富士写真フイルム 株価。 富士フイルムの配当金と株価推移まとめ【配当利回りと今後の予想見通し】

富士フイルムホールディングス(4901)の株価と株主優待は?株価の推移チャートと配当から今後の株価を予想してみた │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

富士写真フイルム 株価

1934年 1月 写真フィルム製造の国産工業化計画に基づき、大日本セルロイド株式会社の写真フィルム部の事業一切を分離継承して富士写真フイルム株式会社を設立。 (資本金300万円) 2月 足柄工場の操業を開始し、写真フィルム、印画紙、乾板など写真感光材料の製造を開始。 1938年 6月 小田原工場建設(写真感光材料の硝酸銀、色素などの高度化成品部門ならびに光学硝子、写真機などの精密光学機器・材料部門充実)。 1944年 3月 (株)榎本光学精機製作所を買収し、富士写真光機(株)に商号を変更。 1946年 4月 天然色写真(株)を設立。 1958年 8月 ブラジルに現地法人Fuji Photo Film do Brasil Ltda. を設立。 1962年 2月 英国ランクゼロックス社との合弁により富士ゼロックス(株)を設立。 1963年 10月 富士宮工場建設(印画紙用バライタおよびバライタ原紙製造)。 1965年 4月 フジカラー販売(株)を設立。 12月 Fuji Photo Film U. , Inc. を米国ニューヨーク州に設立。 1966年 6月 Fuji Photo Film(Europe)GmbHをドイツに設立。 1972年 12月 吉田南工場建設(オフセット印刷用材料<PS版>製造)。 1982年 8月 Fuji Photo Film B. をオランダに設立。 1987年 3月 Fuji Magnetics GmbHをドイツに設立。 1988年 7月 Fuji Photo Film, Inc. を米国サウスカロライナ州に設立。 1993年 10月 千代田メディカル(株)の発行済株式総数の51%を取得。 1995年 10月 蘇州富士フイルム映像機器有限公司を中国江蘇省に設立。 1996年 6月 香港富士写真物流有限公司を香港に設立。 KGをドイツで買収。 2001年 3月 富士ゼロックス(株)の発行済株式総数の25%を追加取得。 出資比率を75%として連結子会社化。 10月 Enovation Graphic Systems, Inc. を米国に設立。 2003年 4月 プロセス資材(株)の株式を追加取得し、連結子会社化するとともに富士フイルムグラフィックシステムズ(株)に商号を変更。 2004年 4月 富士フイルムメディカル(株)と千代田メディカル(株)が富士フイルムメディカル(株)を存続会社として合併。 4月 富士フイルムアクシア(株)と富士フイルムバッテリー(株)が富士フイルムアクシア(株)を存続会社として合併。 10月 富士フイルムイメージング(株)を設立。 (株)フジカラーイメージングサービスと富士フイルムアクシア(株)を新会社に統合。 11月 米国Arch Chemicals, Inc. より同社Microelectronic Materials部門と同社所有の富士フイルムアーチ(株)の株式全数を買収。 2005年 2月 Sericolグループの英国持株会社Sericol Group Limitedを買収。 2006年 1月 三協化学(株)を完全子会社化。 2月 Avecia Inkjet Limitedを買収。 4月 富士フイルム先進研究所設立。 7月 産業用インクジェットプリンター用ヘッドメーカー、米国Dimatix, Inc. (現 FUJIFILM Dimatix, Inc. )を買収。 10月 富士フイルムホールディングス(株)が、二大事業会社 富士フイルム(株)・富士ゼロックス(株)を傘下に束ねる持株会社体制に移行。 ウェブサイトを訪問すると、Cookieなどを用いて利用者のブラウザに情報を保管したりブラウザから情報を取得したりします。 取得される情報には、利用者に関する者、嗜好設定、デバイスに関する情報が含まれ得ます。 取得される情報は、通常、利用者を特定できるようなものではありませんが、ウェブ体験をパーソナライズするのに役立ちます。 当社では利用者のプライバシーを尊重し、一部のCookieを使用しないよう利用者が選択できるようにしています。 カテゴリ名をクリックすると詳細情報が表示され、設定を変更できます。 なお、Cookieの種類によっては、ブロックするとサイトの使い勝手や提供できるサービス内容に影響が出る場合がありますのでご留意ください。

次の

【アビガンの製薬会社はどこ?】特許や株価は今どうなっているのか?

