火星 人 マイナス。 火星人マイナス2020年運勢【細木数子の六星占術】

火星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説

火星 人 マイナス

記事の目次• 火星人マイナスの人の性格傾向 六占星術のなかには、火星人プラスと火星人マイナスがありますが、この両者においてはかなり性格が違います。 火星人マイナスの人の性格は、人の本質を見抜くなど、落ち着いたところにも特徴的な部分があります。 火星人マイナスの人の性格はどのような傾向があるのでしょうか?知っておきましょう。 様々なアイデアが湧いて仕事が出来る 火星人マイナスの人は さまざまなアイデアを持つアイデアマンです。 それだけでなく芸術センスも素晴らしいです。 芸術家に向いている性格で、類まれなる集中力があります。 それだけでなく、仕事をするにあたって、人が思いつかないような発想で成果をあげますので、仕事もできて上司や同僚からの信頼も厚いです。 人の本質を見抜き人間的に素晴らしい親友を持つ 火星人マイナスの人は、 何事に対しても洞察力があり、特に人を見る目があります。 また、人とのコミュニケーションも上手で、人付き合いも大切にします。 そのため、火星人マイナスの人は人間的に素晴らしい親友を持ち、生涯にわたって支えあえるような良い関係を築くことも多いです。 警戒心が強い 火星人マイナスの人は 警戒心が強いのも特徴です。 人に心を開くことがありませんし、プライドも高いです。 はたから見ると、「この人は何を考えているのかわからない」と思われることもあります。 数ある運命星の中でも、もっとも誤解されやすい星であるといえます。 他の人からミステリアスだと思われることも多いです。 周囲から信頼される 火星人マイナスの人は 警戒心が強く、なかなか表情に出すことはありません。 そして集中力や仕事を行う才能もあります。 コミュニケーションが上手ですので、最初は変人だと思われてもいったん付き合うととことん信頼して付き合う良い関係を生むことができます。 そのため長い目で見れば火星人マイナスの人は周囲の人からも信頼されるのです 寂しがり屋で人脈構築にも励む 火星人マイナスの人は、 一人でいることに耐えられない寂しがり屋です。 特別なことをしなくても誰かと一緒にいたい、連絡を取り合いたいと思ってしまいます。 そのため、一人の時間を作らないよう積極的に人脈構築に励みます。 人と打ち解けるのも比較的早く、友人を作ったりすることも得意です。 フィーリングで動き言動が矛盾する事が多い 火星人マイナスの人は、フィーリングで行動します。 本人にその意識はなく、 その日の気分で発言したり行動したりします。 そのため言っていることとやっていることが矛盾していたり、一貫性がなく言葉と行動が一致しなかったりすることもあります。 その日の気分次第で行動しますので、周りの人から見れば疑問に思われることもあります。 仕事はできるので上司からは信頼される反面、フィーリングで行動しますし部下の意見を聞き入れないので、部下からの信頼は薄いです。 想定外の逆境に対処できず理解不能な言動で周囲を引かせる 火星人マイナスの人は、実は心配性です。 リスクを負うことをあまり好まないので、慎重に行動する傾向があります。 しかし、 いったん想定外なことが起こると、なかなか対応できません。 想定外の逆境に対しては臨機応変に取り組むことができないだけでなく、理解不能な言動をして周囲の人にあきれられたり心配されたりすることもあります。 周りの人が止めても無駄になることが多く、むしろ反対されると意地になってやってしまうこともあります。 プライドが高く自己主張が強い 火星人マイナスの人は、プライドが高く、自己主張が強いです。 知恵が湧いてどんどん仕事を進めるタイプですので、周囲を認めさせるために自己主張も強くなる傾向があります。 自分の意見を否定されることは嫌いで、そうされるとキレる傾向もあります。 一方でメンタルは弱く、繊細で落ち込みも激しいです。 思うようにいかないことが続くと、お酒に逃げる人も少なくありません。 火星人マイナスの恋愛傾向 火星人マイナスの人は、人間関係の構築は得意ですが必ずしも恋愛が得意だとも限りません。 火星人マイナスの人の恋愛はどんな傾向があるのか、知っておくとよいでしょう。 プライドの高さが邪魔をして奥手になる 火星人マイナスの人は、プライドがとても高いです。 そのため、 人に自分の思いを伝えたりするのがとても苦手です。 