ダンまち フレイヤ。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ (GA文庫)

ダンまち フレイヤ

愛の女神のたくさんの愛人の一人で、その中で最も気に入られているとされる。 猪突猛進な反面、単細胞なところがあるようで、他の神々からは「愚かなオッタル」と揶揄される。 オッタルがアンガンチュールという人物と先祖名の暗唱比べをすることとなり、黄金を賭けたこともあってフレイヤが助力する。 フレイヤはオッタルを猪に変えると、賭けのために必要な「記憶の麦酒」を得るべく共にヒンドラ 知識や記憶をつかさどる女巨人 のいる岩穴に行き、彼女にオッタルの家系を語らせる。 しかしヒンドラは機嫌を損ね、記憶の麦酒をオッタルに渡そうとせず、フレイヤが脅迫めいた言葉を口にすると呪いをかけようとする。 フレイヤはオッタルのために神々の加護を願う、という話がある。 『神々の賠償金』という話ではフレイヤの愛人とは別のオッタルもおり、こちらは日本語訳では「 オト」と表記されることもある。 漁の名手で普段はの姿で漁を行う。 が、と共に世界を旅していた時、偶然通りかかった滝の近くで狩漁中のオッタルの化身であるカワウソを発見、ロキはカワウソを食べようとして殺してしまうが、そのためにロキは彼の父である魔法使いフレイズマルに捕らわれ、オーディンはグングニルやロキの千里靴などを奪われ、多額の賠償を請求される羽目に遭った。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ダンまち ファミリアクロニクル episodeフレイヤ アリィと8人の眷族

ダンまち フレイヤ

愛の女神のたくさんの愛人の一人で、その中で最も気に入られているとされる。 猪突猛進な反面、単細胞なところがあるようで、他の神々からは「愚かなオッタル」と揶揄される。 オッタルがアンガンチュールという人物と先祖名の暗唱比べをすることとなり、黄金を賭けたこともあってフレイヤが助力する。 フレイヤはオッタルを猪に変えると、賭けのために必要な「記憶の麦酒」を得るべく共にヒンドラ 知識や記憶をつかさどる女巨人 のいる岩穴に行き、彼女にオッタルの家系を語らせる。 しかしヒンドラは機嫌を損ね、記憶の麦酒をオッタルに渡そうとせず、フレイヤが脅迫めいた言葉を口にすると呪いをかけようとする。 フレイヤはオッタルのために神々の加護を願う、という話がある。 『神々の賠償金』という話ではフレイヤの愛人とは別のオッタルもおり、こちらは日本語訳では「 オト」と表記されることもある。 漁の名手で普段はの姿で漁を行う。 が、と共に世界を旅していた時、偶然通りかかった滝の近くで狩漁中のオッタルの化身であるカワウソを発見、ロキはカワウソを食べようとして殺してしまうが、そのためにロキは彼の父である魔法使いフレイズマルに捕らわれ、オーディンはグングニルやロキの千里靴などを奪われ、多額の賠償を請求される羽目に遭った。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ダンまち2 第10話の感想 「フレイヤはベル君に向けて何と言ったの?」

