ゴルフ コロナ ウイルス。 【ゴルフ】国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウィルス対策ガイドラインを制定

ゴルフ場は新型コロナウィルス感染源と対極

ゴルフ コロナ ウイルス

緊急事態宣言が出てから無職になった読むゴルフ中の人です。 憧れのニートがこんなことで実現しようとは。 宝くじに当たって金持ちニートになれるかと思ったいたのに、これではただの貧乏ニートです。 このままでは家賃が払えなくなりホームレスゴルファーとなってしまいそうです。 生徒さんからも 「先生会社から保証させるんですか?」 と、ここ最近よく聞かれます。 もちろん保証はされないでしょう。 ですが、一応会社に悪いイメージは与えられないので、 「どうですかね~」 と苦笑い。 生徒さんが私の心に刃物を突きつけているような感じです。 ハッ!もしや普段の恨みをこの機会に晴らそうとしているのか。 これ以上私への恨みが溜まらないように今回はゴルフ場で出来る コロナウイルス対策を紹介していこうと思います。 ゴルフ場でコロナウイルスが感染しそうな場面 ゴルフ場って開放的でウイルスとは関係なさそうですよね。 プレー中はメチャクチャ広いスペースにたったの4人。 都内の満員電車にくらべれば感染リスクはどう考えても少ないと思います。 でも用心に越したことはありません。 それではどの様な場面で感染するリスクがあるのでしょうか? 受付で感染するかも ゴルフ場につくとまず受付をします。 ゴルフのスタート時間は多くの場合7時半~10時半です。 当然その間にその日予約の入っている人が受付をするわけです。 受付で並んでいる時は人と人が近いし、受付をするボールペンは色々な人が触ります。 そのような接触があるところではコロナウイルスの感染リスクがありそうです。 受付はあなたの部下に任せておきましょう。 プレー中にも感染するかも ゴルフコースにでればもう安心。 そう考えるあなたは危機感が足りませんね~。 確かに人口密度が少なくなります。 ですが、コースでもみんなが使いまわしている物ありますよね。 そう、 カートです。 カートはみんなが使いまわします。 ハンドルはもちろんの事、色々なところを触っているはずです。 プレー中は両手グローブが感染リスクを抑えるはずです。 ランチにも感染リスクが ゴルフ場に限らずバイキングは感染リスクが高いと言われています。 なんでも料理を取るトングがみんなが触るので感染リスクが高いそう。 ゴルフ場でもバイキングをウリにしている所は結構あります。 ほとんどのゴルフ場はバイキングを停止して違うメニューを提供していると思いますがもしバイキングをしていた場合、 潔くご飯を食べるのは諦めましょう。 プレーが終わっても安心するのは早いですぜダンナ! プレーが終わり良い気持ちになっているあなた。 汗をかいた身体を洗い流そうと風呂場に向かいます。 が、ここでも感染リスクがっ!!! というかお風呂場がゴルフ場で一番危ないらしい。 まずはみんなが使う脱衣所。 籠はもちろんですが、ドアの前に敷いてあるタオル。 そして風呂場内でもシャワーや椅子、浴槽。 コロナウイルスがどれくらいの熱まで耐えられるのかはわかりませんが、感染リスクは高そうです。 仮に熱に弱く浴槽内は平気だとしても上がった後髪を乾かすためのドライヤーはみんなが触ります。 このように風呂に入るだけで感染リスクがものすごく高くなります。 プレー後は汗でびちゃびちゃになったまま帰りましょう。 もちろん居酒屋での打ち上げなんてもってのほかですぞ! まとめ このようにゴルフ場だから安全ってことはありません。 が、しかしこんな粗探しするなら何でもそうだろっ!!!って言われそうですね。 どう考えても無理やり探した感が・・・ まぁゴルフ場に行ったら受付、ランチ、風呂場には特に気をつけろって事ですな。

