そうすると、卵巣から女性ホルモンが出ていないために、脳下垂体ホルモンであるFSHは「おい、もっとホルモン出せよ!」と卵巣を刺激、脳にも指示が送られることになる。 女性ホルモンが減少すればするほど指示は続き、更年期世代ともなると24時間指示が送られ続けて脳は混乱しパニック状態に。 つまりFSHの値が高い私の脳は「女性ホルモン出さないと、出さないと」と興奮状態になっている……はずなのだ。 通常、この状態に陥ると不眠の症状を訴える人が多いのだが……。 私は違った。 毎日スヤ~っと健やかに眠りについていたのである。 大切な指令や脳のパニックなどまったく無視していたのだろうか。 想像していたのとまったく違う結果に呆然とする私に、青年医師は告げる。 「超音波で子宮の状態を診てみましょう」と。 男性医師の内診を嫌う女性は多いと聞くが、私はまったく平気なタイプ。 素直に頷き、隣室にある診察台へとあがった。 超音波検診をする青年医師の診たてでは、子宮内膜症になっていると。 そのせいで子宮がかなり大きくなっており、内膜があるせいで生理の出血量が多い、とのことだ。 診察台を降り、再び最初の診察室に戻る。 青年医師は治療方法をさわやかな笑顔で告げた「もう薬で生理を止めちゃいましょう」と。 んんっ? それは一時的に出血を止めるわけではなく、永久に生理を止めるということなのか? しかも人工的に? 顔中にクエスチョンマークを浮かべた私に、説明は続く。 「この数値を見ると放っておいてもすぐに閉経します。 でもいまの問題は貧血の症状が出ているということ。 ここを改善するためには、すぐに出血を止めないと」と。 イケメン医師が言うには出血を止めるために、今日、リュープリンという注射を打つ。 「これでおそらく完全な閉経に持ち込むことができるでしょう」と続けた。 医師の言うことに真剣に耳を傾け、聞き漏らさないよう努めたものの、なんとなく納得がいかない。 閉経後にはほとんどの女性はE2が5以下となる。 つまりまだ1度しか数値を測ってはいないが、その結果を見る限り私はほぼ閉経しているも同然ということだ。 だが、それでも無理やり生理を止めて、それが重い更年期の症状が出るようなきっかけになったりしないのだろうか? そう思い質問してみると……。 注射をすることで閉経を早めることに…… 「いま49歳ですよね、その年齢で閉経してもなんらおかしなことじゃないですから! それに重い更年期になる人はだいたい見てわかります。 あなたはたぶん更年期障害(注・更年期症状と更年期障害は違う)にはならないですから、そんなの心配しなくていい」と、青年医師は言った。 なぜだ、なぜ言い切る? 今日であなたと会うの2回めですよね? しかも合計して20分もお話してませんよね、それなのになぜ? 私のなにを知っている? 「仮に更年期の辛い症状が出たとして、こちらの病院ではHRTは受けられますか?」 さらに追及すると、明らかに青年医師の表情が変わった。 「HRT? なんであんなものやりたいの? 乳がんのリスク怖いですよ。 あのね〇〇さん(筆者の本名)、閉経や更年期はあなたの年ごろならなんら恥ずかしいことなんてないんです。 みんなにくることなんです。 だからいま注射で止めたところでなんにも問題ないですから」と矢継ぎ早にまくしたてられた。 この連載では何度も出てきた HRTという言葉。 念のため、HRTとはなにかをここでも説明しておきたいと思う。 HRTとはホルモン補充療法のことである。 更年期世代になり減少したエストロゲンを、飲み薬やパッチやジェルなどの薬を用いて補う治療であり、治療によって40代半ばのエストロゲン量になるように設定される。 なお、HRTを始めるためには医師による診断と処方が必要である。 さて話を青年医師と私の診察室での会話に戻そう。 医師から閉経を恥ずかしがっている云々とまくしたてられた私は答えた。 「いえ、私、閉経することは恥ずかしいことなんてまったく思ってません。 ただ注射を打って無理に閉経することで体に負担はないのかと思って」。 しどろもどろながらも当時持っていたありったけの更年期の知識を総動員して質問を続けると、青年医師は明らかに診察時間が長くなっていることにいら立っているように見えた。 だが、薬を売ってちゃっちゃと閉経させましょう、と言われてすぐに「はい、そうですか。 じゃあ打っちゃいますかね~」と受け入れる患者は多くないように思えるのだが……。 しかし私の知識では抗い続けることはできず、結局は言われるがままにリュープリン注射を打ち、会計を待った。 名前を呼ばれ、金額を告げられる……高っ! 明細を見る。 なんとそのリュープリン注射は1本で約9,000円近いシロモノだったのだ(保険適用)。 いやいやいや、それちょっと先にひとこと言ってほしかった。 高い注射ですけど、いいですか? とかなんとか。 そのぐらいの気配りしても罰は当たらないんじゃないですか、先生。 6回打つなら約6万円近いお金がかかることになる。 6万円使って無理に閉経……再び頭の中に果たしてこの処置でいいのかどうか疑問が浮かぶ。 だがもう打ってしまったものは仕方ない。 リュープリンはもう私の体内で生理を止めるために働きだしている。 この日は素直にお金を払い、帰路についたのであった。 セカンドオピニオンを取ることを勧められる ちょうどこの頃、この世の中に<メノポーズカウンセラー>なる資格がある、と教えてくれた友人がいた。 その友人は何年か前に資格を取得済みで、取得後も勉強会や学術集会に出て更年期について学び続けているとのこと。 むくむくと興味が沸いた。 連載を続ける以上、私もその資格を持っておいたほうがいいのではないだろうか。 そうすれば、医師でも看護師でもない私が更年期を語ることに、少し信ぴょう性も出るかもしれない。 そう思い、すでにメノポーズカウンセラーとなった人たちが定期的に集う部会に見学がてら参加させてもらうことに。 その帰り道、誘ってくれた友人にリュープリン注射を打った顛末を話すと……「なんとなく引っかかる。 ほんとにそれしか方法ないのかな? ほかの病院でも聞いてみたほうがいいよ」と言われたのだ。 違う病院でも診てもらう。 そのときはそんなことまったく考えてもみなかった。 セカンドオピニオンを取るほどの病気でもないし……心のどこかでそう思っていたのかもしれない。 けれど、注射で生理を止めて、その後もし更年期の辛い症状が出たとしても。 あのまるで患者がベルトコンベアーに乗せられているような状態の病院じゃ、HRTについてじっくり相談はできないだろう。 ならば、HRTについて好意的な病院で、セカンドオピニオンをとってもいいんじゃないだろうか。 そう思い、私は友人がかかっている神奈川にある産婦人科を訪れることにした。

