差し出がましい 意味。 差し出がましいの意味は?類語や敬語での例文・類語の使い方も

「差し出がましい」は敬語?類語は何?意味と使い方と例文を紹介!

差し出がましい 意味

「差し出がましい」とは、相手に対して必要以上にお節介なことや厚かましいことをするさまを意味する表現です。 他人のことに対して必要以上に関与しようとするさまなど、出過ぎた様子を表します。 よかれと思って余計なことをするさまで、類語は「いらぬ世話」・「余計なお世話」・「でしゃばり」・「しゃしゃり出る」・「余計なこと」・「蛇足」・「しなくていいことをする」・「余計な口出し」・「お節介」・「余計な横槍」・「余計な世話焼き」・「いらぬお節介」・「いらぬ口出し」・「お節介焼き」・「ありがた迷惑」などがあります。 この場合の例文は 「あなたは差し出がましい人だ」・「そのようなことをして差し出がましいとは思いませんか」などがあり、これは「あなたはお節介な人だ・あなたはでしゃばりな人だ」・「そのようなことをして余計なお世話だとは思いませんか・そのようなことをしてお節介だとは思いませんか」などの意味です。 また「差し出がましい真似はするな」・「差し出がましいことを言うな」などは「でしゃばったことをするな・余計なことはするな・お節介はするな」・「余計なことを言うな・いらぬ口出しはするな」といった意味です。 これらは対等又は目下の者に対して使うことが多く相手を制する時などに使用し、相手が良かれと思って行った言動に対して不快を表わすマイナスなイメージの言葉です。 また言うべき立場ではないのに、余計な口出しをする行為をたしなめたり非難したりするときにも使います。 しかしそれだけでなく目上の者に対して使用することも多く、その場合には地位や立場に不相応な言動をとるさまを表現します。 この場合の類語は 「出過ぎた」・「分を超えた」・「分をわきまえない」・「分を弁えない」・「でしゃばった」などがあります。 しかしここで用いる場合はマイナスな要素ばかりではなく、謙虚に物事をお願いする時や断る時に使える美しい日本語でもあります。 「あえて出しゃばったことを言いますが、お許し下さい」や「出しゃばった発言だとは思いますが聞いてください」という意味あいで、「差し出がましいこととは存じますが」と前置きしてから本題に入ることによって、相手の気持ちを尊重しながら自分の意思を表現するときに用いることができます。 「差し出がましいお願いではありますけれども」と表現することで、「分をわきまえていないことは十分承知の上でのお願いなのですが」と謙虚にお願いする姿勢を表すことができます。 また相手に対して何か進言したり忠告などをしょうとする際にも、この言葉を前置きしてから伝えることで、「そんなことお前に言われたくない」「あなたに指摘されるいわれはない」などと反論したい気持ちを和らげる効果が期待できます。 またそのまま自分の思い等を伝えることによって相手を傷つけたり抵抗に遭うのを防ぐこともできます。 「このように申し上げるのは差し出がましいことと承知しておりますが」などは「出過ぎたことを言って申し訳ありませんが」の意味で相手の気持ちに配慮しへりくだって言う方法です。 いきなり人からアドバイスや意見をされた時に 自覚している痛いところを指摘されたら、それが好意からの発言だと分かってはいても、人は素直に認められず反論してしまう人も多いものです。 このような場合に前もって出しゃばった発言に対しての失礼を予告したり、出しゃばった発言かも知れませんがと曖昧にしながらそこから本題に入ることで、相手に反論や誤解が生じないよう防御も兼ねたクッションの役割をする言葉としても使うことができます。 「差し出がましいようで恐縮ではございますが、ひとつ気になる点がございます」・「差し出がましいこととは存じますが、そんなに召し上がってはお身体に毒です。 」などと用い、「出過ぎた発言をするようで申し訳ありませんが、ひとつ気になる点を発言してもよろしいでしょうか」「出過ぎた発言で失礼ですが、これ以上召し上がると身体に悪いですよ」というように使います。 目下の立場でありながらも目上の人に提案や助言を発言したいときに使う言い回しです。 無礼を承知での一言に、誠意と勇気を感じる言葉です。 「恐縮ですが」・「身の程をわきまえず申し訳ありません」というへりくだった時に使い、言いかえると「恐れながら申し上げます」・「お言葉ではございますが」・「失礼を承知で申し上げるのですが」といった言い回しに置き換えられます。 目上の相手に意見や異論を述べる時にも 使うことができる表現としても覚えておくとよいです。 「お節介」や「でしゃばり」といったマイナスを表す言葉でも、ビジネスや人との会話マナーとして使い方によっては社会人として好感度を上げることができます。 これに似た意味で、「僭越ですが」という表現もあります。 これも謙虚さを示す表現で、身分や権限などを越えて出過ぎたことをすることを意味します。 他の意味と例文の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。 タイトル: タイトル:.