好きな人がいたとしても自分から思いを伝えることができず、結果的に自然消滅してしまうなど、恋愛のチャンスを逃すことも少なくありません。 メンタルが弱いことも、恋愛に対して奥手になる原因の一つと思われます。 何を考えているのか相手に伝わらないことが多い 火星人マイナスの人は、何を考えているのかわからない、ミステリアスな印象があります。 黙っていても意中の相手に思いが伝われるということはありません。 良い関係になったとしても、最終的には「何を考えているのかわからない」とフラれてしまうこともあるでしょう。 火星人マイナスの人は、 恋愛を成就させるためには思いは伝わるはずと考えるのではなく、自分でしっかり伝えることが大切になります。 性欲が強く朝から晩まで相手を求める 火星人マイナスの人は、 男女ともに性欲が強く、精力絶倫です。 朝から晩まで求め合ったり愛し合ったりすることもあります。 そのため、付き合うのであれば相手もそういったことが好きな人にするのがうまくいく秘訣でしょう。 相手との性生活の不一致が別れの原因になることもあります。 一方でミステリアスな風貌から異性にモテることも多く、浮気に走る人も少なくありません。 結婚後は子どもとの縁が薄い 火星人マイナスの人は、子どもとの縁は薄いです。 子どもを授からない人も多く、独身生活を謳歌し、結婚しても夫婦ふたりでやっていく人も多いです。 もし子どもを授かったとしても子どもとの関係がうまくいかなかったり、病気や事故など子どもに良くないことが起こることもあります。 恋愛しても結婚に結び付くことが比較的少ない星回りで、離婚したり浮気したりと言ったこともあります。 火星人マイナスの霊合星人の性格傾向 大殺界が生まれ年の干支になっている人のことを霊合星人といいます。 火星人マイナスの霊合星人は、火星人でありながらも、霊合星人ですので運命盤で退極する星である水星人の特徴を受けます。 そんな火星人マイナスの霊合星人の特徴についてみてみましょう。 水星人の人当たりのいい面が混ざり「二面性のある人」と思われる 水星人は人当たりの良い性格で計算高いです。 火星人はプライドが高くて自分の世界を持っています。 そのような水星人と火星人の性格がミックスされた火星人マイナス霊合星人は、 ミステリアスな面と人当たりが良く自分を見せる面が両方現れることになります。 そのため、 二面性のある人と思われます。 見た目は気難しくても付き合ってみるとよい人だったり、突然心を開いて接してきたかと思うと、急に心を閉ざしてきたりなど周りには理解されないこともあります。 周囲が理解しがたい言動が多い 火星人マイナスの霊合星人は、火星人マイナスの人よりもますます周囲が理解しがたい言動をとることが多いです。 水星人の人当たりの良さと火星人の自分を見せないところがミックスされて、ますますとらえどころのない人になります。 センスは良いのに地味であるなど、ますます言動の不一致があり、周りを混乱させることも少なくありません。 まとめ 火星人マイナスの人の性格傾向としては、アイデアがあり人と違った考えで仕事の上でも成果を出します。 人の本質を見抜く力はありますが、警戒心も強く自分は本心を見せることがありません。 そのため、周りからはミステリアスな人と思われます。 プライドは高いのにメンタルが弱く、想定外の出来事に弱いです。 恋愛傾向としては、性欲が強くモテたりするものの、結婚運や家族運はさほど高くありません。 火星人マイナスの霊合星人は、水星人の人当たりの良さが混じって二面性のある人と思われることもあります。

次の

火星人マイナスの性格特徴10選&恋愛・仕事・相性!芸能人も紹介【六星占術】|feely(フィーリー)

火星 人 マイナス

水星人マイナス(-/陰)の性格や性質 基本的な性格や性質? 一歩引いて物事を見る 水星人マイナス(-/陰)の人は、冷静な判断のもとに日常を送ることができます。 それも「一歩引いて物事を見る」習慣が身についているからで、体当たりで物事に当たっていくという、がむしゃらな感じは性に合わないと自覚しています。 また、例えそのように振る舞うべき場面も、表向きにはできても、どこか冷ややかな理性や飄々とした面立ちを周囲に感じさせます。 見る側からすれば、調子にのっていないという肯定感もあり、また打ち解けられないと感じることもあるでしょう。 また、水星人マイナス(-/陰)の人は、人の意見を聞かないわけではないものの、自分は自分とする意識が強いあまり、人に弱い部分を曝け出せないことで距離感を感じさせることも多いと言えます。 