次の

新型コロナウイルス感染症に対する予防対策について | PGM

ゴルフ コロナ ウイルス

営業を続けているゴルフ場。 新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しているが、やはり利用者の大幅減に苦しんでいる 新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛生活が続く中、全国のゴルフ場が対応に苦慮している。 屋外施設で明確な休業要請の対象とはなっておらず、3密(密集、密閉、密接)を避ける工夫を凝らして営業を続けてきた施設も多い。 14日に多くの自治体で緊急事態宣言が解除される見通しとなり、休業していたゴルフ場も再開を決めるなど明るい兆しも見え始めている。 (取材構成・稲垣博昭) 先週までのゴールデンウイーク期間中、本来なら愛好家でにぎわうゴルフ場も人はまばらだった。 外出自粛の状況下で客足は遠のいていた。 「昨年の同時期と比べて40%は落ちている」。 営業を続けている千葉県内のあるゴルフ場関係者が明かした。 4月の入場者数は前年比で5割以下に落ち込んだゴルフ場も多いという。 ゴルフ場は屋外で感染リスクが低いとされる。 それでも4月7日の緊急事態宣言、今月上旬の宣言延長により休業するコースが相次いだ。 群馬、山梨など独自にゴルフ場を休業要請の対象に加えた自治体もある。 他県からの人の流入を防ぐ狙いもあった。 14日に安倍首相が最終判断する宣言解除により、営業を再開するゴルフ場もある。 名門とされる「関東七倶楽部」の我孫子GC(千葉)や東京GC(埼玉)は今月末までの休業予定を前倒しして、16日から再開。 宣言解除の対象には入らない東京都内でも、複数のゴルフ場が今月中旬からの再開を決めた。 一方、東京都が管理する若洲GLやプリンスホテル系ゴルフ場などは、宣言延長により決めた今月末までの閉鎖を維持する見通しだ。 これまで営業を続けてきたゴルフ場も、感染予防対策には万全を期している。 浴室や食堂などの利用を中止するところもあるほか、利用者が一日最大50組200人だった施設も、多くて30~40組に制限した。 プレー中はピン(旗竿)やバンカーレーキを触らないようワングリップ以内ならカップインとみなし、バンカーを足でならすことも認めている。 ゴルフ場運営会社のアコーディアゴルフ、太平洋クラブは全コースで昼食休憩を挟まないスループレーを実施。 パシフィックゴルフマネージメント(PGM)も、今月7日以降は全国141コースのうち80コースをスループレーとして対応している。 利用者の間でも「運動不足の解消になるし、ありがたい」(40代男性)「この状況でゴルフをするのはどうかと(周囲に)いわれる」(30代男性)など、反応は分かれる。 営業継続に対して、批判の声がゴルフ場側に寄せられることもあった。 あるゴルフ場関係者は「中小規模のゴルフ場は、(休業補償を)もらえないなら継続の判断をせざるを得ない」と苦しい胸の内を漏らした。 各ゴルフ場が経営状況、感染リスク、世論の賛否などをにらみながら未曽有の試練とギリギリの闘いを強いられてきた。

次の

ゴルフ/新型コロナウイルス/自粛するべき?

ゴルフ コロナ ウイルス

新型コロナでゴルフ場は安全か? 飲食店を経験している友人が、新型コロナの影響で休業することに。 そこで、ゴルフに行ったらしいです。 意外と混んでいたと言っていました。 屋外だから安心というのもあるのでしょうか。 そこで知り合いのお医者さんに聞いてみましたが、 ゴルフ場でもリスクはある との事でした。 屋外でのプレー中は比較的安全でしょうが、気を付けなければならない場所もあります。 1.レストラン 2.浴室 3.ロッカールーム 皆さんある程度ご想像通りかと思いますが、やはり屋内の人が集まる空間は注意が必要です。 私の友人もプレー後がお風呂には入らず、そのまま帰宅したそうです。 今できる新型コロナウィルス対策は? 新型コロナウィルスで現在わかっていること 3月29日現在 1.高齢で免疫力の低い方の重症化、死亡率が高い。 2.治療薬、ワクチンがまだ開発されていない。 3.極めて感染力が高い。 4.発症していない人からも感染する。 5.ウィルスの潜伏期間が長い。 6.アルコール消毒で感染力を失う。 今後新たな情報や研究結果が発表されると思いますが、正しい情報を理解しておくことが重要になってきます。 新型コロナウィルスに感染した場合の主な症状 1.37. 5度以上の発熱が4日間以上つづく。 2.咳が長期間とまらない。 3.全身に強い倦怠感を感じる。 4.吐き気や、筋肉痛などを感じる。 5.臭気や味覚が感じにくくなる。 このような症状が出たら感染を疑い、相談窓口に連絡した方がよいと思われます。 厚生労働省 電話相談窓口 0120-565653(受付時間 9:00~21:00)土日・祝日も実施 新型コロナウィルス感染経路 1.飛沫感染 感染者の咳やくしゃみ、つばなどと一緒にウィルスが放出され、それらを口や鼻、目の粘膜などから入り感染。 2.接触感染 感染者の咳やくしゃみ、つばなどが付着した物に触れ、手や髪の毛に付着し顔などを触ったりして感染。 空気中にウィルスが浮遊して感染するエアゾール感染の可能性も指摘されていますが、 上記の2つが最も多いとのことです。 新型コロナウィルスの感染予防対策 1.手洗い これは必須ですが、手洗いの方法も厚生労働省のホームページに細かく書いてあります。 石鹸を使用し、手のひらだけではなく、手の甲や爪、手首までも丁寧に洗うことが重要です。 2.うがい うがいも重要で、喉の粘膜等に付着するのでうがいも効果的です。 鼻の粘膜には最も付着しやすいらしいので、鼻をかんだ後などのティッシュなどにも注意しましょう。 3.3密といわれる密集空間を避ける 3密とは・・・人が密集する場所。 換気が悪い密閉空間。 近距離での密接な会話。 この3つが重なるとより感染のリスクが高まると言われています。 4.マスクの着用 マスクの着用は完全には感染防止にはならないとのことですが、 無症状の場合に他人に移さないという効果はあると言われて います。 日本人は普段からマスクをしている人が多いので感染する速度が遅くなった可能性もあります。 マスクは不足していてなかなか手に入りませんが、簡単にハンカチなどで作ることもできますので、 なくなった場合は自分で作ることも考えた方がよいかもしれません。 人との接触を8割減らすための10のポイント 政府の専門家会議によって発表されましたので追加します。 個人的には、緊急事態宣言と同時に出してほしかったと思いますが。 簡単にいうと 「家にいましょう!」 ということですね。 まとめ 今後どれだけ広がりを見せるのか想像もできませんが、とにかくそれぞれがかからないように、 また移さないように気を付けるし かないと思います。 少しの間不自由な生活が続く可能性がありますが、 みんなで克服して、早く安心してゴルフ生活が送れるよう になればと願っています。

次の