次の

「差し出がましい」は敬語?類語は何?意味と使い方と例文を紹介!

差し出がましい 意味

「差し出がましい」の意味と類語 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」や「余計なことをするような」という意味です。 相手に何かを伝える際や謝罪、お願いをする際に使われます。 例えば、相手に「でしゃばるようなこと(余計なこと)を言いますが」と伝える際は「差し出がましいことを言いますが」となります。 「差し出がましい」という言葉自体は敬語表現ではないため、上司や同僚・部下に使う際は前後の文章の言い回し方を変えて使ってください。 また、上司に対し言い出しにくいことを言う際のクッション言葉としても使われます。 「出過ぎたこと」を意味する類語「僭越(せんえつ)」 「差し出がましい」の類語である「僭越(せんえつ)」には「立場をわきまえずに出過ぎたことや出過ぎたまねをすること」という意味があります。 「差し出がましい」との違いは、使える相手が決まっているということです。 「差し出がましい」は目上・目下関係なく使える言葉ですが、「僭越」は立場が自分よりも上の相手に使います。 例えば目上の相手に対して意見を述べる際、「僭越ながら私からご提案がございます」となります。 「僭越ながら」や「僭越ではございますが」のほか、「僭越な物言いではありますが」などの言い回しができるので、状況によって使い分けてください。 「ずうずうしい」を意味する「厚かましい」も類語 「人の迷惑を考えずにずうずうしい様子」を意味する「厚かましい」も「差し出がましい」の類語です。 類語ではあるものの「差し出がましい」は「でしゃばるようなこと」を意味するのに対し、「厚かましい」は「ずうずうしい」「遠慮がなく迷惑な様子」を表す言葉となります。 ビジネスシーンではクッション言葉として「厚かましい」を使いますが、言葉自体はマイナスな言葉ですので使い方に注意してください。 類語である「おこがましい」は「身の程知らず」という意味 「差し出がましい」に類語の1つが「おこがましい」です。 「身の程知らず」という意味を持つ「おこがましい」は「差し出がましい」と同じ意味で使われ、クッション言葉としてもよく聞くフレーズです。 目上の相手への「差し出がましい」の使い方 「でしゃばった質問」を意味する「差し出がましい質問」 目上の相手に対してでしゃばった質問をする際、クッション言葉として「差し出がましい質問」という言い回しが使われます。 上記の例文の場合「でしゃばった質問をして申し訳ないのですが」とワンクッション入れることで、ただ質問をするよりも丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましいまね」とは「でしゃばったまね」 「差し出がましい」を使った言い回しの1つに「差し出がましいまね」があります。 「でしゃばったまね」を意味する「差し出がましいまね」という言葉は、立場が上である相手へ行動を起こす際のクッション言葉として多く使われます。 また、クッション言葉として以外にも「差し出がましいまねをして申し訳ございません」と、自らのでしゃばった行為に対して謝罪するシーンに使えます。 「差し出がましい」はメールでも使える 「差し出がましい」は話し言葉だけでなく、メールや手紙などの書き言葉としても使えます。 取引先の担当者や他部署の上司など、目上の相手とメールで連絡を取り合うことは多々ありあます。 例えばお願いごとをする際に、本題へ入る前のクッション言葉として上手く「差し出がましい」を取り入れることで丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましい」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」は、でしゃばった物言いをした際の謝罪の言葉となります。 例えば、良かれと思って放った言葉が結果として上司に迷惑を掛けることとなった場合「私は担当者でないにも関わらず差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」となります。 謝罪する際は「すみません」よりも「申し訳ありません」、更には「申し訳ございません」の方が丁寧な表現となります。 状況により適切な言葉を選んで使ってください。 「差し出がましいこととは存じますが」を使った例文 「差し出がましい」を使った言い回しの1つが「差し出がましいこととは存じますが」です。 例えば「差し出がましいこととは存じますが、こちらの資料を使った方が分かりやすいのではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったまねだとは思うけど、こっちの資料の方がいいのでは?」という意味になります。 「差し出がましいことを申しますが」を使った例文 目上の相手に自分の意見を述べる際に「差し出がましいことを申しますが」が使えます。 例えば「差し出がましいことを申しますが、このままでは社員の不満が溜まる一方ではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったことを言いますが」とクッション言葉として使われています。 まとめ 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する言葉で、謝罪やお願い事をする際に使われます。 本題に入る前のクッション言葉として使うことで、丁寧な印象を与えることもできます。 類語や言い回し方を変えて適切に使ってください。

