ベーシック ストラテジー。 ベーシックストラテジー完全解説!今すぐ使える8つの必勝法

【ベーシックストラテジーの表】ブラックジャックの勝率・期待値を上げろ!

ベーシック ストラテジー

「ベーシックストラテジー」は、ブラックジャックをプレイするうえで基本中の基本と思ってください。 これを知らずにブラックジャックをプレイするのはあまりに勿体ないことです。 <ベーシックストラテジーとは> 「ベ-シックストラテジー(BasicStrategy)」とは、自分のカードとディーラーのアップカード(見えているカード)を分析して、次のアクションを教えてくれる、いわば勝つためのマニュアルのようなものです。 *ベーシックストラテジーのチャート表は ブラックジャックの場合、プレイヤーはヒット(もう1枚引く)するかスタンド(引かない)するかを、自分のカードの合計点と、ディーラーのアップカードから判断する訳ですが、どういうアクションが有利かは、確率的に計算することが可能なのです。 ベーシックストラテジーでは、基本的には 見えていないカードは10であると考えます。 2~10までのカードがそのままの点数で数えるのに対し、J,Q,Kは全て10と数えるわけですから、 見えていないカードが10である確率が最も高いのは理解できると思います。 例えば、自分の点数が12で、ディーラーのアップカードが6の場合を考えてみましょう。 21を目指すわけですから、12だともう1枚引きたくなるところです。 しかし、ディーラーの手を考えた時、もう1枚の伏せられたカードが10である確率が最も高いわけです。 つまりディーラーの手は16である可能性が最も高くなります。 16出会った場合、ディーラーは必ずヒットしなければなりません。 16からヒットした場合も、10を引く確率が1番高いと考えます。 結果、ディーラーはバストする確率が高いと判断できるわけです。 加えて自分もヒットした場合、10を引く確率が高いのでバーストする確率が高くなります。 ですから自分のアクションは、「スタンド」が正解となります。 では自分の点数が同じ12で、ディーラーのアップカードが10の場合はどうでしょうか。 同じ理由からディーラーの手は20である確率が高くなります。 12では勝てませんから当然「ヒット」となります。 また、ベーシックストラテジーでは、「ヒット」「スタンド」だけでなく、「スプリット」や「ダブルダウン」の選択も示されています。 ただし、「インシュランス」に関しては勝率を下げるのみなので選択することはおすすめしません。 ベーシックストラテジーはチャート表になっていますので、慣れるまでは印刷したものを見ながらプレイしましょう。 オンラインカジノの場合、時間をかけて次の手を判断しても大丈夫ですから焦らずゆっくりチャート表で照らし合わせてください。

次の

ブラックジャック(BJ)の必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジーをマスターせよ!

ベーシック ストラテジー

ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジーとは? 自分のカードと、ディーラーのカードの組み合わせを分析し、限りなく勝つ可能性を高めていく事が出来る、という確率を利用した戦略の事です。 組み合わせは表になっているので、最初は見ながら練習していけば、自然と覚えていきます。 繰り返し眺め、練習を積んで、頭に叩き込んでおきましょう。 ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジーの基本ルール ディーラーは16以下の場合、必ずヒット(もう1枚引く)し、 17以上であればスタンド(引かずに勝負)するという、基本ルールがあります。 ディーラーの開いてるアップカードが「6」であれば、たとえ「10」が出ても、最大「16」で、強制的にもう1枚追加しなければならず、バースト(22以上)する可能性がグッと高くなります。 ここを抑えていれば、自分が「12」であっても、スタンドで勝負するという考え方が出来ます。 ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジー 表の見方-1 「A」を含まない、又はハードハンド(Aを1と数える)の場合 ・例えば下のような場合、自分は合計9、ディーラーは「6」なので、ダブルダウン。 実際にここで、ダブルダウンしてみると「19」になり、ディーラーは「26」でバーストし、勝つ事が出来ました。 ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジー 表の見方-2 ソフトハンド(Aを11と数える)の場合 ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジー 表の見方-3 ペア(ゾロ目)だった場合、スプリットするかどうかの選択。 ブラックジャックの必勝法と勝ち方・ベーシックストラテジーの種類 基本的な考え方は同じですが、サレンダー有り等の場合は、少しアレンジが必要になってくる為、代表的なものを挙げていきます。

