今宮 神社。 今宮神社のあぶり餅店の営業時間と定休日まとめ!一和とかざり屋の違いも! | 京都神社巡り

今宮神社 | 埼玉県の神社

今宮 神社

祭神 [ ]• (スサノオノミコト) 歴史 [ ] の代の(長和4年)、同年に流行した疫病を鎮めるために創祀された。 その後一時的に衰退したが、の代の(永承7年)にも疫病が流行したため、を行い、ふたたび当地に神社が造成された。 なお、京都市北区紫野にある同名の(創建)も、疫病を鎮めるための御霊会を起源とする神社(御霊社)である。 の時代にはやのであり 、(寛永21年)にはによって、仁和寺再興の一環として今宮神社の本殿、拝殿、末社が建造された。 本殿は1960年(昭和35年)、1966年(昭和41年)、1978年(昭和53年)に改修されている。 1868年の後には厄除神今宮大明神となった。 文化財 [ ]• 京都市指定 一間社流造本殿(1984年指定) 行事 [ ] 例祭の今宮祭は10月16日であり、の巡行などが行われる。 現地情報 [ ] 所在地• 伊町17 交通アクセス• 最寄駅:(嵯峨野線)から北に300m• 最寄バス停:・ 「花園駅前」または「妙心寺前」から150m 周辺• の北側、の南側に位置しており、北すぐにはが、南西200m先にはがある。 参考文献 [ ]• 『京都・山城寺院神社大事典』平凡社、1997年 脚注 [ ] 出典 [ ] [].