基本的な性格や性質? 意志が強く自分を見失わない 水星人マイナス(-/陰)の人は、物事を冷静に判断することができ、自分の信念をしっかりと持っています。 その為に周りの意見に流されることなく、自分の意志を貫き通す傾向があります。 困難なことが起きたとしても、周りに相談するのではなく、自分でしっかりと考えて進めていき、結果として問題を乗り越えていくことができているというのが水星人マイナス(-/陰)の人の強みです。 自分がこうと決めたことがぶれず、しっかりと結果を出す水星人マイナス(-/陰)の人は、その姿が周りから信頼されて、仕事でも成功をおさめることができます。 ただ周りの意見に耳を傾けることが少ないので、場合によっては周りから孤立してしまうこともあり、少し柔軟性を見せることでより物事を上手く進めていけるようになります。 基本的な性格や性質? 感情に流されることなく物事を遂行する それがポジティブな出来事であろうと、ネガティブな出来事であろうと、感情を表に出すことが少ないのが水星人マイナス(-/陰)の人の特徴と言えます。 それは露骨さを嫌うというよりは、一時的な感情だけを捉えて物事に当たるのが苦手だからでしょう。 流されていかない強さは仕事面では有利に働くことががあると言えますが、周りに居る人からは血の通った人だろうか、そう思われてしまうことさえあります。 だからといって、人と一緒にいて不快感を与えているわけではありません。 それは要らぬ感情で相手に働きかけたり、憶測で判断したりしないからでしょう。 淡々と物事を遂行させ、静かにそこに居る「害のない人」という印象のほうが強いのです。 上手に感情表現しない水星人マイナス(-/陰)の人をどうにか刺激させようと夢中になって働きかける人もいて、決して損をしているというわけではありません。 基本的な性格や性質? 利に聡い 水星人マイナス(-/陰)の人は、初めて会う人に与える印象が良いので、幅広い交流関係を築くことが非常にうまいです。 その中でも、周りの情勢や今後の動向などを得ることに長けており、置かれた状況の下で自分にとって最善となるものを読み取る嗅覚が人一倍優れています。 そのため、多少の波風があっても最終的にはちゃっかりと得しているということが多いようです。 さらに、水星人マイナス(-/陰)には、生まれつきの性格として「物事を新たに始める」という面があります。 この性格のおかげで、誰も挑戦したことの無いような分野にも果敢に挑んでいくことができます。 すると自分に大きな見返りがくる状況自体も作れるため、利に敏感な部分がさらに研ぎ澄まされます。 基本的な性格や性質? 事業家の気質を持つ 水星人マイナス(-/陰)の人は、のびのびと働ける環境で力を発揮する特徴があり、周りから色々と指示されることを好みません。 上の人の考え方に合わせたり、言われた通りに動くというのを、極端に窮屈に感じます。 しっかりと自分の考えを持ち、目標を持ちそれを達成していく力があるので、事業家に向いています。 事業を起こして何か壁にぶつかった時にも、冷静に状況を考えて判断していくことがあるので、成功をおさめやすいです。 損得勘定ができるので、お金を生み出すためには世渡り上手になり、人の心をつかみます。 どうしたら人を動かせるかということを考えているので、人の上に立つことができるのです。 お金の管理もでき、無駄なくお金を使い、蓄えていけるという傾向があります。 霊合星人の水星人マイナスの性格や特徴 霊合星人の水星人マイナスの性格は「人情固い」「臨機応変」ということがあげられます。 まず、水星人の元々の特徴として、独立心が強いということがあげられます。 社長気質で、自分の意見を強く持ち、何事も自分の意思で決断できる力があります。 さらに、水星人は基本的にマイペースで人の意見を聞かず、自分一人で突き進む性格なのですが、霊合星人の水星人マイナスの場合は気を許した人物を無下に扱うようなことはしません。 また、周囲の意見をしっかりと聞き入れ、必要なものを自分に取り込んでいく器用さもあります。 また、失敗も人のせいにしたりせず、自分の責任としてけじめをつけることができます。 そんな霊合星人の水星人マイナスの人望は厚く、周囲から頼みごとをされることも多い存在です。 水星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 孤独になりやすい 水星人マイナス(-/陰)の人は、自分で考えて行動するというスタンスで生きていて、あまり周りの人を頼りにしようとしません。 