次の

ブラックジャックのベーシックストラテジー【基本戦略】

ベーシック ストラテジー

ブラックジャックは 「カードの合計数が『21』に近いほうが勝利」となるゲームです。 裏を返すと「21」にさえ近ければ、あなたのカードの合計数が 「5」でディーラーのカードの合計数が 「4」の場合でも、あなたは勝利することができるというわけですね。 とにかく覚えていてほしいのはディーラーに配られたカードよりも「21」に近づけることです。 ただし、「21」を超えてしまうととなり、プレイヤーの負けとなってしまうので注意しておきましょう。 【カードの数え方】 ブラックジャックはトランプカードを使用して行うカジノゲームとなっていますが、トランプカードに書かれている数字のカウント方法が少し特殊です。 以下をご覧ください。 カードに書かれている数字 カードの数え方 2~10 カードに書かれている数字と同じように、そのままの数で計算する。 J~K 全てのカードは「10」として計算する。 A 「1」または「11」のどちらかを選んで計算する。 このように、「2~10」の数字のカードはそのままの数でカウントすることができますが、 「J~K」、「A」のカードは数え方が異なります。 例)K と2のカードが手元にある場合:K (10)+2でカードの合計数は「12」となる。 【用語解説】 用語 解説 HIT (ヒット) カードを1枚引く。 STAND (スタンド) カードは引かず、そのままの手持ちカードで勝負をする。 STAY (ステイ) カードは引かず、そのままの手持ちカードで勝負をする。 つまり負けとなります。 BLACK JACK (ブラックジャック) カードの合計数が「21」になることをBLACK JACK と呼びます。 UP CARD (アップカード) ディーラーに配られる2枚のカードの内、全プレイヤーが見ることのできる表のカードをUP CARD と呼びます。 ベーシックストラテジーとは とは ある一定の法則により定められているにおける必勝法となっています。 自分に配られた2枚のカードとディーラーに配られたを見比べて、カードを1枚貰うべきか、手持ちのカードで勝負するべきかを確率的に計算しまとめたものがベーシックストラテジーとなっています。 ブラックジャックはこのベーシックストラテジーに基づいてゲームを行うことで、(還元率)を約99%以上に近づけることができます。 ペイアウト率(還元率)とは? 使った現金に対して払い戻される金額を示した数値。 例)ペイアウト率90%の場合:10,000円使って約9,000円払い戻される。 ベーシックストラテジーを習得する前に知っておくべきディーラーの特徴 はディーラーよりもプレイヤー側に有利なゲームと言うことはご存知でしょうか?、STAND (スタンド)、等、プレイヤーは自由にアクションを起こすことができますが、ディーラーのアクションは最初に配られた2枚のカードまたは追加で配られるカードの合計数によって取れるアクションが決まっています。 ディーラーのアクションが決まっているからこそ、と言うブラックジャックの必勝法が生まれたんですね。 ベーシックストラテジーを覚える前に、まずは基本のディーラーのアクションについてみていきましょう。 ディーラーは手持ちのカードが「17」になるまでカードを引かなければいけない ブラックジャックにおけるディーラーのアクションは自らの意思で決定することができません。 プレイヤーである私たちは、「カードを1枚引く(HIT)」「カードを引かない(STAND)」等のアクションを自由に行うことができますが、ディーラーは行動が制限されています。 まず、私たちプレイヤーとディーラーのルールの違いは 「手持ちのカードの合計数が『17』になるまでカードを引かなければいけない」と言う点です。 ディーラーは配られたカードの合計数が16以下(16を含む)の場合は、必ずカードを引かなければいけません。 つまり、ディーラーに配られるカードの合計数は必然的に「17」「18」「19」「20」「21」「BUST (22以上)」の6パターンに絞ることができます。 ディーラーは手持ちのカードが「17」以上になったらカードを引いてはいけない 続いて、私たちプレイヤーとディーラーのルールの違いは 「手持ちのカードの合計数が『17』以上になった場合カードを引いてはいけない」と言う点です。 ここまでディーラーの動きが制限されていると言うことは、私たちプレイヤー側にとっても非常に有利にゲームを進行することができるということでしょう。 