目のむくみ 治し方。 目のクマの原因や種類と治し方や目のクマを消す方法!

目の奥が痛い原因と治し方やツボ【頭痛・吐き気】にも効果的!

目のむくみ 治し方

泣いたあとの目の腫れを治す方法! では、前置きナシで早速、 一番早く目の腫れがとれた方法を紹介します。 なぜこの方法が、最も目の腫れに効くのかという理由は後ほど話すとして、まずは治し方をご紹介しますね! 1. 蒸しタオルを準備する まず、タオルやおしぼりなどの清潔な布を水で濡らします。 その後、ラップに包んでレンジで温めます。 蒸しタオルを目に当てる 次に蒸しタオルをやけどしない程度まで冷ました後、頭を仰向けにして目をつぶり、まぶたの上に蒸しタオルを乗せます。 そして、今蒸しタオルを当てていた部分を、布を巻いた保冷剤で冷やしてあげます。 ですが、これ意外にも目の腫れの治し方と言われる方法はいくつかありますので、ざっくり紹介しますね。 カレースプーン法 大きめのスプーンを冷やして、突き出た面を目にあててマッサージする方法。 腫れた部分を冷やしながら、マッサージ効果を狙ったやり方ですね。 コットンアイパック法 冷たい水か冷たい化粧水で濡らしたコットンを目の上に乗せる方法。 こちらも目の周りを冷やしながら保湿ができるというメリットがあります。 ティーパック法 使用済みのティーパックを冷やして、目の上に乗せる方法。 目の周りを冷やしつつ、紅茶の香りや成分でリラックス効果が期待できます。 手足ぶらぶら法 仰向けに寝た状態で手と足を上に上げて、ぶらぶら揺らす方法。 この章では、なぜ泣いたあと目の周りが腫れるのか、ということについて解説します! 実は泣くと目が腫れる原因は 「目を強くこするから説」と 「まぶたに涙が溜まるから説」の2つの説があります。 実は、 まぶたは体の中で皮膚が最も薄い部分なので、もともと非常に傷つきやすい場所なんです!泣いている間はその部分を、手やハンカチをなどを使って、強い力で押し付けられますので、まぶたの毛細血管が傷ついてしまします。 そうすると、皮膚内で細胞液が染み出して、その傷を修復しようとします。 人の体は、塩分濃度を一定にしようとする働きがあるので、目の周りに塩分が集まっていると、それを薄めるため、 水分が目の周りに集まってきて、目の周りが膨れちゃいます。 これが泣いたあと目が腫れる原因というわけですね! 血行を良くしてあげることが大切! あなたはどちらの説が正しいと思いましたか? 泣いていないときに目をこすっても、泣いている時ほど腫れないのをみると、私はおそらく両方の原因が関与していると思います。 目が腫れる原因の一つは、眼の周りを強くこすることでした。 なので、涙を拭かないことで、まぶたが押し付けられる負荷を取り除いてあげます。 それに、涙をまぶたに溜めずに流してしまうことで、もう一方の原因も取り除くことができます。

次の

目のクマの原因や種類と治し方や目のクマを消す方法!

目のむくみ 治し方

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいて、人と顔を合わせたくない、そんな経験はありませんか? 顔が大きくなったと感じたり、目が腫れぼったくなった気がしたりすることもあります。 とりわけ、お酒を飲み過ぎた翌日や睡眠不足のときが多いようです。 昼頃になれば自然に解消することの多いむくみですが、午前中から仕事や約束があったら、そんなの待っていられません! 顔のむくみを早く解消するには、どうしたらいいのでしょうか。 今回は、顔のむくみを解消するためのセルフケアをご紹介します。 顔のむくみはなぜ起きる? 顔のむくみは、余分な水分が皮下に溜まった状態です。 血液循環やリンパの流れが悪いと、老廃物が滞ってしまい、むくみが生じます。 アルコールを飲むことで血管が広がり、血液の流れがゆっくりになることで、老廃物が流れにくくなります。 睡眠不足によって、寝ている間に老廃物が排出されなかったことも、むくみとなる要因です。 身体を横にした状態では顔はむくんだままですが、起きて座っていたり、立っていたりするうちに、重力の影響で自然に水分が下がり、昼頃までには解消するものです。 首のマッサージ 顔に溜まった余分な水分を下に流せるように、先に首のマッサージをしておくと老廃物や水分の流れがスムーズになります。 まず、首を左右に3回ずつ、ゆっくりとまわします。 次に、鎖骨の凹みに指を置き、心地よいと感じる強さで、左と右の両方とも20回ずつ押して、ほぐしておきましょう。 顔のマッサージ 顔のマッサージをする前に、クリームかオイルを塗っておきましょう。 こうすることで、肌を傷めることを防ぎます。 親指以外を揃えて顎に置き、左右それぞれ耳の裏まで引っ張り上げます。 老廃物や余分な水分を押し出すことを意識しましょう。 これを10回。 次に、耳の後ろから首筋を通って鎖骨まで、水分などを押し流すような感じで、撫でるように押していきます。 これも10回繰り返しましょう。 どちらの動作も必ず、一方方向で行います。 目元のむくみ対策 顔のむくみが落ち着いてきたら、目元のむくみのケアを行いましょう。 目元のむくみの解消に効果的なのは、2つのつぼを押すこと。 親指を使って、眉頭の内側のツボと目頭の下のツボを、それぞれ3秒間押します。 まぶたのむくみがひどいときには、温冷療法も試してみましょう。 蒸しタオルを1~2分顔に当てた後、冷水での洗顔を3回ほど繰り返すものです。 顔の血行が促されることで、むくみの解消が期待できます。 その他に、ストレッチなどの軽い運動で全身の血流をよくすることも、むくみ解消には効果的です。 むくみを予防するには 朝、むくみで悩まないためには、予防を心がけることも大事です。 特に、お酒の飲み過ぎによるむくみは、寝る前に水を飲み、酔いが覚めてから寝るだけでも、翌朝の状態が違います。 日頃から夜更かしを避けるとともに、利尿作用のある緑茶をこまめに飲むことで、老廃物が溜まりにくい状態にしておきましょう。 ジョギングやウォーキング、あるいはヨガなどの有酸素運動を行って新陳代謝を高め、老廃物が排出されやすい身体づくりを行っておくことも、むくみの予防に効果的です。 スポーツクラブメガロスでは、新陳代謝を高める効果が期待できるヨガなどのレッスンも行っています。 興味のある方は、ぜひインストラクターまでお問い合わせください。

