定年退職メッセージカード。 退職祝いに贈るメッセージ文例集【退職理由別】 | 【人生の祝い事】しきたりとマナー事典

退職者へのメッセージ例文集!書き方のコツやNG例、注意点も解説

定年退職メッセージカード

職場での関係性の中に、お世話になりましたという言葉が不適切になるという事はまずありません。 一番オーソドックスな挨拶文として出てくる言葉でしょう。 まずは「お世話になりました」と言う言葉を使った場合の例文ごを紹介していきます。 お世話になりました• 〇〇さん 本当にお世話になり、ありがとうございました。 心から御礼申し上げます。 〇〇さん、長い間(短い間でしたが)大変にお世話になりました。 新天地での益々のご活躍を期待しています。 〇〇さん、長い間本当にお世話になり、ありがとうございました。 ご指導頂いたことを、忘れずに私も頑張ります。 〇〇さん、大変お世話になりました。 これからも、〇〇さんの人生が素敵なものになりますように、心よりお祈りいたします。 次は「お疲れ様でした」と言う言葉を使った例文をご紹介しましょう。 お疲れさまでした• 〇〇さん、長い間お疲れ様でした。 これからも健康には気をつけて、楽しい人生を過ごしてくださいね。 〇〇さん、今まで本当にお疲れ様でした。 仕事では沢山助けてもらい、沢山の事を教えてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。 これからは、ゆっくり休んでリフレッシュしてくださいね。 〇〇さん、長い間お疲れ様でした。 〇〇さんのこれからの益々のご健康とご活躍を心よりお祈り致します。 〇〇さん、大変お疲れ様でした。 これからの季節体調を崩しやすくなるので、お身体を労わってお過ごしください。 〇〇さん、お仕事お疲れ様でした。 一緒に仕事ができたこと、とても嬉しく思います。 今後のご多幸をお祈りいたします。 そういった場合に一言お礼の挨拶をするときの例文をまとめてみましたので、参考にされてみてください。 その他の一言挨拶• 今まで本当にお世話になりました。 益々のご健康とご活躍をお祈り致します。 今までありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします。 今まで大変お世話になり、ありがとうございました。 これからも、お身体に気を付けて過ごしてください。 大変お世話になりました。 今後の健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 メール・手紙における退職者へのお礼のメッセージ文例4選 メール・手紙でお礼のメッセージを贈る場合は個々のオリジナル性が喜ばれる いかがでしたか?今回は退職者へのお礼の挨拶をメッセージカードや、口頭、手紙などの伝える手段別にご紹介していきました。 退職される人との関係性によっては、伝える手段も、内容も変わってくると思いますので、文例を参考にして自分の言葉にしてみてください。 ありきたりな文章よりも喜んでもらえます。 退職者にメッセージを贈る際には、労いの言葉、感謝の言葉、今後の活躍や健闘を祈る言葉を入れると思いが伝わりやすいでしょう。 関わりの深かった相手であれば、在職中のエピソードなどを盛り込むのも喜ばれます。 どんなに不器用な言葉でも、必ず自分の言葉を入れましょう。 退職者には、きっと大切な思い出になります。 感謝の気持ちを込めて、受け取る側にどう伝わるか?という事を考えながら、退職する人へのメッセージを贈りましょう。 一生懸命綴った思いが伝われば、きっと気持ちよく退職者を送り出してあげれるでしょう。