次の

「差し出がましい」の意味と例文と書き方

差し出がましい 意味

普段の会話の中で、「差し出がましい」という言葉を使う機会はあまりないでしょう。 「差し出がましい」とは、「必要以上に相手に関与しようとする」「よけいなことをする」「出過ぎたことをする」といった意味を持つ言葉です。 もし、相手のしたことに本人も気づいていないようなミスがあったり、もっと良い方法があった時、あなたならどうするでしょうか。 友人同士であれば、「これ、間違ってるよ」「ここはこうした方が良いよ」と伝えられるでしょう。 しかし、これが目上の上司であったり、取引先の相手やお客様だった場合そうはいきません。 たとえそれが相手のためになることであったとしても、単刀直入に指摘しては相手も気を悪くしかねません。 そんな時に使えるのが、「差し出がましいようですが」という言葉です。 「あえて出しゃばったことを申し上げますが、お許しください」と事前に相手に伝えることで、相手も意見を受け入れやすくなります。 「余計なこととはわかっていますが」と一度自分を低めることにより、相手を高める効果もあります。 「差し出がましい」の使い方とは? 自分の意見を言うときや相手のミスなどを指摘するとき、つまり「言いにくいこと」を相手に伝えるときにクッションの役目を果たすのが「差し出がましい」を使った言葉です。 次は、実際に使う際の例をご紹介します。 差し出がましいかと思いますが 「自分でも余計なことだとは思うのですが、あえて言わせてください」という意味を持つ言葉であり、「自分でも出しゃばったことだとわかっている」ことを相手に伝えたいときに使います。 相手のミスを指摘したり違う方法を提案するのは勇気が要りますし、その場の空気を壊してしまう可能性もあります。 しかし、長い目で見れば相手のためになる可能性が大きいです。 後々になって「どうしてあの時に言ってくれなかったんだ」と相手から言われてしまう可能性もあります。 「差し出がましいかとおもいますが」と前置きをして、誠意をもって伝えましょう。 差し出がましいお願いですが 「こんなことを頼むのは失礼かとおもいますが」という意味の言葉です。 前置きし、相手に何かを要求したいときに使う言葉です。 無理な要求とわかっていて、というニュアンスを含んでいるので「差し出がましいお願いですが、~していただけませんでしょうか」と相手の反応を伺う語尾でしめると良いでしょう。 差し出がましいことを言って申し訳ございません 「出すぎたことを言ってしまい、気分を悪くさせてしまったらすみません」という意味を持つ言葉です。 何かを提案したり指摘した後に、相手がムっとしていたり腑に落ちないような表情をしていたら、「差し出がましいことを言って申し訳ございません」と謝罪しましょう。 また、自分の提案したことがすでに相手も知っていることだったり、お門違いだった場合には「余計なことを言ってしまい申し訳ございません」という意味でも使うことができます。 差し出がましいことをして申し訳ございません 前述の「差し出がましいことを言って申し訳ございません」のように、出しゃばったことをした、余計なことをしたと思ったときに謝罪の意味で伝える言葉です。 