ライオン キング アニメ。 『ライオン・キング』は“いま観られるべき映画”なのか 映像表現は革新的だが、価値観は後退!?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ライオン・キングシリーズ全まとめ!

ライオン キング アニメ

『リトル・マーメイド』(1989年)から始まった、ディズニー第二次黄金期と呼ばれる、劇場アニメーションの作品群が製作されていた時代のなかで、最も世界興行収入を伸ばしたのが、『ライオン・キング』(1994年)だった。 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる、ディズニー・クラシック作品の実写リメイク企画が盛んな現在、今回のリメイク版『ライオン・キング』が製作されることは必然的だったといえよう。 ディズニーの近年の企画では、続編的な扱いのものや、内容を改変したものもあるが、本作『ライオン・キング』の内容は、基本的には忠実にアニメーション版をなぞっている。 となると新たな見どころは、映像表現ということになるだろう。 ここでは、本作の映像を中心に革新的な部分を紹介するとともに、オリジナル版を含めた本作の問題にも触れていきたい。 ライオンが躍動し、動物たちがサバンナに佇む。 ほとんど実写にしか見えない映像だが、じつは、これらが描かれた本作のすべてがCGアニメーションで表現されている。 このような、実写かアニメーションか、一見して判断がつきかねる本作の製作というのは、監督ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)が、やはりディズニーのリメイク作品『ジャングル・ブック』(2016年)を手がけたときから予想できていたことだ。 『ジャングル・ブック』でも、主人公モーグリ少年以外に登場する動物たちが、すべてCGアニメーションによって作られ、その意味において、本作への試金石となっていたといえるだろう。 そして人間の出演者がついにいなくなった本作では、もはや全体が超リアルなCGアニメーション作品となっているのだ。 CGアニメーションによる、実写と見まがう映像は、もはやオリジナル版が公開された25年前の映画業界から見ると、魔法としか感じられないかもしれない。 本物にしか見えないライオンや動物たちが、過去のアニメーション版を基に、それぞれいきいきと適切な演技をしているのである。 どんな優秀な動物や調教師がいたとしても、このような映像を実写で撮影することは不可能だ。 さらに、主人公のライオン、シンバが生を受け祝福される、プライドロックを含めた自然もまた、CGによって雄弁な魅力を与えられている。 この人間不在の、ほとんど実写のような映像を見ていると、もうCGのみで実写作品……いや、すべての要素が整理され必要なものだけで構成された、実写を超えた作品が製作できることが可能だということが実感できる。 やろうと思えば、人間の出演者不在で人間ドラマをCG製作することもできるだろう。 ただ、かつて『バットマン フォーエヴァー』(1995年)で、バットマンが高いところから飛び降りて着地し、去っていくまでのアクションをすべてCGで表現した際のように、ハリウッドの映画俳優組合の猛反発があることが予想されるため、なかなか同様の試みができなかっただけである。 とはいえ、俳優の演技とCGの融合は進んでいる。 『アリータ:バトル・エンジェル』(2019年)のように、精細なモーションキャプチャーによって、人間の演技を、表情のニュアンスまでCGキャラクターへと投影した例もある。 ファヴロー監督の『ジャングル・ブック』でもモーションキャプチャーが使われていたが、本作では声の出演をした人物たちの動きを撮影し、モーションキャプチャーを使わずに、CGアニメーターが映像を基に、実際の動物の生態を加味しながら、キャラクターの演技を作っていったという。 このように、数年の進化によってスタジオは、より直感的にCGキャラクターの動きを作ることができるようになってきているのだ。

次の

【ライオンキング】アニメ吹き替え声優一覧!(日本語版・英語版)

ライオン キング アニメ

1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた人気曲。 シンバの幼少期を演じていたジョナサン・テイラー・トーマスの声変わりのため歌は ジェイソン・ウィーバーが担当。 ハクナマタタとは、スワヒリ語で「大丈夫、問題ない、どうにかなるさ」の意味。 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞。 ライオンの鳴き声はグリズリーベアとトラを合わせたもの 『ライオンキング』に出てくる迫力のあるライオンの咆哮(ほうこう)は、実は グリズリーベアとトラ、そしてF16という低空飛行機のエンジン音を合わせたもので録音されています。 実物のライオンの鳴き声は迫力がないため、このような策をとったようです。 なんだか残念ですね(笑)。 そして、優しい母サラビの声は、 マッジ・シンクレアが演じましたが、この両親は 1988年公開で大ヒットした『 星の王子 ニューヨークへ行く』での王子(エディ・マーフィー)の両親を演じた役者です。 アニメではライオンだったものの、どちらも王子の両親という共通点がおもしろいですね。 父のムファサはダースベイダー?! 英語版『ライオン・キング』で、 ムファサを担当している ジェームズ・アール・ジョーンズは、 スター・ウォーズのダース・ベイダーの声を担当もしています。 ですので、劇中でシンバへ語る言葉のなかで「お前は私の息子だ。 ディズニーもニクイ演出をしますね。 気になる方は、字幕版でチェックしてみて下さいね! シンバ役の声優は完成するまで役名をしらなかった(笑) 成長したシンバの声優は、マシュー・ブロデリックは他の声優と一緒にアフレコする機会もなく、実際のプレミア上映で自分がどの役だったか知ったそうです。 役の性格や顔を知らずに、演じられるなんてスゴイですね。 しかも主役(笑)。 しかし、シンバの声は素敵なので、成功といっても良いでしょう。 動物のうなり声にはゴミ箱がかかせなかった?! 動物のうなり声を担当したのが、鳴き声を得意とする名声優のフランク・ウェルカーという人物。 私は、ジョージの声って本当の猿の声を使用しているのかと思っていました・・・・フランクさんすごい。 そんなフランクさんがゴミ箱をかかえて、うなり声を録音している動画があったのでご紹介します。

