カスタ ディーヴァ。 白毛馬カスタディーヴァ裸同然47キロに藤田菜七子|極ウマ・プレミアム

白毛馬カスタディーヴァが白毛の初子牡馬を無事出産|極ウマ・プレミアム

カスタ ディーヴァ

JRA史上初の南半球産の白毛馬として話題になったカスタディーヴァ(牝6)が北海道浦河町のディアレストクラブで初子の牡馬(父ゴールドシップ)を出産したことがわかった。 白毛だった。 所有するディアレストクラブの高樽秀夫代表は「昨日(12日)の夜に生まれました。 初子ですが、安産でした。 子どもは30分ほどで立ってくれて、とても元気です。 骨が大きく、脚もともきれいです」と声を弾ませた。 カスタディーヴァは父がハイシャパラル、母が白毛のジオペラハウスという血統のニュージーランド産馬。 16年にニュージーランドのカラカ・プレミア・イヤリングセールで落札され、日刊スポーツ本紙で馬名を公募し、「清らかな女神」という馬名でデビューした。 デビュー戦は17年2月、フェブラリーS当日に行われた東京競馬場の新馬戦(10着)。 同年夏の函館で初勝利を挙げ、秋の中山開催では藤田菜七子騎手が47キロで騎乗したことも大きな話題になった。 18年夏に現役を引退し、繁殖入り。 昨年はゴールドシップと交配されていた。 所有馬が白毛のユキチャンと同じレースを走り、白毛馬に魅了されたのが高樽代表。 セールでは海外バイヤーと激しい争奪戦となり、消費税や関税、輸送費を含め、5000万円近い費用がかかった。 それでも、カスタディーヴァを落札した当時の取材では「日本にもう1つ、白毛の系統を作りたい」「アイドルホースですし、彼女を浦河の観光名所にしたいくらい。 責任を感じる」、デビュー前の取材では「競走馬としての活躍もですが、何よりも繁殖牝馬として期待してます。 生まれてくる子馬が白とは限らない。 出産で脚を見たときには毛色がわかってしまう。 でも、この白毛の美しさ見るとね・・・」と心境、夢を語っていた。 白毛馬から白毛馬が生まれるとは限らない。 白毛を探し求め、ニュージーランドの出会いから4年、カスタディーヴァの2020(牡)の誕生に「感動しましたね」と声を震わせた。 ネタ元:.

次の

白毛ウォッチ

カスタ ディーヴァ

JRA史上初の南半球産の白毛馬として話題になったカスタディーヴァ(牝6)が北海道浦河町のディアレストクラブで初子の牡馬(父ゴールドシップ)を出産したことがわかった。 白毛だった。 所有するディアレストクラブの高樽秀夫代表は「昨日(12日)の夜に生まれました。 初子ですが、安産でした。 子どもは30分ほどで立ってくれて、とても元気です。 骨が大きく、脚もともきれいです」と声を弾ませた。 カスタディーヴァは父がハイシャパラル、母が白毛のジオペラハウスという血統のニュージーランド産馬。 16年にニュージーランドのカラカ・プレミア・イヤリングセールで落札され、日刊スポーツ本紙で馬名を公募し、「清らかな女神」という馬名でデビューした。 デビュー戦は17年2月、フェブラリーS当日に行われた東京競馬場の新馬戦(10着)。 同年夏の函館で初勝利を挙げ、秋の中山開催では藤田菜七子騎手が47キロで騎乗したことも大きな話題になった。 18年夏に現役を引退し、繁殖入り。 昨年はゴールドシップと交配されていた。 所有馬が白毛のユキチャンと同じレースを走り、白毛馬に魅了されたのが高樽代表。 セールでは海外バイヤーと激しい争奪戦となり、消費税や関税、輸送費を含め、5000万円近い費用がかかった。 それでも、カスタディーヴァを落札した当時の取材では「日本にもう1つ、白毛の系統を作りたい」「アイドルホースですし、彼女を浦河の観光名所にしたいくらい。 責任を感じる」、デビュー前の取材では「競走馬としての活躍もですが、何よりも繁殖牝馬として期待してます。 生まれてくる子馬が白とは限らない。 出産で脚を見たときには毛色がわかってしまう。 でも、この白毛の美しさ見るとね・・・」と心境、夢を語っていた。 白毛馬から白毛馬が生まれるとは限らない。 白毛を探し求め、ニュージーランドの出会いから4年、カスタディーヴァの2020(牡)の誕生に「感動しましたね」と声を震わせた。

次の

カタカナで歌うオペラ・アリア: Nr.70 「清き女神 Casta Diva」(歌劇『ノルマ』第1幕から)

カスタ ディーヴァ

JRA史上初の南半球産の白毛馬として話題になったカスタディーヴァ(牝6)が北海道浦河町のディアレストクラブで初子の牡馬(父ゴールドシップ)を出産したことがわかった。 白毛だった。 所有するディアレストクラブの高樽秀夫代表は「昨日(12日)の夜に生まれました。 初子ですが、安産でした。 子どもは30分ほどで立ってくれて、とても元気です。 骨が大きく、脚もともきれいです」と声を弾ませた。 カスタディーヴァは父がハイシャパラル、母が白毛のジオペラハウスという血統のニュージーランド産馬。 16年にニュージーランドのカラカ・プレミア・イヤリングセールで落札され、日刊スポーツ本紙で馬名を公募し、「清らかな女神」という馬名でデビューした。 デビュー戦は17年2月、フェブラリーS当日に行われた東京競馬場の新馬戦(10着)。 同年夏の函館で初勝利を挙げ、秋の中山開催では藤田菜七子騎手が47キロで騎乗したことも大きな話題になった。 18年夏に現役を引退し、繁殖入り。 昨年はゴールドシップと交配されていた。 所有馬が白毛のユキチャンと同じレースを走り、白毛馬に魅了されたのが高樽代表。 セールでは海外バイヤーと激しい争奪戦となり、消費税や関税、輸送費を含め、5000万円近い費用がかかった。 それでも、カスタディーヴァを落札した当時の取材では「日本にもう1つ、白毛の系統を作りたい」「アイドルホースですし、彼女を浦河の観光名所にしたいくらい。 責任を感じる」、デビュー前の取材では「競走馬としての活躍もですが、何よりも繁殖牝馬として期待してます。 生まれてくる子馬が白とは限らない。 出産で脚を見たときには毛色がわかってしまう。 でも、この白毛の美しさ見るとね・・・」と心境、夢を語っていた。 白毛馬から白毛馬が生まれるとは限らない。 白毛を探し求め、ニュージーランドの出会いから4年、カスタディーヴァの2020(牡)の誕生に「感動しましたね」と声を震わせた。 ネタ元:.

次の