ミニマリスト 捨ててよかった。 断捨離を実践して「今まで捨てたものまとめ。後悔なし」

【ミニマリスト】何を捨てたの?ミニマルライフ実践者が捨てて良かった物

ミニマリスト 捨ててよかった

シンプルライフを送る人々は着なくなった服はポイっと手放したりと、極力持たない・捨てる生活をしていて、私もあまり多くの物を持っているわけではなく、簡単に物を捨てる性格をしています。 だから「物が捨てられない」とか「もっとこれ減らせないかな」とか、そんな悩みや断捨離の実践方法を探している人に参考になるかもしれませんし、ならないかもしれません。 適当にまとめています。 スポンサーリンク 断捨離を実践して捨てたもののまとめ ジャンルでひとくくりにしたり、固有の商品だったりと様々です。 とりあえず今までに捨てたものを並べました。 古い年賀状 今年もらった年賀状は送り先住所を確認するのに必要ですが、それ以外は使い道がないので古い年賀状は捨てました。 もちろん眺めていたら懐かしい気持ちも多少ありましたが、最後に1回見ると十分でした。 1年以上通っていない病院の診察券 1年も通っていないなら、もう行くことはないと考えました。 診察券は捨てました。 [追記メモ]1年単位で断捨離をまた実践しよう。 家族や友達と交わした手紙や思い出のチケット 使わない、でも大事なもの。 いつか見返すことができるように、スキャンしたり写真に撮って捨てました。 まぁ見返すことは、あまりないのですが。 最近では写真に撮る行為だけで、もうほとんどの物が捨てられます。 スマートフォンのカメラの音が、私にとって捨てるスイッチです。 CD・DVD パソコンにデータ化して入れると、CDを聴くことがなくなったので何年か前に売りました。 ダンボール2箱分くらいあり、1万円くらいになったと思います。 特に生活する上で困ったことはありません。 大事だと思っていた貴重なCDも捨てたけど後悔もまったくしていません。 いらないクレジットカードも断捨離。 解約して捨てました。 炊飯器 お米は土鍋で炊けます。 に書いていますが、土鍋だとおこげもできるし炊きたて美味しいし何でも料理に使えるし便利。 だから、1人暮らしのとき炊飯器を持っていない生活でした。 がしかし、今では結婚もして生活も変わったので持っています。 炊飯タイマーは便利。 土鍋 上で土鍋は便利とか書きましたが、土鍋のフタを割ってしまったので、結局フライパンでお米を炊く生活をしていました。 だからもっと物を減らしたい人は土鍋すら断捨離できます。 古い眼鏡 眼鏡ってなんでしょうね。 なんかとっておいたのですが……またレンズだけ替えてフレームを使い回すと思っていたのかな。 でも最近はレンズ交換よりも眼鏡ごと買い替えた方が安くつくことを知ったので速攻で捨てました。 靴(バブーシュ) モロッコの伝統的なサンダル。 バブーシュはかかとが踏めるように作られた靴で、なにかと履いていて便利だったのですが、履き過ぎてボロボロに。 靴は履いてなんぼで、いくらお気に入りでも使わないならいらない物。 ということで捨てました。 ポイントカードとショップカード 写真はずっと昔にためこんでいたもの 近所にある行きつけのご飯屋さんのポイントカードは、すぐに貯まるので持っていますが、そのほかは捨てました。 最近はポイントカードを作りません。 