次の

無料視聴あり!アニメ『ライオン・キング』の動画

ライオン キング アニメ

こんにちは! ディズニー映画が大好きな栗又です。 ライオン・キングは1994年6月に公開された作品で、ディズニーの完全オリジナルストーリー。 興行収入も観客動員数も、アニメ史上1位の記録を立てた今作は、自然界の厳しさ、世界の美しさ、命の尊さを描いた物語です。 アニメーション作品ですが、年齢も性別も関係なく全ての方に見て欲しい作品です。 ライオン・キングの感想 ライオン・キングは個人的にディズニー映画の中でも好きな映画です。 動物たちの動きもリアルで、まるで本当に生きているかのような躍動感が素晴らしいです。 虫も沢山出てくるので、虫が嫌いな方は苦手なシーンがあるかもしれません。 普段、見慣れない虫が出てくるのも、自然から離れて暮らしていることを逆に実感しました。 動物でも変わらない愛情や憎悪には共感できる部分が多くあり、胸が締め付けられます。 ライオン・キングはミュージカル作品で、エルトン・ジョンの「愛を感じて」など、今作も音楽がとても素晴らしいです。 音楽を聴くためだけに観る価値アリですよ。 登場人物 ムファサ プライド・ランドの王のライオン。 スカーの兄であり、シンバの父。 茶色のたてがみで、誇り高く、厳しく、優しいライオン。 スカーの策略にハマり谷へ落とされる。 スカー 目に傷を負っている黒のたてがみのライオン。 王位継承者3位になったことからムファサとシンバ殺害を企てる。 ハイエナと手を組み、プライド・ランドの頂点に君臨する。 シンバ 今作の主人公。 父・ムファサと同じ茶色のたてがみのライオン。 好奇心旺盛でやんちゃな幼少期を過ごす。 スカーの策略にハマり、プライド・ランドから追放されティモンとプンヴァの元で暮らす。 ナラ シンバの幼馴染で今作のヒロイン。 白い体毛のメスライオン。 プライド・ランドの危機を伝えるため、追放されたシンバを探しに旅に出る。 ティモン 口は悪いが面倒見の良いミーアキャット。 プライド・ランドから追放されたシンバをプンヴァと共に育てる。 プンヴァ ティモンと一緒にオアシスに暮らすイボイノシシ。 とても優しく面倒見がいい。 ライオン・キングのあらすじ(ネタバレ) シンバ誕生 サバンナにある動物たちの国、プライド・ランド。 プライド・ランドの王であるライオンのムファサに子どもが生まれ、長老のヒヒ・ラフィキがプライド・ロックで王子生誕の儀式を行いました。 王子の名前はシンバ。 王子の誕生に、すべてのプライド・ランドの住民たちが頭を垂れて祝福しました。 両親にも周りからも愛されて育ったシンバは好奇心旺盛で、幼馴染のメスライオンのナラとよく遊ぶ元気な王子に成長しました。 王位継承者 シンバの誕生を唯一快く思っていない動物がいました。 ムファサ王の弟、スカーです。 シンバの誕生によりスカーは王位継承者第3位に落ちてしまい、王になることが難しくなってしまいました。 王になりたいと思っているスカーは、ムファサとシンバの存在を邪魔に思い、殺害を企てるようになりました。 象の墓場 ある日、シンバはスカーのもとへ遊びに行きました。 そこで スカーは巧みな言葉で、シンバがプライド・ランドの外にある「象の墓場」に興味を持つように話しかけます。 象の墓場に行こうと決めたシンバは、ナラと一緒に向かうことにしました。 たどり着いた象の墓場で待っていたのは3匹のハイエナ。 象の墓場に侵入したシンバとナラを食べようと、じわじわと追い詰めてきます。 そこへ危機一髪、ムファサが助けに来ました。 シンバとナラを尾行していたザズーがムファサに伝えてくれていたのです。 ムファサの教え 象の墓場からの帰り道、ムファサはシンバに「勇気と虚勢を張ることは違う」と今回の一件を叱りました。 命の流れ、王としての心構えをシンバに教えました。 「強いものは弱いものを食べ、強いものが死んだら土となり植物が生まれる。 死んでも魂まで消える訳ではない、偉大な王たちは星となりプライド・ランドを見守っている。 自分が死んだら星となりシンバを見守るのだ」 潜む罠 象の墓場での作戦に失敗したスカー。 スカーは王となるべく、ハイエナ3匹に協力を仰ぎます。 ムファサとシンバ殺害に協力した場合、見返りとして食事に困らないようにすると約束しました。 後日、スカーはシンバを外に連れ出します。 