次の

退職のメッセージカードの文例!差をつけるおしゃれな一言まとめ

定年退職メッセージカード

退職祝いに使える定番でシンプルなメッセージ・寄せ書きの例文 〇〇さん 本当にお世話になり、ありがとうございました。 メンバーを代表して心から御礼申し上げます。 長い間お勤め本当に本当にご苦労さまでした。 あなたの頑張りは多くの人々の活力になったはずです。 明日からは自分の足でしっかりと道を歩んで、夢つかんでください。 ご退官を心よりお祝い申し上げます。 長い間ご指導いただきましてありがとうございました。 今後も健やかにお過ごしくださいますことをお祈り申し上げます。 これまで大変にお世話になりました。 素晴らしい時間を本当にありがとうございました! 新天地での益々のご活躍をお祈り申し上げます。 長い間お疲れ様でした。 益々のご健康とご活躍をお祈り致します。 長い間お疲れ様でした。 これから健康に気をつけて、人生を楽しんでくださいね。 長い間、本当にお疲れ様でした。 仕事では沢山助けてもらって感謝でいっぱいです。 ゆっくり休んでリフレッシュしてね。 いよいよこの日が来てしまいましたね。 寂しいです。 在職中は数えきれない位お世話になりました(涙)新生活も頑張って下さいね。 大変お世話になりました。 〇〇さんは、私たちにとって特別な方です。 本当に、ありがとうございました。 祝・退職!仕事では大変お世話になりました。 心より感謝を込めて。 退職おめでとうございます。 今までの充実した日々と同じようにこれからの日々にも幸せがたくさん訪れますように。 長い間本当にお世話になり、ありがとうございました。 ご指導頂いたことを、今後も生かしていくつもりです。 これからの毎日、お身体を労わってお過ごしください。 寒さ厳しくなります折、どうぞご自愛くださいませ。 お仕事を無事勤めあげられましたことお祝い申し上げます。 〇〇さんと出会えて幸せです。 私も〇〇さんのような素敵な女性になりたいです。 本当にありがとうございました。 大変お疲れ様でした。 これから益々寒くなりますので、お身体にお気をつけてお過ごしください。 大変お世話になりました。 新たな出発が実り多きものとなりますよう心から応援しております。 大変お世話になりました。 これからも、素敵な人生を歩まれますよう祈っております。 一緒に働かせてもらってありがとうございました。 ずいぶん間があいてしまったけど感謝の気持ちを送ります。 お元気で! 今までありがとうございました。 たまには遊びに来てください。 今後のますますのご活躍を楽しみにしています。 私たちのことも忘れないでくださいね。 永きにわたり会社の発展にご尽力いただきありがとうございました。 これまで以上にお元気に、ますます充実した時間を過ごされることを皆でお祈りしております。 お仕事ごくろうさまでした。 一緒に仕事ができたこと、とても嬉しく思います。 これからも、お元気でご活躍ください。 大変お世話になりました。 ご多幸をお祈りいたします。 長い間お世話になり、本当にありがとうございました。 退職されることは本当に名残り惜しくまだまだ教えて頂きたいことが沢山あるような気がいたします。 どうか、健康に留意され、お元気でお過ごし下さい。 〇年間お疲れさまでした!これから新たなスタートになるけど一緒にがんばっていきましょう! ファイト!応援してるよ! これまでのご功労に心より感謝申し上げますとともに 新たな人生が健康で充実した楽しいものでありますよう願っております。 本当にお疲れ様でした。 長い間、お疲れ様でした。 〇〇さんと一緒に働いていたときのことを思い出してみたら、楽しいことばっかりでした。 長い間、お仕事お疲れ様でした。 仕事に限らず色々なことを教えてくれてありがとう。 〇〇ちゃんに出会えて本当によかった。 会社で会えないのは寂しいけれどこれからも仲良くしてね。 あっという間だったね。 いろいろな事があったけど、ホントにお疲れ様でした。 これからも、素敵な人生を歩まれますよう祈ってます。 いつでも、遊びに来てね。 メッセージカードを付けて贈ることが出来る送別・退職祝いフラワーギフトはこちら 送別・退職祝い人気ランキング.