ディーラーとプレイヤー両者がBUST (バースト)してしまった場合、プレイヤーの負けとなる これまでご紹介してきたディーラーの特徴と言えば、私たちプレイヤーにとって有利になるものでした。 しかし、私たちプレイヤーにとって不利になってしまうルールが一つだけあります。 それは、 「ディーラーとプレイヤーの両方がBUST (バースト)してしまった場合、プレイヤーの負けとなる」と言う点です。 プレイヤーはBUST してしまった時点で負けが確定してしまいますのでしっかりと覚えておきましょう。 ベーシックストラテジーの使い方 とは前述したように、プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数とディーラーに配られたUP CARD (アップカード)の数を比較し、プレイヤーの起こすべきアクションを確率的に計算しまとめたものです。 ベーシックストラテジーは以下の表に従ってゲームを進行します。 このように、ディーラーのUP CARD (アップカード)とプレイヤーの2枚のカードの合計数によって、プレイヤーが行うべきアクションが細かく設定されています。 このベーシックストラテジーの表を活用することにより、それぞれの状況に合わせて最も効率の良い選択ができるのです。 自分の手札の合計数字とディーラーのUP CARD を見比べて、 表で交差しているところが「次のあなたの行動」です。 今回ご紹介したベーシックストラテジーの表は、6デッキでディーラーがソフトハンド「17」をSTAND (スタンド)する場合のベーシックストラテジーの表です。 もっとも汎用性の高いストラテジーではありますが、もちろん 全てのブラックジャックにて適応する訳ではありません。 なぜなら、各オンラインカジノに用意されているブラックジャックは、それぞれ個別にルールが用意されており、多少の違いが見られるからです。 しかし、このまま表通りにプレイして大負けするほどチャートがずれていることもありませんので、初心者の方はまずはこれをベースにプレイして、慣れてきたらブラックジャックごとにベーシックストラテジーの表を使い分けるようにするのも良いでしょう。 もちろん勝ち負けは自己責任ですので、あらゆる情報を収集し慎重にプレイすることをおすすめします。 今すぐ使えるブラックジャックの8個の必勝法(ベーシックストラテジー) 先ほどについてご説明していきましたが、のゲームをプレイ中に表を見ながらプレイヤーのアクションを遂行させることはなかなか大変ですよね。 ましてやベーシックストラテジーのアクションを全て把握することも難しいでしょう。 そこで、ベーシックストラテジーで最も重要な8個の必勝法をご紹介していきたいと思います。 時間がない方はここでご紹介する8個の必勝法を覚えてみましょう。 アップカード「6」以下、プレイヤー「12」以上の場合はスタンド ディーラーに配られた UP CARD (アップカード)が2~6の数字、プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が ハードハンド「12」以上の場合は全てSTAND (スタンド)するようにしましょう。 解説 ディーラーは「手持ちのカードが『17』になるまでカードを引かなければいけない」と言うルールが適用されます。 つまり、ディーラーのUP CARD が「6」だった場合、ディーラーは更に1枚のカードを追加しなければいけません。 この時、追加されたディーラーのカードが「10」だった場合、ディーラーのカードの合計数は「16」となり、ディーラーは更にカードを1枚引かなければいけません。 つまり、ディーラーはBUST (バースト)する確率が非常に高いと言えます。 アップカード「7」以上の時、プレイヤーは「17」以上になるまでヒット ディーラーの UP CARD (アップカード)が「7~A」だった場合は、プレイヤーは配られたカードの合計数が ハードハンド「17」以上になるまでHIT (ヒット)するようにしましょう。 解説 ディーラーの伏せてあるカードを「10」と予測した場合、ディーラーの2枚のカードの合計数は「17」となります。 つまり、プレイヤーは「17」以上のカードでなければディーラーに勝つことができません。 ディーラーの伏せてあるカードが「10」の数字である可能性が高い以上、プレイヤーは「17」以上となるまでカードをHIT し続けることが一番良いでしょう。 プレイヤー「9」「10」「J」「13~18」の場合はダブルダウン プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「9」の場合 プレイヤーに配られた 2枚のカードの合計数が「9」、ディーラーの UP CARD (アップカード)が「3~6」だった場合はDOUBLE DOWN (ダブルダウン)をしましょう。 