芦原 温泉 湯 快 リゾート。 湯快リゾート芦原温泉「青雲閣」

お風呂・温泉情報|湯快リゾート 青雲閣【ゆこゆこ】

芦原 温泉 湯 快 リゾート

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

湯快リゾート 青雲閣【公式】

芦原 温泉 湯 快 リゾート

ゴールデンウィークも終わっちゃいましたね。 皆さんはどのように過ごされましたか? 我が家は、質素に遠出は控えました。 隣県・福井県の芦原温泉に出かけたくらいです。 と言うのも、GW中の計画を立てるのが遅かったせいか、ちょっと出遅れちゃったんですよ。 そんな折、「こりゃ、どこもホテル(旅館)取れないぞー!」って時に、たまたま「湯快リゾート」のCMを見たんです。 4月中旬の事でした。 予約サイトを覗いてみると結構いける感じ。。 しかも、GW中の予約なのにそこまで高くもない。 で、サクッと予約して、「まぁ、残り物だからそれなりだろう。。 」と過度な期待はせずに出かけたんですが。。。 これが、予想外の大当たり。 まさにうれしい誤算ってやつでした。 ちなみに、 お世話になったのは、福井県の芦原温泉にある青雲閣ってところ。 紹介せずにはいられないので、今回は湯快リゾートの芦原温泉 福井 ・青雲閣のレビューと紹介をさせて頂きますね。 簡単に湯快リゾートと芦原温泉・青雲閣の紹介 いきなり、湯快リゾートとか芦原温泉とか青雲閣とか言われても、チンプンカンプンかもしれないですね。 と言う事で、ちょっとだけ説明しておきます。 「湯快リゾート」は「湯快リゾート株式会社」が手がける低料金の温泉宿泊施設です。 ちょっと、言葉は悪いですが、いわゆる経営難に陥ったり、廃業もしくは廃業寸前に陥った宿泊施設を買収して再生させる手法で経営を拡大しており、2017年4月現在で全国に27店を展開しています。 私が今回訪れたのは、北陸地方の福井県・芦原温泉でしたが、北陸地方でも他に石川県の温泉に店舗を構えていますし、他の地方で言えば、東海地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州地方にも展開しています。 何より魅力的なのは冒頭でも記載しましたが、その料金設定です。 TVのCMでもおなじみですが、 最安値は7500円からで、繁忙期の一番高い価格設定でも、税込13500円です。 旧施設名は芦原パストラル青雲閣。 芦原温泉と言えば、福井県屈指の温泉として有名です。 近くに海水浴場がある事から夏には海水浴客の利用者も多いですね。 周辺の観光スポットは、東尋坊、芝政ワールド、越前松島水族館あたりになります。 芦原温泉・青雲閣レビュー はい。 すいません。 前置きが長くなりました。 早速、宿泊した青雲閣のレビューをさせて頂きます。 選択した部屋は、ランクアップルームの和洋室。 プランは、食べ放題のバイキングプラン。 ランクアップルームを選んだのは贅沢をしたかったからではありません。 5月5日の4名1室がその部屋しか空いていなかったから。 でも、 結果的にはこのランクアップで和洋室を選択したのが大正解でした。 ランクアップルーム・和洋室 実際に宿泊した部屋です。 その名の通り、入室してすぐに居間となる和室が、その奥にベッドが設置されている洋室のある2Kの部屋でした。 ちょっと、こんないい部屋に泊まったこと無かったので、びっくりしました。 (笑) 玄関・洗面所・トイレ 玄関はこんな感じです。 まぁ、普通ですかね? お次は洗面所。 アメニティーは歯ブラシとドライヤーです。 あと、写真には収め忘れましたが、フェイスタオルとバスタオルが人数分用意されていました。 洗面所の奥にはシャワーがありました。 お風呂は無し。 本当にシャワーだけ。 ま、温泉があるからお風呂なんて要らないけど。。 トイレは写さんでもいいか?と思いながら収めました。 (笑) もちろん、ウォシュレット完備です。 和室 和室と洋室が一部屋ずつですが、和室が居間的役割で、洋室が寝室と言う感じです。 ここでは和室を。。 ちなみに、玄関から写した和室はこんな感じ。 洋室側から写した和室はこちら。 洋室 最後に洋室です。 前述の通り、ベッドが3つ常設されていて、完全に寝室と言う扱いです。 右奥に写っているのは我が娘です、お気になさらぬよう(笑)。 洋室から外の風景はこんな感じでしたー。 ちなみに、、、 浴衣は部屋には用意されていません。 フロントの横に浴衣コーナーがあって、部屋に行く前にそこから各自部屋に持っていく感じのシステムです。 食事 次は食事です。 旅行の楽しみはやっぱり食事ですよねーー。 ちなみに、食事場所はこんな感じです。 で、肝心の食事はと言うと、、 大満足でしたー。 夕食、朝食共にバイキング形式でしたが、それぞれ別々に紹介していきますね。 夕食 メニューは時期によって異なる様です。 我が家が行った時期は、九州フェアをやっていて、以下の様なメニューがありました。 もつ鍋(博多)• からし蓮根(熊本)• 馬肉コロッケ(熊本)• 皿うどん(長崎)• とり天(大分) 他にもいろいろとありましたけどね。 個人的に馬肉コロッケがおいしかったです。 で、この時期の目玉メニューはアワビのステーキとエビの天ぷら。 いやー、うまかったです。 アワビ、何個食べただろう。 嫁と2人で10個は食べたはず。 けど、海鮮系で十分満足できました。 クロワッサンがおすすめとの事。 いける。 美味しいね。 画像は洋食ばっかりですが、和食も用意されていました。 まぁ、朝食バイキングに関しては、ありきたりと言う所でしたが、十分でしたね。 浴場 って、中はさすがに映してないですよー(笑)。 手前までです。 お風呂の内容は以下の通り。 大浴場• 寝湯(4人)• 遠赤外線サウナ(10人弱)• 露天風呂 到着後、夕食後、朝と3回堪能してきましたーー。 その他施設 ここでは他の施設を紹介していきますね。 マッサージ 温泉旅館の醍醐味かもしれないですね。 あなたもプロのマッサージでリラックスしてみては? 漫画コーナー 漫画コーナーがありました。 個人的にちょっと珍しかったんですが、今は普通なんですかね? ただ、ちょっと惜しかったのが、子供向けの漫画が少なかった事。 我が家の子供は小学生の低学年なので、ドラえもんとかクレヨンしんちゃんとかちびまる子ちゃんとかが好きなのですが、その系は一切なかったです。 インターネットコーナー インターネットコーナーにはパソコンが3台置いていました。 ちなみに、横にはテレビゲームコーナーがありましたが、いつの時代のゲームだよ!ってソフトばっかりでした。 ストリートファイター2とかワールドスタジアムとか、、、ね。 (逆に懐かしかったですけど) ゲームコーナー これも温泉旅館のお約束・ゲームコーナーです。 卓球あり、ダーツあり、カラオケルームあり、、と、設備は充実していました。 卓球、カラオケルームはエントリー(予約)制ですので、利用される方は早い目に予約しましょうね。 肝心の宿泊代金はと言うと、、、大人2名小学生2名で、49356円。 越前松島水族館の入場券4人分付きです。 この値段が高いと思うか、安いと思うかは人それぞれでしょう。 実際に宿泊した者から言わせてもらうと、値段以上の価値があったと思います。 しかも、GW中の宿泊でこの値段ですからね。 ちなみに、部屋をランクアップルームにしなければ、4万円でした。 (前述の通り日程の都合でランクアップにせざるを得なかった。 ) 家族ともども、部屋、食事、お風呂ずべてに満足して、帰路につきました。 そうそう、夏に宇奈月温泉(富山)の宿泊施設がラインナップに加わる様です。 個人的に黒部ダム・立山連峰は一度訪れてみたい場所でしたので、宇奈月温泉行き確定~!! そんな訳で、またレビューさせてもらいますね。。