次の

生理が終わらない原因とは?鮮血が出るのは危険なサイン!?

生理 が 止まら ない

妊娠していないのに不正出血が止まらない原因のひとつとして「機能性出血」が考えられます。 機能性出血とは、ストレスや排卵期、更年期などが原因で生じるホルモンバランスの乱れによりおこる出血のことです。 機能性出血は、過度な心配をしなくても自然と治るのが一般的です。 しかし、出血量が多い、血のかたまりがたくさん出る、2~3週間に渡って出血し続けている、ひどい出血により貧血をおこすなど、症状があまりにも強い場合は治療が必要になります。 子宮がんや膣炎など、女性特有の病気が原因でおこる出血は「器質性出血」といい、症状に応じて治療が必要です。 細菌の感染が原因で炎症がおこり不正出血する「膣炎」や「膣部びらん」は、細菌の種類により治療法が異なります。 慢性化しやすく治りにくいため、病院で適切な治療をうけましょう。 このほか、ポリープや内膜症、筋腫などの良性腫瘍が不正出血の原因となっている場合があり、手術が必要になることも。 また、子宮がんからくる不正出血も、主な治療法は手術となります。 子宮がんは初期であれば治る可能性の高い疾患ですし、比較的簡単な手術のみで抗がん剤治療が不要なこともあります。 不正出血に気がついたら、できるだけ早めに病院で診察を受けるようにしましょう。 更年期といわれる閉経前後の45~55才ころになると、生理時の出血量や回数が増えたり、あるいは生理周期が定まらなくなったりと、不正出血をおこす人が増える傾向にあります。 更年期に不正出血が止まらなくなる原因は、おもに女性ホルモンバランスの乱れと女性特有の疾患の2つ。 女性のカラダは、妊娠に備えて子宮内膜が厚くなり、妊娠がおこらないと子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。 これが生理です。 子宮内膜が育つのもはがれるのも、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンの分泌によりコントロールされています。 しかし、閉経が近づいて卵巣の働きが弱まってくると、無排卵の生理がおこりやすくなります。 無排卵では黄体ホルモンが分泌されないため、子宮内膜の厚みだけが増していき、はがれ落ちたタイミングで一気に大量出血しやすくなります。 更年期の不正出血は閉経後におさまることが多いため、あまりに症状が重い場合を除き、治療をせずに様子をみることになります。 しかし、繰り返す出血により重い貧血を生じている場合は、治療が必要です。 また、突然の出血に悩まされている場合は、ホルモン補充療法をおこなうことで出血時期が安定します。 1年間生理がこなければ閉経と判断できますが、更年期の不正出血には女性器の疾患が隠れている可能性もあるため、自己判断はリスクがあります。 不正出血がおこったら、できるだけ早めに婦人科で診察を受けるように心がけましょう。 不正出血が止まらない原因には、ホルモンバランスの乱れによる「機能性出血」のほか、子宮頚がんや子宮体がん、子宮筋腫、子宮頚管ポリープなどの子宮の病気が原因の「器質性出血」もあげられます。 子宮筋腫は30~50代に多くみられる良性の腫瘍で、初期段階では自覚症状はほとんどありません。 しかし、筋腫が大きくなるにつれ生理痛が強くなり、生理中の出血量も増えて生理期間も長くなります。 不正出血の量も多く、周辺臓器にも影響を及ぼし、下腹部の張り、腰痛、頻尿、尿が出づらい、便秘などを招くこともあるため早期発見がとても大切です。 