解説 ディーラーは「手持ちのカードが『17』になるまでカードを引かなければいけない」と言うルールが適用されます。 ディーラーの伏せてあるカードを「10」と予測した場合、ディーラーの2枚のカードの合計数は「13~16」となります。 この時点で新たなカードを1枚追加した場合、ディーラーはBUST (バースト)する確率が非常に高いと言えます。 プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「10」の場合 プレイヤーに配られた 2枚のカードの合計数が「10」、ディーラーの UP CARD (アップカード)が「2~9」だった場合はDOUBLE DOWN (ダブルダウン)をしましょう。 解説 プレイヤーがDOUBLE DOWN を行いカードを1枚追加した場合、追加されるカードは「10」の数字である可能性が非常に高いです。 つまり、この時プレイヤーのカードの合計数は「20」となります。 仮にディーラーのUP CARD が「9」だった場合、追加されたカードが「10」だったとしてもカードの合計数は「19」となり、プレイヤーの勝利となります。 プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「11」の場合 プレイヤーに配られた 2枚のカードの合計数が「11」、ディーラーの UP CARD (アップカード)が「2~10」だった場合はDOUBLE DOWN (ダブルダウン)をしましょう。 つまり、BLACK JACK (21)になる確率も高いと言えます。 プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「13~18」の場合 プレイヤーに配られた 2枚のカードの合計数が「13(A・2)~18(A・7)」、ディーラーの UP CARD (アップカード)が「4~6」だった場合はDOUBLE DOWN (ダブルダウン)をしましょう。 解説 自分の手元に配られたカードの合計数が「13(A・2)~18(A・7)」だった場合、プレイヤーはカードを1枚追加してもBUST (バースト)することはありません。 プレイヤー「17(A・6)」以下の場合はヒット プレイヤーに配られたカードの合計数が ソフトハンド「17」以下の場合は、HIT (ヒット)するようにしましょう。 解説 自分の手元に配られたカードの合計数が「A」を含む「17」以下の数字だった場合、プレイヤーはカードを1枚追加してもBUST (バースト)することはありません。 プレイヤー「A・A」「8・8」の時はスプリット プレイヤーに 配られたカードが「A」2枚、もしくは「8」2枚だった場合は必ずSPLIT (スプリット)するようにしましょう。 解説 ブラックジャックでは「10」の数字を持つカードが配られる可能性が高いため、自分の手元に配られた2枚のカードが「A・A」だった場合、SPLIT を行うことでBLACK JACK (21)のハンドを完成させる確率が高くなります。 自分の手元に配られたカードが「8・8」だった場合は、カードの合計数は「16」となり、SPLIT せずにカードを追加してしまうとBUST (バースト)の可能性が高くなってしまいます。 しかし、「8・8」をSPLIT することで、互いに「10」の数字のカードを引いた場合でも合計数は「18」となり、BUST の可能性はありません。 プレイヤー「17」以上の時はスタンド プレイヤーに配られた カードの合計数が「17」以上の場合は、STAND (スタンド)するようにしましょう。 解説 自分の手元に配られたカードの合計数が「17」以上だった場合、カードを追加してしまうとBUST (バースト)の可能性を高めます。 プレイヤー「11」以下の時はヒット プレイヤーに配られた2枚の カードの合計数が「11」以下の場合は、HIT (ヒット)するようにしましょう。 解説 ブラックジャックのゲームにおいて最も数字の高い数は「A(11)」となります。 A のカードは「1」にも「11」にもなり得る有利なカードとなっています。 手持ちのカードの合計数が「11」だった場合、最も数字の高い「A」のカードを引いたとしても「22」でBUST (バースト)することはなく、カードの合計点数は「12」となります。 つまり、カードの合計数が「11」以下の場合はどのカードを引いたとしても絶対にBUST することは無いということです。 