ポイントカードをお作りしてもよろしいでしょうか? と聞かれたら、 腕を水平方向 前方に出し、手のひらを相手に向けてこう答えます。 「結構です。 」 もちろんそんなことしませんが。 1年着ることがなかった服(ジャケット) いただいたジャケットなのですが、最近まったく着なくなったので写真を撮って「ありがとう」と言って売りました。 「また使うかも」という服は、いづれ使う人もいるでしょうが、だからといってイコール「置いておく」とはなりません。 また使いたいと思ったなら、そのとき同じような服を探します。 あまり使用頻度の少ない服というのは、その程度です。 本当にお気に入りの服だと着ます。 ビーレジェンドのプロテイン とても人気で口コミもよくて安くて、効き目もある のプロテイン。 リピーターで買うの3回目で……。 忙しくなりトレーニングをあまりしなくなったので、家族に 「いるの?捨てる?」と言われ、ぐぬぬ。 確かにまったく消費していなかったので捨てました。 消費期限があったし。 たぶん。 プッシュアッパー 腕立て伏せを効率よくするやつです。 これもプロテインと同様に、筋トレグッズはトレーニングを再会するときにまた購入するか、そのときはもっと良い物を買ったらいいかと思い捨てました。 目覚まし時計 スマホアラームに依存するのもどうかとは思っていましたが、もう目覚まし時計を捨ててから1年ほど経ちました。 特に生活する上で困ったことはありません。 断捨離を実践するときに、こういう何かに依存しているものを捨てたり、依存するために捨てるっていう考えもいいですね。 変なスパイス(お土産にもらった調味料) こんな感じの、友人が海外旅行のお土産にくれたスパイス。 調味料っていつの間にか消費期限が過ぎていることが多いので、季節の終わりとか年末のタイミングで断捨離しないと、 気づかず古いまま使ってしまうので気をつけないとな。 テレビ 今は家にありますが、1人暮らしのときはまったくテレビを見なかったので持っていませんでした。 テレビはあると楽しいですが、どこかで見たい気分でもない番組が流れたり、心身と時間を消耗すると私は考えるので、ない生活の方が毎日暮らしやすいです。 今でもなくてもいいと思っています。 私にとってはテレビがない生活の方が、失うものよりも得られることの方が多いようです。 断捨離したら良いものナンバー1。 実践してみると、生活の楽さが身にしみて分かりました。 さぁなくそう。 置き物(観葉植物) これ、かもめ食堂という映画で使用されていて、ソッコーAmazonで買った っていう、もう一目惚れした置物なんですが、引っ越しのタイミングで断捨離しました。 友人が欲しがっていて譲りました。 こういった日常生活には必要のないものが、一番捨てにくい気がします。 譲るという選択肢は心強いです。 断捨離の実践に使える方法とかまとめ 断捨離するなら、ミニマリストが物を捨てる生活の実践方法とかにざっくりと書いています。 あと、いらない服やシーズン物の服とかは とか利用すれば清潔感も保たれるし、半年ほどはタダで保管してもらえるので部屋がスッキリします。 また断捨離を実践したら、まとめてこのブログに捨てた物をちょっとづつ追加していきます。 そうそう、捨てて後悔した物は1つもありません。 じゃあね。 【断捨離を実践してみて残ったものも、割とどうでもいいかも。 結局大切な家族と食べ物と住むところがあれば、いいんだろうな。 - ,.