一方で、相手が気を悪くしないようなケースでも、謙遜の意味で使われることがあります。 たとえば、バースデーケーキを購入した客に対して、店員が「差し出がましいかとおもいますが、ロウソクとバースデーカードもご一緒にお入れしておきました」などと使う場合です。 これは店側のサービスですが、「余計なことをしてすみません」という意味合いを込めて、謙遜として「差し出がましいこと」と言うケースです。 「差し出がましい」の意味の類語とは? ビジネスの場においても「差し出がましい」の意味は、基本的には「出しゃばったこと」「余計なこと」を指します。 しかし、必ずしもビジネスにおいての意見や指摘をするときだけとは限りません。 たとえば体調の悪そうな上司や取引先の相手に、「差し出がましいようですが、病院に行かれた方がよろしいのではないでしょうか。 」「差し出がましいかとおもいますが、よろしければお薬をお持ちいたしましょうか」など、「余計なお世話かとはおもいますが」といった意味で相手を気遣うときにも使用できます。 「差し出がましい」の敬語とは? 「差し出がましい」という言葉を使う相手は、当然敬うべき相手ですから敬語を使うことになるでしょう。 たとえば、上司から取引先へ書類を持って行ってとお願いされたとき、封筒に書かれている取引先の会社名の漢字が間違えていた、という場合。 それをそのまま持っていけば相手に失礼であり、無言で上司の前で封筒を書き直すのも失礼です。 また、「間違えています」と単刀直入に相手に伝えるのも失礼にあたります。 このような場合は、「差し出がましいかとおもいますが、こちらの漢字が誤っておりますので、わたくしの方で訂正してもよろしいでしょうか?」というような敬語で問いかけるのがベストです。 「差し出がましい」と「おこがましい」の違いとは? 「差し出がましい」と似たような意味をもつ単語に「おこがましい」というものがあります。 この二つは何が違うのでしょうか。 まず、「おこがましい」とは、「身の程をわきまえない」「出しゃばった真似」「出過ぎたこと」という意味の言葉です。 「差し出がましい」とほぼ同じ意味と捉えて良いでしょう。 「差し出がましい」との違いは、自分でやった行為や言動について遠慮して言うときには「おこがましい」、相手の行為や言動に対して何かを言うときには「差し出がましい」と使われるケースが一般的です。 相手を気遣うワンクッションが大人のたしなみ 「差し出がましい」の意味と使い方について、いかがだったでしょうか。 いくらこちらが正しいことを言っていたとしても、急に不躾なことを言ったのでは相手が怒って当然です。 ビジネスの場といえど、相手は人であることを忘れてはいけません。 たった一言「差し出がましいようですが」と付け加えるだけでも、その後の発言の受け取られ方が変わってきます。 これは、相手を気遣うと同時に自分を守る術でもあります。 一方的にものごとを見るのではなく、相手の立場に立って考えることが大切です。 ビジネスの場でも日常においても、「相手への気遣い」ができるのがスマートな大人です。 言いにくいことを口に出す際には「差し出がましいようですが」とワンクッション入れて、相手への気遣いを表しましょう。

次の