子宮頚がんは20〜30代に多くみられるがんですが、更年期に発症しないとは限りません。 子宮頚がんの初期症状はほぼありませんが、症状の進行とともにおりものの量が増えて茶色がかった色になり、不正出血を生じるにようになります。 また、子宮体がんは50代以上に多いがんで、初期症状で不正出血がある人は全体の9割を占めます。 同時におりもの量が増えて色も茶褐色に変化するため、これらの症状があらわれたらすぐに婦人科で相談しましょう。 子宮頚管ポリープは、主に20~50代の女性に発症する疾患です。 おりもの量が増えて茶褐色になるのは子宮頚がんや子宮体がんと同様ですが、比較的出血量が少ないのが特徴。 排便時やスポーツの後に出血することがあります。 不正出血で婦人科を受診すると、子宮筋腫やがんの検査、超音波検査などによるスクリーニング検査に加えて、血液検査によりホルモン値の測定も可能です。 ホルモン数値から更年期かどうかを判断できるため、自分の不正出血が「機能性出血」によるものなのか、病気が原因の「器質性出血」なのかもわかります。 不正出血で不安を抱えながら生活するよりも、早めに婦人科で不正出血の原因をはっきりさせるようにしましょう。 不正出血の状態や出血量には個人差があるため、大量の出血ではないから大丈夫と、安易に判断することはできません。 少量でも不正出血が続くようであれば、すぐに婦人科へ行き適切な治療を受けるようにしましょう。 ホルモンバランスの乱れによる機能性出血の場合、症状が重くなければ閉経まで様子をみるのが一般的ですが、頻繁に出血がおこり、出血量があまりにも多い場合は、女性ホルモン補充療法などの治療が施されます。 閉経前の場合は、まず妊娠の有無を確認します。 妊娠の可能性がある場合は、切迫流産や子宮外妊娠も疑われるため早期の治療が必要です。 妊娠していない場合には、超音波検査やMRIなどの画像検査をしたり、血液検査でホルモン値を調べたりして原因を特定し、それぞれの診断にあわせた治療をおこないます。 もしこれらの検査で異常がなければ、機能性出血と判断されるケースが多いです。 もし、閉経後に不正出血をおこしているようであれば、まず検査するべきなのは、子宮頚がんと子宮体がんです。 病院で細胞診の検査や超音波検査を受け、決して放置しないようにしましょう。 子宮頚がんと子宮体がんは、早期発見できれば治る可能性が高いがんです。 たとえ不正出血がなくても、自治体や会社の健康保険組合などで、婦人科検診の助成金制度が設けられていますので、年に一度は婦人科健診を受けるよう心がけてください。 不正出血が止まらない原因は、女性ホルモンバランスの乱れによる機能性出血から、女性器の疾患によるものまでさまざまあります。 不正出血の状態や量だけでは判断できませんので、少しでも不正出血があれば早めに婦人科で医師の診断を受けるようにしましょう。 ホルモンバランスの乱れが原因の機能性出血でも、不正出血に悩まされているようであれば、適切な治療を受けることができます。 また、万が一、女性特有の疾患による器質性出血による不正出血であれば、完治するためにも早期発見が欠かせません。 病院で受診する際、基礎体温表があるなら持参するようにしましょう。 基礎体温表があれば、医師が適切な診断をしやすくなります。 また、普段から基礎体温表をつけておけば、生理や更年期などの自分のカラダの変化も把握しやすくなるというメリットもあるので、習慣化することをおすすめします。 アプリの利用も便利です。 自分のカラダを大切にするためにも、何か異常を感じたらできるだけ早めに病院で相談しましょう。