次の

ミニマリスト生活そのものが最強の節約術【貯金したい人向け】

ミニマリスト 捨ててよかった

読みたいところから読む• 予備の寝具(来客用など) これ、実は見落としがちなもの。 来客用や交換用のふとんたち。 いつか必要になるかも・・・とストックされやすいんですよね。 うちも何枚もあって、そんな大人数泊めないので、せめて1ふとんセットのストックだけでいいと思います。 ているシーツにスペアが1つか2つあれば充分です。 シーツは、数をたくさん持つことより、質を追求したほうがいい商品です。 出典: 化粧品 これ、私も実践しているのですが、メイク用品は1部位1つで済みます。 たとえばアイシャドウを何種類も持っている人がいますが(私も過去そうでした)、基本的にはこれを1つにする。 リップやグロスも1つずつにする。 スキンケアも、化粧水、乳液、クリームと使っていましたが、ワセリン1本に。 最初はワセリン1本だけなんて絶対無理!と思ったのですが、 意外に平気でした。 ちょうど無添加コスメにハマっていた時期でもあったので、すぐに行動に移せたんですね。 ワセリンだから、乾燥もちゃんとカバーしてくれるし、いまではワセリン1本でストレスなくスキンケアを楽しんでいます。 ワセリンでなくてもオールインワンタイプのものでOK。 米は鍋で簡単に炊けるんですもの。 強火でガーっと炊いて、そのあと火を消して蒸せばすぐにできあがります。 そのあとはラップで適当に丸めて冷凍庫に。 1度に大量に鍋で炊いてあとはストックすれば 炊飯の時短にもなります。 炊飯器がない生活で2年たちますぐ、なんの不便も感じていません。 土鍋だとおこげもできるし炊きたて美味しいし何でも料理に使えるし便利。 だから、1人暮らしのとき炊飯器を持っていない生活でした。 出典: 炊飯器を捨てている人、意外にたくさんいますね。 私は富士ホーローの鍋を買いました。 1番の決め手は、この蒸し器が付いていたこと!! 野菜とか蒸したい私にとっては超重要でして。 ごはんも炊けるし、煮物や蒸し物にも使える! これなら安心だと思って躊躇なく炊飯器捨てましたw ホーロー鍋は食べ物の匂い移りもないし、煮る・揚げる・茹でる・蒸すにも使えて なにかと便利なのでおすすめですね^^ ポイントカード これも溜まりやすいモノの代表格ですね。 どこのお店もここぞとばかりにポイント貯まりますとカードを勧めてくる・・^^: ポイントカード、 1年使ってないものがあればそれはゴッソリ捨てるべきです。 一番自分がよく使用していて溜まりやすいポイントカードだけに絞っておいたほうがいいです。 美容室のポイントカードとかが大量にあったのですが、通っていないところは捨ててしまってOK CD・DVD これは 一番手っ取り早く捨てられるかと思います。 データをすべてPCに入れちゃえばいいのですから。 クラウド上でもOK だいぶスッキリしますよ。 データが消えたらどうしよう・・と思ったら、保存場所をクラウドなどに指定すればPCが壊れたときも安心です。 本 本は一度読んで また読み返したいと思う本以外は、売っちゃったほうがいいです。 SPONSORED LINK 写真 これは、超簡単! その 写真自体をiphoneや他のカメラなどでパシャパシャ撮って、データとして保存しちゃえばいいんです。 CDやDVDのデータなどと同じ感覚で。 ティッシュ え!?って思いますよね?ティッシュってめっちゃ使うじゃん! でも、 ガーゼハンカチ(ティッシュ)というものがティッシュの代用として使えるらしいのです! ティッシュをやめて繰り返し使えるガーゼティッシュを使う人増えてるみたいです。 そういうときとかガーゼティッシュだったら何枚使ってもそのまま洗濯機へポイっとすればまた使えるのでエコにもなるんですよね。 物だけじゃない。 こんな物も捨てるとスッキリ スマホのホーム画面 無駄なアプリは全て削除してすっきり1画面に。 無料のものなら、必要ならまた再びダウンロードすればいいですしね。 私の基準は1ヶ月そのアプリを使用していなかったら削除しちゃってます。 アプリってダウンロードするのはいいけどそのあと 使わないで放置されたままのものが多いんですよね。 ダウンロードして気が済んじゃって^^; 私は2画面だけにまとめています。 フォルダ分けして1画面にまとめるのもおすすめですね^^ でもやっぱりどうしても捨てられない!って場合は外部に預けるのもあり 断捨離してミニマリストライフをおくりたい!そうは思っても、必要なものでないけどどうしても捨てられないって物はあるかもしれません。 そんな場合におすすめなのが物を外部に預けるサービス はスマホで簡単に物を預けられる個人倉庫のレンタルサービス。 月額250円から利用できて、アプリで簡単に管理ができるんです。 いつでも預けているものの写真をスマホで確認できるので、ウォークインクローゼットを持ち歩いているような感覚。 預けているものが急遽必要になったら、アプリからタップするだけで最速翌日に届くし、預けているものが本当に不要になったらそのままオークションで売ってもらうこともできるんです。 (すご・・).