富士写真フイルム 株価

富士フイルム富山化学の売上高は現在非公表ですが、2018年3月期の売上高は184億円です。 同年度の富士フイルムHDの売上高は約2. 4兆円でしたので、医薬品事業が全社の業績に与える影響は小さいといえます。 富士フイルムが富山化学を買収した目的は、「診断が中心だったメディカル・ライフサイエンス事業を治療に拡大し、大きく成長させていくため」(古森社長・2008年当時)です。 当時3000億円だったヘルスケア領域を2018年までに1兆円にするのが目標でした。 しかし、2019年3月期時点でヘルスケア領域の売上高は4843億円にとどまっています。 その売り上げの7割はX線撮影装置、超音波診断装置、内視鏡などの診断機器で、残りの3割が化粧品や再生医療関連、医薬品という構成です。 古森会長は2017年にメディア取材に対して「医薬品+再生医療は赤字」とコメントしています。 以上のことから、医薬品事業については参入当初のもくろみが外れたといっていいでしょう。 アンゾフによると、企業の成長戦略は製品と顧客市場の組み合わせにより4つのタイプに分類されます。 富士フイルムの医薬品事業はどれに当てはまるのでしょうか。 診断に用いる医療機器と治療に用いる医薬品は製品が異なります。 また、顧客も同じではありません。 例えば、富士フイルムのX線画像診断装置は、放射線科の医師や技師が顧客です。 一方、富山化学が開発していた製品は、抗ウイルス薬や、抗リウマチ薬、アルツハイマー病治療薬でした。 富士フイルムの医薬品事業への進出は「多角化戦略」に分類されます。 アンゾフによると、4つの成長戦略の中で最も難易度が高いのが多角化戦略です。 未経験の市場で新たな製品を扱うわけですから当然です。 富士フイルムの医薬品事業が伸び悩んでいるのも、そもそも難易度が高いから仕方がないのかもしれません。 とはいえ、 富士フイルムは多角化戦略で成功事例を数多く生み出してきました。 例えば、化粧品の「アスタリフト」や、液晶ディスプレーの視野角拡大フィルムの「WVフィルム」などです。 これらの成功事例と医薬品事業では、何が違うのでしょうか。 それは、社内に蓄積していた独自のコア技術を活用したという点です。 コア技術とは「基盤技術を基に生まれた、持続的に競争優位性を築くための核となる技術」(富士フイルムHPより)です。 アスタリフトにはフィルムづくりで培われた「コラーゲン研究、光解析・コントロール技術、抗酸化技術、ナノテクノロジーの知見」が生かされています。 WVフィルムは写真用のフィルムや感光紙で培われた「ポリマーフィルムを製膜し、塗布で高機能化する」技術が生かされています。 つまり、製品は未知ですが、核となる技術は既知だったということです。 歴史的に富士フイルムの多角化事業は、「コア技術と地続き」である場合に成功しているケースが多いです。 例えば、1960年代の磁気記録テープ、80年代のドライケム(血液中の化学成分を測るための多層分析フィルム)や感熱紙は、写真フィルムで培ったコア技術が競争優位の源泉となっています。 一方で「コア技術の飛び地」の多角化戦略の成功例は乏しいです。 開発途中で市場参入を断念した事例として、90年代の制癌剤や2次電池があります。 これらの製品はコア技術を転用できる余地が小さかったこともあり、競争優位を構築できませんでした。 富士フイルムの医薬品事業がその典型です。 しかし、買収しただけでは競争優位を構築するのは難しいです。 なぜなら、外部から導入した技術は使いこなせるようになるまでに時間がかかるからです。 そのため、自社が持っている何らかの資産と組み合わせて、シナジー効果を出す必要があります。 シナジー効果とは「企業の資源から、その部分的なものの総計よりも大きな一種の結合利益を生み出すことのできる効果」です。 アンゾフはシナジーを4つに分類しています。 1 販売シナジー:共通流通経路、共通販売組織、共通広告、共通商標、共通倉庫などによって生まれるメリット 2 操業シナジー:施設と人員の高度な活用、間接費の分散、共通の学習曲線、一括大量仕入れなどによって生まれるメリット 3 投資シナジー:プラントの共同使用、原材料の共同在庫、機械設備の共同使用、研究開発成果の他製品への移転、共通の技術基盤、共通の材料調達、共通の投資機会などによって生まれるメリット 4 マネジメント・シナジー:業務現場を管理する手法、事業運営のノウハウ、経営陣の能力と経験などの移転可能性によって生まれるメリット 富士フイルムの医薬品事業において最も重要になるのは、 3 投資シナジーに分類される「研究開発の成果や技術のシナジー」です。 なぜなら、技術的に難易度が高い製品を中心に開発しているからです。 もちろん、富士フイルムもこのことは承知しているでしょう。 現在、富士フイルム富山化学では薬剤を患部に選択的に送り、薬効を高めるリポソーム(細胞膜や生体膜の構成成分をカプセル状にした微粒子)製剤の生産体制を構築しています。 写真フィルムで培ったナノ分散技術、解析技術、生産技術が生かされているようです。 また、近年同社が力を入れているのがバイオ医薬品と再生医療です。 こうした分野でも、写真フィルムや画像診断装置で培ったノウハウが転用されています。 今後、どのように技術的なシナジーが生み出されるのか注目です。