次の

まぶたの腫れの原因!目のむくみ?腫れの原因と治し方!

目のむくみ 治し方

目のクマができる主な原因 目の周りやまぶたの皮膚はその他の部位に比べて薄いため、皮膚の下の毛細血管の色が透けて見えます。 睡眠不足や疲労で血行が悪くなると、血液中の酸素が不足して血液が黒ずんでしまうため、クマとなって目の周りや目の下にあらわれます。 クマには3つのタイプがありますが、その種類と主な原因は次のとおりです。 青クマ・・・血流の低下が原因 睡眠不足や長時間のデスクワークによる目の疲れ、女性の場合は月経や冷え症、ホルモンバランスの乱れも血液循環を悪くする原因となります。 黒クマ・・・たるみが原因 皮膚がたるむとその影響で影ができ、目の下が黒く見えてしまいます。 また、目の周りの脂肪が生まれつき少ない方も、目の下がくぼんでいることで影ができるため黒ずんで見えることがあります。 茶クマ・・・色素沈着が原因 紫外線の影響や、掻く・こするなどの刺激、アトピーや化粧かぶれなどによる色素沈着が主な原因です。 目のクマは原因によって治し方がちがう! クマは種類によって原因がちがうため治し方も変わってきますので、それぞれに適した方法をご紹介します。 まずは、自分のクマがどのタイプなのかをチェックしてみましょう。 青クマの治し方 青クマの原因は血流の低下なので、血行を良くするケアが効果的です。 蒸しタオルで温めたり、市販のホットアイマスクを利用すると目の疲れも取れてスッキリ! マッサージやツボ押しも血流改善に有効ですが、やり過ぎや力の入れ過ぎは茶グマを作る原因となってしまうこともあります。 オイルやクリームなどで指の滑りを良くし、軽いタッチで行ってくださいね。 黒クマの治し方 黒クマの原因はたるみや目の下のくぼみでできた影なので、目の周りをふっくらさせることで目立たなくなります。 エイジングケア用のアイクリームなどを使用して目元のハリをアップさせましょう。 一旦たるんでしまうと改善が難しいので、早めにケアをはじめてひどくならないよう予防するのが大切! 生まれつき目の周りの脂肪が少ない方や、すでにたるみの出ている方は美容皮膚科で専門医にご相談を。 ヒアルロン酸注入などでふっくらさせ目立たなくすることが可能です。 茶クマの治し方 茶クマの原因は紫外線や刺激による色素沈着、いわゆるシミなので紫外線対策と美白ケアが基本です。 すぐには消えませんが、継続的にケアを続けることで薄く目立たなくなっていきます。 また、強力なクレンジング剤でないと落ちないアイメイクは、茶クマを悪化させる要因になるので控えたほうが無難です。 目の周りにかゆみが出やすい方は、こすることでひどくなりやすいのできちんと皮膚科で診てもらってくださいね。 アザのようになっている場合は自宅ケアでの改善は難しいですが、美容皮膚科でレーザー治療を受けるという方法もありますので専門医に相談してみましょう。 目のクマに効く!ツボ押し&マッサージ 目のクマに効くとされている顔のツボは、 晴明(せいめい)・承泣(しょうきゅう)・太陽(たいよう)です。 クマが気になる方は、スキンケアの際やメイク前などに軽く2~3回プッシュしましょう。 ツボ押しは日中でもメイクの上からでも手軽に行えるのが嬉しいポイントですが、目の周りは皮膚が薄いのでやり過ぎは禁物です。 マッサージは、美容液やクリームなどで指のすべりを良くしてから、目尻の下から目頭を通って軽くこめかみあたりをプッシュ。 2~3回行うと目の周りの血液の循環が良くなり、クマ解消につながります。 いかがでしたか? 顔の印象を左右することもある目のクマ。 種類によっては、セルフケアだけで完全に解消するのは難しいですが、ちょっとした心がけと早めのケアで目立たなくすることは可能です。 お悩みが深刻な場合は、美容皮膚科で診てもらうのが一番良いかと思いますが、あくまでもそれは最終手段。 まずは、自分のクマはどのタイプなのかをチェックして、お金をかけずにできるセルフケアから試してみてくださいね!.

次の