ダンまち フレイヤ

美の女神であり、神々の中でも随一の美貌を持っている。 これまでに多くの男性を魅了し、その効果はモンスターや神でも虜にしてしまうほど。 そんな女神がなぜベルをかまうのか? フレイヤがベルを見つけたのは 偶然視界に入っただけ。 一目見た瞬間に、かつて見たことが無いほど透き通った綺麗な魂の色を持っていることに気づき、ベルを気に入ったようです。 それから、ベルを自分のものとして相応しくさせるために、 現在は試練を与えて成長させようという目的で動いている。 当初のベルの評価は 「とても頼りなくて、少しのことで泣いてしまう、強くはない子」。 ロキ曰く、これまでにもフレイヤは気になった子供がいたら、周囲に迷惑がかかろうが関係なく問題を起こすとのこと。 実際にフレイヤがベルに対して起こした問題とは、 怪物際(モンスターフィリア)の時。 ロキと話している時に、ベルが走っていく姿を見かけて思いついた。 ガネーシャ・ファミリアがダンジョンから捕まえてきたモンスターを解放し、シルバーバックに対しては魅了してヘスティアを追いかけるように仕向けています。 この時のフレイヤは、ベルを殺す気だったような印象がありますね。 「しばらくは、あの子の成長を見守るつもりだったのに」と言っていました。 ダンまちのフレイヤさんに 「何が美の神だ、枯れろ性悪ババァ」とか言ったら殺されんのかな — ぐみさき。 ベルを冒険(成長)させるため、オッタルに指示をして普通のミノタウロスより強く仕上げた。 それをベルと戦わせるように仕向け、助けに行こうとしたアイズの邪魔をしています。 このベルの戦いを見て、フレイヤは更にベルに対する気持ちが強くなったように見える。 「美しい。 美しい光景」と興奮しながら顔を赤らめていましたね。 普段は冷静にしているが、ベルに関してだけは 異常な執着を見せている。 現状ではベル以外に興味はほとんどないのでしょうね。 その執着心は、 たとえベルが死んだとしても地位を捨ててでも天界に戻って魂を捕まえると言っています。 いずれは直接ベルを奪いに来るかもしれませんねw その時は、ベルがオッタルを倒す日でしょう! ただ、普通に考えればフレイヤは欲しいと思えば 「魅了」を使えば直ぐに自分のもの出来そうに思いますよね。 なぜフレイヤはベルを魅了せずに見守っているのでしょう? 実際、ベルのスキル 「憧憬一途」がある限りは魅了は効かないのですけど。 このスキルについては知らないはずなので、何か他に理由があるのかもですね。 綺麗な魂のままで成長させるため、ヘスティアに預けている感じなのでしょう。 そのため、 他の異性がベルと仲良くしていると嫉妬するようになっている。 この嫉妬により、あるファミリアがフレイヤにより壊滅されることに。 外伝のソード・オラトリアでは、ベルにアイズが特訓した時。 ベルにこれ以上関わらないようにと、ファミリアの団員を使って警告している。 フレイヤからすれば、自分の与える試練で成長させたいという気持ちが強かったのでしょう。 アイズからすれば、何のことか分からないですよね。 アニメ2期の1話でのダンスの時に、ベルとアイズがダンスをしていた時。 二人を見ながら 「ここにミノタウロスの群れを連れて来られないかしら」と表情を変えずに言っています。 明らかにアイズに対して嫉妬しているのが分かったので面白かったw その後、イシュタルがベルに手を出そうとする。 イシュタルは、フレイヤを陥れたいと考えており、 フレイヤが目を付けているというベルを標的にした。 なので、イシュタルはベルに対して好意が有るわけではなく、フレイヤから大事なものを奪うため、ベルを魅了します。 このことで、フレイヤは 自分のモノに手を出したということで怒る。 自身のファミリアの団員を連れて、歓楽街に行きイシュタルファミリアを壊滅させています。 これまでもイシュタルはフレイヤにちょっかいを出していたようですが、今回は許せなかったのでしょうw 「これに懲りたらもう悪戯はしないことね、イシュタル。 もう遅いかもしれないけれど。 本拠地は 「戦いの野(フォールクヴァング)」。 エンブレムは 戦乙女の側面像。 団員は、オラリオ最高の レベル7の冒険者のオッタル(猪人)が団長として在籍している。 いつも冷静で表情はほとんど変わらず、武人肌な性格で二つ名は 「猛者(おうじゃ)」。 フレイヤを侮辱する相手には容赦せず激しく激昂するようです。 その強さは、ロキ・ファミリアの中核メンバーが全力で挑んで、ようやく互角の戦いとのこと。 フレイヤの寵愛を受けるベルに対して嫉妬せず、フレイヤの意志を尊重して尽くしています。 アレンは 副団長で、ステイタスはレベル6の猫人の男性。 豊穣の女主人で働いている アーニャとは兄妹ですが、現在は絶縁とのこと。 オラリオにいる全冒険者の中で最も脚が速いことで有名。 ミアは、現在「豊穣の女主人」の主人で、ステイタスはレベル6。 元団長で、現在は半引退状態ですがフレイヤ・ファミリアに籍は残っている。 現役時代はオッタルと並ぶ実力を持つドワーフで、二つ名は 「小巨人(デミ・ユミル)」。 ドワーフは慎重が低い印象がありますが、ミアは例外のようですね。 最後に 【ダンまち -クロス・イストリア-】 ダンまち X. ベルを偶然見かけて一目惚れのような感じで気に入った。 そこから、色々と ちょっかい(試練)を与えてベルを成長させようとする。 異常なほど執着しているが、これまで表立った行動はせずにいましたが、イシュタルの時は怒ってしまい動きましたねw ということは、アポロンがもし戦争遊戯に勝っていたら、フレイヤが動いたかもしれませんね! ファミリアに関しては、ロキ・ファミリアよりも強い戦力を持っている。 レベル7のオッタルの強さはオラリオ最強で、レベル6が数人で挑んでもようやく互角とのこと。 ソード・オラトリアを見てロキ・ファミリアも相当強いと思いましたが、フレイヤ・ファミリアはもっと強いということで 戦闘を見てみたいですねw フレイヤがアニメでもっと登場して欲しいなと思います!.

次の