「A」が配られたらヒット プレイヤーに配られた2枚のカードの内、1枚が 「A」だった場合はHIT (ヒット)するようにしましょう。 解説 ブラックジャックにおける「A」のカードは「1」にも「11」にもなり得る有利なカードとなっています。 「A」のカードが手元にある時点でカードを新たに追加してもBUST (バースト)することはありません。 ベーシックストラテジーを使いこなすための2つのポイント ここでは、の必勝法「」を使いこなすための2つのポイントをご紹介していきます。 伏せてあるカードや配られるカードは全て「10」と予測する ブラックジャックでの勝率を高めるためにはカードの数を予測することが重要です。 ディーラーの伏せてあるカードの数字、プレイヤーがHIT (ヒット)する際に新たに加わるカードの数字、これらのカードの数を予測することがブラックジャックでの勝率を高めることに繋がります。 必ず覚えていてほしいのが 「伏せてあるカードや配られるカードは全て「10」と予測する」と言うことです。 ブラックジャックはジョーカーを除く52枚のトランプカードを1として使用します。 ブラックジャックで「10」の役割を持つカードは「10」「J」「Q」「K」の4枚のカードとなり、1デッキで数えると「10」の役割を持つカードは合計で16枚存在します。 これは1デッキ(52枚)中、約30%の割合となります。 つまり、3枚に1枚のカードは「10」の数字である可能性があるということですね。 このことから、ディーラーの伏せてあるカードや配られる全てのカードは「10」と覚えておくようにしましょう。 カードの強さを覚える ベーシックストラテジーはディーラーに配られたUP CARD (アップカード)やプレイヤーに配られた2枚のカードの合計数によって、プレイヤーが行うアクションが細かく設定されているため、使いこなすのはなかなか大変ですよね。 ベーシックストラテジーを上手く使いこなすためにはカードの強さを覚えておくことが重要です。 例えば、2人のプレイヤー(A とB )にそれぞれ2枚ずつのカードが配られるとしましょう。 合計数は一方が「12」、もう一方は「16」だった場合はどちらの数字の方が強いのでしょう?一見すると、カードの合計数が「16」のプレイヤーの方が強いと感じますが、カードを新しく追加することを考えた場合はどうでしょうか。 合計数「12」のカードを持つプレイヤーがカードを1枚引いた場合、「10」以上のカードを引き当ててしまうととなります。 プレイヤーA が「10」以上のカードを引き当ててしまう確率は約30%です。 対して合計数「16」のカードを持つプレイヤーがカードを1枚引いた場合、「6」以上のカードを引き当ててしまうとBUST (バースト)となります。 プレイヤーB が「6」以上のカードを引き当ててしまう確率は約60%です。 このように、 カードの強さは決して数字の強さでは測れませんのでしっかりと頭に入れておきましょう。 ベーシックストラテジーを扱う上での注意点 ここでは、のを扱う上での注意点を1つご紹介していきます。 インシュランスは基本的には使わない とは和訳すると「保険」と言う意味があります。 ディーラーに配られたUP CARD (アップカード)が「A」だった場合、ディーラーの伏せカードに「10」「J」「Q」「K」のいずれかのカードが配られていたらBLACK JACK (21)が成立してしまいます。 このディーラーがBLACK JACK になるかどうかを想定しチップを賭け、「見事当たれば勝ちというサイドベットとしての保険」をかけられますよというルールがINSURANCE となります。 INSURANCE を行うことで、ディーラーの最初に配られた2枚のカードがBLACK JACK だった場合、プレイヤーは2倍の配当を得ることができます。 ただし、ディーラーのカードがBLACK JACK ではなかった場合は追加分の賭け金のみが没収されます。 ディーラーが勝利したにも関わらず、プレイヤーであるあなたも賞金をもらうことができるため、非常にお得感を感じますが、 INSURANCE は基本的には使わないことをおすすめします。 なぜなら、確率が非常に悪いからです。 INSURANCE には条件があり、ディーラーのUP CARD が「A」、伏せカードが 「10」「J」「Q」「K」の何れかだった場合に成立します。 つまり、あるかないかの確率の話であり、単純計算でも約3割の勝率に賭けるのは無謀と言えます。 もちろんINSURANCE に100%意味がない訳ではなく、使っても良い例外もあります。 