次の

【アビガンの製薬会社はどこ?】特許や株価は今どうなっているのか?

富士写真フイルム 株価

、、一般・から(プリント)、現像装置などに至るシステムの一式、などのなどのほか、ディスプレイ用フィルム部材、刷版、印刷システム、医薬品、医療機器、、も製造・販売している。 略称は「富士フイルム」、「富士」、「フジ」など。 本社はに2箇所置いている。 本社と本社()で、登記上の本店は後者にある。 概要 [ ] 正式社名は「富士フ イルム」である。 「富士フ ィルム」はであり、「イ」は小書きしない。 写真業界ではと並んでよく知られている(「キャノン」は誤植であり、「ヤ」は小書きしない。 ただし、読みは「 キャノン」)。 また、読み方・発音についても、当社の場合は「フ イルム」の発音であり、は使わない。 企業名「富士」が付いてはいるが、企業系列としてはではなく三井物産・ダイセルなどのに属し、グループの親睦会である月曜会及びに加盟し 、又、・・・らとともにの企業集団であるを形成している。 主要取引銀行はとであり、横浜銀行が全国一の地方銀行の地位を保持するのに一役買っている。 カメラ店の店頭に掲出されている、旧ロゴが使用された看板 (平成18年)に制に移行、旧・富士写真フイルムは株式会社となり、同社の事業を引き継ぐ事業会社「 富士フイルム株式会社」を新設し、富士フイルムホールディングスの傘下に富士フイルムとを置く体制となった。 これを機にCIロゴマークが変更され、永年使われた「 FUJI」の組み合わせマークは廃止。 ローマ字「 FUJIFILM」のマークをアレンジし、FUJIのIの部分を赤と黒の2色配列として、フィルム・写真事業以外の新分野に挑戦する姿勢を打ち出すものにした。 また、創業80周年を迎えた(平成26年)には、同社を含む富士フイルムグループ で用いるコーポレートとして「 Value from Innovation」が制定された。 (平成27年)、米国医療ITシステムメーカーTeraMedica, Inc. (本社:米国ウィスコンシン州ミルウォーキー、 テラメディカ社)の買収を完了し、富士フイルムグループの100%子会社として新たにスタートさせた。 製品 [ ] 写真フィルム [ ] 日本での写真フィルムはトップシェアを持つ。 から時期に「お正月を写そう」というテレビコマーシャルを展開した(近年では映像関連以外にも、後述する自社製化粧品や健康食品もこの枠で流されている)。 の時代になってもFinePix(ファインピクス)シリーズやBIGJOBシリーズがあり「」というのを開発している。 また、と共同でを開発し、自社製品の記録メディアとして採用していた(2015年現在の製品はに統一)。 - には、用カメラの生産を行っていた。 その後、8ミリフィルムが衰退しが主流になってくると、Fujix-8シリーズのカメラ(からの供給)も販売していた。 2011年、低価格競争で苦戦していたデジタルカメラ事業で、単焦点ながら実売価格10万円を超えるデジタルカメラ「Finepix X100」を発売。 これがヒットし、プレミアムデジタルカメラ「FUJIFILM X」シリーズへ路線を転換する。 2014年にはデジカメ事業は黒字化を達成した。 詳細は「」を参照 しかし、(平成17年)・(平成18年)には写真フィルム事業を縮小し、他分野事業への進出を推進している。 (平成20年)の会社四季報その他によると、写真フィルムによって培われた技術を上記の液晶ディスプレイや、医療分野(画像、検査用機器等)などの分野へ活用する試みを続けている。 化粧品 [ ] 年から事業に本格参入し、CMに、2人の大物ミュージシャンを起用した。 既存の写真関係やデパート、ドラッグストアなどの化粧品販売ルートではなく、や広告などので展開しており、現在は、通販による事業にも進出している。 Fシリーズ、FXシリーズ、レンジシリーズ等高性能音楽用の、ハイポジション、メタルポジションのカセットテープを販売していたが(ちなみにメーカーのにも一時期、供給をした経験がある)、、、の3大メーカーに対抗するため、1985年、カセットテープを使い始める中学生にターゲットを絞り、ブランドでコンパクトカセットを新たに製造販売した。 