物事に対してクールに捉えていて、あまり感情的になることもありません。 そういった水星人マイナス(-/陰)の人は、家庭や結婚において家族といても少し距離を置くところがあり、結果として孤独になりやすい特徴があります。 元々家庭運が薄いところもあり、一生一人でも良いかなという気持ちを持っていて、結婚をしても一人の世界を大事にするところがあります。 孤独を感じるという運気を持っているので、常にどこかで孤独感を感じていて、なかなか人といることで満たされないところがあります。 子どもが生まれても、溺愛するということはなく、距離感を持ちながら接します。 家庭や結婚の特徴? 家庭のトラブルを起こしやすい 水星人マイナス(-/陰)は家庭的なトラブルが多い傾向があります。 もともと家庭運が薄いですし、本人も家庭では暗い印象でしょう。 ですが、その反面、仕事運や財運に恵まれていて、専業主婦よりは、仕事を持った方が生き生きとしてくるでしょう。 あとは、負けず嫌いなためか、かかあ天下で夫が弱気というケースもあります。 どちらにせよ、家ではじっとしていられない性格なので、仕事をしなくても、趣味的な活動で外にでるというのも良いでしょう。 あとは、浮気性な面があるのも注意でしょう。 本人は遊びや興味本位だったとしても、このような問題は家庭においては重大な事なので気を付けるべきしょう。 どれもこれも、本人の孤独性や寂しさからきているものなので、それを癒すという事も大切になります。 家庭や結婚の特徴? 家庭運に恵まれない 水星人マイナス(-/陰)は、結婚に対して期待が大きく、実際の家庭生活が始まるとそのギャップに悩んでしまうことが多いです。 結婚に至るまでの恋愛関係から、生涯の伴侶としてパートナーを選ぶことへの抵抗感が徐々に強くなってくるのです。 正義感は強い方なので、なんとか円満な家庭を作り上げようと努力はするものの、なかなか上手くいかず心が折れてしまうケースがほとんどです。 更に、子供が生まれると仕事と家庭生活の両立が困難になって、精神的に疲弊していきます。 パートナーからも心配されるようになり、自信を失ったまま諦めの気持ちが大きくなりがちです。 真面目な性格の水星人マイナス(-/陰)は、特にストレスをためやすく、家庭運も遠のいてしまいます。 恋愛運の傾向は気を使いすぎて成就しにくい 気持ちの変化・機微に気づきやすい水星人マイナス(-/陰)は、恋愛においても余計なことを気にしすぎて、ナイーブになってしまうことがとても多いです。 愛いてが傷ついてしまわないか心配して、常にビクビクしながらコミュニケーションをとろうとするので心労が尽きません。 恋愛の関係を壊してしまうことに対する恐怖心もあり、なかなか思い切ったアプローチが出来ないことも、運気を減退させる要因となっているのです。 ほとんどの場合は、喧嘩をしても自分から折れてしまうので、主張が通らずストレスが溜まります。 こうした状態が続いていくと、相手と一緒にいるよりも自分の時間を大切にしたいという欲求が強くなり、徐々に気持ちが離れていくのです。 セックスの傾向は積極的でプレイボーイ・プレイガール 水星人マイナス(-/陰)のセックスの傾向としては、プレイボーイとプレイガールと言ったところでしょう。 どちらも、純愛型というよりは遊び型ですので、例え今お付き合いをしている人がいたとしても、他の人に目が移るでしょう。 それだけ不倫関係になりやすいと言えます。 セックスも、とても積極的で、テクニックの勉強もするでしょう。 それだけ、相手を喜ばせたいですし、その喜んでいる様子に、自分も満足するでしょう。 そして、概して性欲が強い星なので、スタミナもありますし、セックスの頻度も多いでしょう。 男性も女性も、セックスの対しての貞操観念は薄く、若い頃から興味を抱く方が多いでしょう。 それだけ、異性に対しての、興味が強いと言えます。 水星人マイナス(-/陰)の金運の特徴はずば抜けた強さ 水星人マイナス(-/陰)の人の金運の特徴は、ずば抜けた強さです。 それは、お金に細かいという特性に理由があります。 水星人マイナス(-/陰)の人は、お金の出入りにうるさいのです。 お金の貸し借り等があれば、絶対にいつまでも細かく覚えています。 そして、出費を極端に嫌がる傾向があります。 決して、水星人マイナス(-/陰)の人がケチというわけではありません。 必要であれば出費や投資をするのですが、無駄な出費が嫌なのです。 さらに貯蓄の才能もあります。 