近く の ビレッジ バンガード。 お支払いについて / 雑貨通販 ヴィレッジヴァンガード公式通販サイト

ヴィレッジヴァンガード ダイナー 吉祥寺 (VILLAGE VANGUARD DINER)

近く の ビレッジ バンガード

前2016年5月期は最終赤字43億円と巨額の損失を計上したヴィレッジヴァンガードコーポレーション。 復活できるのか 「遊べる本屋」をコンセプトに、遊び心満載の書籍やコミック、加工食品、雑貨、アパレル、CD等を、店員手製のポップで演出して陳列している「ヴィレッジヴァンガード」。 サブカルファン御用達の小売店チェーンだ。 そのヴィレヴァンの運営会社、ヴィレッジヴァンガードコーポレーションが苦境に陥っている。 チチカカを売却 同社は8月1日、エスニック雑貨を販売する子会社のチチカカを、金融情報配信会社フィスコ(ジャスダック上場)の親会社であるネクスグループに売却した。 チチカカはこの2年間、ヴィレヴァンの業績の足を引っ張ってきた赤字子会社だ。 これに伴う処理で、ヴィレヴァンは2016年5月期の連結決算で43億円もの最終赤字を計上。 結果、数年前まで5割を超えていた自己資本比率は26. 2012年12月末時点で140億円近くあった利益剰余金は、2度の最終赤字でほぼ半減、今回の処理で31億円にまで減った。 だが、市場はこの結果に失望したわけではない。 2016年5月期の決算を発表した7月14日からさかのぼること半月。 6月30日に、ヴィレヴァンはチチカカの売却と、売却に伴う特損発生を折り込んだ2016年5月期の業績予想の下方修正を発表している。 実はこの時、株価はほとんど反応していない。 同日終値1674円に対し、翌日の終値は1656円と、わずか1%の下落。 最終赤字予想が16億3300万円から43億8800万円へと、さらに27億5400万円悪化する内容だったにもかかわらずだ。 株価が動いたのは決算発表翌日の7月15日。 取引開始早々ストップ安を付け、終値では若干持ち直したものの、翌々日の7月20日には安値1156円を付けて年初来安値を更新した。 理由は明白で、株主優待の条件悪化を公表したことで、優待目的の個人投資家の失望売りが膨らんだためだろう。

次の

【閉店】ヴィレッジ ヴァンガード ダイナー 西荻 (Village Vanguard DINER)