のCM効果もあり、以後人気ブランドになった。 2006年、カセットテープ、および、、、、や乾電池(富士フイルムブランドでと提携)と共に製造から撤退した。 しかしながら業務用の磁気テープ(等)は、各種データの用として需要が高く、富士フイルムを含めた日本企業の占有率は高い。 事業所 [ ]• 本社(東京都港区)• 神奈川工場 足柄サイト(、持株会社体制前の登記上本店)• 神奈川工場 小田原サイト(神奈川県)• 富士宮工場()• 吉田北工場(静岡県榛原郡、富士フイルムオプトマテリアルズ株式会社)• 吉田南工場(静岡県榛原郡吉田町)• 九州工場(、富士フイルム九州株式会社)• 研究所・技術開発センター• 先端コア技術研究所(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡)• 有機合成化学研究所(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡開成町、静岡県富士宮市、静岡県榛原郡吉田町)• アドバンスト マーキング研究所(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡開成町、静岡県富士宮市)• 医薬品・ヘルスケア研究所(神奈川県足柄上郡開成町)• 解析技術センター(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡開成町、神奈川県小田原市、静岡県富士宮市、静岡県榛原郡吉田町)• 生産技術センター(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡開成町、神奈川県小田原市、静岡県富士宮市、静岡県榛原郡吉田町、黒川郡)• 画像技術センター(東京都港区、神奈川県足柄上郡開成町)• メディカルシステム開発センター(神奈川県南足柄市、神奈川県足柄上郡開成町、東京都港区、)• 光学・電子映像商品開発センター(埼玉県さいたま市)• フラットパネルディスプレイ材料研究所(神奈川県南足柄市、静岡県富士宮市、静岡県榛原郡吉田町)• 記録メディア研究所(神奈川県小田原市)• エレクトロニクス マテリアルズ研究所(静岡県榛原郡吉田町)• インフォマティクス研究所(神奈川県足柄上郡開成町)• 高機能材料研究所(神奈川県足柄上郡開成町)• 再生医療研究所(神奈川県足柄上郡開成町) 関連会社 [ ] 富士フイルムICTソリューションズ FICT 自グループの社内システムの運用・保守 富士フイルムイメージングシステムズ FFIS ビジネスユースでの画像・情報に関するサービスの提供 富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ FFEM フォトレジスト、半導体プロセス材料の製造および販売 富士フイルムエンジニアリング FEC 生産または研究開発にかかる建物、施設、設備、装置およびシステムの開発、設計、製作、販売、設置、修理および保全、コンサルティング、技術指導および教育サービス 富士フイルムオプティクス FFOP 光学デバイスの製造 富士フイルムオプトマテリアルズ FOM 用材料の生産 富士フイルム九州 FFQ 液晶ディスプレイ用材料の生産 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ FFGS 印刷用材料、機器の販売 富士フイルム静岡 FFSH 写真感光材料、紙類、印刷製版用材料、機能性フィルム材料、プラスティックフィルムの製造・加工及び販売 製品および関連製品の開発・製造・販売 セルトラスト・アニマル・セラビューティクス 再生医療を中心とした動物(ペット)の先端医療技術の開発・提供 富士フイルムソフトウエア FFS 機器ソフトウェア、デジタルイメージングソリューションサービス、ITサービス 富士フイルムテクノサービス FFTS デジタルカメラ・フィルムカメラなどのアフターサービス、カメラ・メディア関連サービスの技術サポート 富士フイルムテクノプロダクツ FFTP 医療用、写真用、印刷用、理化学用、情報システム機器 他の製造および精密部品加工 富士フイルムデジタルプレス FFDP インクジェットデジタルプレスの国内販売やマーケティング FFTC 医薬品および関連機器の研究、開発、製造、販売、輸出、輸入。 