お金を生み出す才能もあるので、無理せず財産を築く事が出来ます。 物事に冷静に対処でき、世渡り上手なので社内での出世や、自営業であれば事業拡大も可能です。 以上の事より、水星人マイナス(-/陰)の人の金運の特徴は、ずば抜けた強さと言われます。 水星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴は個で活動すると活きる 水星人マイナス(-/陰)の人の仕事運については、集団ではなく個人で行動することによって生まれ持った能力を発揮することができます。 今までの人生を振り返ってて思い当たる節はありませんか。 スポーツで例えるならば、サッカーやバスケットボールなどのチームで戦う競技よりもテニスや武術などの個人でその技を高めていく競技が得意。 または別の方面から見ますと、水星人マイナス(-/陰)の貴方は他人にあれこれ言われるのが苦手で自分自身のペースで黙々と作業に取 り組むことを得意とする性格です。 学生の頃は何か文章を書いたり、絵を描いたりする時には異様な集中力を発揮して周りの人を驚かせた経験があるのではないでしょうか。 そんな貴方には作家や陶芸家などが向いていると言えます。 水星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説 水星人マイナスと土星人との相性は短期的には良いが長期的な関係には不向き 六星占術で水星人マイナスと土星人の相性は短期的にはかなり良いのですが長期的な関係には不向きというのがあります。 なので知り合いで結構仲が良いと思っていても長期的な付き合いをしていても思ったほど良い関係が長続きしないというのがあるのでそこは割り切って付き合う必要があります。 ただ短期的な付き合いなら相性も良いので一緒に過ごしていて楽しいので短い間だけの付き合いなら積極的にした方が良いです。 また水星人マイナスの人というのは頭の回転が良いのですが飽きっぽい性格なので長く同じ事を一緒に楽しむには向いてないというのがあるので ずっと1つ事に集中したい人にはあまり長い付き合いができないのでその点を特に注意した方が良いです。 水星人マイナスと金星人との相性は時間はかかるが自分たちだけで物事を解決できる 一歩外側から物事を見つめる冷静さを持つ水星人マイナスと、やや浅い物の見方をして、クールを気取る金星人の人とは、暑苦しく物事を考えない点で、うまが合うとも言えます。 どちらかというと、金星人の人のほうが積極性があり、物事の段取りを的確に素早く決めて動くので、水星人マイナスの人が黙って従うケースになりがちです。 そのような場合でも、水星人マイナスの人が意見を要所要所で伝えられる関係性ができていれば、金星人の人の抜けがちな部分をフォローしたり、よき理解者になることができるでしょう。 恋愛関係にあれば、お互いのユニークな部分を見つけ出して、意思疎通しやすい関係性が築けます。 そのため、肝心な時にも手際よく解決に向けて動くことができるでしょう。 また、水星人マイナスの人の話には押し売り的なところがないため、金星人の人も受け入れしやすいといえます。 水星人マイナスと火星人との相性は水星人が上手く相手を包み込めると花開く 一度決めたことは何がなんでも貫き通す意思の方さが水星人マイナスの特徴的な一面であり、水星人の包容力によって守られています。 優しくて思いやりのある水星人がそばにいてくれることで、水星人マイナスの頑固さがほどよく中和されるのです。 向こう見ずな状態を脱して、広く周りを俯瞰できるように導いてくれることも大きなメリットとなります。 意見が対立することも少なく、無理難題を言っても受け入れてもらえる安心感が、水星人マイナスの心を安定させる要素となるのです。 未来志向の関係をしっかりと作り上げて、素敵な未来を描くことが出来ます。 時にはすれ違うこともありますが、仲直りするまでの期間はとても短くすぐに解決されるのです。 水星人マイナスと天王星人との相性は駆け落ちしてでも一緒になれる強い相性 駆け落ちしようとも、他者から強い反対をされようとも、意地でも自分の思いを通そうとする気持ちの強さが水星人マイナスにはあります。 天王星人と一緒になりたいという気持ちが強ければ強いほど、頑固さが表に出てくるのです。 天王星人は受動的な雰囲気を持っているので、巻き込みやすいと言えます。 相性の強さは、水星人マイナスが主導的な立ち位置にあることに起因しています。 どんなに辛いことがあっても守り抜いて欲しいという相手の希望を、自分の強さに変えてしまうことが出来るのです。 