そこへ、ハイエナがヌーの大群にパニックを引き起こさせ、シンバがいる所へ暴走するよう誘導しました。 スカーはムファサにシンバの危機を伝えに行きます。 ムファサはまたとしても危機一髪、シンバを崖の上に避難させることができました。 しかし、今度はムファサが崖の上に逃げようとしたとき、スカーに助けを求めるも手を払われてしまい、ヌーの大群の元へ突き落とされてしまうのでした。 ヌーの大群に飲み込まれたムファサは亡くなり、スカーはムファサが亡くなったのはシンバのせいだと責めます。 シンバは、ムファサの死の責任を取る形でプライド・ランドを追放され、スカーが王に君臨するのでした。 オアシスでの出会い プライド・ランドを追われ、サバンナの砂漠をさまよっていたシンバは力尽きて倒れてしまいました。 そのシンバを見つけて助けたのが、オアシスに住むミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンヴァ。 シンバは父を殺してしまったと心を閉ざしていましたが、ティモンとプンヴァは「ハクナ・マタタ」という2人のモットーをシンバに教えました。 ハクナ・マタタとは、「くよくよするな、どうにかなる、悩みなんてもつな」という2人の考え方の意味。 落ち込んでいたシンバはとても元気づけられ、2人の元で立派な大人のライオンに育ちました。 プライド・ランドの荒廃 一方、 スカーが王となったプライド・ランドでは、スカーとハイエナから国中の動物が逃げてしまい、食べ物がない、緑もなくなり、水も無くなってしまい、命のバランスが崩れ、世界が廃れてしまっていました。 スカーに協力していたハイエナ達も食べ物が無くなってしまったことから不満を募らせ、「ムファサ時代の方がマシだった」と口にするようになっていました。 スカーは王になってもムファサの影がちらつき、王としてムファサと何が違うのか、どうして王になったのに愛されないのか、王になったのにどうして尊敬さないのかと悩んでいました。 ナラとの再会 オアシスでティモンとプンヴァと暮らしていたシンバにあるライオンが訪ねて来ました。 幼馴染のナラです。 プライド・ランドの危機を伝え、シンバを連れ戻しに来たのでした。 シンバはムファサを死なせた自分には戻る資格がないと思い込んでいたため、ナラの戻って来て欲しいという願いを断ります。 その夜、星となった父の声が聞こえ、自分が何者かを改めて考えさせられたシンバはプライド・ランドに戻ることを決意しました。 スカーとの対決 プライド・ランドへ戻って来たシンバ。 スカーはムファサを殺したのはシンバだとライオン達に告げます。 シンバは自分が父・ムファサを殺したのも同然だと罪を甘んじて受け容れました。 その上でプライド・ランドの危機を救いに来たのだと告げると、ライオン達はシンバを迎え入れました。 ハイエナたちとライオンの戦いにティモンとプンヴァも加わります。 そしてスカーとシンバの一騎打ちが始まりました。 雷が鳴る嵐がひどい中、互角の戦いを繰り広げるスカーとシンバ。 シンバが情をかけようとしたそのとき、スカーがムファサを殺したのは本当は自分だと真実を告げます。 その言葉を聞いたシンバは反射的にスカーを襲いかかり、スカーがムファサを殺した手口と全く同じ手口で崖の下へ突き落としました。 崖の下にはスカーを裏切ったハイエナが待ち受けていて、スカーは殺されてしまいました。 シンバが王位に就くと、動物達がプライド・ランドへ戻って来るようになり…。 そして月日は流れ、大地が元に戻り、また命が正しく巡るようになってプライド・ランドは平和を取り戻すのでした。 まとめ スカーが王になりたい一心でムファサを殺し、シンバを殺そうとしてしまったのですが、きっと本当は愛されたかっただけなんだと思いました。 スカーのやっていることは本当にひどいことですが、切ない気持ちになります。 命のバランスや食物連鎖についてですが、ミュージカルになっていることによって不思議と感動してしまいました。 大自然、生と死、とても多くのことを教えてくれる作品ですので、ぜひご家族で一緒にご覧になってみてくださいね。 次作も気になる方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。 ・ ・ ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」.

次の