次の

【随時更新】メンズミニマリストが捨てた・手放したものリストと理由まとめ

ミニマリスト 捨ててよかった

なので ぼくの場合は世間一般でイメージされるよりモノをたくさん持ってるんですよね。 むしろ他人から見たら「それ無駄じゃない?」なんてこともあるので、自称ミニマリストというわけです笑 そんな前提に共感していただける方は以下を読み進めてみてください。 自称ミニマリストのぼくが捨ててよかったものベスト5 使わなくなった服、使わない服 これまでぼくは学生時代に買った服やまったく着なかった服などもすべて保管していたのですが、これは捨てて正解でした。 まず、服の量が多いと何を着ていこうか迷いますし収納スペースも使います。 それでいてなんとなく着てる服も多かったので、ファッションへのこだわりも低かったんですよ。 なのでぼくの場合はゴミ袋10個以上の服を捨てまして、自分がよく着るアイテムやテンションが上がる服だけ残しました。 すると 衣類は靴下からアウターまであわせても30着以下になったのですが、残したものはどれもお気に入りなので非常に快適です。 そしてなにより、なにを着ようか迷わなくなりましたし、手持ちの服が少ないからこそファッションを楽しむ余裕もできたんですよね。 普段何気なく着ている服だからこそ、必要なものだけを残すとその大切さがわかるんですな(しみじみ) テレビ ぼくは元々テレビを見ない方なのですが、それでもテレビが付いてるとつい見ちゃうので自分のことが手に着かなかったんですよ。 なので 思い切ってテレビを捨ててみたところ、大きな誘惑が1つ減って自分のことに集中できるようになりました。 「でもテレビを捨てたらつまらなくない?」と思うかもしれませんが、ぼくは動画配信サービスに契約してるのでいつでも見たいときに映像が見れますし、YouTubeもあるので十分なんですよね。 世間的にテレビは必需品だと思われてますが、実はないならないで大丈夫なんですよね笑 というより、 むしろ自分の時間が増えるので「なんとなくテレビを見てるだけだなぁ」という方は思い切って捨てるといいかもしれません。 SNS(特にツイッターやインスタなど) お前もツイッターやってるじゃねーか!!と言われればグーの音も出ませんが、 ここで言うSNSとは「友人や知り合いを含んだツイッターやインスタなどの場」になります。 ぼくも以前はリアルの友人をフォローしてSNSを使ってましたが、毎日のようにキラキラした投稿が流れてきて「自分の生活はつまらないんじゃないか、、、」と思うことがあったんですよね。 言わずもがな、 科学的に「他人との比較は幸福度を下げる」と証明されてるので、ネット上での投稿も交流も少なかったぼくはSNSをやめました。 「少しは寂しくなるかな?」と思ってましたが結果的には大正解でして、SNSを見て誰かと自分を比べることがなくなってストレスフリーでございます笑 もちろんSNSを使った方がハッピーだ!という方やSNSは情報収集や発信ツールとして使ってるだけ!という方はムリにやめる必要はないと思います(ぼくもそうですし) ですが、知らぬ間にSNSを使うことで不幸を感じてる場合はバッサリやめてみるのもアリかと思います。 加工食品(ジャンクフード、ファストフードなど) ここ2ヶ月くらい加工食品をカットしてるのですが、やっぱり食べないに越したことはないな~と実感してます。 というのも 加工食品にはさせて食欲を暴走させたり、体内に炎症を起こしたり、栄養が偏ったりする健康の敵なんですよね。 とはいえ美味しいのでぼくも「一切カット!」とはいかないのですが、それでも食べないように意識するだけでも健康になれます。 具体的には されたり、肌荒れが改善したり、便通がよくなったり、メンタルの浮き沈みが減りましたね。 現代社会には加工食品がいたるところに潜んでますので、具体的な指標としては 「原型がわからないものは食べない」と考えておくと加工食品を減らせるかと。 夜更かし・深夜 以前はなんとなく寝るのがもったいなくて夜更かししたり、アニメの見過ぎで深夜まで起きていたのですがこれもやめました。 あたり前ですが 夜更かしをすれば生活リズムが崩れますし、深夜までパソコンやスマホを見てればします。 そして睡眠リズムが崩れると日中にだるさや疲れが残りますし、それがストレスとなり体調を崩したりもします。 「あ~、わかっていたけど夜更かしや深夜は百害あって一利なしだなぁ」そう思ったので就寝起床時刻を固定化しました。 今では 夜更かしを捨てたおかげで毎日ベストな体調をキープできてまして、以前にあった日中の眠気や頭がボーっとする感じが消えましたね。 昔から「早寝早起きをしよう!」と標語のように言われてますが、少なくとも「夜更かしをやめよう!」と意識するだけでもQOLが高まるかと笑 なんとなく続けてるなら一度捨ててみてはいかがでしょう? 捨てるのってためらうものですが、踏み出してみると意外な果実が得られたりするんですよね。 本記事で紹介した5つもぼくにとっては捨ててよかったものでした。 そうやって試行錯誤しながら自分にとって大切なものを残すのが、ぼくの理想とするミニマリストなんですよね。 というわけで、よければあなたも何かを捨ててみてはいかがでしょうか?思いつかなければここに紹介したものでもOKですよ。 以上、【片付け】自称ミニマリストのぼくが捨ててよかったものベスト5【断捨離】という話でした。 では~!!.

次の