封建的な主従の関係に見えて、その実互いをいたわりあうことのできる状態となっています。 確固たる決意が醸成されているからこそ、駆け落ちにも尻込みしないのです。 水星人マイナスと木星人との相性は相手に引っ張られることで良縁となる 洞察力に優れ、常にイニシアチブをとれるタイプの水星人マイナスは、受け身の姿勢を重視する木星人との相性が良いと言えます。 バランスの取れた関係性が維持されて、周囲からも温かい目で見てもらえるようになります。 社交的で、周りとの調和を大切にするタイプの水星人マイナスの人は、あまり敵を作らないので誰からも愛されます。 そのため、多くの取り巻きが付きやすいです。 木星人は、目先の利益ばかりでなく、長期のスパンで物事を捉えることが出来るので、水星人マイナスと未来を見据えた関係性作りを目指せます。 取り巻きの中から、木星人を選ぶ先見の明があれば、より素敵な縁となり得るのです。 お互いの性格が上手くかみ合って、末永く幸せに暮らせるでしょう。 水星人マイナスと水星人との相性は発展が望めるが時に抑止しなければならない 水星人マイナスと水星人の相性としては、多いに発展しますが、あまりにも勢いがありすぎるので、ブレーキをかける事も必要になります。 この相性は、どちらも未来を開拓する明るいエネルギーがありますので、とても前進性があります。 しかし、あまりにも前に進むエネルギーが強すぎて、水星人マイナスも水星人も息切れを起こしたり、どこかで大きな壁にぶつかる可能性が高いのです。 なので、自分たちの行動を、ある程度は制止するという気持ちが重要になってくるでしょう。 人生は時に、過去を振り返り修正したり、時には休息をとる事も必要なので、そのためには、自分たちでその行動を客観視して、適切な対応をする事も大事になります。 そうする事で、健全な発展ができようになります。 水星人マイナスの2020年運勢 あなたの2020年は、静かに過ごすことで少しずつ運気が高まっていく一年となります。 水星人マイナスの方は、2020年から3年間続く大殺界に入ります。 ここ3年間はとても良い運気だったので、いきなりなにもかも上手くいかなくなってギャップに苦しむかもしれません。 大きな失敗をしないためにも、対人関係・金銭面・健康面においては控えめにしたり用心しておいたりしましょう。 大切なのは小さな成功を積み重ねていくことです。 今までの絶好調な運気での過ごし方を引きずって、何か大きなことに挑戦しよう、というのはNGです。 大殺界中は常に向かい風。 結果が伴わず悲しい思いをすることになります。 あなたの実力でできる範囲のことを積み重ね、小さなことで良いので少しずつ成功させていきましょう。 大殺界と聞いて驚いたり落ち込んだりしてしまうかもしれんせんが、これは3年後に運気が上昇したときにチャンスを掴むための試練だと思ってください。 内省に集中して良い運気に備えましょう。

次の

火星人マイナス【-・陰】|性格・相性と2020年の運勢

火星 人 マイナス

火星人マイナスは積極的に人と接する特徴を持っています。 ただしその分一人でいることが苦手だったりもします。 そんな火星人マイナスの具体的な気質や特徴はどのようなものでしょうか。 また火星人マイナスと相性の良い・悪い星人についても具体的にご紹介します。 火星人マイナスの特徴 火星人マイナスの特徴1:一人でいるのが苦手 火星人マイナスの人は孤独を感じやすく、一人でいる時間を過ごすことが苦手です。 一人きりでいると落ち着かなくなってしまい、誰かのいるところに向かったり、連絡を取ろうとする癖があります。 いつでも誰かと一緒に過ごそうと考えているため、家に友達を呼ぶことや逆に友達の家に遊びにいくことが多いです。 そのため自分の方から友達を増やそうとすることは得意ですが、人によっては迷惑がられて嫌われてしまうこともあります。 一人で時間をつぶそうとしてもすぐに退屈して不安な気持ちになってしまうので、精神的に落ち着きのない面もあります。 落ち着いた気持ちで生活したいと思うなら、一緒に楽しく過ごすことができる友人を何人か作っておく必要があります。 長い時間でも一緒に過ごしてくれるような友達がいれば、火星人マイナスの人は孤独を感じることもなく充実した生活を送ることができます。 また、常に同じ時間を過ごすことができる恋人や配偶者を見つけることも火星人マイナスの人にはオススメです。 いつでも誰かがそばで寄り添ってくれるようになるので、一人で落ち着かない時間を過ごすことがなくなり、リラックスした状態で毎日を過ごすことができます。 