次の

湯快リゾートの芦原温泉・青雲閣(福井)レビュー!抜群のコスパにワロタ。ww

芦原 温泉 湯 快 リゾート

こんにちは。 本日は朝から福井県立博物館に行って近くの「秀寿司」でランチして「越前松島水族館」を観光して、最後の目的地の湯快リゾート芦原温泉「青雲閣」さんにやってきました。 湯快リゾートさんの利用は今回で4回目でちょくちょくお世話になっています。 ありがとうございます。 早朝からの一日遊びで疲れ果てたのでゆっくりできる場所にやっと着きました。 湯快リゾートさんを利用されたこともない方もたくさんいらっしゃると思いますので簡単に書くと、• 一泊二食付き¥7,500円~ 税別• 夕食も朝食もバイキングで好きなものだけ食べれる• 無料での管内設備を利用できる などなどあります。 僕が最終に遊んでいた越前松島水族館からも車で15分ほどで着きますし、芝政ランドからも車で10分ほどの場所です。 観光地や遊戯施設の近くにある旅館の湯快リゾートさんは他府県で以前から数回の利用をしていて勝手もわかっていて、利用しやすかったのもあり今回は決めました。 【目次】読みたい部分をクリックするとジャンプします。 湯快リゾート芦原温泉の館内 高いところから見たロビーの風景です。 館内をウロウロ散策していると、ところどころ日本庭園のようになっていて廊下を歩いているだけでも楽しめました。 芦原温泉「青雲閣」の館内無料設備とアミューズメントがいい 室内無料サービス テニス 9時~17時 屋外プール 9時~17時 パークゴルフ 室外の無料サービス カラオケ 9時~24時 19時以降は有料 ダーツ 卓球 まんが マッサージチェア インターネット 囲碁・将棋・麻雀 その他の施設 パソコンが3台ほど設置されておりインターネットでの検索もできるようになっていました。 館内の説明書きには館内全体に無料のWi-Fiが飛んでおり使用することも可能です。 もっている端末がネット検索できないモノや壊れた、落としたなどの時にも、ここで調べ物をしておくことができるので便利ですね。 などがあります。 旅館内をウロウロと見て回っていたのですがロビーから二階に上がったところに、ソファーとテレビが置いてあったので休憩場所なのかと思って通り過ぎようとしたら、昭和後期の世代の方は一度はやったことがあると思うのですが懐かしのゲーム機「スーパーファミコン」がありました。 懐かし気にみていると、無料でできるみたいなので10分ほどやりました。 最近のゲームのクオリティーとは全然違うのですが、とても面白かったです。 ちょこっと時間ができた方は、やってみてください。 ゲームコーナーやカラオケやマンガコーナー 小さなゲームコーナーがあって遊べます。 有料ですがお風呂上りなどに身内を待っているときなどに時間調整で活用したりできますね。 ゲームコーナー前にはカラオケもあって時間帯によっては料金がかかりますが、うまいタイミングで使用するとカラオケも無料になっちゃいます。 芦原温泉のお風呂はとってもきれい 温泉も何回も入りました。 初日は遊んでからのチェックインになるのですぐにお風呂に入ります。 そしてゆっくりとして夕食。 夕食の後は夜のライトアップされた露天風呂を楽しみます。 もちろん朝起きたら眠気覚ましにお風呂に入ります。 自宅にいるときって、ほとんどの人が仕事から帰ってきてからだったり寝る前に入ったりだと思うのですが、朝一番のお風呂って、すごく気持ちよくないですか?まだ眠たい時に、お風呂でスッキリして、お出かけする。 最高ですね。 湯快リゾート芦原温泉「青雲閣」の感想 いやぁ。 ここの湯快リゾートさんは最高でした。 旅行で初めて行く旅館に泊まるのも、もちろんワクワクするので良いのですが、何度か利用している旅館は勝手がわかっていて、遊んで疲れてチェックインは楽ですね。 なんか実家にたまに帰ってくる感覚というか、行きつけのお店に来た感覚というか ヘビーユーザーさんに比べると行きつけというほど常連客でもないけど 気を誓わない感じです。 やっぱり料金が低予算で泊まれて、一個ずつの旅館のつくりは違うけど利用システムが同じで活用しやすかったです。 もちろんお風呂や料理も違いますし、ちがう湯快リゾートさんに泊まっても全く違う雰囲気の場所に泊まれます。 朝や夜のバイキングシステムも好きなものを好きなだけ食べれて自分の満腹感を調整できるのも魅力的ですね。 常連さんは、もう知っているかと思いますが初めて利用する方はこの記事を読んでイメージが少しでも伝わったらいいなと思います。 お値段・快適性も、とってもいい旅館でした。

次の