それは、シングルデッキ(1組のデッキ)のブラックジャックにおいて、2人または3人の手札に「10」「J」「Q」「K」の4枚のカードがない場合です。 こちら側にない場合は、ディーラーの残りの手札に隠れている可能性が通常より高くなるため、プレイヤーにとってわりと条件の良いイINSURANCE と言えるでしょう。 ブラックジャック別ベーシックストラテジー表の入手方法 オンラインカジノで遊べるはゲームごとによってルールが異なるため、攻略法や必勝法も当然異なります。 つまり、今回ご紹介したブラックジャックにおけるの表は全てのブラックジャックのゲームに対応している必勝法ではありません。 全てのブラックジャックに使える完璧なベーシックストラテジーは存在しませんが、 海外のオンラインカジノ情報サイトの中には、オンラインカジノの各ゲーミングソフトウェア・ゲーム別にペイアウト率の解析データや各ベーシックストラテジーの表を公開しているところもあります。 宝探しのような感覚で海外のサイトを覗いてみるのも良いかもしれません。 また、ベーシックストラテジーの表に関しては熟練のプレイヤーにもなると自分で表を作成している強者も存在します。 ブラックジャックのルールを把握している場合は、専用のツールを使うことによりベーシックストラテジーの表を作成することができますので、ブラックジャックのゲームに慣れてきた方や更に利益を増やしたいと思った方は専用のツールでオリジナルのベーシックストラテジーを作成することもおすすめです。 ベーシックストラテジーの裏技 のゲームごとにの表を集めるのも少し骨が折れますよね?そこで、ちょっとした裏技をご紹介していきます。 オンラインカジノサイトで遊べる特定のブラックジャックには 「オートプレイ」と言う自動的にゲームを進めてくれる機能が存在します。 この オートプレイはブラックジャックに最適なベーシックストラテジーを元にプレイしてくれるという優れたものです。 オートプレイの機能はマイクロゲーミング系のソフトウェアやクリプトロジック系のソフトウェアが導入している機能となっており、中にはオートプレイの機能が利用できないゲームもあります。 しかし、このオートプレイ機能を利用してブラックジャックをプレイすることにより、ベーシックストラテジーの表を見ずに最適な選択肢を選ぶことができます。 ベーシックストラテジーを覚えることが難しい方はマイクロゲーミング系またはクリプトロジック系のゲーミングソフトウェア会社が提供しているブラックジャックを遊戯してみましょう。 ブラックジャックのカードカウンティング 皆さんは 「」と言う必勝法はご存知でしょうか?カードカウンティングとはその名の通り、カードをカウントしていく戦略となっています。 はゲームごとにカードが消費されていくゲームとなっています。 この 消費されたカードから伏せてあるカードを確率で割り出すことができます。 例えば、1デッキ(ジョーカーを除く52枚のトランプカード)を使用してブラックジャックを行ったとしましょう。 この場合、1デッキに存在する「A」のカードはたったの4枚しか存在しません。 単純に考えると、この4枚の「A」カードが全てゲームに使われた時点でプレイヤー・ディーラーともにBLACK JACK (21)を成立させることが不可能となります。 このように、各カードの使用された枚数を確認しながら、デッキに存在する残りのカードをカウントしていく必勝法が「カードカウンティング」となっています。 ブラックジャックのカードカウンティングについて詳しく知りたい方は、【】でご紹介している【】の記事をご覧ください。 ベーシックストラテジーのまとめ 今回はの必勝法 「」についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?ベーシックストラテジーは少し頭を使う必勝法となっているため、初めのうちは意識しながら複数回読み直すことがおすすめです。 オートプレイ機能が導入されているブラックジャックではオートプレイを利用し、オートプレイが利用できない場合は事前にベーシックストラテジーの表を用意することを徹底しましょう。 ベーシックストラテジーはブラックジャックの戦略として各メディアでも取り上げられているほど有力な必勝法となっています。 ブラックジャックをプレイする際はぜひベーシックストラテジーを利用してみてください。 当サイト(Casino Wired )では、オンラインカジノに関する様々な情報を提供しています。 【】から気になる記事をチェックしてみてください。

次の