火星人マイナスの特徴2:自分の意思が強い 火星人マイナスの人は自分の考え方や行動に自信を持っていることが多く、自分の意思を貫くタイプです。 自分がやるべきことや希望することを実行するために全力を尽くすので、時間がかかったとしても目標を達成できることが多いです。 しかし、自分の意思が非常に強いタイプであるために、周囲の人からの意見を聞こうとしない一面もあります。 意志が固いのは悪いことではありませんが、時には他の人からのアドバイスを受け入れて生かすことも大切になります。 火星人マイナスの人が仕事などで成功するためには、自分に気を遣ってアドバイスをしてくれるような親切な友人を作っておくことが重要です。 また、自分の意思が強く何事にも自分で考えて取り組もうとするので、人に騙されたり利用されることがほとんどありません。 自分より立場が上の人間の言うことであっても、自分にとって正しいと思えることでなければやろうとしない意志の強さがあります。 自分にとって正しいことが何か常に考えながら行動を起こすため、正義感の強いタイプの人が多くなっています。 そのため火星人マイナスの人は、親しい仲になった人からは頼りにされるようになることがあります。 火星人マイナスの特徴3:周りから理解されにくい 火星人マイナスの人は寂しがりな一方で頑固で他人を警戒するという二面性があるタイプです。 そのため周囲の人からは接しにくい人物だと誤解されやすく、実際に考えていることが理解されにくいことがあります。 心の中では友人が欲しいと考えていても表情に出すことができないため、周囲に意思を読み取ってもらうことができず、思うように友人ができないことがあります。 また、自分の考えに従って他の人がしないような行動を起こすこともあるタイプであるため、それを見た人からは変わり者だと認識されていることもあります。 あまり変わったことばかりしていると、よく分からない人物であるとみなされてしまい周囲から距離を置かれてしまうこともあるので注意する必要があります。 しかし、火星人マイナスの人の変わっているところがミステリアスな魅力であると感じる異性もいます。 同性からは距離を置かれてしまうことも少なくありませんが、異性からは魅力を感じてもらうことができて交際に発展することもあります。 もし恋人ができたら、距離ができないようにできるだけ自分の考えていることや望んでいることを正直に伝えてコミュニケーションを取るようにしておきましょう。 火星人マイナスの特徴4:頭の回転が早く仕事ができる 火星人マイナスの人の大きな強みとなっているのが、頭の回転が速く仕事を素早くこなせることです。 火星人マイナスの人にはアイデアマンとしての素質があり、常に新しいアイデアが求められるような仕事や、現状を変えていくことが求められる仕事に特に能力を発揮することができます。 次々とアイデアを出して仕事をリードしていくので、プロジェクトなどのリーダーとしての適性もあります。 ただしリーダーになったからと言って自分の考えばかりを周囲に押し付けていると失敗してしまいます。 アイデアをいくら出したところで周囲の人と協力していかないとそのアイデアを実現することはできません。 上司や同僚の中から信頼できる相手を探し出して、自分の考え方やアイデアをきちんと伝えられるようにしましょう。 周囲の人とコミュニケーションを上手く取って連携できるようになれば、仕事の能率をさらに上げることができます。 火星人マイナスの人は頭の回転が速く他の人より素早く仕事を進めることができるので、他の人のサポートもしてあげると良いでしょう。 同僚に協力してあげることで信頼を得ることができ、プロジェクト自体が上手くいきやすくなります。 火星人マイナスと他星人との相性 火星人マイナスと土星人との相性 火星人マイナスと土星人の相性は、お互いの性別によって変わってきます。 同性同士の火星人マイナスと土星人であれば相性が良く、仕事上の関係や友達の仕手の関係が上手くいきやすいです。 自分から積極的に人に接するタイプの火星人マイナスを、控えめで他人の考えを尊重できる土星人が受け入れてくれます。 しかし、異性の火星人マイナスと土星人の相性は非常に悪くなっています。 土星人は火星人マイナスの自己主張の強さについていくことができず、火星人マイナスは控えめな土星人の考え方を理解することができませんその結果上手く関係を築くことができず、お互いの欠点ばかりが気になるようになってしまいます。 