次の

今宮神社 | 埼玉県の神社

今宮 神社

お浄めの霊水としても珍重されています。 境内の「清龍の滝」にてお酌みいただくことができます。 大宝年間(701~714年)、役行者が飛来し、神仏混淆を旨とする修験の教えを広めるとともに、この地に宮中八神と、観音菩薩の守護神である八大龍王を合祀し、以後、明治維新まで『八大宮』と称するようになりました。 八大龍王神は『水』をつかさどる偉大な神であり、生きとし生けるものすべてに『生命のおおもと』(生きる力)を授けるという素晴らしい御神徳をお持ちです。 当社において毎年4月4日に執り行われる水分神事では、今宮神社から秩父神社に『水麻(みずぬさ)』が授与されますが、この『お水』によって育った稲が秋になって無事収穫されたことの喜びとともに、感謝の気持ちを込めてこの『お水』を再び武甲山に戻すお祭り、これが12月3日の秩父神社の『秩父夜祭り』なのです。 二 観音堂及び八大権現社の建立 役行者に続いて、825年には弘法大師が来遊して大日如来を奉斎。 次いで大宮山満光寺、長岳山正覚院金剛寺が建てられ、長歴2年(1038年)には、二つの観音堂(現在の札所十四番今宮坊観音堂及び札所二十八番橋立寺観音堂)も建立されました。 12世紀には熊野権現を勧請。 宮中八神と大日如来の習合である八大権現社が建立され、寺院、神社、観音堂、祠と併せて百をゆうに越える一大修験道場となりました。 三 『今宮神社』『今宮坊』の創建 16世紀初め全国的に疫病が蔓延したため、八大権現社では、天文4年(1535年)、京都今宮神社より須佐之男命(樹木神・健康神)を勧請して『今宮神社』を創建しました。 このころ満光寺の弁天堂も再建され、翌年には札所も三十四カ所整えられて未曾有の宗教ブームが到来し、秩父は日本に冠たる霊場となりました。 永禄12年(1569)には、これらの寺・社を総称して、一山を『長岳山今宮坊』と称し、組下四十九寺を擁する本山派修験聖護院直末として隆盛を極め、諸国先達二十九寺の一つにも数えられました。 天正19年(1591年)には徳川家康より御朱印地十石、除地七石を賜り、松平大炊頭(初代は水戸藩主の弟。 明治維新まで七代続いた。 )の祈願所としても栄え、およそ百年後の元禄14年(1701年)、今宮坊は真っ先に江戸開帳を行い、組下の力を結集して秩父札所の紹介と発展に寄与したといわれています。 四 今宮神社と今宮坊観音堂の分離 明治元年、明治政府の神仏分離令により修験道は廃止、今宮坊もその解体を余儀なくされ、今宮神社・八大宮と今宮観音堂(現札所十四番)、橋立観音堂(現札所二十八番)に分離され、二十八番は昭和8年に石竜山橋立寺として、十四番は昭和27年に長岳山今宮坊観音堂として、それぞれ今宮神社から独立して管理されるようになりました。 しかし、御神体、御朱印、社宝、古図、古文書、今宮坊歴代別当・宮司の墓所、それに今宮の由緒とその精神は、当神社に継承されて今日に至っております。 御神意と時代の要請に則り、昭和20年代より平成5年まで凡そ50年間、御神域を児童公園に開放。 秩父市と協力し、地域住民の健やかな心身の拠りどころとして、福祉事業に専念いたしました。 かつてここに遊び育った子どもたちも立派に成人して、現在は、郷土社会の力強い担い手となっております。 五 神社活動の再開 御神慮の成就に感謝し、平成4年を以て神社活動を再開。 神域並びに神社の活動を本来の姿に復す努力を続けております。 往古の由緒をふまえて平成6年には130年ぶりに龍神祭が復活、平成8年には全国の篤志家の浄財により役尊神祠(行者堂)が建立され、龍神祭、行者祭も年毎に盛大に行われるようになり、改めて今宮坊・今宮神社は、水の神、観音様の守護神、秩父霊場発祥の地、番外霊場としてにわかにクローズアップされるところとなりました。 その中でも特に、神仏合わせた力を備えられ「きれいな水」と「正しい教え(仏法・真理)」をもって道なき道を切り開かれる八大龍王様は、観音様と一体となられ、万物を生かし育まれるという利他の業をされながら新しい時代を拓いて下さる神様として、多くの崇敬者たちの信仰を集めております。 現在は仮社殿となっておりますが、八大龍王宮社殿や手水舎の新築、また参集所建立の企画も出され、復興の足音の一段と高まりつつある昨今に新たな決意を持って歩みを進めております。 76メートル 推定樹齢千年以上 『駒つなぎのケヤキ』埼玉県指定天然記念物 *龍神池 武甲山の伏流水が湧き出ている秩父最古の泉 4月4日の水分(みくまり)祭ではこのお水を秩父神社に授与(秩父神社御田植祭) *行者堂(役尊神祠) この地に八大龍王を祀った修験の開祖役小角を祀る祠.