2018年10月に富士フイルムRIファーマとの統合により発足。 富士フイルムフォトマニュファクチャリング FPM 写真感光材料、インスタントフィルム、印刷用製版材料、用フィルム、体外診断薬、・材料の生産 FFHC 機能性食品、機能性化粧品の販売 富士フイルム メディアクレスト FFMC CD・DVDの製造・加工・販売、記録メディア関連のコピープロテクション・セキュリティ製品の開発と販売、各種記録メディアのデータ修復サービス 富士フイルムメディアマニュファクチャリング FFMA の生産 富士フイルムメディカル FMS 医療診断用製品の販売 富士フイルムモノリス FFMS 動物受託、動物用検査診断材料の販売 富士フイルムロジスティックス FFL 物流管理・包装および梱包 FFWK 、化成品並びに臨床検査薬の製造・販売。 2018年4月に和光純薬工業と富士フイルムファインケミカルズの統合により発足し、2019年4月に(元々はの子会社で、2018年6月に子会社化)を統合した。 Keitai Picture - 携帯サイトに利用される画像を各携帯電話の機種に合わせて変換配信する携帯向けASPサービス。 子会社および社内ベンチャー事業 [ ]• メディアピックス - 携帯電話で撮影した写真を広告付きでプリントし、配送するサービス。 テレビCM [ ] この節のが望まれています。 末期は降板)• (一社提供。 『知ッテレQ』前期まで)• (隔日提供)• (終了)• (終了)• (火曜日スポンサー)• (終了)• ( - 、 - 降板時期不明) 系• 現在 [ ]• (一社提供)• (終了)• (隔日提供)• (終了)• 日曜22時枠• (終了)• (2010年10月期『』と『』で提供、60秒でカラークレジット。 (数回)• (終了)• (2018年4月の数回) 系• 現在 [ ]• (一社提供)• (終了) 系• 現在 [ ]• (2008年10月~2009年3月) 系• 現在 [ ]• 主なスポンサー映画 [ ]• () 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2006年のはのため、登記上の設立日は翌日となる。 「」(ムービー) 富士フイルム、2007年9月22日。 - 内のページ。 - 富士フイルムホールディングス株式会社 ニュースリリース 2014年1月20日(2014年2月22日閲覧)• 富士フイルム株式会社 2015年5月13日. 2018年2月15日閲覧。 (平成21年)、読売新聞• 関連項目 [ ]• (オフィシャルスポンサーを務めていた)• (F1参戦初年度のスポンサー)• (オフィシャルスポンサー)• (、、)• (、)• - 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - テラメディカ社• 『』(名誉賞・)• 『』(名誉賞・)• (・)• 『』(名誉賞・)• (・)• (・)(・)• 『』黒澤明(・)• キヤノン()(・)• (・)• (・)• (・)• (名誉賞・)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 宮城島卓夫(科学技術賞・1990年)• (・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 宮城島卓夫(・)• (・)・()(科学技術賞・)• 『』(・)• (・)• 『』(・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 『』(・)• (・・)(科学技術賞・)• 富士フイルム(・・)(科学技術賞・)• (名誉賞・)• (・・・)(科学技術賞・)• (科学技術賞・)• ソニー(・ほか)(2つの科学技術賞を同時受賞・)• (・)•

次の