恋愛関係に発展することはほとんどない組み合わせとなっています。 火星人マイナスと金星人との相性 火星人マイナスと金星人との相性はそれほど良くありません。 火星人マイナスは金星人の自分勝手な部分が目についてしまい、嫌ってしまうことが多いです。 金星人側も火星人マイナスの頑固な面が気に入らないことが多く、お互いに認め合うことができません。 お互いに相手に悪い印象を持ったまま、すれ違った状態で関係が終わってしまうことがほとんどです。 火星人マイナスと金星人の異性の関係も相性が悪く、すぐにすれ違いやケンカになってしまい破局してしまいます。 火星人マイナスと金星人が仲良く過ごしたいのなら、お互いに寛容になって受け入れていく必要があります。 相手の欠点を理解し、お互いに補い合おうと努力しなければなりません。 火星人マイナスと火星人との相性 火星人マイナスと火星人は同じ性質を持つ者同士であり、相性は非常に良くなっています。 お互いに積極的にコミュニケーションを取ろうとするため、気が合いやすくすぐに親しい仲になります。 相手の意見を取り入れてみたり、困っているようなら助けてあげたりすると良いでしょう。 火星人マイナスと火星人の異性の関係も良好になりやすいです。 お互いにものおじすることなく自分の考えを伝えることができるので、本音で話し合える友人や恋人になることができます。 ただし、あまり頑固に自分の主張ばかりを押し付けるのは避けた方が良いです。 火星人は頑固な面があるため、お互いに譲り合いができずにケンカになってしまうこともあります。 火星人マイナスと水星人との相性 火星人マイナスと水星人は良好な関係になりやすいです。 積極的に話したがる火星人マイナスと、落ち着いていて聞き上手な水星人は一緒に過ごしやすい組み合わせです。 仕事でもプライベートでも、コミュニケーションがスムーズなので相性が良くなっています。 お互いにないものを持っているので、尊重し合いながら関係を発展させていくことができます。 異性関係でも火星人マイナスと水星人の相性は良くなっています。 特に火星人マイナスがいつも冷静な水星人に惹かれることが多くあります。 ただし、水星人がいつも冷めてしまっていることに不満を感じてしまうこともあります。 火星人マイナスの方から積極的に話しかけたり、遊びに誘ったりすると良いでしょう。 火星人マイナスと木星人との相性 火星人マイナスと木星人は上手くかみ合わず、相性が良くない組み合わせです。 火星人マイナスは自分の考え方を積極的にアピールしますが、控えめで真面目は木星人はそれに付き合うことができません。 また、火星人マイナスの頑固な面に木星人が合わせることができず、仲が悪くなることが多いです。 特に同性同士での組み合わせが相性が悪く、相手の話すことや考え方にいちいちイライラしてしまったりケンカになることがあります。 異性の関係もうまくいくことは少なく、火星人マイナスに振り回された木星人がすぐに離れていってしまいます。 火星人マイナスと木星人が一緒にいることはお互いにストレスが大きく、仲良くなるのは非常に難しいと言えます。 火星人マイナスと天王星人との相性 火星人マイナスと天王星人は良くも悪くもありません。 自分から行動を起こす火星人マイナスに対して、天王星人は自分の方から何かをすることはないタイプです。 そのため火星人マイナス側がどのような態度をとるかによって仲良くなれるかは変わってきます。 火星人マイナスが積極的に天王星人をリードしてあげることで、天王星人から頼られるようになって仲良くなれます。 天王星人と関係を発展させたいのなら、思い切って声をかけてあげるのがオススメです。 逆に火星人マイナスが天王星人を気にかけてあげないと、いつまでも仲が進展することはありません。 異性の関係では、天王星人が頼りになる火星人マイナスに魅力を感じることが多くなっています。 火星人マイナスも、自分に素直についてきてくれる天王星人に魅力を感じるようになることがあります。 ただし火星人マイナスが頼ってくる天王星人のことを面倒に感じるようになってしまい、破局してしまうこともあります。 2020年の火星人マイナスの運勢 2020年の火星人マイナスは激動の1年です。 令和に元号が代わり、時代も大きく変化しています。 その時代の移り変わりの波に火星人マイナスは飲まれてしまいます。 特に今年の後半にはこれからの人生に大きく影響を与える出来事が起こりそうです。 成功するか失敗するかは事前の準備次第になります。 何かが起こると想定しながら来たるべき時に備えましょう。

次の