次の

秩父今宮神社>由緒・祭神

今宮 神社

大勢の信者でにぎわう今宮戎、江戸時代末期に書かれたより 8年()、がを建立する際にその西方の守護神として建立されたと伝えられている。 約100北方に(当社と同じ旧、現在の大阪市浪速区日本橋西に鎮座。 祭神は 〈つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと〉。 創建時期不詳)が鎮座し、関係が深い。 ちなみに、のと(廣田神社の南宮と呼ばれたとの説がある)も同じような位置関係にある。 また、のは当社の起源を、八坂神社境内社の社(北向蛭子)を分祀し、八坂神社の氏子が今宮に移り住み、現在の地に祀ったことに始まるとしている。 その縁起から、双方の神社は交流を続けている。 1月8日の献茶祭では、八坂神社御神水奉納式が実施される。 年間( - )にがをとして、当社の社殿の造営を行っている。 それと同時に18のをし、禁制札を下賜している。 中期にの祭事が始まる。 年間( - )には現在と同じ形の十日戎の祭礼が行われるようになった。 (元年)3月、が出される。 (明治4年)5月14日に制度が制定され、当社はに列せられた。 (20年)3月13日・14日に行われた第1回による大火災で社殿などが焼失する。 (昭和38年)1月には初詣の賽銭にが登場したことから、の象徴として話題を集めた。 祭神 [ ]• 主祭神 - 、、、、 中でも事代主神はとして特に信仰を集めている。 近世以降は商売繁盛の神として、現在でも篤く信仰される。 境内 [ ] 恵比寿・の熊手(縁起物)• 1月1日: 元旦祭• 1月10日(1月9日 - 1月11日): 例祭(十日えびす) (9日: 宵宮祭〈宵えびす〉、10日: 大祭〈本えびす〉、11日: 後宴〈残り福〉)• 2月3日: 祭• 2月11日: 祭• 2月17日: 祈念祭• 3月21日: 祭• 4月10日: 乙姫社祭• 5月3日: 憲法記念祭• 5月5日: 童児祭• 6月30日: 式• 8月2日 - 3日: こどもえびす祭• 9月23日: 祭• 10月7日: なにわ七幸まつり• 11月3日: 祭• 11月15日: 詣• 11月23日:• 12月13日: たち・事始• 12月23日: 天長祭• 12月30日: 御煤払• 12月31日: 大祓式・除夜祭 毎月祭事• 1日: 朔日祭• 10日: 月次祭 十日戎 [ ] 中期から当社によって、が盛んになっていったとされる。 3年()の大坂案内「葦分舟」に、当社の十日戎が描かれている。 福笹 [ ] 福笹は、神仏分離以前にが鎮守の社としたによって頒布が開始されたもので、「節目正しく真っ直ぐに伸び」「弾力があって折れない」「葉が落ちず常に青々と茂る」といった特徴から、家運隆昌・商売繁盛の縁起物となった。 十日戎では、拝殿で福笹を授かり、御札と(きっちょう)と呼ばれる小宝を付ける風習が続いている。 吉兆は、銭叺(ぜにかます)・銭袋・末広・・・・臼・小槌・米俵・等の縁起物から成り 、十日戎の参拝者は有償で吉兆を自由に選べ、福むすめ(毎年選出)による飾りつけを授与される。 また、金色をした人工の笹に最初から御札・吉兆などがついた金笹(きんささ)と称される授与品がある。 授与品 [ ]• 今宮戎神社神札(家内安全の神札〈紙札〉): 1000円• 三体神符(商売繁昌の神札。 開運御守札・金色の小判・福徳守が神札〈紙札〉とともに同封されている): 1500円• 大神符(商売繁昌の神札〈〉): 2000円 はいずれも、のついたケースに封入されており、壁に取り付けたフックに掛けて、吊すことも出来て、神棚がなくてもお祀りできるように便宜が図られている(2016年1月1日現在)。 福むすめ [ ] で奉仕をする満18 - 23歳の女性。 毎年公募で選出される。 (23年)度より「福娘」から「福むすめ」に改称された。 ので先駆けられていた外国人留学生枠が(平成19年)度から設けられた。 履歴書による書類審査は不備さえなければ応募者の大半が通過する。 その後は1次審査、2次審査が行われ、2次審査を通過した者は同日に行われる最終審査に進む。 最終的に40名が福娘に選出される。 福娘は45名とされているが、うち5人は留学生であるため上記の審査とは別である。 かなりの高倍率であり、応募者は毎年3,000人を超える。 の輩出率が高く、過去には・・・・なども経験した。 も今宮戎神社の元福娘であると言われていたが本人がテレビ番組内で友達に福娘に選ばれた人がいると発言したのが違うように伝わったようである。 同様にも、福娘であったと報道されていることについて番組内で否定している。 以前はミス福娘コンテストとして行われていたが名称が変更された。 えびす娘 [ ] 毎年選ばれる福娘選考会の最終審査まで勝ち残った者で、神社での福笹授与を行う。 約25名程度。 一般の巫女のアルバイトではないので、選出審査を経てのみでしかなることができない。 福娘同様に、今宮戎神社の本殿で午前9時 - 午後9時まで1日中参拝者に奉仕する。 交通 [ ]• 東30メートル• 線路上の所属元であるには駅(ホーム)がなく、方面からはでの乗り換えとなる。 西300メートル• 西300メートル• ・ 東450メートル 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の