次の

不正出血が止まらない.com生理や鮮血

生理 が 止まら ない

日本産科婦人科学会専門医。 平成5年、日本大学医学部卒。 日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。 現在は港区の日野原... ほぼ月1回のペースでやってくる生理。 イライラや腹痛といった症状を伴うこともあるため、生理の時期が憂鬱な人も多いですよね。 そんな生理でいつもと違う症状が現れたら、なおさら不安になってしまうと思います。 今回は、「生理が止まらない」というトラブルについて、出血の原因や病気の可能性、対処法や治療法などをご説明します。 そもそも生理ではなぜ出血があるの? 女性の体内では、だいたい25~38日周期で生理(月経)が繰り返され、受精卵の着床、つまり妊娠に向けた準備が行われています。 生理周期における「卵胞期」では、卵胞から分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンの働きによって、受精卵が着床しやすいように子宮内膜が増殖して厚くなっていきます。 やがて卵巣から排卵された卵子は、卵管を移動しながら精子との出会いを待ちます。 「黄体期」に入ると、もう一つの女性ホルモンである「プロゲステロン」の作用で、子宮内膜は受精卵が着床しやすい厚い状態が維持されます。 しかし、受精卵が着床しなかった場合、子宮内膜は必要なくなるので、次の排卵に向けて子宮内は一度リセットされます。 このリセット時に、女性ホルモンの分泌が減ることで子宮内膜が剥がれて、血液と一緒に体外に排出されるのが「生理」です。 生理が来たあと、再びエストロゲンが上昇しはじめると、子宮内膜が再生して出血が止まります。 「生理が止まらない」の目安は?正常な期間は? 子宮の入り口はとても細いので、生理の血(経血)が一気に出てくることはなく、数日かけて少しずつ排出されます。 しかし、生理の出血がダラダラと続く場合があり、8日間以上続くものは「過長月経」と呼ばれます。 過長月経は、経血量が極端に多い「過多月経」を伴うこともあり、その影響で貧血になりやすくなります。 関連記事 生理が止まらない原因は病気のせい?病院に行くべき? 生理は、精神的・身体的なストレスなど、体調に左右されるので、生理期間の異常が一時的な場合もあります。 しかし、以下のような原因が隠れていることもあります。 ホルモンバランスの乱れ 生理は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが関係しており、これらのホルモンの分泌バランスによって生理周期が作られています。 女性ホルモンはストレスの影響を受けてバランスが崩れやすく、ホルモンバランスが乱れると生理周期や生理期間に異常をきたす場合があります。 子宮の病気 子宮筋腫や子宮腺筋症といった病気が隠れていると、生理の量が増えるだけでなく、不正出血も見られます。 そのほかの自覚症状として、生理のときに下腹部や腰に激しい痛みが現れたり、貧血や動悸、息切れを起こしたりすることも。 子宮筋腫や子宮腺筋症は、放置しておくと受精卵が子宮内膜に着床しづらい状態になってしまい、不妊を招くリスクもあります。 関連記事 妊娠初期の流産・子宮外妊娠 妊娠初期は15週までの期間を指し、流産への注意が最も必要な時期です。 妊娠初期の流産は、兆候や症状を見つけることが難しいとされますが、茶褐色や鮮血の不正出血がダラダラと続くこともあります。 妊娠に気づかないまま流産してしまった場合、「生理が止まらない」と感じる人もいるかもしれません。 また、受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまう「子宮外妊娠(異所性妊娠)」の場合も、不正出血が見られることがあります。 もし流産や子宮外妊娠だった場合は、手術で子宮内容除去を行う必要があります。 妊娠の心当たりがあって出血が見られるときは、産婦人科を受診して検査を受けましょう。

次の