次の

送別・退職の寄せ書き文例と参考例

定年退職メッセージカード

退職祝いに手紙や電報、メッセージカードを贈ることはよくあることです。 自分の祖父や父親に贈る手紙なら、特に書き方には気を使うこともありません。 自分の言葉で、お祝いや感謝の気持ちを伝えることができます。 でも、相手が上司や仕事関係の知人の場合。 言葉を選ぶ必要もありますよね。 退職祝いの文面にもマナーがあります。 ふさわしい言葉を選びましょう。 電報の場合 定型文があります。 その中から、いいと思えるものを選ぶだけです。 なので特に難しいことはありません。 今や、インターネットで電報を送る時代です。 文章も、自宅でじっくりと選べるのもいいですね。 最近の電報には、花束やぬいぐるみなども添えるオプションもあります。 退職祝いを始め、色んなお祝いに電報を贈るのは人気です。 手紙として送る場合 目上の人や上司には、「謹啓から始め、最後に敬白」で締め、それほど改まった相手ではないけれど、丁寧に書く場合は、「拝啓から書き始め、敬白」で終わります。 贈る相手によって、カタチを決めましょう。 また、手紙の内容・文章には、定型文があります。 定型文は失敗はないのですが、味気なくもあるものです。 一言でも自分の言葉を付け加えるだけで、心のこもった手紙になりますよ。 メッセージカードやグリーティングカードの場合 文章は短くなりますが、送る相手によって文章も選びたいですね。 退職祝いとして送る場合は、「感謝の言葉」も加えておきましょう。 退職理由によっては、「おめでとう」がふさわしくないケースもあります。 その場合は、「今後の活躍を期待します」など励ましの言葉を使うのが無難ですね。 相手や退職理由によって、文面も考えて書くことが大切です。 退職祝いの言葉、文例 退職する人に感謝やねぎらいの言葉をかけるとき、何を言えばいいかわからず、困ってしまうこともあると思います。 会社の場合は、上司や同僚が退職する機会もあるので、退職祝いの言葉も覚えておきましょう。 長年勤めあげて定年退職する場合 おめでたいことになるので、「おめでとうございます」という言葉を入れましょう。 出産や結婚で退職する場合 「おめでとうございます」は使いますが、他にも「幸せになってください」や「元気な赤ちゃんを産んでください」なども喜ばれます。 上司やお世話になった人 「お世話になりました」「ありがとうございました」なども入れておくといいでしょう。 定年退職の人に贈る言葉 感謝の言葉と共に、「退職後はゆっくりと趣味を楽しんでください」と付け加えるのもいいですね。 退職は、必ずしも「おめでたい」とは限りません。 辞めたくないけど、辞めなければならないケースもあります。 このような場合は、相手に失礼にならないような無難な言葉を選びます。 その場で上手く伝えられそうもない場合 メッセージカードに気持ちを書いて、花束などと一緒に渡すという方法もあります。 出来れば渡すときに「お疲れ様でした」とか「ありがとうございました」と一言伝えましょう。 上手く伝えられない場合も、メッセージカードなら記念に残ります。 気持ちも伝わりやすいでしょう。 男性の退職祝いに贈るメッセージ例文 長い間会社の発展にご尽力頂きまして、感謝の気持ちでいっぱいです。 そして心より〇〇さんのご功労に感謝申し上げます。 ご指導頂いた事を忘れずに、今後も生かしていきます。 これまでよりももっと元気に充実した日々を過ごされるよう、会社一同願っています。 まだまだ暑い日が続くので、体にご自愛ください。 定年退職される男性には、「感謝の気持ち」と「指導してもらったことのお礼」、それに忘れてはいけないのが「体をいたわるメッセージ」です。 伝えたい言葉はいっぱいあるでしょうが、大体この3つに絞って気持ちを伝える方がシンプルで良いでしょう。 個人の気持ちは寄せ書きなどで書けます。 感謝のメッセージを会社全体で伝える場合には、あまり長くない方が伝わりやすいでしょう。 定年退職のメッセージにNGはある?失礼に当たる言い回しや単語とは 定年退職する人にメッセージを贈る場合、失礼になるような言い回しや単語はあるのでしょうか?あるとすればNGワードは控えなければなりません。 定年退職する人にメッセージを贈る際、「退職おめでとうございます」と伝えても特に失礼には当たりません。 ただ円満退社出ない場合は、ふさわしい言葉とは言えません。 気をつけましょう。 「お疲れ様でした」とか、「お世話になりました」という言葉に置き換えた方がいいと思います。 メッセージを贈る場合 失礼になる単語としては、「ご苦労様」という言葉があります。 この言葉は目上から目下の人に使うものです。 定年退職者へのメッセージに使う言葉としてはふさわしくありません。 会社の先輩に対する言葉としては、「お疲れ様」という言葉が適切になります。 定年退職する人と仲が良かった場合、ついついフレンドリーな感じのメッセージになってしまいますが、あまり砕けた内容になると失礼な言い回しになるので、注意が必要です。 基本はフォーマルな言い回しであることが大事。 その中で自分なりの気持ちを加えて、アレンジする必要があります。 また、退職する人に対して「余生を楽しんでください」というような言い回しは、失礼になるので注意しましょう。 NGワードには気をつけながら、退職する人には尊敬の念を込め、くれぐれも失礼に当たるような言い回しは使わないようにしたいです。 私が定年退職祝いに贈ったメッセージ 非常に人柄も良く、部下からの人望も非常に厚かった部長が定年退職をすることになり、定年退職祝いとして、部で集まって送別会を行ったんです。 そこで、プレゼントにはちょっとした実用性がある品物と花束。 それから部下それぞれが書いたメッセージの色紙を渡しました。 部長はすごく喜んでくれて、涙ぐんでいました。 世話になった部下もたくさんいます。 だから、それぞれみんなが書いたメッセージには思いがこもっておりました。 その思いが伝わったのでしょうね。 中には、泣きそうになっている部下もいました。 定年退職祝いに思いのこもったメッセージを送ることは非常に感動的です。 物を贈るだけよりも相手に喜ばれるものだと感じました。 お世話になった上司に 私がずっとお世話になってきた上司が定年退職することになったので、上司への感謝の気持ちを込めたメッセージを送りました。 定年退職祝いとして送りたかったので、同僚と話し合った結果寄せ書きとして贈ることに。 上司は大変朗らかな人柄です。 部下に人気がありました。 不備があるところはしっかりと指摘してくれ、まさに「理想の上司」そのものでした。 そんな上司に私が実際に贈ったメッセージは、 「今まで大変お世話になりました。 入社してから様々な場面でご指導いただき、大きく成長させて下さいました。 本当にありがとうございます」というように、丁寧ながらも定年退職祝いに相応しいものにしました。 プレゼントに添えたお祝いのメッセージ 先日、職場の上司が定年退職をしました。 勤続年数も長く、入社時からこの会社一筋で働いてきた尊敬できる人です。 私も入社当時から非常にお世話になり心から感謝しています。 そこで、これまでのお礼と新しい人生の門出をお祝いするために、定年退職祝いを用意しました。 定年退職祝いといえば、花やお酒などが定番となっていますが、私は上司が好きなアーティストのCDにお祝いのメッセージを添えてプレゼントしました。 そのメッセージには、面と向かっては恥ずかしくて直接言いにくい気持ちを素直に伝える文章を書きました。 贈り物とメッセージを渡して、後日その上司とお会いした時に、『こんなに嬉しい定年退職祝いはなかったよ』という声をかけてもらいましたので、喜んでもらえて本当に良かったです。 今人気の定年退職祝い.

次の