近く の ビレッジ バンガード

ヴィレッジバンガードとは ヴィレッジバンガードとは、ヴィレッジバンガード・コーポレーションによって展開されている、 「遊べる本屋」をコンセプトとした書店です。 本屋でありながら、本や文房具以外の商材も取り扱っており、 ジャズが流れる店内は、サブカルチャーやおしゃれ、ノスタルジーをキーワードにした商品が所狭しと陳列されています。 ある種の「気持ち悪さ」や「ダサさ」が若い人を中心に一定の層に支持され、サブカル好きから愛されているお店です。 ヴィレッジバンガードの株主優待は店舗で使える買物券! ヴィレッジバンガードの優待権利確定日は 11月の年1回。 権利確定日に株式を保有していれば、次の年の 2月上旬頃に10000万円分の買物券が送られてきます。 昨年までは1月末に届いていたので、今回は「何か遅いな~」という印象でした。 そして 12000円を上限に、 1年保有ごとにプラス1000円、受け取れる買物券が増えていきます。 私は2014年から保有しているので、今回も12000円分の買物券をいただきました! 以前はお会計の際に出せば、何の制限も使える買物券でしたが、現在は「2000円以上の買物につき2000円ごとに1枚利用可 」となっています。 ヴィレッジバンガードの株主優待変更については、で詳しくお話ししております。 2店舗はしごして、 ぬいぐるみ 大トトロ ぬいぐるみ 中トトロ ぬいぐるみ けろけろけろっぴ ブラックジャックのムック本 『君たちはどう生きるか』 『けろけろけろっぴの「徒然草」』 イカ天。 瀬戸内レモン味 を手に入れました! トトロはもちもちしたクッションのようで、今までのジブリ商品にはなかった手触りです。 年明けに近くのヴィレバンで見かけて、「株主優待が届いたらすぐに買いに行こう!」と思っていた商品です。 まだ残っていて良かった! 「けろけろけろっぴ」は私が小さい頃にすごく好きだったキャラクターで、懐かしさのあまり、気がついたら買い物カゴに入れてしまっていました。 そしてイカ天は値段を合わせるために購入。 「2000円ごとに1枚利用可」ですからね。 使える権利は最大限に利用させてもらうスタイルです!! 余談ですが、このイカ天かなり美味しいですよ! カリカリに揚げたイカのフライを頬張ると、 口いっぱいに広がるレモンの爽やかな風味と酸味・・・! その感覚は まるでレモンをたっぷり絞った唐揚げを食べているよう。 お酒をあまり飲まない私でも、ついついアルコールが欲しくなってしまう一品です。 それにしても 優待が届いた次の日に 早くも買物券を6枚も使ってしまいました。 今年もやるぞ!「お宝発掘セール」 今年もヴィレッジバンガードは「 お宝発掘セール」を行うそうです! 買い物をしたときにもらえるレジ袋にも「お宝発掘セール」の告知がプリントされていますね。 3月真ん中くらいから、東京・大阪・名古屋でそれぞれ2日ずつ開催され、 これは証券会社の銘柄の説明にはありませんが、 9時~13時までは株主のみの限定入場になっています。 各会場の商品が、なんと 初日は50%オフ、 2日目は70%オフで購入できます。 そして・・・ 「お宝発掘セール」でも株主優待の買物券を使うことができます! 「2000円以上の買物につき2000円ごとに1枚利用可 」の買物券ということは、最大50%オフの割引券ということ。 70%オフの2日目に、株主優待の買物券と合わせて使えば、 最大で85%オフで会場の商品を手に入れられるということになります! これは見逃せません! それにしてもレジ袋の「お宝発掘セール」の告知プリント・・・ 「みなさんも是非あそびに来てね!!」 「 どうせガラクタしかなけどなー」 ヴィレバン、自虐が過ぎる・・・! 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次の

「ヴィレッジヴァンガード」最新質問一覧

近く の ビレッジ バンガード

前2016年5月期は最終赤字43億円と巨額の損失を計上したヴィレッジヴァンガードコーポレーション。 復活できるのか 「遊べる本屋」をコンセプトに、遊び心満載の書籍やコミック、加工食品、雑貨、アパレル、CD等を、店員手製のポップで演出して陳列している「ヴィレッジヴァンガード」。 サブカルファン御用達の小売店チェーンだ。 そのヴィレヴァンの運営会社、ヴィレッジヴァンガードコーポレーションが苦境に陥っている。 チチカカを売却 同社は8月1日、エスニック雑貨を販売する子会社のチチカカを、金融情報配信会社フィスコ(ジャスダック上場)の親会社であるネクスグループに売却した。 チチカカはこの2年間、ヴィレヴァンの業績の足を引っ張ってきた赤字子会社だ。 これに伴う処理で、ヴィレヴァンは2016年5月期の連結決算で43億円もの最終赤字を計上。 結果、数年前まで5割を超えていた自己資本比率は26. 2012年12月末時点で140億円近くあった利益剰余金は、2度の最終赤字でほぼ半減、今回の処理で31億円にまで減った。 だが、市場はこの結果に失望したわけではない。 2016年5月期の決算を発表した7月14日からさかのぼること半月。 6月30日に、ヴィレヴァンはチチカカの売却と、売却に伴う特損発生を折り込んだ2016年5月期の業績予想の下方修正を発表している。 実はこの時、株価はほとんど反応していない。 同日終値1674円に対し、翌日の終値は1656円と、わずか1%の下落。 最終赤字予想が16億3300万円から43億8800万円へと、さらに27億5400万円悪化する内容だったにもかかわらずだ。 株価が動いたのは決算発表翌日の7月15日。 取引開始早々ストップ安を付け、終値では若干持ち直したものの、翌々日の7月20日には安値1156円を付けて年初来安値を更新した。 理由は明白で、株主優待の条件悪化を公表したことで、優待目的の個人投資家の失望売りが膨らんだためだろう。

次の